27話「逆転の構図」

Negative Reaction / 1974

最高傑作の一つ「逆転の構図」

著名な写真家ポール・ガレスコ(ディック・ヴァン・ダイク)が口うるさい妻を殺害し、誘拐殺人に見せかけるというお話です。この作品、「ポール・ガレスコ」という犯人の名前が非常に印象的で、小学生時代に見た頃から、コロンボシリーズ中、最も好きな作品として心に残っていました。そしてNHK BSの再放送で数十年ぶりに再会しました。色褪せていません、最高傑作のひとつだと思います。

殺意を抱き続ける夫、ポール・ガレスコ

まず、被害者にも非があること。計画的な殺害でありほぼ計画通りに実行できている。動機が十分である(と、思われる…。本当は殺してはいけません。)。状況証拠の揃え方も見事。コロンボ警部がしつこく犯人がいらだつ。結末が意外性を持っていて爽快。などなどです。

妻のフランシス

犯人のポール・ガレスコは「この世からお前が消えてくれれば良いのに‥と何度も願った」ほど、妻のフランシス(アントワネット・バウアー)を憎んでいました。会話の中で「15年間」と言っていますが、離婚できなかったのでしょうか?おそらく計画通りに事(殺人)が運べば離婚より幸せな将来が待っていると想像したのでしょう。

計画はほぼ思い通りに進みます。1点のみ、廃車置き場でトマス・ドーラン(ヴィトー・スコッティ)(浮浪者風の男)に殺害の様子を「聞かれた」こと以外でしょうか。それも決定的な証拠とはなりません。むしろ、計画通りに運んだのだが、数カ所の「落ち度」をコロンボ警部に見抜かれてしまうことが、命取りになります。

ガレスコ氏の緻密な殺害計画

ガレスコ氏の計画は、なかなかのものです。ガソリンスタンドでのアリバイ工作。メイドに誘拐をほのめかすこと。そして前科者のアルビン・ダシュラー(ドン・ゴードン)を誘拐殺人の犯人に見立てて、銃撃戦で殺して口封じをする。おそらく担当刑事がコロンボでなければ、完全犯罪として成立したと思われます。担当のホフマン刑事(マイケル・ストロング)はまんまと騙されていますね。まあ、よく考えてみれば「タクシーを使って誘拐の準備をする」ってことはあり得ないんですが。まるで自分の行動を運転手に教えているようなものです。

コロンボ警部の捜査のポイントは見どころ満載です。まず容疑者のダシュラーが相当の「お馬鹿さん」で無い限り、真犯人ではないことに気付く点です。それにガレスコ夫人を誘拐したダシュラーが脅迫状に添えた写真になぜ「時計」が必要であったか?普通に考えれば必要の無いアイテムです。日めくりやテレビ番組など、日付を特定したいものであれば別ですが、時間を特定する必要は無いと思われます。この2点で、単なる誘拐殺人ではないことは明白となります。

徐々に表情が曇るガレスコ氏

その他は、芋づる式に状況証拠が揃います。要するに、初期捜査の着眼点が他の手がかりを引き出してゆくのです。メイドに誘拐をほのめかす際に「脅迫電話のメモ」を書いた矛盾は最大の失敗のひとつです。さらには誘拐犯からの呼び出し時間のズレを、後になって解説したこと。ダシュラーのモーテルの部屋で、彼が犯人であることを分かりやすく演出しずぎたこと。これらの「甘さ」がコロンボ警部を「逆転の構図」作戦の実行に駆り立てたと感じます。つまり犯人は100%の確率でガレスコ氏と断定でき、あとはガレスコ氏自身に「私がやりました」と言わせれば良いのです。

そのために、状況証拠をちびちびとガレスコ氏に見せ、彼を追い込んでゆきます。その手法が凄いです。自分が撮影した下手な写真を見せガレスコ氏のプロカメラマンとしての誇りを引き出し「犯人像とダブる」ことを伝える。助手のローナ(ジョアンナ・キャメロン)を「奇麗な方ですね~」と、二人の男女関係を疑う。ホテルの部屋の件は「メイドが掃除をさぼったことで嘘をついた」という、苦し紛れのガレスコの証言を「復唱しながらメモ」しています。さらには、刑務所の写真集からガレスコ氏と前科者のダシュラーの関係を突き止める。そして最後に「脅迫状作成を実演」です。

コロンボ警部の得意技「大芝居」

エンディングは圧巻。注目すべき点は、コロンボ警部が「ここが重要です。あたし自身が采配をとり、全て落ち度なくやった」と自慢気に喋る場面。「頭脳明晰で手強い刑事」から「お間抜けデカ」に印象が変わるように演じています。そこで生まれた一瞬のスキが「崖っぷちまで追い込まれた」状況から「大逆転」のチャンスと錯覚させ、証拠品のカメラにを手に出させるのです。

よ~く考えてください。「証拠写真を複写して引き延ばした。その際にミスで裏焼きした。オリジナル写真は紛失した。」のですが「複写したネガ」は存在するわけで、そのネガを調べれば「裏焼き」は明白。それに気付かれれば、全てがフイになる「賭け」のような作戦だったと思います。まんまと自分の罠にハマるガレスコ氏。コロンボ警部は、彼の捨て台詞に対し一言も解答せず、無言のラストを向かえます。

ホフマン刑事もびっくり

「残念でした」という印象的な台詞。ホフマン刑事(マイケル・ストロング)の表情もとても印象的です。現場タタキ上げのような刑事ですが、「あんた、自分で罪を認めたんだよ」って、コロンボ警部の補佐について「どえらい体験しちゃった」台詞でした。

誰が見ても怪しい関係?

助手のローナ(ジョアンナ・キャメロン)の美脚がカメラワークにより魅力的に表現されていました。またコロンボの「奇麗な方ですね~」に対し、仕事での有能ぶりを評価していると逃げたガレスコ氏の台詞に「うしろめたさ」を見ることができました。

成功者に美人秘書あり

英雄は色を好む…ですか、コロンボシリーズで頻繁に見られるシチュエーション「成功者に美人秘書(今回は助手)あり」。もしも、ガレスコ氏がローナとフィリピンに逃避行しなければ、もっとスッキリ逮捕したかったのでしょうね、コロンボ警部~。

家政婦さんも良い感じ

ガレスコ邸の家政婦さんは女優:アリス・バックス。口うるさい夫人は彼女仕事ぶりが不満なようでした。確かに冴えない‥ような雰囲気もありますが、脅迫電話に聞き耳をたてたり、メモを見たりなど印象に残ります。

可愛い!ジョイス・ヴァン・パタン

シスター役の女優「ジョイス・ヴァン・パタン」とのやりとりは何度見ても傑作です。ジョイス・ヴァン・パタンはこの後の作品39話「黄金のバックル」で美術館の館長ルース・リットンで犯人役を好演します。やはり素敵な女優さんは、脇役でも光るものです。

笑える場面が盛りだくさん、楽しい作品です

しかしこの作品は本題の完成度に加え楽しめる箇所も多いです。人間コロンボの魅力もいたる場面に盛り込まれています。警部がガレスコ宅で灰皿を見つけられず、ポケットにタバコの灰を捨てる仕草もかなり笑えました。一部始終を見ているガレスコ氏もあえて突っ込まないのがGOODでした。

名優「ヴィトー・スコッティ」

名優「ヴィトー・スコッティ」との知的な会話も面白いです。トマス・ドーランは酔っぱらいの浮浪者風の男ですが、供述の証言や食堂での会話からも知的なキャラクターに描かれていて、とても面白いです。供述書で自分を「余(よ)」と呼んでいました。コロンボ警部はこのドーランに対し優しく接していて、社会的弱者の味方であることが伺い知れます。

ハリー・ルイスにも注目!

カメラ店のハリー・ルイスを演じた「ハーヴェイ・ゴールド」も良かったです。ハーヴェイ・ゴールドは32話「忘れられたスター」と33話「ハッサン・サラーの反逆」「アンダーソン検死官」を演じます。日本語吹き替えは「ウイルソン刑事」「ドカベンで徳川監督役」の野本礼三さん。

 
解決編があっさりしている(突然のクライマックスを向かえる)という解釈は少々違う気がしています。カメラ店でヒントを得た後、運転免許の試験官ウイークリー氏と会う場面で、すでに「逆転の構図」作戦を着々と実行していたわけです。ほぼ全ての場面で無駄の無い作り、それでいてユーモアもたっぷりです。

ラリー・ストーチ

ストーリー後半の短い出番でしたがウイークリー役のラリー・ストーチの演技も良かったです。神経質な性格で、仕事に嫌気がさしていて、かなりマイってました。公務員の気質丸出しで可愛かったです(笑)ウイークリー氏が「教習所の教官」と思っている人は間違いで正しくは運転免許試験場の試験官。ダシュラーは運転を習う必要はありません。

サンプソン警部

警察署内でダシュラーの話で盛り上がっている場面です。この人は俳優ビル・ザッカートで、後の33話「ハッサン・サラーの反逆」のオーガスタ部長として再登場します。またこの俳優さんはぐぐ〜と年を経て55話「マリブビーチ殺人事件」にも登場します。

不動産屋マグルーダー

不動産屋マグルーダーは俳優ジョン・アシュトン。何となく19話「別れのワイン」のワインツアーのガイドに似ていると目をつけましたが‥別人でした。髪型が違うかあ~。でも印象に残る俳優さんでした。

モーテルのオヤジ

ダシュラーが滞在していたモーテルのオヤジ「チャールズ・ビクター」は俳優:トーム・カーニー。ダシュラーとは折り合いが悪かったらしく、彼の文句ばっか言ってました。このモーテルでダシュラーはガレスコに電話をかけているが、「555」から始まる電話番号は架空のものとして多用されます。

証拠写真を撮るカメラマン

ガレスコ夫人の誘拐殺人現場で証拠写真を撮るカメラマンは、ご存知「フレッド・ドレイパー」。ですが今回は何か不自然さを感じます。まるで変装しているかのようですね。

監督:アルフ・ケリン
脚本:ピーター・S・フィッシャー

ポール・ガレスコ:ディック・ヴァン・ダイク
ホフマン刑事:マイケル・ストロング
アルビン・ダシュラー:ドン・ゴードン
フランシス・ガレスコ:アントワネット・バウアー
ローナ・マクグラス:ジョアンナ・キャメロン
トマス・ドーラン:ヴィトー・スコッティ
シスター・マーシー:ジョイス・ヴァン・パタン
ハリー・ルイス:ハーヴェイ・ゴールド
ウイークリー:ラリー・ストーチ
写真展の客:ダイアン・ ターレイ・トラヴィス

加筆:2020年8月2日

“27話「逆転の構図」” への86件の返信

  1. コメントの追記です。
    本作の最後ではコロンボがうなだれた様子で終わっています。これは犯人逮捕をやるせなく思っての仕草と感じました。

    しかし、それを裏付けるようなコロンボとの機微やガレスコを同情するシーンを映像から見出すことができませんでした。
    彼はウクライナで撮影したり、刑務所を写真集にすることやフィリッピンへの旅行(私はバカンスではなく当時政情不安定な当国への取材と推察している)ことから鎖に繋がれていた3年間とはポートレートスタジオを始めた時期とダブります。おそらく彼は『社会派カメラマン』だったと思います。ここまでで私の想像も行き止まりになりました。

    バーディさんの
    2015年5月23日 1:53 AM のコメントのように
    ノベライズでは上手くストーリーを纏めてありました(ロバート・キャパにヒントを得たようなところもあり、なかなかの展開でした)
    最後のシーン対する私の結論としては
    “元々のストーリーやカットがあったが放送時間の関係で取捨選択したときにちょっとちぐはぐになった”のではないかと邪推しています。

    余談ですが、コロンボの犬がコッカースパニエルに惚れちゃうというのも犬種として面白かったです。まるでブロンドヘアに憧れる日本男子のようでニンマリしました。

    1. 楽しく拝読しました。
      私もキャパは好きです。
      ラストシーンは、罪の意識を感じます。
      だましたようなものだから。

  2. 皆さんがコメントされているように教会の救済所でのシークエンスは楽しいですね。
    付け加えると、コロンボから救済所の道を尋ねられた路上の年配男性が「遠慮はいらねぇよ」という台詞は街の雰囲気をうまく醸し出していました。

    私は仕事半分、趣味半分でカメラをさわっておりますが
    ガレスコのスタジオの機材を見てコロンボが
    「たかが写真を撮るだけなのに大掛かりなもんですねぇ」という一言は相手を怒らせる上でもシリーズ最大の揶揄だと思います。(私がガレスコならば掴みかかっていたでしょう)

    ひとつだけ残念に感じたのは
    ガレスコは用意周到であったにもかかわらず、妻のフランシスの縛り方がなんともお粗末だった事です。

    1. ヴァン・パタン演じるシスターが、最高に可愛いですね。ご本人も楽しく演技されているのがわかりますね。

  3. 今観賞しているのですが、冒頭ガレスコが暗室から出てきてから、奥さんのフランシスと農場の見学について口論になるシーンで、主演クリント・イーストウッドと監督ドン・シーゲルが、後に「ダーティハリー」でコンビを組むきっかけとなった1970年公開の西部劇、「真昼の死闘」のテーマがわずかに流れているのに気づきました。

    音量を上げないと音像が捉えられないくらいわずかに聴こえる程度なのですが、1時間以上暗室に篭りっきりのガレスコに待ちくたびれて、フランシスがテレビの再放送でも観ていたのでしょうか。

    ちなみにこのテーマを作曲したのは、西部劇好きにはお馴染みの名匠エンリオ・モリコーネで、2012年公開のクエンティン・タランティーノ監督作である「ジャンゴ 繋がれざる者」でも使われています。

  4. この話は好きですが、後になって最後のトリックに無理があるのがわかりました。
    フィルムは撮影したら光の入らない状態でカメラから取出していったん現像しないとネガになりませんからネガがカメラの中に入っていることはありえません。
    写真家のポールがそんなこと知らないわけがありませんから、撮影に使われたカメラを手にとって蓋を開けるという行動自体がありえないですね。

    1. 数十年ぶりに観ました。使われているカメラはポラロイドカメラかと思いますが、ネガと写真が同時に出来るカメラで、蓋を開けてもネガがそれ以上感光する物ではないかもしれません。

  5. 奉仕活動のシスター(ジョイス・ヴァン・パタン)最高!
    コロンボや犯人役以外では、シリーズを通して一番好きなキャラクター。

  6. 幼児洗礼なので、50数年来のカトリック信者ですが、ジョイス・ヴァン・パタンみたいなシスターにお目にかかった経験は、残念ながら。
    まあ、支援施設を運営しているような在俗修道会に属しているシスター方は、外見は別として(ヲヰ)、一生懸命な方々ばかりです。
    実際のシスター方には、やんちゃ小僧だった私としては、絶対頭が上がりません。

  7. メリー・ポピンズ出演で知られるディック・ヴァン・ダイク(現93歳)演じる犯人ポールがよく練られた難しい殺人計画をうまく実行しますが、コロンボが一つ一つ解き明かし、印象的な結末で終わる一級品。コロンボが愛車を廃車しに来たと間違われたり、愛すべき修道女から食事やコートを提供されたりと笑えるシーンもしっかりあります。よくわからなかったのは、なぜコロンボは自分が葬式で撮った写真をポールに見せた時に、ポールが現場で撮った妻の写真を混ぜて見せたのでしょうか?もしポールが、その写真とコロンボが引き伸ばした写真との違いに対して、冷静に「この間の写真を覚えているかね。姑息な手で私をだまそうとしてもその手には乗らない。これは左右逆転だよ」とでも突き放したら、コロンボの罠は失敗に終わったのでは。ポールが愛人とフィリピンに旅行に行こうとしていたので、それまでに決着をつけるために止むを得ずリスクの高い罠を仕掛けたのでしょうか。ぐったりした様子のコロンボを後ろからとらえたラストシーンが何か物語っているような気がしました。

    1. 犯人が写真に関しプロ並みの目を持った人物であることを、ほのめかした印象的なシーンですよね。
      また、最後のシーンで、この写真のことを持ち出されるリスクは少ない気がします。ガレスコはホフマン刑事から権利を読まれそうになり、いまその場にある証拠品で窮地を脱したいからです。

  8. この逆転の構図が私が刑事コロンボを見る切っ掛け成った作品です。何と言っても最後に犯人を追い詰める際の台詞、君今の見たね、君今の見たね、君も見たよね。このコロンボの格好よさにしびれました(笑)それ以来コロンボを見ております。当時水曜ロードショーでしたか映画解説されていた水野晴雄さんでしたかねコロンボさんの最後の犯人の追い詰め方だと裁判の時に不利になると言ったいたのを覚えてます。ですがそれはコロンボさんの作品全体に言える事じゃんって突っ込んだの覚えてます(笑)

  9. いつも楽しく読ませてもらってます。
    この作品、最後のところが、ちょっと弱いななぁと思いつつ、もう
    5回以上は見ています。運転免許試験場の試験官とのやり取りが面
    白くて。
    今回の気づきは、ガレスコ氏がダシュラーに廃車置き場で脅迫文を
    見せるシーン、ダシュラーが受け取っても、ガレスコ氏はすぐに手
    離さないので、ダシュラーが強く引っ張るようにしますね。
    あれで、指紋をきっくりと残すようにしたのでしょうか。

  10. BSスペシャル投票第10位。ガキの頃から何度も観るのはただ一点。あのシスターとコロンボのやり取りです。過去にもこちらに書き込んでますが、ガキの頃から何度見ても笑える場面で再放映の度「今度も笑えるかな」と(笑)。メインのカメラトリックはすっかり古臭くなりましたが、あのシスターは今回も笑えました。シスターは色あせない(笑)。コロンボが本物と現職刑事と分かっても全くめげない。素晴らしい方だ、特に今回は「あるいはかのマザーテレサは若き日はああいう勝気なシスターだったのではないか、いやひょっとしてモデルではないか」と馬鹿なことを考えております(笑)。あの酔っ払い役といい、シスターといい、皆いい役者だからでしょうね。

    1. いやあ過去の私の書き方、やっぱり同じこと書いてますな(苦笑)。ほかの方のコメント見ると、ラストの追い詰め方。あれで引っかかるのは無理だ。不自然だという突っ込みが結構ありましたので、座興に一席、夏の暑さでドラマの中の皆さん、朝を拭き拭きイライラしてますね。ストレスが重なっている様を私達は笑いながら視聴してますがこれもコロンボの仕掛けに引っかかる要因の伏線だったかも、いや、こじつけでうがち過ぎですね(苦笑)

        1. 書き込みありがとうございます。シスター=ジョイス・ヴァン・パタン、酔っ払い=ヴィトー・スコッティという、豪華な脇役さんたちに乾杯!

  11. リアルタイムで視聴できた第4シーズンは、格別に印象深いです。日本での放送は「逆転の構図」→「自縛の紐」の順であったと記憶しています。
    私のベスト10は
    ①別れのワイン
    ②逆転の構図
    ③祝砲の挽歌
    ④歌声の消えた海
    ⑤二枚のドガの絵
    ⑥意識の下の映像
    ⑦自縛の紐
    ⑧ロンドンの傘
    ⑨5時30分の目撃者
    ⑩第三の終章

    ※やはり、第4シーズンが半数を占めています!

    1. おおむかしNHKは尺を短くして放送しましたから、カットされたシーンは誰も吹き替えていなかったのです。カットされたシーンをあとから継ぎ足して銀河万丈などが吹き替えたのでああなっちゃったんです。

  12. もしかして有名なポカかもしれませんが…. コロンボ登場シーンの画面左下隅に、撮影用のコード(?)がちらり、で慌てて引っ込めるクルーの手(?)が映りこんでませんか…?

    この作品後半、コロンボがガレスコがサンクワンティン刑務所写真集の話を向け、その本をほめちぎりながら「あの暗さを」と言う時の表情が好きです。そしてその後滔々と自作自慢するガレスコに、話は逸らさせないぞという切り込みっぷり「7週間いらしたんでしょ」とギュッと突っ込むところがカッコいいと思います。(いつもは自分が話を逸らせるだけそらすくせに!)

    1. た、確かにね!警察官から「バックして」と止められる時、左下にスタッフが映っていますね。面白い。

  13. よく出来た名作だと、皆さんが認めるのはもっともです。今回の放送を見直して、気づいた点をすこし。

    ダシュラーが何の罪で服役したか分かりませんが、ガレスコに心を許し過ぎです。たぶんケチな前科なんでしょうが、有名な写真家が善意で支援してくれると信じてしまうところが… 終盤警部が「ダシュラーさん」と、丁寧に言ってくれるのが救い。

    試験官のウイークリー氏の憔悴ぶりから、当時のロスの路上試験無法状態がうかがえます(笑)。聞く耳もたぬ彼を、荒い運転でむりやり写真に向かわせる場面は、確かにコミカル。あのオンボロ車、こんな役立ち方をするとは(絶対乗りたくない)。

  14. 「空っぽのお腹は悪魔の遊び場ですわ」は私も大好きです。ネットで検索してみますと、やはりこの「逆転の構図」のシスターの台詞として、様々な方が語っております。面白いですね。

  15. 初めまして、ケーブルTVにて正月連続企画でコロンボを観ております。
    この回は皆さんが書かれているように、やはりラストシーンは印象的で、これには完敗だ!と感じました。こんなに想定している通りに相手が自分の手の内に引っかかるとどんなにかスカっと気持ちいいでしょうね。
    シスターのセリフで、空っぽのお腹は悪魔の遊び場ですわ、というのにとてもハマりました。このような表現は初めて聞き、日本人はこんな表現しないのでとても興味が湧き、セリフを英語で調べてみると、どうやら何処かの国(ハンガリー?)の諺のようです。
    あと2日間は、TV放映をみながら、ぼろんこさんのサイトを見て、コロンボを2倍楽しみたいと思います!

  16. みなさん、楽しいコメント、いつも拝読しております。「ジョン・アシュトン(John Ashton)」の情報、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.