おおらかな目で見よう!新シリーズの名作。

新シリーズの良さも見つけました。

新シリーズの作品は、映像のクオリティの高さや音声の迫力などもあり、捨て難いものもあるんです。旧作=名作、新作=駄作ということでは決して無い気がしています。ここではあえて、新シリーズを持ち上げています。
 
47話「狂ったシナリオ」
コロンボ警部より若い犯人が登場することが多い新シリーズの作品としては優れた作品。突然降って湧いた大ピンチを乗り切ったかに見えた、アレックス・ブレイディでしたが、コロンボに些細な疑問を指摘され悔しがる心情表現は見物。またラストシーンは、派手過ぎる感もありますが楽しめること請け合いです。
 
49話「迷子の兵隊」
新シリーズ中では、独特の世界を創りながらも尚、作品の質は低くないと思わせる作品。これを「駄作」と考えては、新シリーズを楽しめなくなりそうです。出演の俳優陣もそれぞれ良い味を出しています。
 
59話「大当たりの死」
甥から宝くじで当選した大金を横取りするというお話。ありそうでなかった題材で、非常に面白かったです。しかも犯人レオン・ラマー役のリップ・トーンは素晴らしい演技を見せてくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.