刑事コロンボの「特長」を感じられない作品。

倒叙法への想い

「倒叙法」の作品とは…最初に犯人が分かってしまう。犯行手法もわかってしまう。それらが「何もしらないはずの刑事」により、明らかにされてしまう過程が面白いと思っています。
 
37話「さらば提督」
刑事コロンボ作品の基本コンセプトを「倒叙法」と考えると、これは死守して欲しかったですね。解決シーンでは、コロンボがポアロに見えてきました。最終回を意識した特別の作品だということで、構成の異色さもうなずけます。
 

脱マンネリが必要だったか

お色気・推理要素・回想シーン…などが取り込まれた作品もできました。当時は視聴率などへの配慮もあり、いろいろ苦心したのでしょう。
 
48話「幻の娼婦」
これまも女性の犯人は多く存在しますが、この作品は別格でNGです。何十回見ても好きになれない作品でしょう。刑事コロンボの「基本スタイル」は感じさせますが、コロンボファンの支持は得られない作品だと言えます。
 
53話「かみさんよ、安らかに」
いわゆる「かみさん」をストーリーのメインに持ち出したことが異色作。この時点で既に「手詰まり」状態だったのでしょうか。コロンボ警部の捜査手法に対し「人でなし」と逆ギレして、殴り掛かる犯人の女性ですが、当時としても時代が変わった…という意味なのでしょう。
 
55話「マリブビーチ殺人事件」
何とかして、見る側を楽しませたい…という意気込みはわかるのですが、どうにも好きになれません。駄作に含まれてしまいます。凝り過ぎが生んだ消化不良ですね。
 
58話「影なき殺人者」
推理ドラマとして、駄作に分類されても致し方ない作品。お面をつけて車を運転して欲しいと、秘書にお願いしては怪しまれて当然。その共犯者ともいえる秘書から結婚を迫られることも、笑ってしまうほどお粗末でした。

加筆:2020年1月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.