映画「サイコ」と刑事コロンボ

映画「サイコ」と言えば名匠「アルフレッド・ヒッチコック」監督の代表作のひとつ。これは有名なのですが、刑事コロンボに出演の女優陣が活躍していますので、特集したくなりました。

やはり主役はノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)なのでしょう。
そして準主役級のマリオン・クレインには「ジャネット・リー」、その妹ライラ・クレインに「ヴェラ・マイルズ」と、刑事コロンボゲスト・スターが名を連ねています。多くのコロンボファンがこの作品をすでに視聴しているとは思いますが、もし未だでしたらぜひご覧ください。コロンボファンなら2倍も3倍も楽しめるはずです。

マリオン・クレイン

ジャネット・リージャネット・リーの演じるマリオン・クレインは、女性の魅力が画面に出ていて、息を呑みそうなシーンもあります。そこがヒッチコック監督の狙いとも思え、流石に名匠だな〜と感心します。彼女はこの時33歳。
– 32話「忘れられたスター」

ライラ・クレイン

ヴェラ・マイルズ一方ヴェラ・マイルズが演じるライラ・クレインは、しっかり者の妹役という感じ。ヴェラは1929年生まれでジャネットより2歳若く、31歳。ここではサイコのストーリーが推測できるような話題は避けますが、重要な役どころです。
– 18話「毒のある花」

ノーマ・ベイツ

ノーマは主人公ノーマンの母親です。その声色(こわいろ)の表現として、女優ジャネット・ノーランが一役買っています。普段日本語吹き替え版でコロンボを観る私はピンと来ませんが、そうらしいのです。
– 17話「二つの顔」
– 45話「策謀の結末」

“映画「サイコ」と刑事コロンボ” への4件の返信

  1. ジャネット・リーとヴェラ・マイルズが一つしか歳が違わないのが結構衝撃です。(コロンボ作品では2年開いてるので3つか)
    まあコロンボでは、往年のスター役といつまでも若作り社長役なので、そう見せているのかな。
    しかしジャネット・リーほんとに綺麗だったんですね。

  2. 68話「奪われた旋律」の劇中でスクリーン中の映画のナイフによる女性殺人シーンが何となくサイコっぽいと思いました。映画音楽録音中にスタジオにコロンボが登場したシーンでもサイコの音楽やってました。コロンボもサイコのタイトルくらいは即答できなきゃね。

コメントを残す

  • 名前の記入は必須となりました。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 投稿後30分以内であれば、誤字などを修正できます。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 日本語が含まれない投稿はできません。
  • リンクが含まれる投稿は、ぼろんこの承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿はできません。リンクが含まれる投稿は承認待ちとなります。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.