ダイアン・ ターレイ・トラヴィス

登場回数7回を誇るエキストラ女優

Dianne Turley Travis
多数のコロンボ作品にちょい役で登場している女優さんを発見しました。ほぼエキストラのような扱いですが、興味深いです。染めた感じのブロンドのショートヘアで、後頭部がブルネット(濃茶)に見えるのが特徴です。
 
14話「偶像のレクイエム」
コロンボがTクラブ会員を探す場面で、パトカーの前で警官から聴取されている女性。
 
18話「毒のある花」
ビューティー・マーク社で美容体操を教えるインストラクター。
 
20話「野望の果て」
ヘイワード夫人ジョアンヌの誕生日会に居る友人のひとり。
 
23話「愛情の計算」
人工頭脳学調査研究所の女性研究員。短いが台詞もしゃべっています。
 
25話「権力の墓穴」
ハルプリンが毎週通うクラブで、コードウェルと二人でバーに移動する際に近くに立っている女性。
 
27話「逆転の構図」
ガレスコの写真展のお客さん。
 
59話「大当たりの死」
ナンシーが勤めるランジェリー店で買い物をする女性。その前の出演が1974年で今回が1991年。17年のブランクがあり、風貌が一変し同一人物とは気づきませんが、クレジットされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.