刑事コロンボと猿の惑星

1968年に公開された映画「猿の惑星(Planet of the Apes)」。私ぼろんこは少年時代、刑事コロンボと同じくらいこの映画が大好きでした。大人になって両作品を見返すにあたり、両方の作品に出演している俳優さんが多数存在することを知ったのです。

獣医「ジーラ」

チャールトン・ヘストン演じる宇宙飛行士の「テイラー」に興味を抱き、助けてくれるチンパンジーの獣医「ジーラ」を演じた女優「キム・ハンター」は、6話「二枚のドガの絵」
で犯人キングストンの叔母「エドナ・マシューズ」です。

考古学者「コーネリアス」

ジーラの婚約者で考古学者の「コーネリアス」は8話「死の方程式」で、スタンフォード化学工業の御曹司ロジャー・スタンフォード演じた俳優「ロディ・マクドウォール」。

オランウータン「ザイアス博士」

さらにこの二人の上司でオランウータン「ザイアス博士」は、32話「忘れられたスター」で執事レイモンドを演じた「モーリス・エヴァンス」。どうです?この3人。猿の惑星で特殊メイクをしていても、まさにその俳優の表情が生き生きと感じられるのです。

甥っ子チンパンジー「ルーシャス」

そしてこれは2021年に初めて気づいたのですが、テイラーの手助けをする甥っ子チンパンジーのルーシャスは、22話「愛情の計算」のロス博士でした!ほら‥あの小柄な研究員です。どちらも背丈が小さいという身体的な特徴を活かした素敵な配役でした。

いずれの画像も全て、自分で見てその画面をスマホで撮影し、刑事ぼろんこ独特の加工処理を施したものです。
「続・猿の惑星」以降の作品については、実際に作品を見て・画面を撮影できたらこの場に加筆いたします。

“刑事コロンボと猿の惑星” への1件の返信

  1. チャールトン・ヘストンにも、犯人役として是非出演して欲しかったですね…

    ピーター・フォークとの対決、見たかったです。

コメントを残す

  • 名前の記入は必須となりました。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 投稿後30分以内であれば、誤字などを修正できます。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 日本語が含まれない投稿はできません。
  • リンクが含まれる投稿は、ぼろんこの承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿はできません。リンクが含まれる投稿は承認待ちとなります。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.