40話「殺しの序曲」

The Bye-Bye Sky High IQ Murder Case
1977[第6シーズン 40話]

刑事コロンボの中では、第6シーズンに属する後期的作品。背景は世界でトップレベルのIQを持つ人が集まる「シグマクラブ」で起こる殺人事件。クラブのメンバーである会計事務所の経営者オリバー・ブラントが友人で共同経営者、しかもシグマクラブのメンバーでもあるバーティを殺害。動機は、オリバーの横領を知ったバーティが、世間に公表すると脅したためです。
動機は十分。バーティはかねてより友人オリバーの言動に対し、強い不快感を抱いていて、その腹いせに彼の身辺を探ったため、不正が発覚します。常日頃から周囲にバカにされている人は、たとえそれに悪意が薄かったとしても、いつか許せなくなるのもなのでしょう。

トリックは緻密だが、天才集団を感じさせない

この作品の特長は他の作品と比較し「殺害のトリックが異常に緻密」であること。それが大きな要素となりすぎて、「世界でトップレベルのIQを持つ人が集まるクラブ」の存在感は逆に薄くなっている点が惜しいです。一部の登場人物を除いて、あまり頭の良い人の集団と思わせてくれません。
トリックに凝りすぎて、現実味がないとも感じます。傘の中で破裂した爆竹の音が果たして銃声に聞こえるだろうか?音楽のボリュームを絞り、犯行後にプレーヤーのカバーを閉めておけば、もっと怪しまれなかったはず。犯人が頭脳明晰のわりには短気で、容疑をかけられる素性を持っているなど。また、これは微妙な判断ですが、解決シーンで「赤いペンが落ちるほんの一瞬前に辞書が傾き始める気がする」点も‥。

天才オリバーちゃんは可愛い

ただ、そのようなことを差し引いても、楽しめる作品であることは確かです。犯人の天才オリバー・ブラント「セオドア・バイケル(ビケル)」も、まさかコロンボ警部のような「計り知れない程の頭脳の持ち主」が担当刑事として自分の前に現れるとは予測もしていなかったことでしょう。

異常とも思えるほど緻密な殺害トリックを仕掛けるシーンで「満面の笑み」を浮かべ作業するオリバーの顔が印象的に描かれています。犯罪工作の王者「パトリック・マクグーハン」も顔負けです。
オリバー・ブラントは、頭が良い割には「子供のような性格」な人ですね。公園で拳銃をゴミカゴに捨てるシーンで、コロンボに気付かれる不安が消えた直後に、嬉しそうな顔に一変して傘の説明をし出す場面など、興味深いです。彼の性格は妻のビビアン(サマンサ・エッガー)との会話「オリバーちゃん呼ばわり」でも伺え知れます。

脇役ソレル・ブークが良い

犯人オリバー・ブラント役のセオドアバイケルも良いのですが、被害者のバーティ・ヘイスティング役のソレル・ブークも深く印象に残りました。このソレル・ブークは24話「白鳥の歌」にも出演(アレンジャー(編曲者)のニック・ソウルカント役)しています。

また原題の「The Bye-Bye Sky High I.Q. Murder Case」は「空高いIQの殺人事件」のようなイメージですが、邦題ではむしろ音楽にスポットを当てたようですね、残念でした。

ウエイトレス のお姉さんが怖い

レストランのウエイトレスの女優は「ジェイミー・リー・カーティス」で、有名な俳優の「トニー・カーティス」と刑事コロンボ32話「忘れられたスター」のジャネット・リーを両親に持ちます。ちょい役でも流石に存在感のある演技です。睨みつける顔がめちゃ怖いですよね。

ハワード・マクギリン

出世願望の強い若手会計士のジョージ・カンパネラを演じたのはハワード・マクギリン。目鼻立ちがはっきりした二枚目で、とても印象に残りました。やはりコロンボにはパンチの効いた脇役さんがいますよね。

チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」

この作品、邦題「殺しの序曲」で、作品中に登場するクラシック音楽はロシアの作曲家チャイコフスキーによる幻想序曲「ロメオとジュリエット」。私の持っている音源はシャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団によるもので、20分33秒という長い演奏時間の14分12秒に、オリバー・ブラントが再生位置を設定した「第二主題による美しいメロディ」を向かえます。おそらくオリバーは特にお気に入りだったのでしょう。当時のステレオでこの位置から自動再生するには「一度手動で記憶」させる必要があると思われ、ここでも彼の無邪気な性格が伺えます。

人間コロンボを感じられる会話で、自分を見つめ直す

シグマ協会で向かえるラストシーンの一場面で、天才オリバーの苦悩や、コロンボ警部の人間哲学に触れることができます。オリバーは神童と呼ばれ苦しんだ幼少期を語ります。私は神童と呼ばれた経験はありませんが、子供の頃から「わざと頭が悪く見られるように振る舞っていました」。その方が周囲と楽しく過ごせるからです。一方コロンボは、自分は決して秀才とは言えない素材だが、粘り強くしつこく頑張ればきっとモノになる。と答えています。今の私はこの心境です。全力を尽くさず人生を終えることなんてあり得ないですね。コロンボにとって、天職とも言える刑事。その姿に自分の生きる指針を見つけ出すことができました。

「殺しの序曲」は意外と深い作品かも

先述のオリバーとコロンボの会話。それ以外にも、「いじめっ子、いじめられっ子」「天才と凡才」「気持ちの通じない夫婦」「出世を競う二人の秘書」など、殺人事件の周囲で見られる人間関係が面白く描かれています。
なかでもオリバーとバーティの関係は特に興味深いです。バーティのことが好きなオリバーは行き過ぎた愛情表現から逆にバーティから嫌われ、それが横領を暴露される危険を増大させます。本当に頭が良ければ「相手から嫌われない工夫」をもって世を渡れるはずなのですが、最も短絡的な解決方法「殺人」を実行するのも皮肉に感じます。
 
監督:サム・ワナメイカー
脚本:ロバート・M・ヤング
オリバー・ブラント:セオドア・バイケル(ビケル)
妻ビビアン:サマンサ・エッガー
バーティ・ヘイスティング:ソレル・ブーク
ジョージ・カンパネラ:ハワード・マクギリン
キャロライン:キャロル・ジョーンズ
バーク刑事:トッド・マーティン
加筆:2013年10月8日 

“40話「殺しの序曲」” への55件の返信

  1. はじめまして
    いつも楽しく拝見させていただいております。初めてコメントさせていただきます。
    わたしは、この作品が一番大好きです。
    確かに、トリックがちょっと雑とか、
    シグマクラブの会員の皆様に事件を解決できるようなキレ者がいないとかツッコミ所はありますが(笑)
    この物語の構成が好きで、
    何回観ても飽きないんです。
    登場人物では、オリバーの奥様が好きです。
    魅力的な女性だと思います。
    彼の押領の原因として彼女に贅沢させるためもあったのだと思いますが、、、

    ドラマ終盤のコロンボとオリバーとのやりとりは、皆様絶賛される通り、
    コロンボの仕事に対する真摯な姿勢が伺えて、これもまたよいエピソードだと思いました。

  2. 刑事コロンボベストテンに入る、私のお気に入りの作品です。
    劇中で使われた曲が好きになり、当時カセットテープにエアチェックしたものをレコード屋のオヤジさんに聞いてもらい、なんだかんだスッタモンダがあってチャイコフスキーのレコードを買ったほどです。
    作品そのものも良かったし、演者も皆さん味があり良かったです。
    で、少し関係のない話で恐縮ですが、シグマクラブの皆が談話してる部屋の壁に、「構想の死角」に出てくるメルビル婦人の肖像画が掛けられていた、微かな記憶があるのですが。
    似たような絵画が掛けられていたのかもわかりませんが、もしそうなら面白いなぁ…って。
    余計な話ですみません。

    1. ご指摘のとおり、メルヴィル夫人の肖像画は、殺しの序曲に登場しているようです。

      Columbophileいう英文のブログの中に「構想の死角」についての記述があるのですが、その中にメルヴィル夫人の肖像画の画像と下記の文がありました。
      Mrs Melville painting
      The Melville portrait would later re-appear at the Sigma Society in Season 6’s Bye-Bye Sky High IQ Murder Case.

      でもこの肖像画、まっすぐこちらを見ていて、怖いのは私だけでしょうか。

      1. こんばんは
        この回のコメントの最初の方で ぼろんこさん達がすでにご指摘してますけれど

        オープニングの中で会合のフロアに掛かってる肖像画は

        シリーズ化第一作『構想の死角』の人気作家コンビの生み出した探偵『メルヴィル夫人』の肖像画(構想の死角の中で登場)
        であってるようです

        この『構想の死角』の中で メルヴィル夫人の活躍する本の名前が『殺人処方箋』

        それと
        『殺しの序曲』のエンドロール
        刑事コロンボのバストショット画像を複数枚使用して終わってます

        これらのことから
        一説には
        当初の予定では この『殺しの序曲』で刑事コロンボはシリーズ終了
        最終回の予定だったそうです

        もしそうだったら
        大好きな回『死者のメッセージ』
        日本食が出てくる『美食の報酬』
        とか見ることが出来なかったわけですから…

        シリーズが続いて良かった

  3. オリバーの屋敷には「モディリアニ」の絵画があったような?毎回美術スタッフのスキルそしてセンスの素晴らしさに感心しました。

  4. 犯人のオリバーのキャラクター、シグマクラブの描き方が曖昧で、トリックも実現可能なのだろうか?と思ってしまいました。他のハイレベルなコロンボ作品と比べると、物足りないというのが正直な感想です。

    ぼろんこさんがご指摘されている、カフェのウェイトレス役のジェイミー・リー・カーティス、ナイスですね。久本雅美さんを連想してしまいました。

  5. よくできた作品で、ベスト20に選ばれるのも納得ですが、トリックに重きを置き過ぎた所為か、薄っぺらいドラマになってしまったような気がします。高校時代から友人だった天才同士が会計事務所の共同経営者を務め、一方が他方の不正を暴こうとして殺される、それだけで十分だった気がしますが、なぜ被害者は犯人から「いじられる」存在である必要があったのか?犯人の奥さんが浪費家であることを示すエピソードが圧倒的に足りない。犯人と奥さんの関係(仲は良さそうに見える)がよくわからない、などです。またシグマクラブのメンバーがそれぞれ天才であるエピソードももっと数多くあって然るべきであったと思います。

  6. 最後はとても印象深いシーンでした。ただ何となく腑に落ちない点が多く感じます、わたし自身が歳をとったせいか、こんな事ばかり気になります。何故コロンボはオリバー氏が横領した事に気づいたのか、何故オリバー氏の元秘書も絡んでると気がついたのか、凶器の拳銃を公園のゴミ箱に捨ててゴミ処理をする会社が、その拳銃に気がつかないのか。あともっとオリバー夫人の金遣いが荒い事にオリバー氏自身が困り果てている点をもっと強調すれば良いのでは、シグマクラブのメンバーをオリバー氏が日頃からバカにしてるのをもっと強調すれば良いのではとか、細かい事ばかり気になってしまっているわたしなのであります、申し訳ない。

    1. そうですね。大人になって見返しますと、疑問だらけです。
      子供の頃に初めてこの作品を見ました。
      その時は、レコードが回り、ペンが倒れて、ズドンと発射される。
      その一連のアイデアが「すごい!」って大感動した記憶があります。
      大人になった今は、
      まぁ、全部ひっくるめて楽しむことにしています。

      1. この作品で使われた ADC Accutrac 4000 というターンテーブルが、その昔近くの電気店においてありました(愛媛県)。 見た途端にコロンボで見たあのレコードプレーヤーだと分かりワクワクしたのを思い出します。 買えるような値段ではありませんでしたが、店員さんにたのんで操作させてもらいました。 レコードで自動頭出しができるのが当時は画期的でした。

  7. BSスペシャル投票第11位。偶々12位となったパイロット版「殺人処方箋」と比べると犯人への攻め方が進歩してますね(笑)。攻めるというよりはオリバーに独り相撲を演じさせるドラマが短めの尺でダレる暇なく一気に進行します。このスピード感が今回の視聴では印象的でした。もう一つはオリバーが額をぬぐうことが印象的でした。本当に汗をかいているかは関係ない。犯行後から犯行の露呈まで彼の心は休まらない現れですね。このしぐさがトリック設定中の彼の満面の笑み、全てが終わった後の笑みさえ浮かべる安らいだ表情に挟まれています。

  8. 子供の時に見たエピソードでは一番覚えていた作品です。子供にとってはプロットよりもあの凝ったカラクリトリックが面白かったのだと思います。
    しかし大人になってから見た殺しの序曲は別の意味で自分にとって忘れられない作品となりまさした。ぼろんこさんも書いてますが、暗闇でのコロンボの独白。
    学校でも軍隊でもこいつは敵わないと言う連中がいっぱいいて。。。。でも人より本をたくさん読んで物事を注意深く見てやれば何とかモノになるんじゃないか。。。。何とかなりました。あたしはこの仕事が心底好きなんです
    。。。。と言った感じの内容だったでしょうか。
    コロンボの人生観だと思いますか、自分の心に刻まれて、人生の座右の銘として辛い時や苦しい時に思い浮かべました。
    この独白からは努力家コロンボを感じさせながら物語の最後に実は天才を凌駕する知能指数の持ち主である事が分かると言う重要なエピソード。
    こんな天才が人の何倍も努力して人一倍注意深く捜査するのだから、並み居る知能犯が揃って彼の前に全てを暴かれるのも納得。
    歳をとってから全く別の印象を抱いた個人的に大切な作品です。

    1. クレイマー刑事さん、メッセージありがとうございます。激しく共感いたします。
      私も自分の仕事に対する姿勢、それがほぼ、このコロンボの言葉と合致します。それもあってか、このようなブログを作ることにもなったのです。

  9. 大好きな作品の一つです、一つ疑問があります。最後の謎解きのシーンで犯人に自白とも取れる罠を仕掛け犯人にペンを自らプレーヤーの上に置きましたが、コロンボはペンを使う事も見抜いてたのでしょうか? 皆さんのご意見よろしくお願い致します。

    1. 一人で現場を検証している時に、分厚い本に書かれた重心線、その脇に転がっている赤いペンを見ています。ぺンはフタが取れており、高い場所から落ちたことを連想させます。

  10. ラストシーンは、邦訳のがオチがついてていいですね。
    「無断で警察やめられませんよ」の無断という言葉が前のテストにかかっているので。
    英語だとなんと言っているのか聞いて見たところ、
    「I could’nt do that!」なので単にそりゃ無理っすよ!と言ってるだけですね。

  11. この回に登場するジェイミーリーカーティスは、アーノルドシュワルツレッガーの映画「トゥルーライズ」で、主人公の妻役で出演していましたね。名演技でした。

  12. ぼろんこ様
    こちらこそ喜んでいただいてとてもうれしいです。
    これからもよろしくお願いします。

  13. ミエーレさん「最後の天才クイズ」の解説、ほんとうにありがとうございます!長年抱いていた、疑問というか、勉強の種でした。時をみて、本編に加筆させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.