19話「別れのワイン」

Any Old Port in a Storm / 1973
ワイン醸造会社経営者のエイドリアン・カッシーニ(ドナルド・プレザンス)は、父の遺産を受け継ぎ、腹違いの弟リックはワイン醸造会社を受け継ぐ。しかし、弟リックは経営には無関心で、実質上の経営者である兄を差し置いて、大手(量販)酒造会社にワイナリーを売却することを告白。

兄弟の確執

ワインとワイン作りをこよなく愛する兄エイドリアンは逆上し、リックを殴打してしまう。兄は「金にしか興味の無い低能で下品な弟」とリックを見下し…、殺された弟リックは「飲めもしない程の高額ワインを買っている道楽者」と兄エイドリアンを変人扱い。この兄弟の対比も面白く描かれます。

作品としての品格を感じる「別れのワイン」

ストーリーは終止美しく展開しています。イタリア風のBGMを多用した他に、不規則に聞こえる「鐘のような音」がとても印象的で、特にエイドリアンの犯行隠避(いんぴ)の場面で多用されます。犯人のエイドリアンは決して悪人ではなく、怒りにまぎれて殺人を犯した。このまま罪を背負って「美しくない」余生を送るのも、喜ばしいことではないと感じています。その点では、後の作品28話「祝砲の挽歌」のラムフォード大佐の心情にも類似点を感じました。

ジュリー・ハリスは可憐

秘書のカレン(ジュリー・ハリス)は清楚で美しく描かれていました。そのカレンが話の後半で一転し、エイドリアンを脅迫するのは、とても面白い展開でした。「つまらない理由で結婚するカップルはいくらでもいる。」と、彼に結婚を迫るシーンは哲学的です。

リックの婚約者

名前はジョーン・ステーシー(ジョイス・ジルソン)。ですが本編で一度も名前が登場していない気がしませんか?彼女はお金が目当てではなく本当にリックを愛していた感じです。彼女が「家出捜索」を頼みに来たことで、事件発覚の前に、しかも殺人事件でもないのに、早い時間帯にコロンボが登場できています。

刑事コロンボをさらに楽しめる俳優

後半のレストランのシーンに登場します。このヴィトー・スコッティという脇役俳優さんの魅力を発見できたら、刑事コロンボの世界への入口を見つけたことと同じ意味ではないかと思います。

この俳優さんも良い!

ヴィトー・スコッティと一緒に叱られたワインをペチャペチャと飲み直すワイン係の男は「モンテ・ランディス」。この人も良い味を出しています。

リックの死亡原因を解説する専門家

バーで流れるテレビニュースでリックの死亡原因を解説する専門家は、15話「溶ける糸」に登場する刑事「ビクター・ミラン」という俳優さんに激似ですが、確認は取れていません。

話しかけるものの邪魔にされる

このテレビニュースを見ているシーンで、コロンボに話しかけるも無視される客は、ロバート・ドナー。会話はことごとく跳ね返されますが、天気について聞きかえされると、答えられませんでした。

ワイン屋のオヤジ

ほんの短いシーン、コロンボがワインの知識を学ぶために訪れたワイン屋のオヤジは「ジョージ・ゲインズ」。渋い演技を見せてくれています。彼は10話「黒のエチュード」の新聞社のエベレット役と同一人物です。

ワイナリー見学のガイド

カッシーニ酒造の見学のガイド役を演じるのはロバート・ドイル。一癖ありそうな表情が印象的で、とても楽しい演技を見せてくれました。カッシーニさんの厳しさに見合う報酬を得ているそうです(笑)

フランク・パグリアが可愛い

カッシーニ酒造で掃除をしているオヤジさんは、フランク・パグリア。熱弁を振るったわりには、リックさんは仕事一筋ってわけじゃないけど‥とトーンダウン。イタリア系の感じがとても可愛いです

ラストシーンも良い

「別れのワイン」と言う邦題の意味はラストシーンで見られます。コロンボとエイドリアンは車の中でワインを酌み交わします。エイドリアンはこれまでに収集したワインを全部ダメにして、海に捨てようとしました。犯行を自供し刑務所行きを覚悟する。これも俗世にさよならを言うような心境だったのでしょう。

YouTube「別れのワインのエンディングの曲」をパソコン演奏で再現しています。ワインやイタリアの雰囲気が漂う曲ですが、なぜか日本の大正ロマンにも通じる雰囲気がします。音楽もお好きな方は、こちらもご覧ください。(*ご注意:YouTubeへのリンクは音が出ます!)

「別れのワイン」は刑事コロンボシリーズの最高傑作か?

この「別れのワイン」という作品は、コロンボシリーズの中で最高傑作であるとの呼び声が高いです。作品評を集めたサイトでは、数多くの意見が交わされています。概ね「作品としての品格や味わい」において非常に評価が高く、多くの人の支持を集めています。犯人役のドナルド・プレザンスが醸す高貴な雰囲気も好印象で、他の作品と別格であるとも感じさせます。題材がワインであることも、この作品の風格を持ち上げています。様々な意味で、この作品は味わい深いのです。
→人気作品ランキング

もちろん、私の考える「刑事コロンボシリーズの醍醐味」は、味わい深いことだけに終始しません。4話「指輪の爪あと」6話「二枚のドガの絵」15話「溶ける糸」などに登場する「憎たらしいほど強烈な犯人像」も見逃せませんよね。

人気ランキングで不動の1位獲得。

「別れのワイン」はどのような人気ランキングでも、常に1位を獲得してしまうという、不動の人気を誇ります。犯人役のドナルド・プレザンスを筆頭に、素晴らしい俳優陣。王道的なテーマ「ワイン」を扱った点でも、それが有利に働いています。
 

おそらくチチアンにも、この美しい赤は出せなかったでしょう。

おそらくチチアンにも、この美しい赤は出せなかったでしょう。もし試みたとしても、失敗したでしょう。という、名台詞で始まる19話「別れのワイン」。チチアンはルネサンスのイタリア人画家だ。現在は「ティツィアーノ・ヴェチェッリオ」と呼ばれます。かつてはチチアン、ティシアンと呼ばれていたそうです。赤毛の女性を多く描いたことから、この場面で引用されたのだと思われます。
チチアン→ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

ワインへのウンチクも勉強になる

この作品はワインの知識が多く盛り込まれていて楽しめます。エイドリアンの友人たちが集まるシーンでは、ステイン(演:ロバート・エレンシュタイン)もワイングラスのフット・プレート(底の台)を持っています。これは手の体温でもワインが不味くなってしまうことへの配慮だと思われます。

ダナ・エルカーが可愛い

エイドリアンの友人でテキサスのファルコンさんを演じるのは、ダナ・エルカー。大切な筆記用具をコロンボに持ち逃げされそうになります。この人もなかなか印象深いキャラでした。歯に噛んだような表情がお茶目でしたね。

ワイン仲間のルイス

同じくワイン仲間のルイスを演じるは俳優「リジス・コーディック」。この人は次作の20話「野望の果て」で、ヘイワード護衛の指揮をとる偉い人(副局長・次長クラス)です。

事件現場でニックの車について語る警官

煙草をくわえたコロンボ警部に「火を着けましょうか?」と話しかけ「いや節煙中で、くわえてるだけ」と断られた。その直後にやはり吸いたくなった警部から「マッチ持ってる?」と聞かれて「いえ、持ってません」と応じている!噛み合ってない二人の会話が笑えます。この警官(ジョン・マッキャン)は後の45話「策謀の結末」で何と銃の密売人になっています。

バーで天気を尋ねられる客

バーで「先週の火曜に雨が降らなかったか?」と尋ねられ「さぁ覚えていないね」と答える男性のお客さんは「ボブ・ハークス」この眉毛の濃い俳優さん、ちょい役で何度もコロンボに出ている常連俳優です。

監督:レオ・ペン
脚本:スタンリー・ラルフ・ロス
原案:ラリー・コーエン
エイドリアン・カッシーニ:ドナルド・プレザンス
秘書カレン:ジュリー・ハリス
エンリコ・ジョセッピ・カッシーニ:ゲイリー・コンウェイ
ジョーン・ステーシー:ジョイス・ジルソン
レストランのマネージャー:ヴィトー・スコッティ
警官:ジョン・マッキャン
 

**********

犯行のトリックが分かり難いという意見もあります。

エイドリアンがニューヨークに発った時点で、殴打されたリックがまだ生きていた点などを見逃すと、全く意味がわからないので、犯行を暴くトリックとしては決して簡単なものでは無いですね。また、エイドリアンはワインのテイスティング(味見)においては、人並みはずれた能力を持っていて、ニューユークへの往路の機中で「このワインはマズい」という表情をしたのも見逃せません。

頭を殴打された弟リックはまだ生きていた

倒れたリックの様子を伺う兄エイドリアン。「即死してはいない…回復する可能性もある」と想像します。もし彼が一命を取り留めれば「ワイン工場の売却」「傷害罪あるいは殺人未遂」…きっと、全てを失うことでしょう。そこで「このままリックを確実に殺してまおう」と思い立ちます。

ニューヨーク滞在を1週間に延ばしアリバイを作る

頭部損傷で気を失っているリックをワイン貯蔵庫に閉じ込めます。手足を縛って身動きを封じ「空調設備(冷房と換気)を切り、工夫を施しリックが数日以内に確実に死ぬように工作した。ニューヨーク滞在期間を延ばしたことからも、リックが何日後に死ぬか?までは、想定できなかったと思う。「実際には2日以内に死亡」
頭部をカゴのようなもので覆い「さらに息苦しくする」
呼吸を満足に出来ないようにし(声を発することも抑える)、と思われる。そして死亡時期を遅らせる(息苦しくする、死後硬直を遅らせる効果もあったか…)」

リックの死体を海に投げ込み、スクーバダイビング中の事故に見せかける

これにより、エイドリアンは自分のニューヨーク滞在中に、リックが事故死したと思わせた。が、コロンボ警部により様々な矛盾を見抜かれることとなるのです。


**********

加筆:2020年7月23日

“19話「別れのワイン」” への194件の返信

  1. コロンボの犯人は様々な「ミス」を犯したり、「墓穴を掘ったり」しますね。その「墓穴の掘方」が、「人技とは思えません」なところも、本作の魅力ではないかと思ったりもします。あの場合、プライド高きワインのプロたる犯人には、あれは指摘せざる終えなかったのでしょう。

  2. この事件は父親の遺言が発端になっていますね。
    ワイナリーを発展させた父親は兄弟2人の性格から、兄にワイナリーを弟に金をやるのが当座は良い。しかし先では兄エイドリアンは経営破綻し弟リックは一文無しになるのではと考えたのでしょう。
    ワイナリー継続のために、金に敏感な弟にワイナリーの経営状況を把握させ、ワイン愛の強い兄にワイン造りをさせる事を図ったのでしょう。
    ところがリックがワイナリー売却を言い出した、とっさにエイドリアンが犯行に及んだわけです。
    旅行前で時間の余裕がなくワイン庫にリックを隠した。空調を切ったのは口封じをするためでしょうね。
    結果的に名酒をダメにしたのは、記録的な高温になるとは思わなかっただろうし、ワイナリーと名酒を天秤にかけてワイナリーを選んだということですね。
    なぜならワイン愛好家の最高の夢は自分の所有するワイナリーで自分好みのワインを作ることですから。

  3. こんにちは、お邪魔します。
    「別れのワイン」
    ・犯人がコロンボを邪険にしない
    ・比較的、コロンボの喫煙シーンが少ない(煙をまき散らさない)
    この二つの理由で、
    他の作品で少なからず感じる苦痛、不快を感じずに観れる作品でした。
    この作品がコロンボシリーズの中で一番人気というのは、
    そういう理由もあるのではないでしょうか?

    1. 小屋たぬきさん、コメントありがとうございます。
      そうですね〜おっしゃること、わかります。
      この作品は何十回も見ています、それでも飽きませんね。

  4. 単純にどこがこの犯行の証拠となったのでしょうか?よく分かりませんでした。カレンが嘘をついたこと?恐縮ですがご教示下さい。

    1. 犯行の証拠にはなりません。なにしろ、ワインの劣化なんて、素人どころか高級レストランのワイン係でさえわからないほど微妙な違い。犯人がシラを切りまくる余地はまだ充分にあった。
      ただし、自分が生涯をかけて愛したワイナリーを守るための犯行だったのに、そのせいでワインコレクションをみんなダメにした(といっても、それがわかる人間なんか他にほとんどいないんですが。あのワイン仲間ならわかるのか?)という絶望感から、犯人はコロンボの軍門に下ったのです。自首に近い。カレンの求婚は駄目押し。
      あんな派手なスポーツカーが何日も放置してあっても気づかれないほど人が寄り付かない場所なら、なんで死亡推定日がわかる程度で遺体(それも海中の!)が発見されるんだとか、逆に言うと「私は数日前にここを散歩したがあんなスポーツカーなんかなかった。あったら記憶に残るはず」と証言する人はいないのか、とか、この回は本当にミステリー的なアラが多すぎます。

      1. 早速の投稿ありがとうございます。成る程と思い、気持ちがスッキリしました。
        しかしこの作品が人気投票1位というのはあまりピンときません。
        また、投稿させて頂きます。本当にありがとうございました。

  5. はじめましての質問です。ワイン蔵からコロンボがワインを拝借ということですが、あのダボダボコートのポケットに入れてバイバイしたのでしょうか⁈何回か巻き戻してみたのですが、ワインの気配を感じられませんでした。

    1. 確かに。2回目以降の視聴者は、誰もがあそこで注視したはずです。どう見ても、中に瓶を入れていない。
      ここも、減点対象ですね。2回目以降の視聴者が「ああ、確かに!」とわかるようにしておかないと。「溶ける糸」のハリーがちゃんと左手で喫煙していたのとえらい違い。
      もしかしたら、試しにコートに瓶を入れてみたら、あまりにもバレバレになってしまったので、やむなく外して撮影したのでしょうか? それにしたって、小さい瓶を使って、注視すればわかる程度の膨らみを作るとか、方法はあったように思えますけどね。

  6. こんにちは。
    初めてコメントさせていただきます。
    BSでコロンボシリーズが再放送されているのを知って、久しぶり(多分、数十年ぶり?)に鑑賞している50過ぎの男性です。
    私は車が好きなので、作中に登場するスポーツカーを見るのも楽しみのひとつでして、今回出てきたフェラーリ も目が釘付けになりました。調べてみると、330GTSという100台しか製造されてない車のようで、最近オークションで2億円で落札されたとか!こんな超貴重な車に折畳み自転車を入れ、しかもバンッと蓋を閉めるとは!!あのシーンを何度も巻き戻しては、あっ当たりそう、ダメ押しにもう一回トランク押すのかー、とヒヤヒヤでした。
    それと、海辺でトランクを締めるときに、つっかい棒が効いてて、音はしないんですがガチャガチャやってる感があり、これまたヒヤヒヤでした。
    それだけ犯行時の焦りが伝わってくるんですが、心臓には良くありません。
    YouTubeでこの車種を調べると、カルフォルニアの博物館にある綺麗な1台が登場し、ホイール含めて番組の物とそっくりでしたので、もしかしたらコロンボで使用されたものかも?と観察してしまいました。ちなみに、YouTubeへの英語の書込みに「僕は同じ車をコロンボの別れのワインでいつも見てるよ」というものがあり、海外でも根強いコロンボファンの車好きがいるもんだなぁ、とだんだん脱線していった次第です。
    ひょんなことからこのサイトにたどり着きましたが、見所が大変参考になります。ありがとうございます。

    1. 本当に車王ですね~
      大変勉強になりました
      ちなみに・・・私は『サニーカルフォルニア』を大事に
      乗ってます(笑)

    2. フェラーリ、ジャガー、ロールス・ロイス、そしてモーガン。
      旧シリーズの犯人の皆さんは、素敵なクルマに乗ってますね。
      翻って新シリーズは
      ベンツ、ビーエム、レクサス、挙句の果てにピックアップトラック...
      別にいいッスけど

      1. そうなんですか!
        もっと勉強してみます。
        しかしピックアップトラックとは、、、アクション映画みたいですね。

  7. とても味わい深い作品ですよね。
    犯人が憎たらしくない作品の代表格か、と。
    2枚のドガの絵は対極ですね(^^;

  8. 夢にまでみた再放送~
    エイドリアンは後に刑期を全うしたならば
    穏やかな人生をワインと共に過ごして欲しい
    やはり・・断トツ人気ナンバーワンです
    10回は観てるはずなのに・・・
    ぼろんこ仲間入りしてからの作品は別もののようです
    ありがとうございます

    1. 大丈夫です。きっと大脱走してくれるでしょう。
      なにしろ、ジェームズ・ボンドやタイガー田中の追跡を振り切った猛者ですよ!

  9. 【原題解釈】
    Any Old Port in a Storm
    直訳すると(Oldがなければ)、「苦し紛れ」。
    「原題解釈」、長らくご無沙汰していましたが、復活です。
    Any Port in a Stormは慣用句で、「苦し紛れ、急場しのぎ」。
    Port(港)とPort(ポートワイン)の引っ掛けです。
    たしかに、死体の後始末は「その場しのぎ」でしたね。
    お蔭で高価なワインは全滅です。
    嵐ではなかったものも、降雨も決め手になりました。

    1. 慣用句とストーリーをかけた原題、遊び心がありますね。とても興味深く読みました。
      興味持ちついでにstormに”嵐”以外にどんな意味があるか調べてみたら、急襲という意味もありますね。エイドリアンが知らなかった現地での雨や猛暑、といった天候上の意味にもとれるし、急襲(咄嗟の殺害)の意味にもとれるのかな、なんて思いました。考えすぎかな?
      遊び心のある原題と、情緒がある邦題、両方ともに素晴らしいですね。

  10. とても好きな作品です。
    タイトルは忘れましたが、ゴルゴ13にも、恐らくここから着想を得たであろう、ワインに取り憑かれた主人公が登場する作品がありました。

    1. 「誇り高き葡萄酒」(1990 94巻収録)ですね。
      ある日本人が金にあかして、大変貴重なワインを競り落とす。
      そのシャトーのオーナーは「日本人にこのワインを味わう資格はない」と、偽物とすり替える。
      しかし日本人はこともあろうに、ワイン通のVIP達の前でこの偽ワインを振る舞おうとする。
      このままではシャトーの面目まる潰れ。
      困ったオーナーは....以下、ネタバレ自粛

  11. はじめまして。
    初めてこの作品を観た時は、エイドリアンがワイン蔵に戻った時にリックが籠を頭にかぶって横たわっていたのが怖くて、印象に残りました。よほど怖かったらしく、レストランでのマネージャーとワイン係のコントのような楽しいシーンは全く記憶から消えていて、今回、こんな楽しいシーンがあったのか、と初見のように笑いました。数回巻き戻して笑いました。
    そして、エイドリアンがワインを海に捨てに来たシーン、自分の確かな舌が自分の首を絞めたのだと気づき、「自縄自縛ですな、まったく」と言う時の表情が演技に見えなくて、泣けました。ここも数回巻き戻して泣きました。
    コロンボがちょっと加害者に敬意を表したり、同情を寄せるようなこういう作品、やっぱりいいな、と思いました。

  12. 犯人のかたの声、質問のシーンで
    「なんです?」って台詞のとこ
    違うかたの吹き替えの声に思いました

  13. エイドリアン役の人は映画『大脱走』にも出てましたね、目の色が青というより水色っぽくて印象的でした。天気が雨の日にダイビングするのは変というコロンボの小さな引っ掛かりが納得でした。

    1. 1963年「大脱走」書類偽装屋コリン・ブライスですね。だいぶ見てないので見なくては。
      また、秘書役のジュリー・ハリスは1955年「エデンの東」のジェームズ・ディーンのお相手だったとは。役20年後の姿でした。これも見なくては。俳優陣がいいいですね。

  14. はじめてコメントさせていただきます

    人気作だけあってみなさん色々な所に注目しているようですが、私は警察署にいるコロンボが印象的でした

    コロンボの職場たる署内の描写って意外と少ないですよね(捜査で出歩いてばかりだから?)

    机の上が思ったより散らかってないなとか、個室をあてがわれているのかなとか、プライベートが謎に包まれているコロンボの秘密をちょっとだけ見られたような気がする嬉しいシーンでした

  15. ぼろんこ様、皆さん、こんにちは。
    ダメ出しやトリビアも含めてとにかく見るたびにいろいろ気づく事があるのが刑事コロンボシリーズの魅力です。記憶の問題だけではなく自分の人生経験が作品の深みと相まっていくところが嬉しくもあります。ワインの味でここまでストーリーができ上がるのは少年時代にはありえません。極め付けは秘書がエイドリアンを「あなた」と呼ぶのを嫌がり始めた辺りからの二人のやり取りです。
    前作までは主人公の犯行に気づくとあっさり殺されてしまう周囲の人物が多かったのに比べて、カレンはエイドリアンの事を本当に愛していた、本当に結婚願望があったように演じられていて素晴らしかったです。
    それが後のエイドリアンの観念した後のセリフにも行きて来ます。
    今では女性団体からクレームが付きそうなセリフでしたので、私は少なくとも一人で見ていて良かった、と昨日は思いました(笑)

    その分視聴後の感想を誰かと語り合いたくなるので、このブログには本当に感謝しています。

    1. 僕もカレンの脅迫と言うより愛情ととりたいですね。それまでの流れからカレンのエゴととるのは合点がいかない。
      コロンボが言わなければ、エイドリアンに伝わらずスムーズに進んでいたのでは。
      ジュリー・ハリスを映画「エデンの東」以降、現役の姿を観れて嬉しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.