31話「5時30分の目撃者」

A Deadly State of Mind / 1975

精神科医のマーク・コリアーが愛人ナディアの夫カール・ドナーを殺害。計画殺人ではなく、妻との愛人関係に気付いたカールが二人の密会現場に居合わせてしまったためです。このような展開上、私の好きな刑事コロンボのストーリー(計画殺人)は望めませんでした。

ジョージ・ハミルトン

犯人役のゲストスター「ジョージ・ハミルトン」は日本でも有名な俳優さんですね。後の57話「犯罪警報」にも犯人役として出演しています。独特な色気を持った俳優さんです。「女たらし」がごく自然に見えますね(笑)

愛人のナディアは決壊寸前

犯行を愛人のナディア(レスリー・アン・ウォーレン)に目撃されているので、コリアーにとってはかなり不利な状況でした。強盗による犯行に見せようと努力しますが、状況証拠やナディアの曖昧な供述による矛盾をコロンボ警部に見抜かれて、どんどん追いつめられてゆきます。

また出た、コロンボ警部の大芝居

状況証拠は十分でも、決め手が無い。コロンボ警部は「偽の目撃者」を仕立てます。コリアーは「自分は5時30分にドナー邸に居なかった」と跳ね返せば、良かったのでしょうが、人の心理を読むコロンボ作戦はまんまと成功します。不利な状況にある人間は「正当な部分は主張したがる」ということです。これは27話「逆転の構図」でポール・ガレスコが犯したミスと似ていますね。

おぉ、マーチソン博士!

「偽の目撃者」であるデビッド・モリス(兄)は、18話「毒のある花」でマーチソン博士を演じたフレッド・ドレイパー。兄弟が並んだ場面で、眼鏡を外した瞬間に「おぉ、マーチソン博士」と叫んでしまいました。日本語版は「永井一郎さん(サザエさんの磯野波平役で有名)」

おぉ、パジェット将軍!

また被害者のカール・ドナーはスティーブン・エリオットで、この作品より14年後、49話「迷子の兵隊」でパジェット将軍(ほぼ別人!)を演じています。カール・ドナーの日本語版は「大平透さん(ハクション大魔王)」

犯罪警報のウェイド・アンダースで復帰

ゲストスターのジョージ・ハミルトンはこの16年後(1991年)の57話「犯罪警報」に再登場します。エリオット(パジェット将軍)の変貌ぶりを考えると、「犯罪警報」のハミルトンは「流石、若作り!」と拍手を贈りたくなります。

ボーデン医師のカレン・マッコーン

脇役としてはボーデン医師のカレン・マッコーンも素敵でした。コリアーから「勤勉に働け」と叱咤された場面では不機嫌そうでした。コロンボ警部から「殺人事件について質問しているんですよ!」と叱られた場面など印象的です。

コロンボ警部、またまた大ショック

クレーマー刑事「ブルース・カーヴィ」も光っていました。愛人ナディアの飛び降り自殺(実際には殺害された)の現場でカール・ドナーの所持品を発見した際の「コロンボ警部、またまた大ショック」は最高です。しかも、別の着眼点に夢中のコロンボ警部に無視されていました。

ランズバーグ先生とコリアー先生は同僚だ!

31話「5時30分の目撃者」の精神科医コリアー先生と、32話「忘れられたスター」の外科医ランズバーグ先生の病院は同じでした!詳しくは「廊下に色ラインが描いてある病院」をご覧ください。それとは関係ないですが、病院の受付の女性が必要以上に色気ムンムンでした。

犯行直後に車を門にぶつけた件

ブログゲストさんからのご指摘があり、加筆します。コリアーは犯行現場にブルーのベンツのクーペで来ていました。そして犯行後に逃げる際、目が不自由なダニエル・モリスさんが飛び出したため、避けるために白い門に激しく車をぶつけています。その衝撃で門の角度が変わったほどです。

そしてその夜、コリアーが呼び出されて現場に駆けつける時は、ボーデン先生のシルバーの大きな車で来ていました。ブルーのベンツはバンパーに傷がついたはずなので、自分の車で来れなかったのか?日が変わり、コロンボがコリアーの病院を訪れた時、駐車場のコリアーの車を調べています。この時には、コリアーはすでにベンツを修理に出した後なのでしょう。コロンボはタイヤのトレッド(模様)に着目していますが、バンパーの傷は無さそうでした。
本編では兄のデビッド・モリスは「急ブレーキを踏んで止まった」と証言していて、衝突したことには触れていません。そうでなく、「5時30分に出て来た車は、自分を避けるために何かに激しく衝突した」と証言し、コリアーが直後にフロントバンパーを修理したことも証拠にすれば良かったが…。

しかしここはやはり目撃者に「ブルーのクーペに乗っていた」と証言させ、「目撃者は目が見えないはずだ」とコリアーに反論させたことで、十分面白いのでしょう。
 
監督:ハーヴェイ・ハート
脚本:ピーター・S・フィッシャー
マーク・コリアー:ジョージ・ハミルトン
ナディア・ドナー:レスリー・アン・ウォーレン
ボーデン博士:カレン・マッコーン
カール・ドナー:スティーブン・エリオット
クレイマー刑事:ブルース・カービー
デヴィッド・モリス:フレッド・ドレイパー
 
※2010年06月24日に、コメントを頂きました。フレッド・ドレイパーはやはり「兄:デビッド・モリス」で間違いないと思うのですが…。
兄=デビッド・モリス(フレッド・ドレイパー)「偽の目撃者」
弟=ダニエル・モリス(ジャック・マニング)「真の目撃者(目が不自由)」です。
M.Sさま、コメントありがとうございました。(お名前はイニシャルとし、メールアドレスは削除しました)

加筆:2020年8月1日

“31話「5時30分の目撃者」” への19件の返信

  1. こんばんわ!
    初めて観た時・・・
    5:30に犯行を目撃した人が登場するのかな?と思いながら観ましたが・・・
    実は犯人本人が目撃者だったんですね~ラストシーンにはしびれました!
    それにしても、この邦題・・・見事の一言に尽きると思いました~(´ー`)

  2. いつも飄々とした調子のコロンボの「あんたに聞いてるんです」の小池さんボイスの口調の厳しさに不意を突かれドキッとする、とても好きなシーンです

  3. 「指輪の爪痕」や「毒のある花」同様、衝動的な殺人。マークが現場から去る際に門柱に車をぶつけますが、それに関して車前部の損傷などが調べられないのは不思議でした。医者が殺人犯となるのは「溶ける糸」以来ですが、港でのマークとの会話のシーンなどから、コロンボは医者に対しては特に闘志をあからさまにするようにも思われます。本来人を救うことに使われるべき専門知識を殺人に使うことを憎んでいるのでしょうか。ラストシーンは印象的で、視聴者もだまされます。 ジョージ・ハミルトンが勝ち誇りから一気にどん底に落ちるマークを見事に演じています。カレン・マッコーンは魅力的でした。

    1. 車をぶつけ、それに関して車前部の損傷>なるほど、深い観察です。この点については、本編をもう一度見直して、加筆していますので、ご覧ください。

  4. すぴっつ様
    即教えて頂き感激です。
    なるほどですね。「壊滅的な精神状態」
    とっても納得しました。やっぱり原題の方がどれも面白いですね。(なんて分かってないくせに...)
    シリーズも終わってからずいぶんと経つというのに、今頃また片っ端から作品を見ています。それが何故か前より面白い。意味が分かる。何故かしら??

    1. 最初に見たのは子供の頃でして、現在は大人ですが、コロンボは子供から大人まで楽しめるということを実感します。

  5. 今井節子さん、
    僕は英語不得意なのですが、以前コロンボの研究サイトで確か直訳は『壊滅的な精神状態』と書いてありました。

  6. 独特なムードが最高のエピソードのひとつで、全体にほとばしる緊張感がたまりません。
    また、マティーニのグラスの位置、カーペットに落ちていたライター石、コリアーが事件当夜だけマッチを使っていたこと、といった分散配置された事象から、ナディアが嘘の証言をしたこととタバコを吸う第三者がいたことを導き出す推理の過程も十分楽しめます。
    さらに、珍しく犯人に対してちらりと敵意をのぞかせるコロンボの姿が見られる港での対決は、シリーズでも屈指の名シーンといえるのではないでしょうか(「じゃあ僕は最有力の容疑者ってわけか?」「容疑者って言葉は弱すぎますね」)。
    そしてジョージ・ハミルトン氏演じるマーク・コリアーというクールでハンサムな犯人像を創り上げた点も特筆すべでしょう。

  7. コリアーがナディアへ電話して催眠状態殺人を行ったのは、
    通話履歴が、一つの証拠となるはず。
    なぜ、コロンボは通話履歴を確認しないのか?。
    ピーター・フォークは、やってておかしいとは思わんのかな?。
    最後、コリアーは、もう少し冷静に対応すべきでした。
    途中までは「カールが死んだときは市内にいたんだ」と言っている。
    「ぼくは医者なんだよ。見れば(失明は)スグ分かるさ」
    そこまでは冷静だった。
    たとえ「見えないはず」と断言しても、見ればスグ分かるという
    医者であれば、その後の言い逃れできるはず。
    結局、感情負けです。こういうのが多いね。

  8. 語るに落ちた格好ですね。
    犯人自らが目撃者になるという逆転の発想ですね。
    アリバイのダイヤルでも逆転の発想が使われました。
    テープに録音されている音ではなく、録音されるべき音が入ってないという。
    それが、最後のどんでん返しになるという面白さです。
    知的犯罪者は巧妙に仕組んだつもりでも、小さな抜け穴を積み上げて
    精神的に追い込んでいって、最後に自ら墓穴を掘らせるという
    コロンボ一流の締めくくりでした。スカっとしますね。

  9. スパイ大作戦さん、コメントありがとうございます。レスリー・ウォーレン=スパイ大作戦…ですね。覚えておきます!

  10. 私はこの逆転劇、けっこう好きでした。
    コロンボファンですが、スパイ大作戦のファンでもあります。
    レスリー・ウォーレンはスパイ大作戦シーズン5レギュラーで、この作品よりさらに若い分、とんでもない美しさでしたよ。

  11. ナディア役のレスリー・アン・ウォーレンという女優さん。
    凄まじい色気を持った人だなぁという印象でした。

  12. > フレッド・ドレイパーはやはり「兄:デビッド・モリス」で間違いないと思うのですが…。
    合ってますよ。
    Co-Starring の画面に JACK MANNING (改行) as Daniel Morris,
    With の1画面目に FRED DRAPER (改行) David Morris とあります。

  13. minimumさん、コメントありがとうございます。病院床のラインは珍しくないかもしれませんね。注目したいのは、両作品が31-32と続いていることです。同じ場所でぱぱっと撮影している感じで、リアル感があるな~ってね。

  14. 病院床のラインですが、それ程珍しいのしょうか?私が毎年健康診断を受ける病院も床ラインがあるので、普及しているものだと思っていました。もしかしてコロンボファンの院長さんが真似をしたのかもしれませんね。

  15. 違っていたら御免なさい。6月24日、衛星放送の『5時30分の目撃者』を見ました。フレッド・ドレイパーが演じたのは弟のダニエル・モリスで、兄のデビッド・モリスを演じているのはジャック・マニングだと思うのですが。弟が兄に扮して犯人のジョージ・ハミルトンを騙したのです。コロンボ警部は、「あんたが5時30分に出会ったのは、お兄さんのデビッドだ」と言って、後から登場するジャック・マニングを紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.