フレッド・ドレイパー

Fred Draper
写真のように、比較的困った顔で登場することが多いです。18話「毒のある花」のマーチソン博士役が特に印象的でした。最も重要な役どころでは37話「さらば提督」の方が上回りますが、こちらの作品はあまり好きではありませんので。

7話「もう一つの鍵」タクシーの運転手
18話「毒のある花」マーチソン博士
27話「逆転の構図」ガレスコ夫人殺害現場の鑑識
31話「5時30分の目撃者」デビッド・モリス
37話「さらば提督」スワニー
38話「ルーサン警部の犯罪」ジョセフ
 
気付きにくいのは、7話「もう一つの鍵」のタクシーの運転手。チャドウィック家のお母上が到着する場面で、コロンボをチャドウィック家の召使いと決めつけて代金を請求し、おつりを持っていないと「新米だね」と見下しています。
 
さらには、27話「逆転の構図」の鑑識の役。ガレスコ夫人殺害現場の農家で登場します。髭を生やした鑑識の男性がフレッド・ドレイパー。顔をよく見ないと彼だと気づきません。
 
加筆:2015年3月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.