24話「白鳥の歌」

Swan Song / 1973

犯人役にカントリー歌手として有名な「ジョニー・キャッシュ」を起用。自分は吹き替え版を見たので、演技の良し悪しはわかりません。犯人であるカントリー歌手トミー・ブラウンよりも、被害者である妻のエドナ(アイダ・ルピノ)の方が悪人であるため、少し悲しさが漂う作品。

刑事コロンボの一つのパターン、犯人に対する同情も表現[41話「死者のメッセージ」など]されています。さらにはラストシーンで、「自分が犯人でございます」と犯人自身に言わせるパターン[9話「パイルD-3の壁」25話「権力の墓穴」など多数]も登場し、楽しめる作品だと思います。

音楽家魂を感じます…「ギターは壊したくない」が「命がけの殺人トリックを敢行」

ポイントは2つだと感じました。1つめは歌手トミー・ブラウンが「自分のギターは助かるようにセスナに載せなかった」こと。ギターを演奏する人なら、この気持ちが分かると思うんです。楽器というのは世界に同じものが二つと無いんですよね。

もう1つは、自家用セスナを墜落させるという大技です。自分の命の保証も無いというかなりリスキーな殺害方法です。しかも、同乗していたコーラスガールのメアリーアン(ボニー・ヴァン・ダイク)も一緒に殺してしまいます。口封じの意味もあるでしょうが、こりゃ罪が重いです。

テーマ曲は「I saw the light」

トミーは「I saw the light〜 I saw the light〜」と歌います。このブログの訪問者さんの書き込みがヒントで気づきました。トミーはラストシーンで、コロンボ警部の車のヘッドライトに照らされます。まさに「I saw the light〜私は光を見た」なのでしょうね!流石です。(加筆:2013年9月24日)

悪妻役はアイダ・ルピノ

被害者のエドナ夫人は8話「死の方程式」でバックナー社長夫人を演じる「アイダ・ルピノ」。犯人のトミー・ブラウンは、飛行機の整備士のジェフに優しく接します、それを邪魔しようとするエドナ夫人。この夫妻の関係をかいま見る瞬間でした。
妻からまるで強制労働のようにライブステージを押し付けられ、しかもギャラのすべてを十字軍に寄付。逆らえば過去を暴くと脅迫されるという始末。それでもトミーは妻を殺害した後、懲りずに新しいコーラスガールのティナ(ジャニット・バルドウィン)に手を出そうとしてます。ティナはあまり乗り気でない雰囲気ですが、そこを強引に迫る様には、悪人というより動物的なパワーを感じました。

ヴィトー・スコッティ

本題とはあまり関係ない葬式のシーンでは葬儀屋グリンデル役で刑事コロンボシリーズに何度も出演した脇役の名優「ヴィトー・スコッティ」が出演しています。(初期TVバージョンではカット)

ニック・ソールカントはソレル・ブーク

またこれは嬉しい発見だったのですが、後半に登場するレコード会社プロデューサー(または編曲者?大きな丸形のサングラスの人)は40話「殺しの序曲」で拳銃で撃たれて死ぬバーティ役の「ソレル・ブーク」でした。

パングボーンは重要人物

セスナ墜落事故の捜査班の指揮をとる専門家のパングボーン氏は「ジョン・デナー」。37話「さらば提督」のオーティス・スワンソン(提督)を演じている重要人物です。ダンディで存在感がありますね、やはり只者ではありません。

墜落現場のカメラマン

同じく墜落現場でコロンボに文句を言うカメラマンは「マイケル・ラリー2」。有名なエキストラ俳優と同名なので2です。このラリー2は何と、27話「逆転の構図」のラストシーンに立ち会う警官と同一人物。その他、もう一回出演しています。

ミシンのおばちゃん

コロンボファンの方より教えていただいた情報ですが、「ミシンのおばちゃん」の役で良い味を出している女優さん「ルシール・メレディス(Lucille Meredith)」は、第20話「野望の果て」でヘイワード夫人の親友「ルーシー」と同一人物です。

二人にバルビタールを飲ませたことが命取りになったか?

ブログ読者さんからのご意見を検証しました。隙をついて飛行機から飛び降りれば「バルビタール:睡眠効果のある薬物」は不要だったと。
積み込んだはずの魔法瓶が見つからない疑惑、死体を解剖され大量のバルビタールが検出された疑惑。コロンボはこの「バルビタールと関係のありそうな魔法瓶」を、草の根を分けてでも探すという作戦を匂わせて、犯人を捕獲しました。

しかも…この魔法瓶は、22話「第三の終章」でグリーンリーフが取り調べを受ける警察で使われていたものと同一でした!(加筆:2017年12月22日)

礼拝(れいはい or らいはい)について

これもブログ読者さんからのご意見をもとに調査しました。劇中に出てくる礼拝(らいはい)という表現について、仏教においてのみ「らいはい」、それ以外は「れいはい」と発音するようです。ですので厳密には間違って使われています。(加筆:2017年12月22日)

ロケ地

セスナ機墜落の調査現場:Nichols Canyon Road(PC)

監督:ニコラス・コラサント
脚本:デビッド・レイフェル
トミー・ブラウン:ジョニー・キャッシュ
妻エドナ:アイダ・ルピノ
メアリ・アン:ボニー・ヴァン・ダイク
レコード会社プロデューサー、ニック・ソールカント:ソレル・ブーク
葬儀屋:グリンデル:ヴィトー・スコッティ

加筆:2020年7月27日

“24話「白鳥の歌」” への100件の返信

  1. なぜかものすごく真剣な顔でチリを食べるコロンボが、おかしいやら、かわいいやらで、とても印象に残っています。
    いつも「朝メシ食いっぱぐれちまって…」とか言っては食べ物をせびるシーンが大好きです。
    他にも、いつもは奥さんの尻にひかれているのを隠そうともしないのに、自分の車の優位性だけは主張したがるシーンなどがお気に入りです。
    「カミさんのは、どってことない車だから」自分の車への愛情が感じられますね。このセリフが出てくると思わずニンマリしてしまいます。

  2. ジョニーキャッシュすごい人ですね。ガースブルックス以前のアメリカナンバーワンのカントリー歌手でしょう。
    そういえば今売れてるテイラー・スウィフトもカントリー歌手でしたね。
    とか書いては見ましたが、カントリー歌手は全然知りません(笑)。オリビア・ニュートン-ジョンは最初はカントリー歌ってヒットしたけど、「カントリー?よくわかんなぁい」的発言をしてカントリー界から総スカンを喰らい、ポップスへと移行したと記憶しております。
    あ、上の書き込みにあった「早回し」は確認したけど単におばさんの動きが速いだけですね。つうかほんの二、三秒のシーンで時間短縮もないでしょう(笑)
    あ、ギターはエレキしかわかりませんがあの黒いアコギはいい音してましたね。

  3. とっしーーさん、疑問は尽きませんね〜それがコロンボの楽しさでもありますね。ラストシーン…かなり好きですね〜。虫の声もね〜なるほど。「誰にも後をつけられていなかった」「先に待っていたので」という感じの会話も好きです。全て見抜かれている…この人には、とてもかなわない。で、あのように素直な台詞に導かれたような気もします。

  4. 補足
    ラストシーンで、季節は秋なのか不明ですが、
    虫の声が聞こえてきます^^
    今の季節にピッタリな作品ですし、なんか和風な感じもイイ感じです♪
    ぜひ1票お願いしますm(__)m

  5. いや~~この作品も、好きですなぁ~(笑)
    なんでしょうか、最近は犯人に同情する事が多くなってきました。
    それもコロンボ作品の1つの醍醐味かもしれません♪
    今回は、エドナ夫人がかなりの悪党でしたよね(苦笑)
    確かに美人(じゃなくても)メアリーアンを殺害したのはマズかったですね・・
    もちろんエドナに関してもですが。
    過去に未成年に手を出したり、殺人犯となってしまったトミーですが、ラストシーンでコロンボが言ったセリフ
    「あなた、そんなに怖い人じゃありません。どちらにせよ、自主するつもりだったんでしょ?」
    「これほどの唄を歌う人間に、悪い人はいない」
    これはお酒を飲んだのもあるでしょうが、ウルッとしちゃいました(涙)
    それはそうと、トミーとエドナは夫婦でメアリーアンは娘じゃないんですね?
    エドナとアンがあまりに一緒にいるので、親子かと思ってました^^;
    トミーの人柄、相槌も多く、けっこう優しいし、コロンボの操作や言動に関しても、他の犯人とは別で全く怒りませんでした。
    やはり、歌手は心が綺麗な人が多いのかもしれませんね^^
    (罪は別として・・今回は同情の余地もあります)
    イイ味だしていたミシンおばさん、そしてヴィトーは「別れのワイン」の給仕長役、ソレルはバーティー、やはりそうでしたか(笑)
    ソレル、前の役柄と違いやや強気でしたね!
    P.S
    しかしティナよりも、メアリーアンの方が断然イイ!!(笑)
    素朴な疑問ですが、魔法瓶は結局どこに!?

  6. かえたさま、コメントありがとうございます。「ミシンのおばちゃん」が早回し!ですか。気づきませんでした…。それは、たいへん面白い情報ですね!次回観る時に、かならずチェックします(笑)
    「トミーはどう考えても自主するようには見えない」のは、確かにそうです。逃げ切れればそれが一番良いが、もしも犯行がバレて逮捕されたとしても、それは潔く受け入れよう…という心境にも感じます。コロンボに見抜かれた時、「あぁ、結局これで良かったかも…」という顔に見えました。
    新シリーズでは、逮捕のシーンで犯人が暴れるような作品もあります。それは美しく見えませんものね~。

  7. 小学生の頃にNHKで放送していた『刑事コロンボ』にハマり、以来ずっとコロンボが放送されると必ず観ていたコロンボファンです。多分、ぼろんこさんと同世代です。
    同じ作品を何度観ても、その都度新しい発見があるのがコロンボの魅力なんですが、そんな中、ずっと気になっていたシーンが、この『白鳥の歌』の「ミシンのおばちゃん」が布の在庫を探すために棚の扉を鍵で開ける部分。なぜかここだけ早回しのように動きが早くなるんですよね。最初はNHKの90分枠に押し込むための早回しだと思っていたのですが、最近BSプレミアムで放送中のノーカット版でも早回し。何か意味があるのでしょうか。ちなみに、DVDでも同じでした。
    あまりに長い年月気になっていたので、思わず書き込みさせていただきました。
    あと、やはりみなさんがおっしゃる通り、トミーはどう考えても自主するようには見えません。そして、あの暗い中でのパラシュート降下の位置など…。作品として私にとっては面白いと思うのですが(犯人への同情ランキング3位くらいです)、気になる部分が一番多い作品でした。
    丁寧で興味深い内容のサイトですので、じっくりと読ませていただいています。面白い記事をありがとうございます。

  8. yasさん書き込みありがとうございます。「いずれ自首する」ようには見えない…のは、確かにそんな雰囲気ですね。エドナ亡き後は、青春を謳歌しているようです。それでも徐々にコロンボに追いつめられてる感はあり、この先ずっと、逃げおおせるかというと、それほどの悪人でもない…。そんな印象です。

  9. いつも本編を見た後で、こちらで楽しませていただいてます。私はギター屋なので、この回は特に楽しいですね。ガーデンパーティーに出てくるジョニーのバックバンドが持っている楽器なども興味深いです。
    前からちょっと気になってたのは、ラストに至るまで「いずれ自首する」ようには見えないことです(笑)ちょっとジョニーに対して気を使った脚本のような。

  10. ナイじぇじぇじぇリア人さん、かきこみありがとうございます。曲名は「I saw the light」です。そう言えばこの「I saw the light」エンディングシーンともつながりが…。

  11. PPMさん書き込みありがとうございます。「パラシュート落下地点」の疑問、たしかに…そう思います。この作品に限らず「よく考えたら、かなりリスキー、不自然」な展開がありますね~。
    でもま~…何十年たっても、このようにファンが居て、再放送を見たり語り合ったりしているわけで、制作当時には、そこまで検証しなかったのでは?と、思ったりします。
    この作品も、大好きで何回見ても飽きません~。

  12. はじめまして。いつも楽しく拝読しています。
    この作品、自分の行動で自分の犯罪を証明してしまうラストなどある意味、コロンボシリーズの王道をいく名作だと思うのですが、どうしても解せないのが、操縦桿を離した飛行機の予測困難な墜落ポイントにどうやってあれほど近くパラシュートで落下できたのかという点です。
    パラシュート自体、手作りの簡易なものでそれほど着地点をコントロールできるような仕組みがあるとは思えませんし、犯人も元パラシュート隊員ではなくあくまでパラシュートの管理係ですからそれほど高度な操縦技術があるとも思えません。
    仮に離れた場所に落下して移動したと仮定してみても(それらしき描写はなかったと思いますが)脚を骨折しているわけですから相当な時間を要すると思うのですが。。。

  13. なるほど~勉強になります。39話「黄金のバックル」の後半でも「ジギタリスやキニジン」などの薬品名が出てきますね。最近AXNミステリーで再放送があったので、注意深く見ていました。

  14. 【フェノバルビタール】
    良く出てきますね。私の眠剤にも含まれています。
    致死量分飲むには約1ヶ月分イッキに内服する必要があります。
    とてもドリンク類に混入させて死に至らせるには無理があります。
    あと、内服してから眠くなるには少なくとも5分はかかります。静注でもしないかぎり・・・
    また脱線・・・失礼しましたm(_ _)m

  15. マクロードさま、お返事が大変遅くなりました!およそ1年前にコメントをくださっていましたね。「大草原の小さな家」は私も大好きで、よく見ておりました。私はオルソンのご主人が好きでした。
    刑事ドロンコさま、なかなかグーなお名前ですね(笑)睡眠薬あるいはそれに似た薬品は、良く登場しますよね。「バルビタール」は何度も耳にした記憶があります。「致死量に相当する量の睡眠薬…」についてのご意見ですね~、私はちょっとノーマークでして、今後、研究課題にいたします!

    1. 今日は。白鳥の歌 のコメント皆さんの読んでます。
      バルミタールは
      テニス界の妖精と言われてた?マリアシャラポワが2015年まで大丈夫、2016年からダメよなのに使用してドーピング陽性になって2年出場停止になった成分ですね

      1. バルビタールの間違いですね。
        そしてシャラポワの摂取薬物は別でした…なんで勘違いしたのか。
        すいません

        これと前の投稿削除出来ましたらお願いいたします。
        申し訳ありません

  16. さすが名作のコロンボだけあって、ここまで研究なさってる方がいるもんだといつも感心して拝見しております。
    ただ今回話に限らずいつも思うのですが、「致死量に相当する量の睡眠薬・・・」などとよく出てきます。
    睡眠薬って、、いくら大量に飲んでも死なないもんなんですよ(笑)
    ただ眠るだけです。必要以上の成分はただ排泄されるだけです。
    40年くらい前の睡眠薬はあまり発達してなくて劇薬に相当する成分でも入っていたのかな?・・・とも思いました。
    でも40年くらい前にカーペンターズ(兄)が睡眠薬依存症になった時のクスリの成分はいま私が飲んでる睡眠薬と同じ成分なんですよね~。医者が言ってました。
    おっとと・・サイト賛辞のつもりが脱線・・・失礼しました。

  17. 素敵なサイトですね。
    私も小学高学年~中学生にかけて見ていた口です。最近、DVDーBOXを手に入れて久しぶりに再会することができました。
    「白鳥の歌」は昔から大好きな作品でした。DVDを購入して、真っ先に(それも2度も)見ました。ひとつはジョニー・キャッシュのファン、っていうこともありますが、ストーリーも好きです。
    彼は、やはりNHKで放映していた「大草原の小さな家」でもゲスト出演し、にせ神父役でいい味出してました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.