ジョージ・クレーマー刑事

コロンボ警部の良き相棒として、多数の作品に登場

刑事コロンボシリーズでは、4作品に登場。特定のレギュラー出演者を持たない本シリーズでは、準レギュラーと呼んでよいキャラクターです。コロンボ警部の補佐役として重要な役目などを任されますが、ウイルソン刑事のようには彼を尊敬しておらず、「変人」を見るような目つきの時もありますが、二人の性格の違いがかえってユーモラスに描かれています。

新シリーズでも健在

新シリーズでは、ノンクレジット扱い(51話「だまされたコロンボ」)で再登場し、52話「完全犯罪の誤算」では、かつてのように愛すべき「クレーマー刑事」と再会できます。やはり、コロンボ警部の相棒はクレーマー刑事!ですね。

クレーマー刑事ではない!

クレーマー刑事になる前、18話「毒のある花」では、化粧品会社で働いている男:実験の残骸を燃やす役でも出演しています。また43話「秒読みの殺人」では、なぜかテレビを修理する電気屋さんの役(写真)で登場しています。

ブリンドル刑事って?

新シリーズの65話「奇妙な助っ人」では、役柄ではほぼクレーマー刑事なのに、なぜか「フィル・ブリンドル刑事」として出演しています。これは「グローバー刑事=バーノン刑事」よりも深い意図を感じます。

息子のブルーノも出演

28話「祝砲の挽歌」には息子のブルーノ・カービーもモーガン候補生の役で登場しています。カービー親子の競演というパワープレイが早くも実現しています。

“ジョージ・クレーマー刑事” への3件の返信

  1. AXNでの再放送をみて、コロンボシリーズの面白さに再び目覚め、DVDを買い揃え何度も見返しては、こちらのブログを覗くのが楽しみになってしまいました。
    先日、映画「アポロ13号」を見ていて、クレーマー刑事を発見しました。
    トムハンクスらクルーが月への出発前に家族の見送りを受けるシーンで
    見送る家族の後ろで手を振っていました。一瞬ですが、多分、そうだと思います。機会があったら、探してみてください。

  2. クレーマー刑事の第一声って大体「こりゃ、物盗りの犯行ですね」
    コロンボの部下だったら、もうちょっと考えろよ!と思いますが、いかにもお役所仕事のいい味が出てますね。
    しかし、貴金属と少額の現金を強盗するために人まで殺す、というのが常識だった?当時のアメリカって結構怖いな、と思います。

  3. クレイマー刑事、刑事らしくコロンボの部下としてそつなく仕事をする、感じのい
    いキャラですね。フォークのお気に入りなのかな?よく出演してますね。好きな男優です。
    来週からまたコロンボシリーズ始まりますね。全部DVD持ってるけど、見るとおもいます。
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.