コロンボの家族・親戚

両親

イタリア系移民(ピーターフォークはイタリア系ではない)
19話「別れのワイン」父親は闇ビールのトラックの運転手。

兄弟(5人または6人兄弟)

・姉 60話「初夜に消えた花嫁」で名をメアリーだと。
・妹
・弟 13話「ロンドンの傘」弟がボーイスカウトで派手な制服が大好き。
43話「秒読みの殺人」腰のクリニックに通っていた。

妻(カミさん)

愛妻家で、度々話題にのぼる。
第12話「アリバイのダイヤル」で「普段から怒りっぽい女」だと。
53話「かみさんよ、安らかに」で上手くはないがピアノを演奏すると言っている。(おそらく本当ではない)

子供

・子供がいるように聞こえる発言がある。
第12話「アリバイのダイヤル」で「アイスクリーム屋が飯前に回ってきて、子供の食欲を無くさせる」と。
第19話「別れのワイン」で「子守が見つかればカミさんも連れて行く」と。
第23話「愛情の計算」で「カミさんは子供たちと郷へ遊びに行った」と言っている。
53話「かみさんよ、安らかに」で子供はいないと言っているそうだが信憑性が低いかも。

義兄

9話「パイルD-3の壁」義理の兄が二流の弁護士。

義弟のジョージ

14話「偶像のレクイエム」ノーラ・チャンドラーと電話でしゃべる。
18話「毒のある花」メキシコの旅行写真を見て生涯最高のスライドだ…と喜んだ。
29話「歌声の消えた海」義理の弟が車の修理工場をしている。

義妹(リタ)

4話「指輪の爪あと」で、海岸沿いに住みたいと。
53話「かみさんよ、安らかに」でピアノ上に写真が置いてあり、大写しになった。

いとこのラルフ

2話「死者の身代金」話しっぷり、頭の回転がよく、男前。同じいとこでどうもこんなに違うのか?と比較される。

アルバニーのまたいとこ

16話「断たれた音」チェスの名人「クレイトン」を世界一の棋士だと尊敬していた。

18話「毒のある花」に出てくる。
40話「殺しの序曲」会計士志望で勉強中。
43話「秒読みの殺人」15歳でステレオを売り払って8ミリ映画を作る。憧れの人はコッポラ。
45話「策謀の結末」刺繍コンクールで2等賞、ウエイトリフティングで優勝。
49話「迷子の兵隊」南北戦争同好会。
サンディエゴの水族館に勤務。
アンディ刑事…60話「初夜に消えた花嫁」によるとコロンボの姉の息子。

叔父

21話「意識の下の映像」叔父貴(おじき)がサンディーマスで不動産屋を始めて大当たり、その前はスクールバスの運転手。
21話「自縛の紐」ジーン叔父が訪れる予定。

女房のいとこ

22話「第三の終章」バレーで板金の仕事をしている。

書きかけ記事:2020年7月4日

“コロンボの家族・親戚” への16件の返信

  1. 「権力の墓穴」で義兄または義弟、その子供達(コロンボの甥と姪)の写真を見せてますね。同種のひっかけを使った「殺人講義」ではカミさんの車(カミさんは綺麗な車に乗ってるイメージがありましたが、コロンボの愛車と同じくらいオンボロ)が出てきて、カミさんの姪とその愛犬の写真が映されます。「カミさんの」姪と言ってるのがひっかかりました。日本人が言ったら物議を醸しそうですが、英語じゃわざわざそう言うんでしょうか。

  2. 犯人の懐に入って行くための、全てコロンボの作り話、と捉えた方が良いかな?

  3. 初めて投稿します。
    コロンボを見てはこのページを楽しませていただいています。w

    今「別れのワイン」
    を観ていました、
    コロンボはカミさんは子守が見つからず食事会にこれなかったといってますね。
    子供は手がかかるものです。とも言ってます。
    子守が必要なほど小さい子供がいるのではないでしょうか。
    ご笑納ください。

    1. アリバイのダイヤル」でも、アイスクリームについて、こどもが話にでてきます。
      近々、再研究してみます!

      1. 総合的に考えまして、子供は2人行以上いたのではないかと思われます。

  4. 吹き替えコーナー

    がなかったので
    もしあったらごめんなさい

    こちらにちょっとした情報書きますね

    ぼろんこさんのブログのコメント 全部読んでませんし もう書いてあってらすみません

    刑事コロンボ
    ピーター・フォークの吹き替え

    最初にオファーされたのは 露口茂さん だったそうです

    断った理由は
    『太陽にほえろ』のスタートと時期が重なったためらしいですね

    1. それから

      その 太陽にほえろ の露口茂の山さん
      がコロンボの真似をし始めて キャラ変更しちゃったらしいです(笑)

      断った吹き替えのキャラクターに影響を後々受けるって凄いですね

      といっても 私は太陽にほえろ の世代ではありませんのでなんのことかわかりませんが(汗)

      読んだ本に書いてありました

      1. うちのカミさん の小話

        『殺人処方箋』~第一シーズン まで
        『マイ ワイフ』→『女房』など
        と翻訳していたそうです

        第二シーズンで
        額田やえ子さん が 『うちのカミさん』で翻訳→コロンボ作品大ヒット

        『殺人処方箋』~第一シーズンまでの作品を再放送するときに
        第二シーズン以降の作品の音源から 『カミさん』の部分を切り貼りしたそうです

        わざわざ 元音なくしてまで そうしたそうで 恐るべし『うちのカミさん』ですね

    2. 「露口さんが声の候補」、そうですよね!
      そういえば、子供の頃から「露口さん(やまさん)」がコロンボに似ていると思っていました。

      1. 露口さん、髪型とかコロンボにめちゃめちゃ似てますね!
        コロンボの真似をし始めるって、どうしちゃったんでしょう(笑)吹き替えを辞退したことを後悔していたんですかね〜

        1. 露口さんと云うと、ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズの吹き替えを担当していたと思います。カンバーバッチより鋭い感じのホームズでした。

          1. ジェレミー・ブレットのホームズ、覚えてます。個人的には、彼が1番ホームズのイメージに近いです。冷静沈着な「山さん」の声とぴったりなワケですね。

    1. 『かみさんよ、安らかに』唯一見てない作品です
      7月にマラソンコロンボで観ます

コメントを残す

  • 名前の記入は必須となりました。
  • 投稿後30分以内であれば、誤字などを修正できます。
  • 日本語が含まれない投稿はできません。
  • リンクが含まれる投稿は、ぼろんこの承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿はできません。リンクが含まれる投稿は承認待ちとなります。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.