刑務所に入ればゆっくり休めるんではありませんこと?

11話「悪の温室」キャシー・グッドウィン
夫殺しの容疑(濡れ衣)をかけられた妻キャシーが警察本部に連行される途中に、ジャービス・グッドウィン邸に呼び戻されて…
コロンボ警部「奥さん今晩は。お疲れでしょう、とにかく…おかけください」
キャシー「いいえ結構、私立ってます。(どうせ)刑務所に入ればゆっくり休めるんではありませんこと?」
 
と、皮肉を添えてさらりと応えた。
 

“刑務所に入ればゆっくり休めるんではありませんこと?” への4件の返信

  1. コロンボの場を和ませるテクニックやウケ狙い
    「別れのワイン」
    ・イタリア人で音痴とは、あたしだけじゃないかしら。
     →音痴という恥をさらすことで和ませる。
     →確かに「影なき殺人者」Closerの歌唱で証明された。
    ・親父は、闇ビールのトラックの用心棒だった。
     →”酒”と言わず”ビール”と言い、”トラックの用心棒”とまで修飾を入れた。
      このように修飾し言いまわすことで、暗い時代を明るく表現する効果が
      あるし、意表を突かれ思わず笑ってしまう。
    「白鳥の歌」
    ・出所されてからの活躍は、下積みの連中に希望を与えるもんです。
     →聴いててけっこうジーンときました。犯人も心を開く第一歩となった。
    ・朝鮮戦争では、炊事場の見張りで・・・。
     →下っ端かみたいな感じで、本来暗い戦争なのに明るい印象を与えます。
    「華麗なる罠」
    ・従兄は、パン屋の軽トラックにはねられたんです。
     →パン屋という何とも平和なイメージと、軽トラックという軽い感じで、
      死亡事故なのに、重々しい印象を与えない。
      これでウェズリーも、つい笑ってしまった。ちょっと失礼でしたね。

  2. コロンボお得意の逮捕手法として、でっち上げの証拠や状況をつくり出して、
    その結果、犯人による勇み足の行いや言動があったときに、それ自体を決定的
    な証拠することが多い。犯人は完全犯罪を狙っていて、簡単には完全性を
    崩せないので、そういうテクニックを使うのだろう。
    よく「弁護士を通してくれ」とか、周囲の関係者が「しゃべってはイケナイ」
    などと容疑者に対して注意を促すことがある。
    これらは、コロンボに対しては特に必要な措置と言えるだろう。
    コロンボから逃れるには、コロンボとコンタクトしないことである。
    特に話さないことだ。コロンボは、催眠術師レベルの誘導術を心得ている。
    犯人は別段追い込まれてもいないのに、勝手に追い込まれた気分になって、
    つい勇み足や自白をしてしまうのだ。犯罪完全性が崩されていくと、犯人は
    必要以上に追い込まれた錯覚に陥ってしまう。犯罪完全性が崩されていく事と、
    犯人側の容疑が固まることはイコールではない。
    そこを、よくはき違えてしまうのだ。コロンボに勝つには近づかないことだ。

  3. いろいろなところへ分散してコメントしましたが、ここでまとめてみます。
    これらの全ての要素が含まれるものを傑作と言いたいです。
    ◆犯人のコロンボ分析
    「殺人処方箋」
    また始まったな。ほのめかしだよ。実に計算されている。その小道具の葉巻に
    至るまでな。君のは代償作用の実例と言える。欠点をカバーする代償作用さ。
    君は優れた知性を持っているが、それを隠している。道化のようなフリをして
    いる。なぜか?。その外見のせいだ。外見のせいで押しも効かないし尊敬も
    されない。が、君はその弱点を逆に武器にする。君は不意打ちをかける。
    見くびっていた連中は、そこで見事につまづく。・・・今度はおだてかね?。
    「死者の身代金」
    恐ろしい人ねえ。そのショボくれたなりも態度もみんな見せかけ。
    敵の油断を見透かして、いきなりワナをぶつけてモノにしようっていう
    腹でしょ。どれもこれもワナよ。おつむが空っぽみたいなフリをするのも、
    奥さんや従兄の内輪話も。とにかく大した役者だわ。上辺はモタモタして
    いるけど、おつむの中は目まぐるしく回っている。
    刑事仲間でも腕利きで通っているんでしょ。
    ◆コロンボ自身による自己分析
    「殺しの序曲」
    世の中というのは不思議ですねえ。わたしゃ、どこ行っても秀才にばかり
    出会ってねえ。学校でも頭の良い子は大勢いたし。軍隊初めて入った時にも、
    あそこにも、おっそろしく頭の良いのがいましたよ。ああいうのが大勢いちゃ、
    刑事なるのも容易じゃないと思ったもんです。あたし考えました。連中より
    せっせと働いて、もっと時間かけて、本を読んで、注意深くやりゃ、モノに
    なるんじゃないかって。なりましたよ!。
    あたしゃ、この仕事が心底好きなんです。
    「死者のメッセージ」
    科学捜査なんて何にも知らないんです。それから私の仕事が、恐るべき暗黒
    っていう点でも正直言いますとねえ、これもあんまり自信がないんです。
    私は自分の仕事が大好きでしてねぇ、憂鬱になることなんざぁ有りません。
    また世界中に犯罪や殺人犯が満ち溢れているとも思いません。みなさんの様な
    良い方がいっぱいだし。刑事をやってたからこそ、皆さんにもお目にかかれた
    わけだし。あたしゃ人間が大好きです。今まで出会った殺人犯の何人かさえ
    好きになったほどで、時には好意を持ち尊敬さえしました。やったことにじゃ
    ありませんよ。殺しは悪いに決まっています。しかし犯人の知性の豊かさや
    ユーモアや人柄にです。誰にでも良いところはあるんです。ほんのちょっと
    でもねぇ。こりゃ刑事が言うんだから間違いありません。
    「殺人講義」
    (実際にはない証拠を作り上げることは?)
    実際にはない証拠を作り上げることはあると言われています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    あたしの場合はこうです。この自分の鼻について行きます、
    もし臭いを嗅ぎつけたら、解決の為ならありとあらゆる事をやってみますね。
    (若い刑事へのアドバイスは?)
    まあ~あまり喋らんことですかね。
    何かをした場合など、黙っている方がよろしい!。
    すーぐ、ベラベラ喋っちまわないで、待つんです。待って展開を見る。
    大事なのは、タイミングです。それからツキ。ツキが必要ですね。

  4. 「忘れられたスター」で、夫のヘンリーにミュージカルの資金援助を頼むシーンでの、ヘンリーの言葉は素敵でした。
    「あなたは、頑固で、けちで、役立たずの老人よ」とグレースがまるで子供のように詰ると、彼はこう返します。
    「君がただ愛情だけで僕と結婚したのではないことは、始めから分かっていたよ。でも、そんなに悪い人生じゃなかっただろう?」
    幼い子供は、親に対して完璧な愛情と気遣いを当然のように要求します。グレースは正に、成長できなかった子供のようでした。
    年は離れていたのだと思いますが、心からグレースを愛し、慈しむ彼を、彼女は、殺してしまいます。
    大人と子供の違いを残酷なまでに見せられたシーンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.