44話「攻撃命令」

How to Dial a Murder / 1977

初期シリーズの最後から二番目の作品です。約10年後から再開された新・刑事コロンボシリーズに影響を与えた作品ではないかと感じます。ストーリーの展開や解決編などに、同じテイストを感じます。

ニコル・ウイリアムソン

犯人役のゲストスター、エリック・メイスン:ニコル・ウイリアムソンは、とても印象に残りました。少し宗教家じみた心理学者ですが、自分のスペースを確保するという自らの教えに反し、感情を剥き出しにする場面もあって笑えます。

 

ちょっと不可解?メイスン博士の性格設定。

このお話、殺害動機がらみの部分でどうも釈然としません。犯人のメイスン博士は「普通の人間のような愛情表現」ができないように描かれています。それなのに、自分の妻と被害者チャーリーとの愛人関係を知ると、まず妻を殺害、そしてチャーリーを殺害(本件)。何が彼を復讐劇にかりたてたのでしょう。自尊心からでしょうか?であれば、妻の不貞を知り当事者2人を殺害したことの方が、もっと恥ずかしい気もします。

キム・キャトラル Kim Cattrall

同居する若い女性:ジョアンナ・ニコルズ「キム・キャトラル」は美しく登場していましたが、メイスン博士に心を寄せるという設定は、不可解だった気もしますね。

トリシア・オニール Tricia O’Neil

犬の訓練士コーコランを演じるトリシア・オニール(Tricia O’Neil)が人気です。詳細は不明ですが映画「タイタニック(1997)」にも出演しているようです。ぜひ探してみたいです。

「コロッケ」「コロンボ」はでっち上げ

コロンボ警部は「犬が言葉に反応して人に噛み付くか?」を模索するシーンで、「コロッケ」「コロンボ」と言いますが、これは日本語吹き替え版のアレンジのようです。実際にはピーター・フォークは「コロンボ」とは言っていません。メイスン博士が留置された犬に「チョコレート」を与えるシーンでコロンボはそれを阻止しますが、「犬にチョコレートは禁物」という知識にも基づいています。実際には少量のチョコレートの摂取では犬は死なないそうです。
この作品を彩るシチュエーションとして重要な、映画オーソン・ウェルズ「市民ケーン」は見ていません。もしも見ていたら、もっと楽しめた作品なのかもしれませね。エリック・メイスンは映画好き、テニス・ビリヤード好きということですが、キャラクターとは不似合いだったかも。それに対しピーター・フォークのビリヤードの腕前はピカイチでした。

コロンボ警部はビリヤードがお得意

2話「死者の身代金」では、初代バーニーの店(?)で、11話「悪の温室」でも犯人ジャービス・グッドウィン宅でもビリヤードの腕前を披露していますが、今回は解決編の進行にビリヤードを利用していて、演出としては少々やりずぎか…。しかしこれはメイスン博士を追いつめ、この際「コロンボを殺してしまえ」と決意させるための布石だったのでしょうね。

言葉遊びに見るコロンボ警部の刑事哲学

メイスン博士とコロンボ警部の「言葉遊び」の場面は興味深いものでした。ストーリー展開の上では「攻撃命令のキーワード」を引き出す仕掛けですが、コロンボ警部の「刑事哲学」を感じさせました。それは「正義=仕事」「苦痛=失敗」というくだり。自分の仕事はお金を得る手段とは考えておらず、「悪を許さない」こと、成功を収めたいという意味ではなく「失敗を許さない」こと、という2点。これは私(ぼろんこ)の目標ともダブることです。
類似シーンとして、40話「殺しの序曲」の中で犯人オリバー・ブラントとの会話でも見られます。

合言葉を口にした途端襲われるのはメイスン先生のハズだったのでは?

ブログのお客様からのご指摘。「コロンボに犬をけしかけようとするラスト近くのシーン、合言葉を口にした途端襲われるのはメイスン先生のハズだったのでは?」た、確かに!そうですね。シナリオ…全然駄目じゃん(笑)
↑と思いきや…絶対的な存在である飼い主を襲うことはない という原則に基づいたシナリオであればOK!とのことで納得です。
監督:ジェームズ・フローリー
脚本:トム・ラザラス
エリック・メイスン:ニコール・ウィリアムソン
ジョアンナ・ニコルズ:キム・キャトラル
チャーリー・ハンター:ジョエル・ファビアーニ
コーコラン:トリシア・オニール
加筆:2015年4月30日

“44話「攻撃命令」” への37件の返信

  1. 市民ケーンを知らないことが悔しいです。
    知っていればもっと楽しめたんでしょうね。
    ただ、殺害方法の奇抜さ、
    犯人の冷徹ぶり、素敵な犬の訓練士さん。
    特徴的なものが多かったので充分楽しめる作品でした。

  2. ジミー頁さん、コメントありがとうございます。この「攻撃命令」で、何故か「バイオハザード」を連想してしまいます。たぶんこれは…私だけだと思いますが(笑)

  3. なんとなく久々に見てみました。調教師の女性はスタイル抜群で、ほんとに綺麗ですね。
    ジョアンナも可愛らしいですが、なるほど20年後に華麗なる変貌を遂げたのですね(笑)
    あと、さいごのシーンで犬が反応しないのは、ローズバッドが会話の中にとけこんでいたので命令でないと判断したのかな?と適当に解釈してます。
    それより電話の通話記録を調べれば、三時前後に病院からかけたのがわかるような気がしてるのであります。

  4.  他のサイトの映画の感想に、私が思っているのと同じことが書かれていました。
     それは「そんなに短期間に調教って変えることができるのかな」という事です。
     まるで、真逆のことを調教するのですから、犬も、戸惑うと思うのですがね。
     調教師の話を聞いてみたいものです。

  5. こんばんわ^^
    26話以降から2度目の鑑賞になりますが、確かにニコルはスポーツマンって爽やかなナリじゃないですよね(笑)
    ラストのシーンでのコロンボのビリヤードの腕は、本当に素晴らしいですが、W・Cフィールズの
    ビリヤードのキューは、曲がってました・・
    あれってどうやって打つんですかね?(笑)
    フィールズは、喜劇王なのでギャグで使ったのかな?(´ー`*)
    いや~一度目は、ニコルはチャーリーだけを殺害したのかと思ってましたが、奥さんもだったんですね(汗)
    自分を支配するはずだったのに、支配できなかったのですね。
    しかしチャーリー、浮気してたのをバレないとでも思っていたのか・・汗
    そして、明らかに怪しい誘いに乗るのも、ビミョーでした(笑)

  6. Minminさん>コメントありがとうございます。うぅ、これも鋭いご指摘ですね。作品をもう一回見てから、お答えします!

  7. ボロンコさんこんにちは。いつも楽しく拝見しております。
    今回一つ不可解に思ったことがあります。
    最後のシーンで、コロンボが録音したテープをメイスンに聞かせますが、そこでメイスンが「薔薇のつぼみ」と言っている声が再生されて、コロンボもこの言葉をくりかえしているのに、なぜ犬たちが反応しないのでしょうか。まだ部屋にいますよね?この言葉を聞いたら即、コロンボに飛びついてじゃれるのでは?警察では録音の声でも激しく反応していたのに。
    ボロンコさんはどう思われますか。

  8. 「絶対的な存在である飼い主を襲うことはない」で納得です!ありがとうございます。それと…最後の場面で「飼い主に向っていく演出」ですね!想像したら…ゾクっとしました。この方がもっと面白かったかも!
    「追い詰められた犯人がコロンボを殺そうとする」は、何度か出てきますね。それを決定的な証拠にしてしまうアイデアです。「美食の報酬」は印象的でした。
    その逆に観念してしまうケースでは「白鳥の歌」が良かったですね~。

  9. > 合言葉を口にした途端襲われるのはメイスン先生のハズ
    こういう誤解が多いのですが、
    犬は攻撃命令の様な条件反射的な行動でも、
    絶対的な存在である飼い主を襲うことはないのです。
    そもそも、命令を訓練する段階で合言葉は何度も口にする必要がありますし、
    本編でも、訓練士が合言葉を口にし、同僚の訓練士を襲わせる描写がありますよね。
    ただ、最後の場面では合言葉は攻撃命令ではなくなっているので、
    飼い主に向っていく演出はありかも?
    自分達を殺人の道具にした挙句、処分しようとした犯人に向っていく犬、
    恐怖に襲われる犯人・・
    後、追い詰められた犯人がコロンボを殺そうとする演出は何度かありますが、
    これってどうなんでしょうね?
    コロンボが一匹狼の私立探偵ならまだしも、警察の一員ですからね。
    コロンボ1人を殺しても意味がない(どころか、余計疑われるだけ)と思うのですが、
    コロンボに感情移入している視聴者にはスリリング??

  10. 解説本にも書かれていますが犯人役ニコル・ウィリアムソンは映画『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』(1976)でシャーロック・ホームズを演じた俳優です。
    つまり「コロンボ対ホームズ」というわけでこれが本エピソードの1番の魅力だと個人的には思っています。
    ちなみに前述の映画でウィリアムソンは夫人と共演しましたが直後に夫妻は離婚、ウィリアムソンは離婚に関する費用捻出のため「刑事コロンボ」のゲスト出演を受けたそうです。よって彼は後のインタビューで当時のことは何も覚えていないと答えています。

  11. るてなんとさん、書き込みありがとうございます。確かに…初期のコロンボ作品の中では「痛さ」を感じますね。犬が凶器になっていることと、犯人が心理学者であることが加わり、独特で「不気味な世界」が出来ていますね~。

  12. 最近、ブルーレイボックスを購入し、この話を見ました。
    17年前に、当時中学1年生だった僕は、アニメの「名探偵コナン」で、「犬を殺人の凶器として扱う犯罪」の話を見ました。
    この刑事コロンボにもあったのは知りませんでした。
    人形を襲うシーンは、かなり生々しかったです。
    流血とかの描写がなかったのはまだよかったですが・・・。
    新シリーズだったら、血の海が移っていたかも・・・。

  13. marrさん、コメントありがとうございます。「合言葉を口にした途端襲われるのはメイスン先生のハズ」は、う~~~ん、鋭い指摘です!メイスン先生は確か、コロンボを指差して合言葉を言いますが、そういう練習はしていませんよね。こりゃ爆笑です(笑)

  14. こんにちは。
    コロンボに犬をけしかけようとするラスト近くのシーン、合言葉を口にした途端襲われるのはメイスン先生のハズだったのでは?

  15. 遅れてきたコロンボファンさん、はじめまして。私もそれほど注目していませんでしたが、この「キム・キャトラル」さん、後に女優として大成功していますね!「ポリスアカデミー」「ゴーストハンターズ」と有名作品で主役級だったみたいです。勉強になりました~(笑)

  16. いま、NHKBSとAXNでコロンボ見ています。
    昔NHKでやったときは、たまにしか見なかったのですが、どれも面白いし、時代を感じさせてくれますよね。この回のなかにキム・キャトラルが出ていたのに驚愕!どこかで見た顔だと思っていたのに、思い出せなかったのですが、WIKIでわかりました。この女子大生が20年たつとSEX AND THE CITYのサマンサ・ジョーンズになるんですよね!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.