5話「ホリスター将軍のコレクション」

Dead Weight / 1971
マーチン・J・ホリスター元将軍(エディ・アルバート)は、不正を働くパートナーである現役軍人ダットン大佐(ジョン・カー)を殺害。私が子供だった頃、この作品を確かに見ました。ヨットハーバー付近が舞台になっている作品で記憶に深く残っていました。

ホリスター将軍のヨットハーバー

将軍の船に「THE IRON HORSEMAN NEW PORT」と書いてあります。おそらくロサンゼルスの南に位置する「ニューポートビーチ」が「ホリスター将軍」の家ではないかと思われます。間違っているかもしれません、鵜呑みにしないでください。
→ホリスター将軍のヨットハーバー(PCのみ)

初期の作品としては少し不人気

私が傑作だと推薦する4話「指輪の爪あと」と6話「二枚のドガの絵」に挟まれ、少々不人気な印象の作品です。犯行の目撃者が犯人の味方になってしまうという、凝ったストーリーです。やはりシンプルな展開の方が、かえって優れた作品になるのでしょうか。

実はこの「ホリスター元将軍」は「大悪人」でした。現役軍人ダットン大佐と共謀し不正取り引きで私腹を肥やし、悪事を隠すためにはためらうこと無く大佐を射殺。殺人現場の目撃者ヘレンに接近・誘惑し味方に引き入れるという「卑怯・卑劣のオンパレード」です。

このように戦争において「英雄になれる人物像」とは、決して潔く誠実なものではない。エンディングでコロンボ警部がヘレンに言い聞かせる「将軍がいかなる人物かよく表している物」…見せるための軍服、弾丸を受け止めた本、とてもよく理解できますね。

ライターを借りる

ホリスター将軍の家で、ライターを借りています。退役記念に幕僚からプレゼントとされた、とても立派なライターでした。

事件の目撃者ヘレン

ヘレン・スチュワート役のスザンヌ・プレシェットは、とても可愛らしい女性に描かれていました。ホリスター元将軍のことを最後に「カス」呼ばわりしていた場面は、ほのかな笑いを呼ぶシーンでした。

日本語吹き替えは久松保夫さん

ちなみにホリスター将軍(エディ・アルバート)の日本語吹き替えは「久松保夫」さんで、スタートレック(宇宙大作戦)のMr.スポックの声でもお馴染み。でも、Mr.スポックのレナード・ニモイが刑事コロンボ15話「溶ける糸」に出演の際にメイフィールド医師を天田俊明さんが担当した理由は不明(今後調べてみます)。

真珠を散りばめたコルト拳銃

ブログゲストさんから「将軍愛用の真珠を散りばめたピストルが、いつ陳列されたか?」という疑問が寄せられました。ダットン大佐を殺害する時は確かに、木箱から取り出しました。いつ展示室に持ち込んだかは、場面を見るだけでは断定できないようです。大切な「本」も木箱に無かったので、祝典当日に自分で持ち込んだのかな?凶器なので…捨ててしまうか…迷ったか。

木箱の中に無かったことがヒントになってしまう

コロンボが木箱の中味を確かめた際、確かに真珠の拳銃は入っていませんでした。このことが逆に「凶器がこの拳銃である」というヒントになってしまう。45口径であれば大佐殺害の銃である可能性が高いことに、もっと早い段階で気づくのでは?と疑問は残ります。コロンボは既に展示室に足を運んでいるはずですし。
それにしてもやはり、将軍はこの銃を海にでも捨てるべきだった。誇りたいはずの名誉の品だけど、結局はそれが命取りでした。

軍人を扱ったコロンボ作品

戦争の国アメリカ(と表現すると失礼でしょうか?)ならではの題材だと感じます。刑事コロンボには他にも数作品で、犯人役が軍人または軍事関連の作品がありますね。この作品に関してはその色は薄く「過去の栄光」としての「英雄・将軍」を描いています。後の作品28話「祝砲の挽歌」のラムフォード大佐、49話「迷子の兵隊」のパジェット将軍にもこのイメージは通じます。

ヴァル・アヴェリー

帽子とサングラスを着用していて気付きにくいのですが、犯行を目撃するヨットハーバーで「貸ヨット屋のオヤジ」を演じるのはヴァル・アヴェリー。12話「アリバイのダイヤル」で盗聴器を仕掛けた探偵:ダブス、25話「権力の墓穴」では重要人物:前科者のアーティ、さらには34話「仮面の男」でローウィーを演じています。

テレビ番組のアナウンサー

マーチン・J・ホリスター元将軍を讃えるテレビ番組でアナウンサーをつとめるのは「クリート・ロバーツ」。この人は20話「野望の果て」の選挙番組でもアンサウンサーとして登場します。

監督:ジャック・スマイト
脚本:ジョン・デュガン
マーチン・J・ホリスター:エディ・アルバート
ヘレン・スチュワート:スザンヌ・プレシェット
ロジャー・ダットン:ジョン・カー
ハリー・バーンズ:ヴァル・アヴェリー
バート:ティモシー・ケリー

加筆:2020年7月26日

“5話「ホリスター将軍のコレクション」” への74件の返信

  1. お初にコメントします。以前CSのミステリーチャンネルで連続放送されてHDDに録りためたものを消化しております。凶器のコルト45口径について、犯人が元軍人だからと自動拳銃だと思っていたんですが、まさかリボルバーとは思いませんでした(リボルバーの存在は知っていましたが)。おそらくパットン将軍のパロディなんでしょうね。

  2. コロンボファンのサイトをみてもあまり、評価が高くない作品。
    でも、自分は、一番スキな作品。
    巧妙なアリバイトリックなどがあるわけじゃないが、ホルスター将軍の人間性から凶器の隠し場所を突き止めるあたりが、最高ですね。

  3. はじめまして初投稿です。よろしくお願いします。

    早速BS録画をしてましたこの回を見ました。将軍役のエディ・アルバートさんかっこよかったですね。 
    この作品の約20年ほど前でしょうか?

    「ローマの休日」では例のライターで撮影をした(まさか後年に当たり前のようにカメラ付き携帯が出回るとは…)髭のカメラマン役。

    前半部分にライターをコロンボに貸した部分、少し微笑みました^^
    アルバートさん調べましたら何と99歳まで存命されてたとは…。

  4. あと「真珠が散りばめられた」という字幕になっていましたが、原文はPearl-handledで、最後の場面を見ると真珠の玉が散りばめられたというよりは、握る部分(つまりhandleに)平面的な真珠がはめ込まれていましたね。(原文を確認するのに思わず巻き戻して見てしまいました。)

    きっと映像なしで訳をつけていたのかなと思うと苦労がしのばれますね。先程のコメントで書きそびれましたが、各回見てから、ぼろんこさんのブログを読んで皆さんのコメントも読んで、一粒で何度も楽しいです。どなたかも書いておられましたが、英語音声にして字幕をオンにして見られるのが、楽しいです。英語と字幕がだいぶ違う(間違っているという意味ではなく、日本語にしても座りが悪かったり、アメリカの文化が分からないと通じにくい文を、ストーリー全体に照らして大胆に意訳している)のも毎回興味深いです。ホリスター将軍が「わしゃ」と言ったことになっている下りにはちょっとびっくりしましたが(笑)。

    1. コロンボが何度見ても面白い理由として「倒叙法」を用いたドラマだってことがありますね。犯人が誰か?というテーマじゃないから、飽きないのかな。

  5. みなさん、コメントありがとうございます。
    「犯行の目撃者を、自分に惚れさせて口封じを図る」
    という発想は画期的!だったのかな?
    自分も制作者側の人間だったら、
    「このシナリオ面白い!」って飛びついたかもね。
    そのように、作り手側の気持ちになって見るのも楽しいです。

  6. NHK-BSPの再放送をあらためて新しいレコーダーで毎週録画しているところです。
    冒頭、将軍が寄贈する予定の品々をさらっと見せてくれますが、AK47自動小銃は朝鮮戦争で鹵獲したのかしら?
    立派な勲章とか、飲み屋さんだったら話が弾みそうです。

    例によって、インテリアについても見ていくと、白いボディのテレビが気になりました。
    下の台は多分回転できるみたいで、初代iMacみたいな現在でも通用しそうなデザインです。
    正面の上の方に突起があって、これの意味がわかりませんでした。
    昔は白黒TVの前に薄いブルーのカバーを付けたりしましたが違うみたいです。

    何という機種か知りたくて、フィリップスとか色々ググってみましたが、結局不明のままです。ソニーのデザインではなさそうだし、意外に東芝とかサンヨーがOEMでやるかもしれません。ちょっと謎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.