32話「忘れられたスター」

Forgotten Lady / 1975

泣けるコロンボ作品…

「忘れられたスター」は私が最も好きな刑事コロンボ作品のひとつ。解決編では、この作品ならではの結末を迎えます。それはコロンボ作品中、最も涙を誘うものです。

永遠のスター「ジャネット・リー」

往年の大女優グレース・ウィラー(ジャネット・リー)は輝きを放っていました。14話「偶像のレクイエム」のアン・バクスターの大女優も悪くはないのですが、私の好みも加味すると「格別」の感があります。

殺しの序曲のウエイトレス

また40話「殺しの序曲」に登場するウエイトレスは「ジェイミー・リー・カーティス」で、ジャネット・リーの娘です。

コロンボシリーズで最も重要な「犯人ではない登場人物」

かつての名優ネッド・ダイヤモンド役ジョン・ペインの存在も際立っています。スターでありながらジェントルマンでもありましたね。犯人でも被害者でもない登場人物として、ピカイチの存在感ですね。大好きです。

コロンボはネッドに何を託したか

コロンボ警部がネッド・ダイヤモンドに事件の全てを説明するのは、意味深いです。グレースが執拗な捜査にいらだちつつも、好意的な態度に変わっていくことから、「通常の殺人犯人とは違う」ことには気付いていたでしょう。そのようなグレースに対し「自白に導く」というコロンボ特有の手法が不可能となりました。ネッドの前でグレースを追いつめることで、身代わり犯人を持ちかけたとも想像できます。

執事レイモンドはザイアス博士

ウィリス(グレース・ウィラー)家の執事・レイモンド役は猿の惑星の「ザイアス博士」でもお馴染みの俳優。「モーリス・エヴァンス(エバンス)」同名のNBA選手がいることから、ネット検索が困難です。執事レイモンドは、その可愛い風貌も含めとても素敵でした。奥様のアルマさんはとても若かったですね。これらの登場人物が、すべて良い味を出してると思います。コロンボ作品で名作と呼べるものには、このように脇役が作品の魅力を高めているものが多い気がします。

忘れられたスターの魅力

原題と邦題はほぼ同意味で、この作品を端的に表すグッドなネーミングです。「ファンは自分を決して忘れていない」女優復帰に並々ならぬ意欲をみせる主人公:グレースですが、当人は記憶を失う病気で、余命幾ばく。それを知っている夫ヘンリーは復帰に反対するが、愛情とは理解されず妻に殺されてしまう…。グレースを心から愛する元パートナーの俳優ネッドは、身代わりとなり逮捕される。

憎しみを感じさせない、悲しい殺人事件

もはやコロンボの名前すら覚えられないグレース。財産をはたいてまで復帰を目指しますが、プロデュースを買って出たネッドでさえ、復帰の難しさを感じていたでしょう。生きているうちに…と世界旅行を提案する夫の優しさも虚しい。幸せとは何であるか?を考えさせられました。

覚えていないという主題

グレースは記憶を失う病気で、シーン各所にその伏線が見えています。ブログゲストさんのコメントにもありますが、何を覚えていて…何を忘れてしまったのか…その焦点もこの作品に不思議な魅力を加味しています。

夫ヘンリーはこの時84歳!

夫のヘンリー・ウィリスは俳優「サム・ジェフ」で、この時なんと84歳。妻のグレースが48歳ですので、36歳の年の差婚なわけです。ちなみに23話「愛情の計算」、ニコルソン博士(66歳)妻マーガレット(33歳)、33歳の年の差婚なのでこっちの勝ちです!

人気ランキングで常に上位を獲得

コロンボ作品の「人気ランキング」では、確実に「5位以内の座を獲得する作品」だと断言しておきましょう。(笑)1位は、やはり「別れのワイン」の指定席。32話ということで、決して傑作ぞろいの初期作品‥ではないのですが、まだこのような斬新なストーリーがあったのだと、びっくりします。

これもひとつのスタイル

私は刑事コロンボの王道的なスタイルとして「成功者の転落劇」にこだわっています。もちろん、そこに刑事コロンボの醍醐味が存在するのですが、この「忘れられたスター」のような「決して悪人とは思えない」犯人によるストーリーも感慨深いですね。19話「別れのワイン」、41話「死者のメッセージ」などに同じ雰囲気を感じます。

バーク刑事Bではない!

後の作品、41話「死者のメッセージ」、43話「秒読みの殺人」、47話「狂ったシナリオ」に登場するバーク刑事Bの「ジェローム・グアルディノ」ですが、今回はまだバークではなくハリス刑事としてちょい役で出演しています。

ランズバーグ先生とコリアー先生は同僚だ!

31話「5時30分の目撃者」の精神科医コリアー先生と、32話「忘れられたスター」の外科医ランズバーグ先生(ロス・エリオット)の病院は同じでした!詳しくは「廊下に色ラインが描いてある病院」をご覧ください。

この病院で登場する女性警察官

この女性警察官レフコウィッツ巡査部長は、フランシーヌ・ヨーク。制服がよく似合う素敵な女性でしたね。これをきっかけに、数人の警察署員が顔をだして賑やかになります。

本屋の店員

自殺した(ようにみえる)夫のヘンリー・ウィリスが読んでいた本「マクトウィグ夫人の変身」について、詳しく教えてくれる店員さんは、31話「5時30分の目撃者」のコリアー先生の友人の一人です。

アンダーソン検死官

「アンダーソン検死官」「ハーヴェイ・ゴールド」。33話「ハッサン・サラーの反逆」でも検死官、27話「逆転の構図」ではカメラ店のハリー・ルイスを演じています。日本語吹き替えは「ウイルソン刑事」「ドカベンで徳川監督役」の野本礼三さん。

監督:ハーヴェイ・ハート
脚本:ウィリアム・ドリスキル
グレース・ウィラー:ジャネット・リー
ネッド・ダイヤモンド:ジョン・ペイン
執事レイモンド:モーリス・エヴァンス
アンダーソン検死官ハーヴェイ・ゴールド(野本礼三)
 
加筆:2020年8月1日
 

“32話「忘れられたスター」” への95件の返信

  1. 前置きが長くなってしまいますが、ひょんなきっかけ(「殺人処方箋」で妻のキャロルの衣装を着たジョーン・ハドソンがアップになるシーンでソフトフォーカスというカメラ技法を使っていました。あやちゃんさんも同作へのコメントとして「女優さんがすごく綺麗で、アップになるとベールがかかっているようで?一段と綺麗でした。」と残されていました。)
    ならば、ジャネット・リー主演の本作品ではどうだろうかと気になり見直したところ、やはり随所で使われていました。これって、キャメラマンの女優さんへの敬愛の念なのかもしれませんね。
    付け加えますと、映写機の光の中でのコロンボの洞察についてもなかなか見応えを感じました。
    ただ、今回見終わって一番強く感じたことは映像表現もさることながら皆さん同様コロンボの刑事としての姿勢、ネッドの侠(オトコ)気、ヘンリーの慈愛、どれもがとても際立っており、棚から牡丹餅と言いましょうか今まで見えなかったものが見えた気がしました。

  2. CSで久しぶりに視聴してました。このエピソードの、ファンである往年の大スターが犯人と確信し、しかしその犯人が自分の罪すら自覚できないでいるという状況におかれて、それでも「刑事」であることから逃げまいとするコロンボは、なかなか「ハードボイルド」に見えました。
    そういえば、射撃テスト受けろと最初に通告に来た婦人警官が「写真と印象が違う」と言ってましたが、その写真ってひょっとして「殺人処方箋」時代のものなんじゃないでしょうか。そうだとしたら、そりゃ戸惑いますよね。

  3. 事情があって在宅していたので、久々に見ました。いやあ、やっぱりこの作品は名作ですね。
    内容の素晴らしさはみなさんお書きになっているので書きませんが、とにかくコロンボが犯人を逮捕しない唯一の作品であることがこのドラマを感動的傑作たるものとしているのですね。
    ジャネット・リーが当時48歳…老けて見えました。昔はあんなものだったのかなあ?妻が「若草物語」を知っていて感慨深そうでした。
    一方、ダイアモンド役のジョン・ペイン氏は63歳で、この作品を最後に俳優を引退したのですね。早いなあ。これも昔はそんなものだったのかな?

    1. 最近の女優さんは、アンチエイジングに熱心ですので、
      このような昔の女優さんより、若作りなのでしょう。

    2. へえ! 48歳ですか。
      という事は、「サイコ」の時は33歳。こちらは逆に若く見えますね。
      ヒッチコックの演出かな?

  4. ぼろんこさん
    初めまして。
    突然失礼します。
    とっても素敵なブログです。
    子供の頃刑事コロンボにハマり今も好きです。
    事情により暫く日本を離れ最近やっとDVDを手に入れ10年ぶりに32話「忘れられたスター」を見ました。
    唯一コロンボが犯人を捕らえない作品という記憶でした。ノベライズ版の記憶と映像の記憶がごっちゃになっていました。がラストはやっぱり涙しました。
    大人になってみる観るとジャネト・リーが素敵で、ジョンペインが渋い役者さんだと言うことがわかりました。
    劇中映画は、ジャネト・リー自身の出演作品で、ちょっと調べたら、音楽がヘンリーマッシーニ!
    あっすみません、そんなことは、こぼろんこさん始めここに書き込まれる方々既にご存知ですね。

    1. コメントありがとうございます。
      昔みて、今また、ハマっている〜
      という方が多いですね。
      私もそのひとりです。

  5. たまらないのは最後にダイヤモンドさんが2ヶ月は頑張ると言ったあとの顔。そして、その顔に納得させられるコロンボの顔。セリフが字幕だけだとしても顔だけで感じる男の気持ち。カッコいい。なんどみても。勝手にこの後を想像してしまうくらいダイヤモンドさんの生きざまに感動する。紳士のあり方。

  6. ご無沙汰しております。先日CSで観ました。素晴らしい名作で本当に切なくなりました。殺害した方もされた方もとても気持ちがわかり悲しくなりました。1番感情移入ができる作品でした。

  7. ホームシアターを一人で観るグレースに対比するかのようにテレビを二人で観る執事夫婦のシーンも印象的です。
    全てのシーンに意味があり、刑事ドラマの枠を超えて上質な映画のように思えます。

  8. 見事なタイトルです。スターが世間から忘れられただけでなく、スターが忘れてしまう(記憶を無くす)とは、皮肉です。ジョン・ペインの名演が無ければこの作品の成功はあり得ませんでしたが、これが彼の俳優としての最後の出演作とは。作品中にグレースが見ていた自分の出演した映画、Walking My Baby Back Homeは1953年、ジャネット・リー26歳の時のミュージカル、忘れられたスター1975年の22年前のものです。実は1時間45分ではなく、1時間35分の映画でした。コロンボのかなりの数のエピソードで、「映像」が犯罪や事件解決の鍵となることに改めて気付きます。本作以前では、ロンドンの傘、意識の下の映像、ビデオテープの証言が挙げられます。コロンボがグレースの病を知って、ネッドに身代わりとなる機会を与えたことについては、やや意外な気がしました。コロンボの正装は決まっていましたね。

  9. みなさん、楽しいコメントをありがとうございます。1時間45分問題は、時間をかけて解決したいと存じます。

  10. 初めて観ました。
    原題は、Forgotten Lady 忘れられた女性だそうです。
    女性ではなく、スターと訳したことで、
    最後まで、楽しめました。

    忘れる事が出来た女性。スター。
    後味が大変お洒落です。

  11. みなさん、たくさんの感想コメントをいただきありがとうございます。
    すべてに返信はしておりませんが、すべてのコメントを読んでいます。
    私はこのブログの主ですが、コメントにおいては、ゲストの一人だと
    思ってください(笑)

    1. ぼろんこ様
      そのお気持ちが、ブログ全体に溢れており非常に心地よい雰囲気になってます。
      ピーターフォーク演じるコロンボ警部から受ける印象に通じるものがございます。

  12. いつも楽しく拝見させていただいてます。ここの皆様のコメントを見ていると自分のドラマの見方がいかに浅いか痛感させられます。細かいところは基本気にならないので(笑)
    コロンボの作品は個人的にはトラックに凝ったものと、メッセージ性重視のものの二つに分かれる気がします。この「忘れられたスター」は後者でしょう。ちなみに私は後者の方が好みです。
    グレースが殺したことを忘れたタイミングについてですが、私は徐々に忘れて行ったのかなと感じました。最終盤ではほとんど忘れているものの何となくなら覚えている状態でコロンボは病気のことを打ち明ける。それを聞いたネッドはグレースに自白し完全に忘れさせてあげる。こんな感じに解釈しましたが、人それぞれでしょう。
    いずれにしてもネッドの男気には感服しますし、素晴らしい作品です。

  13. NHKBSで久しぶりに見て、やはり名作中の名作だと思いました

    ただ、レイモンドがシャンパンでいい気分にならず、映画の終了時間の1時間45分後に来てしまった場合、無人の映写室に出くわしてしまったわけで、正直、トリックとしては微妙な気はします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.