好きなんだけど…佳作。

主題テーマは良いのですが…ちょっぴり難アリ

全69作のコロンボシリーズ。1作を1本の映画と考えれば、傑作から駄作まで出来て当然の結果。テーマは良いんだけど、ほんの少し残念な出来映えになった作品もあると思います。
 
13話「ロンドンの傘」
初の海外ロケ作品。ロンドンとその周辺で描かれる美しいドラマです。ゆったりと進行していて、何度見ても飽きることありません。が!オチが異常にせこいです。しかし「ロンドンの傘」という邦題も素敵だし、この作品のファンも多いのです。
 
21話「意識の下の映像」
「サブリミナル効果」を扱った殺人事件として有名な作品。「この1枚が効いた」という「コロンボ警部が電気スタンドを見ている写真」…。犯人が証拠の品をずっと隠し持っていた件(廃棄できたはず)がひっかかり減点です(笑)
 
33話「ハッサン・サラーの反逆」
ハッサン・サラー役:ヘクター・エリゾンドが素晴らしいです。国際問題に発展しそうな大きなテーマですが、それほどの嫌悪感もなく楽しめる作品に仕上がっています。
 
36話「魔術師の幻想」
リアルタイムで見ていた時は、違和感は少なかったのですが、タイプライターのリボンが決定的な証拠になるということで、時代を超えた「名作レベル」には届かない作品です。ジャック・キャシディは素晴らしかったです。
 
38話「ルーサン警部の犯罪」
時間が短かかったのか…。面白い展開は見せていたものの、決め手となった指紋が「まるでノーマーク」だったのがとっても残念。犯人役のウィリアム・シャトナーも、「溶ける糸」のレナード・ニモイと比較すると、弱々しい。
 
44話「美食の報酬」
コロンボの醍醐味として「頭脳明晰な犯人との対決」を挙げたいのですが、その点では少し劣る(犯人が頭脳明晰でない)気がします。コロンボがあれほどイタリア語を話すのも、すこしイメージが崩れました。
 
44話「攻撃命令」
11話「悪の温室」にも似た「不気味な雰囲気」を醸す作品ですが、よくまとまった佳作です。犯人のエリック・メイスンの性格がちょっと暗すぎる?と感じましたが皆さんはどうでしょう。
 
45話「策謀の結末」
とても素敵な作品で大好きなのですが、犯行現場で犯人がコロンボと鉢合わせしたり、コロンボと親しくなりすぎ次々にボロを出すなど、少しストーリーの脇が甘い感じ。
 
67話「復讐を抱いて眠れ」
パトリック・マクグーハン最後のゲストスター作品。割と地味な背景ながら、初期作品に近いテイストも持っていました。ただし骨壺から認識標(金属)が出てきたのは…。入れる時に気付くと思うんです。
 
68話「奪われた旋律」
期待値の低い新シリーズの中では、数回みても飽きない「美しさ」をもった貴重な作品。なのですが、ラストでは状況証拠だけで、犯人が観念してしまいます。本当に惜しい作品です。
 
※「自縛の紐」はもっと上位に位置づけしたくなり「名作カテゴリー」に移動しました。

“好きなんだけど…佳作。” への4件の返信

  1. ぽこたんさん書き込みありがとうございます。「自縛の紐の論理は成立」ですね!この問題は、私にとってコロンボ最大の謎となっていますが、近日中にもう一度作品を見て、その結果「自縛の紐」を再評価しようと思います~。

  2. 自縛の紐の論理は成り立っています。
    トレーニング用の靴が被害者本人ではなく、誰かによって履かされたことが明らかなのに、この犯人は、アリバイ工作の電話でトレーニングウェアに着替えたことを被害者から聞いたと証言しています。
    となれば、その証言は嘘ということになり、靴を履かしたのは、この犯人に違いありません。
    確かに日本語訳が悪いので、少しわかりにくいですね。

  3. 「ラジオのニュースが決め手」になったのは、34話「仮面の男」です。
    https://fact-web.com/columbon/?p=49
    「ロンドンの傘」はオチはセコいのですが、独特の雰囲気をもった作品でしてお好きな方が多いようです。
    「自縛の紐」の着替えの件ですが、これはもう一度作品を見直さないと、突っ込めません。私にとってはコロンボ七不思議のひとつです(笑)

  4. ラジオのニュースが決め手になったエピソードはどれだったかとネットで探していて、この記事にきました。どれも着眼点が面白く、楽しく拝読させていただいてます。
    「ロンドンの傘」の、オチがせこいというのは笑ってしまいまいた。「自縛の紐」の決め手(「スタッフォード氏が死亡時に着替えたことを知っているのはあんただけだ」)は、僕はここでゾクっと来たんですが、何か問題ありですかね??僕はあまり深く考えないので、なるほどと思ってしまいました(自明すぎるってことでしょうか??)。
    また「残念作品」評なども読ませていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.