45話「策謀の結末」

The Conspirators
1978[第7シーズン 45話]

世界の政治情勢が背景

事件の背景が大げさで、33話「ハッサン・サラーの反逆」34話「仮面の男」などと同様の味を持った作品だったと思います。むしろ、それら以上に「世界情勢」と「殺人動機」が強くからんだ作品でしょう。

酒は身を滅ぼす…

IRA活動家で詩人のジョー・デヴリン:クライヴ・レヴィルは、アイリッシュウイスキーの瓶に、傷をつける癖があったのですが、あんなに何回もコロンボ警部と酒を酌み交わし、その度にウイスキーの瓶に傷をつけていては…

まるで「自分が犯人ですよ~」と、証拠を大量生産しているようなものですね。酒好きが命取り…という結末なので、それも含み楽しんだ方が良いかもしれません。
 

ペック夫人を発見!

17話「二つの顔」でペック夫人を好演したジャネット・ノーランが、オコンネル財閥の女王役で登場。髪の色が違うので、別人みたいな印象でした。

吹き替えが演出する強烈キャラ「ジェンセン」

銃の密売人の役で登場するチャールズ・ブロンソンに似た俳優J.Q.ジョーンズは強烈!。声優は大泉滉さんで、この人の声を使っちゃったら、俳優が誰でも大泉滉に見えてきます。(小池版)

ビンセント・ポーリーも素敵

ビンセント・ポーリーを演じたアルバート・ポールセンも良かった。調べてみたらやはり…凄い人でした。コンバットをはじめ、スパイ大作戦、0011ナポレオン・ソロ、刑事コジャック、チャーリーズ・エンジェル、ナイトライダーなど、60年代〜80年代に活躍している名優でした。

2種類の吹き替えが存在

1979年にNHKで放送された際は小池版。1987年の日本テレビでは小池版の紛失が原因で、再録音された石田版で放送されました。現在はNHKで小池版、DVDやAXNミステリーで石田版が見られるようです。このブログ記事は、NHK-BS Hiで2010年6月11日に放送された「小池版」を見て書かれています。
NHK:コロンボ:小池朝雄、デヴリン:納谷悟朗、ジェンセン:大泉滉★コレ
DVD:コロンボ:石田太郎、デヴリン:家弓家正、ジェンセン:立木文彦

意外と人気が高い作品

私が思った以上に人気の高い作品のようです。犯人が詩人ということで、その台詞や歌声が独特の上品さを醸しています。またアイリッシュの郷愁を感じるBGMも雰囲気を高めています。犯人が決定的な悪人ではない…というのも、理由にあがるでしょうか。
 

見るたびに好きになってきた

この作品は何度も見るうちに、だんだん好きになってきました。やはり音楽が良いのかな。
 

銃の密売人は元警官!

ブログ読者さんからの情報で…倉庫で出会う銃の密売人「ブランドン」は、19話「別れのワイン」に登場する警官(画像)と同じ俳優さんジョン・マッキャン[John McCann]でした。

監督:レオ・ペン
脚本:ハワード・バーク
ジョー・デヴリン:クライヴ・レヴィル
オコンネル夫人:ジャネット・ノーラン
ビンセント・ポーリー:アルバート・ポールセン
加筆:2017年12月22日

“45話「策謀の結末」” への44件の返信

  1. この回のBGMは、ちょっとケルト風味を意識したような曲が多かった気がします。
    しかし、デブリンさん、酒飲み過ぎ。

  2. 犬が車のドアに引っかき傷を残すか、詩人が酒瓶に指輪の引っかき傷を残すかの差なのに、ドラマ次第でこんなに差が出るものなのですね。

  3. 本屋の次の場面が殺人現場でコロンボが捜査しているところなのですが、そこに何故犯人のデヴリンが来たのでしょうか?
    コロンボに呼ばれた訳でもなさそうなのに。
    あれで調子に乗って昼食に行って思わぬところでウィスキーの銘柄がバレて痛恨でしたね。
    殺されたポーリーにも「あんた入り込み過ぎだ」とか言われてたかと思うが、人を疑り深い?事が仇になったのかな思いました。
    ポーリーが酒飲まないのは糖尿病だったからだったのにね。ジェンセンは武器を用意してたから多少足元はみたけどポーリーは裏切るつもりはなかったのではと思う。そうだとしたら武器密輸計画を潰すだけでなくオコンネル工業をも揺るがす全く無駄な殺人なってしまったと思った。

  4. ここまで、ここを過ぎず!と指を立ててエンディングと言う、旧シリーズの最後の場面がとても印象に残るシーンを覚えてます。それに合わせたエンディングの音楽も秀逸。新シリーズが始まるまではこれが最終回のラストシーンだったので子供心に刻まれていたのかもしれません。
    小池さんと納谷さんと言う声に特徴のある声優2人の共演も大好きだった話しで、音楽と合わせて耳に残る最終回でした。

  5. BSスペシャル投票第15位。1970年代最後の「コロンボ」は改めて今回観ると、殺人の完全犯罪ではなく、犯人との知的闘争(かけひき)。政治的で生臭い犯罪背景に比して、「詩」を駆使して要所要所に音楽を含めユーモラスな演出とそれを支える犯人役のみならず脇役まで演技の巧さ。日本語版声優陣も素晴らしい。「日本はテレビを」メイドインジャパン家電の全盛期でしたなあ。そして大書店内で葉巻をスパスパやっても全然問題にされないのが今観るとまさに「隔世の感」(笑)。さらに殺人犯人そのものではなく、銃の密売「人」から銃その「もの」まで「隠し方」のトリックという変化球?かな。

  6. 吹替を巡る感想の続き

    コロンボが最後貨物船が港から離れるのを車で追いかけ、艀を自ら走って船を双眼鏡で見るシーン!同じ小池朝雄さんが吹替したジーンハックマンのフレンチコネクション2の最後のシーンとダブってしまった!ちょっと嬉しくなり、ちょっと誰かに言いたくなりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.