ほぼ傑作。刑事コロンボの醍醐味を満喫できる作品。

刑事コロンボのもう一つの美学

一話完結のテレビドラマシリーズとして続いた刑事コロンボ。だからこそ、エピソードごとにそのテイストは大きく異なります。その中でも格別と言える美しさを持った作品たちです。
 
19話「別れのワイン」
シリーズ中での人気No.1は、揺るぎないですが、私の好みとしては第二グループの筆頭。コロンボと犯人エイドリアンの関係が美しすぎることが、その理由かも知れません。しかしながらこの作品は、どのように考えたとしても「美しい刑事コロンボ作品」として傑作。エイドリアン役のドナルド・プレザンスも素晴らしかったです。
 
25話「権力の墓穴」
隣人の過失致死に乗じて、自らも財産目当てに妻を殺害するというテーマが若干のマイナスポイント。犯人役のリチャード・カイリーは素晴らしかったですし、伝説的とも言えるアパートでのラストシーンも圧巻です。
 
28話「祝砲の挽歌」
壮大なスケールで描いたエピソードとしては、最も美しい作品。画面の広さが他の作品とは別格だと感じます。成功者の転落劇とは呼び難いのですが、殺意は納得できるものです。「卑怯者はここにはいない」「全体、止まれ!」で結ぶエンディングは、他の作品にはない独特の世界を作っています。
 
32話「忘れられたスター」
「忘れられたスター」という邦題が、すべてを表しています。しかもラストシーンまで、その真意が見えてきません。それでいて、作品を見返した時に、それまでの布石がひとつひとつ納得できます。刑事コロンボの王道的作品とは言い難いですが傑作です。
 
41話「死者のメッセージ」
後期の刑事コロンボ作品としては秀逸。とにかくアビゲイル・ミッチェル役の「ルース・ゴードン」が素晴らしい。ダイイングメッセージが解決のポイントということが少しだけ残念ですが、ほぼ傑作と呼びたい作品です。
 
*並びは古い順です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.