30話「ビデオテープの証言」

Playback
1975[第4シーズン 30話]

ある意味、すごい豪邸

電子工業の社長ハロルド・ヴァンウィックが義母を殺害。手を叩いたら「ドアが開く家」なども含め、数十年前に見た当時を懐かしく思い出しました。今であれば簡単なことかもしれませんが、当時の個人宅でビデオ監視システムを使って家を警備しているなど、恐ろしいほど生活経費をかけていたものです。

オスカー・ウェルナー

まずは何と言っても犯人役のハロルド(オスカー・ウェルナー)はGOODです。新しモノ好きで、子供のような性格に描かれています。それでいて、少し女好きでもありますね。私だけが感じるのかも知れませんが、顔がちょっとロック歌手のロッド・スチュアートとダブりました。

今回の再放送で彼の顔を見たとたん、「そうそう、この人、この顔!」って感じで、大はしゃぎしました。それくらい深いインパクトを与える俳優さんだと思います。

ジーナ・ローランズ

犯人の妻エリザベス役ジーナ・ローランズも流石の存在感で、とても美しく見えました。哀愁の漂う素敵な奥様を演じていたと思います。彼女は10話「黒のエチュード」で犯人の指揮者アレックス・ベネディクトを演じた大物「ジョン・カサヴェテス」の奥様。

凄い解決編、本当に文字まで読めるの?

解決編で、ビデオの映像を拡大して、そこに画廊の招待状が映っていた。というのは、どうも…。当時の解像度でそこまで読み取れますかね?オープンリールのようなかなり大きな記録メディアなので、そうなのかもしれませんが…ちょっと疑問です。(これについては後日、業界の方から「識別可能だ」とのご指摘を頂きました)

開けゴマ?

それに対し、銃声でドアが開いてしまったことを発見する着眼点は素晴らしかったですね。実際にピストルを発射して実験していますが、よく考えたら家中のドアが全部開くはずで、もっと大げさな状況になっていたのでは?とも…。ドアごとに感知のON/OFFをしていたのでしょうか? いずれにせよ、これらは足の不自由な奥様への愛情の証として考えられた装置であると思われます。

画廊の美人受付嬢に興味

ハロルドは知り合いの画廊に採用された新人受付嬢「マーシー」に興味を抱いていました(笑)この女優さんはトリシャ・ノーブル(Trisha Noble)さんです。

はじめっから、顔が笑ってます

計算された「笑えるシーン」もありました。それは画廊の場面。換気口をアート作品と勘違いするコロンボ警部の表情は「思わずにんやり」してますよね。自分でも、ちょっと笑っちゃっているでしょう、きっと。帰り際に照れながら「誰にも言わないでくれ」と、受付嬢マーシーに自分から失敗談を語ってしまうのも、コロンボ警部の人柄を上手に表現しています。

ラストは少し残念…

母親殺害の犯人が実の夫だったとわかり、妻のエリザベスが泣き叫ぶシーンでエンディングを迎えますが…少し残念。美しいコロンボ作品を好む私としては、声は不要だった…です。

ブロンソン巡査への疑惑

これもどうでも良い話なのですが、解決編で登場するブロンソン巡査。誰かに似ているな~と思ったら、気になってしまって。6話「もう一つの鍵」で新社長に就任したベス・チャドウィックが「自分の方針に逆らうなら再就職を考えなさい」と脅される役員の俳優さんと似ています。

この俳優さんは38話「ルーサン警部の犯罪」でウォードのギャラをさらに上げることに反対するテレビ局の役員でも出演しています。
これがもし同一人物だとすると…「フランク・エメット・バクスター」という俳優です。2011年の12月に名前が判明いたしました。

監督:バーナード・L・コワルスキー
脚本:デビッド・P・ルイス、ブッカー・T・ブラッドショー
ハロルド・バン・ウィック:オスカー・ウェルナー
妻エリザベス:ジーナ・ローランズ
マーガレット夫人:マーサ・スコット

加筆:2014年2月28日

“30話「ビデオテープの証言」” への40件の返信

  1. 60年代トリュフォー映画で一世を風靡したオスカー・ウェルナー。唯一のテレビドラマ出演がこの「ビデオテープの証言」と知り、いつか見てみたいと思っていた矢先、今回NHKの投票で番外と知り、ついにDVDを買ってしまいました。
    期待通りの名演 ! 犯人の身勝手さ、脆さが上手く表現されていました。
    吹き替えも良いですが、英語版も舞台俳優としても活躍した彼の素敵な声が聞けるので、オススメです。
    アルコール依存症による影響か、70年代以降出演映画が少ないのが惜しい限りです。

    1. このエピソード、全体の雰囲気、俳優さんたちの演技好きで、何度も見てます。
      コロンボの他のエピソードの中でも地味な方かもしれません。ほとんどのシーンは邸宅の中で終始しており、時間も74分で短めです。(長いエピソードだと100分近いものもある)
      しかし全体にすっきりとしていて無駄がなく、動機も分かりやすい。

      逮捕の決め手はビデオテープに残っていた映像です。
      面白いなぁと思うのは、画廊からの招待状が映り込んでいたというところです。
      殺人直後、予想だにしなかった妻からの内線電話がきた。で、つい目の前にあった招待状を無意識にポケットに入れてしまうという一連の行動が、冷静な判断が出来なくなっていた犯人の心情をよく表しています。コロンボのいうところの「殺人に関しては素人」たる所以なのでしょうね。

      ラストで自分の夫が逮捕されて、さめざめと涙を流す妻を前に、コロンボはかける言葉もなく、うつむく静止画で終わります。(英語版は妻が泣き叫ぶ声は無し)
      このラストシーンもさりげなくて素晴らしい。日本のテレビドラマではあまりこういう格好いい終わり方は見られないような気がします。

  2. いやー、ジーナ・ローランズ、ただただ美しいですね。「グロリア」のときのかっこよさとは180度異なるキャラで、さすがです。
    この作品の時に40代半ばのはずですが、信じられませんね。

  3. エンディングの奥さんの「嗚咽」ですが…
    日本語の吹き替え版だけの演出らしいですけど、
    私はこの「嗚咽」は正解だと思います。
    夫に対して抱いていた疑念が…決定的になった瞬間です。
    今までの「気丈」がガラガラと崩れ落ちてしまうのですから…。
    堰を切ったように泣き崩れる、感情のほとばしりとでもいうんでしょうか? 私には反って「美しい」終わり方だと感じました。

  4. みなさん、コメントありがとうございます。この作品に1票追加いたします。奥さま人気投票、将来考えてみます(笑)

  5. コロンボとエリザベスの最初の会話。
    コロンボ:ヴァンウィックの奥さん・・・
    エリザベス:ああぁぁ・・・
    コロンボは、既にセカンドネームを把握済みだ。
    しばらく会話したのち、コロンボとハロルドの最初の会話。
    ハロルド:わたし、ヴァンウィックです。
    コロンボ:・・・あの、えぇっと?
    ハロルド:ヴァンウィック!!
    いきなり、おとぼけモード全開で始まった。
    これは、さかのぼってコロンボとエリザベスの最初の会話の流れで読める。
    エリザベス:なぜ?なにもママを殺さなくったって、逃げればいいのに!
          なぜ殺したりしたんでしょう?。
    コロンボ:まったくです。
    この時、コロンボは階上へ上がって行くエリザベスを凝視しながら、
    様々な考えを巡らした。その想いを想像してみる。
    エリザベスの言葉には真実がこもっていた。それを疑う余地などない。
    コロンボは、エリザベスの深い悲しみに対して、犯人逮捕を誓っていた。
    コロンボは、それまでも親族の率直な第一声を大事にしてきた。
    もし単純な泥棒なら、言われるように殺さなくても逃げればよかった。
    ということは、殺しが目的である可能性が極めて高い。
    とすると、利害関係のありそうな親族から疑ってかかるのが常道だ。
    そこで、自分の推理をペラペラ理路整然と喋っていたハロルドに
    目を付けた。コロンボの犯人センサーのロジックに適合する相手が
    いきなり目の前に現れたかっこうだ。
    「さらば警部補」において、犯人の見分け方をコメントした。

  6. 「黒のエチュード」と似た構図の作品ですね。
    パトロンの義母、美しい妻、婿の立場でありながら浮気性な犯人、そして決め手のビデオテープ。ラストの場面の往生際の悪さまで同じです。
    しいていえば、意図せずビデオに映ってしまったアレックス氏と、自分で映しておいてへまをしたハロルド氏の違いでしょうか。
    私は人間臭いハロルド氏のほうが好きです。奥さんは甲乙つけがたいなあ。。。笑
    この際、奥さん投票もしませんか?

  7. 最後エリザベスの悲しむ声に心が痛むが、立ち直りは思いの外早いだろう。
    エリザベスは身体が不自由ではあるが、周囲の印象と違って自立心が強い。
    それまでは、自立心を満たすよりも、周囲の心配を優先させるがゆえに、
    静かに暮らしていただけだった。平たく言えば、気遣い屋だ。
    だがコロンボとの会話で「壊れもののように言わないで!」や
    ハロルドに対しても、自分が会長職へ就こうとする意欲を示すなど、
    自立心の芽はふつふつと息吹を出そうとしていた。
    そして、愛する夫の逮捕だ。その悲しみは混乱とショックによるもの。
    よく考えると、ハロルドは母親を殺したのだ。更に裁判では、ハロルドの
    浮気も明確になっていくだろう。
    エリザベスはそれまでの自分を改め、時として自分を責めるかも知れない。
    もし自分がシッカリしていたら、事件は起こらなかったかも?、と。
    そこまで考えを巡らせることのできる感受性の強い女性なのだ。
    そこからエリザベス会長、アーサー社長体制の快進撃が始まる。
    もう騙されることなどない。信頼できるブレーンで脇を固め、
    人材の登用や会社経営に目覚ましい能力を発揮するようになるだろう。

  8. オスカー・ウェルナー氏演じるハロルドの、冷酷でありながら無邪気さを併せ持つキャラクターが面白いです。最後の他に例を見ないほどの取り乱し方、往生際の悪さも含め非常にエキセントリックでした。
    ぼくの持っている完全捜査記録では、このエピソードを解決のフェアさの点から評価していました。確かにハロルドがビデオのアリバイ工作をして画廊に行くという計画自体が、証拠の招待状の存在を視聴者側に気付かせるのに十分なヒントといえると思います。
    その他の点では、やはり寝室のピエロ人形のヴィジュアル的にあざやかな手がかりが秀逸でしたね。

  9. いつも楽しく拝見させていただいております
    私もハロルドをパッと見で「あっロッドスチュワートだ」と
    思いました(笑)
    1975年といえばあの「セイリング」歌ってたころですかねぇ。
    ラストはなんかコロンボらしくないなぁと思ったのですが
    日本独自でしたか!いい情報を得られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.