52話「完全犯罪の誤算」

Agenda for Murder / 1990

政界入りを目論む弁護士オスカー・フィンチが自分の過去の汚点を知るステイプリンを殺害。フィンチは下院議員ポール・マッキーを支援し将来の司法長官を目指すが、無名時代にマッキーと共に犯した「証拠書類隠滅」をネタにステイプリンより脅迫されて犯行に至ります。

パトリック・マクグーハンが登場

犯人役のパトリック・マクグーハンはコロンボ作品中最も重要だとも言えるゲスト俳優。異常な程時間にシビアな犯人フィンチが、日本人には理解し難い下ネタジョークに大笑いしたり、タイヤを鳴らして急発進したりする場面はこっけい。このフィンチの最大の欠点が「つまみ食い」であるというのも、かなり計算された笑いどころだと感じます。

殺しの場面に血を使わないコロンボシリーズだったが…一滴だけ

殺人シーンの描き方は緊張感が漂うものでした。けど、撃たれた後に血が一滴?は若干違和感があります。それでもフィンチの工作シーンや、殺害後オフィスに戻って濡れた髪を乾かす仕草など、良く描かれていました。

新シリーズ中では最高ランクの作品

音楽の使い方も好きでした。冒頭のシーンの「デキシーランドジャズ」は印象的ですし、撃たれた時の効果音的な音楽も絶妙でした。エンディングの「命取りでした」というコロンボの言葉で画面が固まる場面など、新・刑事コロンボの作品の中ではダントツの出来だと言えます。

オスカー・フィンチの人物像は、強烈!

弁護士としての名声を博したオスカー・フィンチ。執拗につきまとうコロンボ警部に「死後硬直のアドバイス」をしたり、不敵な笑みを浮かべて自信満々に「電話じゃ人は殺せんよ」とマッキー議員に豪語したり、とても魅力的な描かれていました。

 
吹き替えは俳優の久米明さん。やはり流石です。選挙に勝利した祝賀ムードの中でコロンボ警部に「濡れちゃったズボン」と大声で指摘され、「失望したよ、キミ」という台詞を吐くあたり、最高潮です。また「下ネタジョーク」でアイリッシュのジョークは聞きたくないと答えるフィンチ氏。パトリック・マクグーハンはおそらくアイリッシュ系ではないでしょうか?自分はこの手の話には詳しくないので、勉強する必要がありそうです。

マッキー議員

ポール・マッキー下院議員役のデニス・アーント[Denis Arndt]もなかなかの好演です。表ではコロンボ警部に敬意を表しながらも、裏では「猿芝居」呼ばわりしていますね。でも、やはりそこは議員。うっとうしいサインの要求にも笑顔で応えていました。

フランク・ステイプリン

オスカー・フィンチの弱みに付け込み殺害されるフランク・ステイプリン役はルイス・ゾリック。声優さんの吹き替えもぴったりでとても良い味を出していました。

邦題「完全犯罪の誤算」について

「完全犯罪の誤算」という邦題は原題「Agenda for Murder(殺人の計画?)」とかけ離れますが惜しいですね~。フィンチ氏の「忙しさ」を表現すると思われる「Agenda」にこだわった題名が欲しかったと悔やまれます。
監督:パトリック・マクグーハン
脚本:ジェフリー・ブルーム
オスカー・フィンチ:パトリック・マクグーハン
ポール・マッキー議員:デニス・アーント
フランク・ステイプリン:ルイス・ゾリック
クレーマー刑事:ブルース・カービー
加筆:2011年2月19日

“52話「完全犯罪の誤算」” への32件の返信

  1. タップおばさん、この作品のマクグーハン良いですね。
    スタンさん、そうなんです!それが惜しいですね。

  2. 最後は思わず「えーっ!!!!」と声が出てしまいました(笑) コロンボ得意の去り際の質問を無効化してみせたり、普通の犯人と違ってアリバイの偽装を暴かれてもギブアップしなかったりと期待させといて、最後に歴代で一、二を争う凡ミスですからね。名犯人にして迷犯人と呼んでいいのではないでしょうか。

  3. パトリック・マクグーハンの名演技と上質な演出が作品の質を高めています。
    ところどころ印象的なシーンはあるものの、全体的に地味な感じ。
    ただ、久米明さんの吹き替えは名人芸。

  4. WATSON.Tさん、貴重なコメントありがとうございます。早速書店で取り寄せを頼んできました。デイアノステイーニは発売当初はあってもだんだん少なくなつてしまうので。これでコロンボ全部制覇となります!ぼろんこさんのコラムを読むと、こんなにコロンボファンがいる事に、何十年経つても色あせない凄いドラマなんだと思うし、同士にカンパーイ!です。

  5. もし手っ取り早く第69話御覧になりたいのでしたらディアゴスティーニのファイルマガジン買ってはいかがでしょう。
    ちょうど第69話出たばかりで入手しやすいと思います。
    吹替はテレビ放送で使用されたものとBlu-rayボックス用の新吹替の2種類収録されています。

  6. ぼろんこさん、早速初投稿にお返事ありがとうございます。69話はNHKでやってくれる事を待ってますね。コロンボおたくの私は、暇さえあれば繰り返し見てます。そうすると細かい事がいろいろみえてきます。ところで1番好きなのはどれですか?やはり初期の作品でしょうか。私は『構想の死角』『二枚のドガの絵』『黒のエチュード』なんか大好きです。それにしても、殺人現場でタバコなんて、今では考えられませんね。でも大好きでやめられませんわ!

  7. 森さまコメントありがとうございます。69話「虚飾のオープニング・ナイト」または「殺意のナイトクラブ」ですね。NHK BSでも再放送していました。私はケーブルテレビの契約もしているので、AXNミステリーでも見た気がします。DVDで見られるんじゃないかと…思います。私は持っていないのですが(笑)
    コロンボの最後の作品ですので、ぜひ楽しんでください~。

  8. コロンボを見る時はいつもこのコラムを読んでます。何しろ毎日見ても飽きないコロンボ…パトリックマクグーハンには参りますね。祝砲の挽歌から仮面の男、そしてこれ、三回とも別人のようで、びっくりさせてくれます!私は殆ど見たのですが第69話だけが手に入りません。どうしたら見られるのでしょうか?どなたか教えて下さい。

  9. Mc(Mac)は~さんの息子という意味だったそうですね。この場合はグーハンの息子という感じが由来でしょうね。アイルランド語、スコットランド・ゲール語だということです。英語では~SONが有名で、ジャクソン、ジョンソン、ボブソン、ハリソン、アンダーソンなど、いっぱいあります!

  10. マクグーハンという名前はアイリッシュですよね。
    マクドナルドとか、Mcで始まる名前はアイリッシュでしょう。

  11. 屋根の上の牛さま。コメントありがとうございます。「食べかけたチーズ」ですね、確かに不用意です。「新コロンボ作品」の中では好きな方で、ま~多めにみちゃってます(笑)
    一見(いちげん)さま。コメントありがとうございます。「FAX」の台詞はこの作品ですね~。技術の進歩は目覚ましいですね。いまや、メールやSNSが出来て、FAXはほとんど使わなくなりました。

  12. この作品でしたでしょうか?
    コロンボが「FAX」に驚いていたのは。
    時代を感じさせられましたが、FAXってそんなに遅かったですかね。それでいて「ああ、ファクシミリ、それでFAX」などと納得していたのが逆に私を混乱させました。
    カミさんが家庭用のコンピューターを使ってたのはすんなり受け入れられましたけど。

  13. ぼろんこさんこんにちは、先日初投稿させていただいた者です。先ほど1回投稿したのですが、うまく行かなかったようで、ダブっていたら失礼。先日BSで放送されて、録画して観たのですが、初めて観た際にも思った疑問で、あれほどキレるフィンチが、現場に自分が食べかけたチーズを残していくものでしょうか?、どう思われますか、マクグーハンは祝砲の挽歌が印象的ですが、スリムになってますよね、それでは又。

  14. ぼろんこさん、こんにちは、先日初投稿させていただいた者です。この作品先日BSで放送されて録画して見たのですが、確か初めて観た時も疑問に思った点で、あれほどキレるフィンチが、自分が食べかけたチーズを現場に残していくものでしょうか?どう思われますか、マクグーハンは「祝砲の挽歌」が印象的なんですが、スリムになってますよね、それでは又。

  15. 『ブレイブハート』ですね!カッコいいです。
    「コロンボとラムフォードが執務室で1対1」、「仮面の男のラスト」の現語版、いつか絶対見ます!コロンボに登場するマクグーハンは、毎回違う顔を見せてくれて、魅力的ですよね~。
    楽しいマクグーハン情報、ありがとうございました!
    ちあみに、今夜は仕事で「半徹」でしたぁ。

  16. レスありがとうございます。
    実のところ子供の頃見た『祝砲の挽歌』でマクグーハンに出会ったのですが当時は名前まで分かりませんでした。その後中学校の映画観賞会で『ブレイブハート』を見た際に名前が分かって本当に嬉しく思いました。
    マクグーハンの出演作では原語と吹き替えが違っている箇所が結構あります。『祝砲の挽歌』のコロンボとラムフォードが執務室で1対1になる場面や『仮面の男』のラストは1度原語で御覧になることをおすすめします。とりわけ前者は御存知と思いますがファンがぜひコロンボに聞きたい質問がラムフォードから飛び出しますから。

  17. WATSON,Tさん、コメントありがとうございます。
    私も今回、このブログでコロンボについて語ろうと思ったきっかけは、「パトリック・マクグーハン」でした。「祝砲の挽歌」と「完全犯罪の誤算」が特に好きです。
    マクグーハンはアイリッシュですよね。劇中でアイリッシュ・ジョークは好みでない…という台詞があるのが、かえってユニークです。私は日本語吹き替えで見ていますが、「アクセントとセリフ回しは独特」なのですね!勉強になります~。

  18. 初めまして。楽しく拝見させて頂いてます。
    私は「刑事コロンボ」でパトリック・マクグーハンに出会い、ファンになりました。
    既にご存じとは思いますがマクグーハンはアイリッシュです。アイルランド人の両親のもとにニューヨークで生まれ、間もなく家族と一緒にアイルランドへ渡ってその後はイングランドで育ちました。
    マクグーハンのアクセントとセリフ回しは独特でフォークのそれとのコントラストが際立ちます。この点が彼が複数回犯人役に起用された理由の一つです。
    ピーター・フォークの自伝によれば『完全犯罪の誤算』の「決め手」は制作の数年前フォーク自身が医者の待合室で読んだ警察関係の雑誌に載っていた記事に基づくものだそうです。
    『完全犯罪の誤算』の脚本に物足りなさを感じたフォークは雑誌記事を思い出し、これを盛り込めないかマクグーハンに意見を求めました。マクグーハンはフォークの提案に同意し自ら筆をとって脚本をリライト、現場と事務所の証拠を結び付ける「決め手」に仕立てたということです。フォークは文中でマクグーハンの才能を絶賛してます。
    長々失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.