刑事コロンボの劇中の音楽

エピソードに沿った音楽

「THIS OLD MAN」に限らず、刑事コロンボの作品は新旧を問わず劇中に流れる音楽も聞き逃せません。作品ごとに音楽の種類や質も異なり、その作品の特長をより際立たせています。場面の緊張感を引き立たせる曲や、アクションに合わせた効果音的な音楽も素晴らしいです。また、その作品のシチュエーションにあった曲を繰り返し流すこともあります。新・刑事コロンボの49話「迷子の兵隊」などはその代表でしょうか。52話「完全犯罪の誤算」では「デキシーランドジャズ」を用い、選挙活動の華やかな雰囲気を巧みに表現しています。

新シリーズではオープニングにPOPS音楽を使用

オープニングシーンに使用される音楽も時代によって変化していて、新・刑事コロンボの時代には流行のポップスがドド~ンと流されることが多くなりました。
51話「だまされたコロンボ」、56話「殺人講義」など。

初期作品 はBGMも素敵

それに比べ、音楽を効果的に使った初期作品はやはり素敵です(「別れのワイン」等)。淡々と流れる時間を楽しむことができる作品ですね。場面の切り替えなどに用いられる「メロディの無い効果音」も好きです。また、無音状態(台詞のないシーン)でも、心理描写を補助するような音が巧みに盛り込まれています。

同一シーズン内で同じBGMを多用

例えば第2シーズンの11話「悪の温室」と17話「二つの顔」、第7シーズンの41話「死者のメッセージ」と43話「秒読みの殺人」。これらの作品は、同じBGMを多用していて、それが作品の味となっています。「死者のメッセージ」と「秒読みの殺人」は監督がジェームズ・フローリーです。
-2010年3月8日追記-
最後から二番目の作品、新・コロンボ作品「68話:奪われた旋律」で、犯人の作曲家フィンドレー・クロフォードは弟子のガブリエルに音楽を直されます。題材の劇中「女性が刺されるシーン」での効果音、直される前は刑事コロンボの初期作品に登場しそうな雰囲気です。参照場面として「20話:野望の果て」で、上院議員候補ヘイワード氏が被害者ストーンの時計をわざと壊すシーン。奪われた旋律は、このような過去の作品をパロったものかもしれません。
ちなみに、40話「殺しの序曲」で、犯人のオリバー・ブラントが殺害トリックで使用したクラシッ曲は -チャイコフスキー作曲の幻想序曲『ロメオとジュリエット』
 
加筆:2010年7月27日

“刑事コロンボの劇中の音楽” への4件の返信

  1. はじめまして。
    いつもとても楽しく拝見しています。
    ようやく念願だったブルーレイディスクのコンプリートボックスを買ったので、1話からゆっくり観なおしています。
    劇中音楽がとてもおしゃれで、私もすごく気になっています。
    「祝砲の挽歌」では、食堂を出た後に大佐とコロンボが徒歩で話すシーンに、スーザ作曲の「雷神」がかかっていました。
    翌朝、大砲の近くでゼリグナイトの話をする場面では、まず「聖者の行進」の後に、ハグリー作曲の「国民の象徴」がかかっていました。
    お助けできることはこのくらいしかないのですが、これからも更新楽しみにしています。
    応援してます。
    また拝見させてください。

  2. コロンボの劇中音楽は地味ですが、実は素晴らしいですよね!しかも結構音楽(家)を犯人やトリックに取り上げたものもありますよね。
    だからサントラがあれば是非欲しいのですが、オープニングのマンシーニのものしか見つかりません。リリースされたものがあるかどうか、ご存知でしょうか?

    1. サントラは知りませんが、あれば聞きたいですね。劇中音楽は第7シーズンの41話〜あたりが特に好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.