7話「もう一つの鍵」

Lady in Waiting
1971[第1シーズン 7話]

高圧的な兄を殺害する妹。という恐ろしいシナリオ。被害者は広告代理店の社長にして大富豪のブライス・チャドウィック。犯人はその妹のベス・チャドウィック(スーザン・クラーク)。前半のシーンでは、このベスが、それほど「悪人」とは感じさせない。質素で美しい女性だと感じ、悪人はむしろ兄のブライスではないかと錯覚します。

ベス・チャドウィックが美しく(実は醜く)変貌してゆく

その印象が逆転するのは、事件を知って駆けつけた二人の母親がベスをひっぱたくシーンだと感じました。この時の彼女(スーザン・クラーク)のいでたちが、本編で最高に美しく表現されているように見えました。私が質素な女性を好むというだけなのかも知れませんが…。
独裁者(兄)が不在になった後のベスは、派手な洋服を買いあさったり、スポーツカーを手に入れたり、あげくに会社社長の座について、経営権を我がものにしようと企みます。それに比例するように、彼女は醜くなってゆくように描かれています。

もう一度最初から見返せば、なるほど冒頭近くに庭で朝食を食べるシーンでも、どこか歪んだ心をもった女性の表情が見え隠れしてますね。

時代性を感じる映像処理

意外な展開となったのは「画面が揺れているような描写」のシーンで、最初に見た時には「睡眠薬か麻薬かで、精神が普通でない表現」なのかと、勘違いしました。実際には「こうなる予定」を表現していたのでしょうね。初期の作品(特に第1シーズンまで)には、このような「頑張った映像処理」が多く登場します。テレビドラマの特殊効果に限界のあった時代の産物でしょう。

決め手はピーターの記憶力…ではなくベスの性格?

事件解決シーンでは「婚約者のピーターが、犯行の時の鮮明な記憶を語った」こととなりますが、実際には犯人特定の証拠とは言いきれず、その後のベスの行動「コロンボを銃で撃ってしまえ」というアクションが決め手となりました。これもベスの性格を見抜いたコロンボの切り札だったと言えます。

これがひっかかるんです、ピーター の人間像。

ひとつ腑に落ちないのは、婚約者のピーターがそれほど「野心家」に描かれていないという点。むしろ正直で不正を好まない人物だった気がします。逆に妹のベスはかなりの野心家で、兄の殺害は婚約を反対されていることが動機ではなく、地位と富を一気に手に入れ、派手に暮らしたいという願望が強かったことがわかります。今となっては遅いのですが、彼女がピーターと結婚していれば、夫が妻を上手く操縦できたような気も…。
この婚約者ピーター・ハミルトンは、後の作品34話「仮面の男」でジェロニモとしても登場する「レスリー・ニールセン」です。

フレッド・ドレイパーを見逃すな

チャドウィック家のお母上が到着する場面に出てくるタクシーの運転手は、お馴染みの「フレッド・ドレイパー」です。コロンボを家の召使いと決めつけて代金を請求し、おつりを持っていないと「新米だね」と、さらに見下すのは、笑えました。

チャドイック宣伝広告社のビル

チャドイック宣伝広告社は、2話「死者の身代金」のレスリー・ウィリアムズの弁護士事務所のビルと同じです。また、裁判の開かれる「LOS ANGELES COUNTY COURTHOUSE」も同じ場所です。

その他、ちょい役でお馴染みの俳優さんが…

広告代理店の会議室で、ベスに逆らってクビになりそうになる重役は、38話「ルーサン警部の犯罪」でもテレビ局の撮影所所長として出てくる「フランク・エメット・バクスター」です。
また、美容室の受付係はバーバラ・ローデスで、後の34話「仮面の男」遊園地の女性カメラマン「ジョイス」を演じます。

監督:ノーマン・ロイド
脚本:スティーブン・ボチコ
ベス・チャドウィック:スーザン・クラーク
ピーター・ハミルトン:レスリー・ニールセン
ブライス・チャドウィックリチャード・アンダーソン
チャドウィック夫人:ジェシー・ロイス・ランディス
加筆:2014年6月16日

“7話「もう一つの鍵」” への31件の返信

  1. ベスはただのおバカキャラなのか、それとも精神的に病んでしまってるのか判断が難しいところです。
    ただそれまでの家族関係をみると、ベスに同情の余地もあると思います。
    特に彼女の母親に大きな原因があるでしょう。兄のブラウスばかりを溺愛すべきではなかった。ベスの良いところを少しでも評価していれば、このような事件は起こらなかったかもしれません。

    この母親を演じた女優さん、どこかで見たことがあると思って調べたら、ジェシー・ロイス・ランディスという方で、イングリッドバーグマン主演の「さよならをもう一度」またヒッチコック監督の「北北西に進路を取れ」など他の有名な映画に出演されてました。アメリカの裕福な上流階級のご婦人を演じさせたら、ピカイチですね。

  2. この作品の女性犯人はシリーズ屈指のまぬけで、こんなイカれた妹に殺された兄は全く浮かばれないでしょう。だって、兄を殺すとき、ベッドでチョコレート(高級そうな)を食べてるんですよ!息を殺して標的を待っているときにチョコレート食べてるなんて、言語道断、あり得ない(それに、ベッドでチョコ食べたらベッド汚れる、この後ちゃんと歯を磨くのかしら、等々)、このシーンには、毎度不謹慎にも笑ってしまうのです。犯行後もあからさまに金遣い荒くなり、慎重さのかけらもなく、矛盾点を突かれてもうまく答えられず。それでも私はこの作品が子供の頃から結構好きなんです。この時代のファッション全体がよくわかって微笑ましいですし、やってはいけないこと?を、子供のときに教えられた気がします。

  3. これまでのコロンボにない犯人像で、人間の弱さ、人間臭さが前面に出ています。コロンボに対してぶちきれて、二度と現れるなと言い切った犯人は初めてです。不人気と聞きましたが、よい作品と思いました。コロンボがピーターを昼食に誘って、行ったのが、ドライブイン・タイプのファーストフード店で、庶民派刑事の真骨頂です。A and Wというレストランがこのように店員が食べ物を車の窓に運ぶスタイルだったと聞きましたが、今はA and Wは米国でもめっきり少なくなりました。それにしてもコロンボでは撃たれても出血しませんねえ。血が出ないのは、血痕が残らず、犯人には有利です。邦題はいつもながら秀逸。合鍵のせいでベスの計画が狂って逮捕につながりましたので、ピタッとはまる邦題です。

  4. お久し振りです。
    4月、5月とNHK-BSがクリント・イーストウッドの映画をいろいろやってくれていて、今まで見たことがなかった初期の作品もありましたが、1968年、イーストウッド38才のときの、変な邦題ですが、「マンハッタン無宿」を見て、この女の人、どこかで見た顔だと思って、コロンボさんのシリーズで、お兄さんを殺す妹をやった人だと気が付き、調べると、やっぱりそうでした。 こんなところでお会いするとは!
    「マンハッタン無宿」では、スーザン・クラークさんは、28才だったんですね。 どこかゴツゴツしていて、可愛い可愛いって感じではない人で、それで気が付いたなんて、ごめんなさい。 欧米の人が受ける感じとは違うのかも知れませんね。

  5. 人気ない作品なのですね!
    私は何度も見直すほど、実は好きだったりします。
    駐車場でのwaitressとのやりとりシーン。
    裁判で無罪確定後、コロンボがピーターにランチをごちそうする場面です。
    かしこまったガチ日本人としては、こんな程度でごちそうするになっちゃうん?という意外性が好き。
    バーガーを手渡されたピーターが、パンを開けて中身を見て、ちょっとがっがり表情見せ、全く手を付けないシーン。
    自分はこんなもの食べないよ~みたいな。
    ベス邸での消えた茶クッキーと同じく、このハンバーガーはどこに消えたのでしょうか?
    何となく、警部のプジョー車内に消えたような。。
    あと、ど派手な販売員のオレンジミニスカ制服も楽しい。
    こんな最先端な?サービスしてる日本のファーストフード、あるのでしょうかね?
    やはり機械でなんでも買える現代のサービスより、こういう方が好きです。
    ベスの、会議で社長就任披露でのセットアップも素敵です。帽子とセーターが対、スカートとコートもお対。こんな御揃い商法の洋服セット買う財力ももちろん、お見事です。着こなしが素晴らしいんですよ、changeしたばかりの髪型とgood match.
    Peter役のニールセンも渋くて、素敵。
    一つも悪役感がなくむしろ常識ある社会人。
    この人がだめだと決めつけた兄と母の方が、余程変人。
    地に足が付いています。
    その常識ある大人であるピーターと結婚されては、自分の地位も危ないと、兄は思ったのかな。
    兄も母も、ベスも一癖あるのが楽しいですね。
    母のせりふで面白いのが、なんといっても、あなた刑事に見えない、というシーン。
    刑事といってるのにすぐに信ぜず、身分証をじっくりみて確認するシーンも、上流女性の傲慢さが出ていて面白いです。
    この女優さんはヒッチコック「泥棒成金」に出てますね。

  6. 人気薄の感があった本作日「もう一つの鍵」ですが、ここにきてみなさんの活発なご意見をいただき、嬉しい限りです。
     
    トレモニさん>「ここらで愚かしい犯人」!ですね。でも、計画通りに行かなかった…というきっかけの面白い展開でした。
     
    カープ男子さん>広島の方でしょうか?「ベスが可哀想」…同感です。
     
    なみちゃん>これからも、ぜひぜひご意見をお寄せください。お待ちしています。
    大先生>作品情報ありがとうございます!勉強になります。
     
    本作品に2票追加します。

  7. これも秀作ですね。ラストシーン、コロンボの表情が実にいい。役者ピーター・フォークの力量が存分に味わえます。レスリー・ニールセンとリチャード・アンダーソンはSF映画の古典「禁断の惑星」でも共演していて、こちらでもアンダーソン氏は死んでしまいます(笑)。「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」のオスカー・ゴールドマン局長役がわしの印象に残っています。

  8. はじめまして(^_^)
    コロンボファンのアラフォー女です!
    コロンボ歴は一応15年くらい、BS放送でコロンボ熱が再発?し、こちらのサイトにたどり着きました。
    元々、かの三谷幸喜の古畑任三郎が好きだったんですが、あとからコロンボが元ネタと知り観始めました
    レンタルで借りられるものしかまだ観ておらず、7割くらいしか観てません(^-^;
    いつか制覇したいと思っておりましたところ、こちらのサイト発見!luckyです
    こちらのサイトをガイドブックにしながらゆっくりと制覇するのを今後のライフワークにできれば!とワクワクしております。サイト、ずっと続けてください
    ちなみに、コロンボは、刑事ドラマとしても大変おもしろいのですが、古きよきアメリカの時代考察も大好きなポイントです
    これからも遊びに来たいと思います(^_^)

  9. はじめまして。
    昨日、テレビで観ました。
    余り興味の無い作品でしたが、好きななりました。
    ベスが変貌し兄の性格に近づきますが経営者としては失格。
    目的だった婚約者も切り捨てる。
    なにかベスが可哀想に思えてきます。

  10. 完全犯罪を、構想の通りに仕上げて欲しかったですね。
    まあ、第一話からツワモノ揃いだったので、ここらで愚かしい犯人で、
    しかも犯罪の筋書きを失敗するという形にしたのかな?。
    ピーターは毒気のない善人のようだったし、張り合いがないね。
    愚かしい犯人は、最後まで愚かでした。

  11. どうもこの「もう一つの鍵」は、旧シリーズの中ではもっとも人気のない部類のエピソードのようで、原因のひとつにべスの魅力不足があるみたいです。確かに彼女の行動はどれも賢いとはいえませんし、自分の能力を過信しての暴走からいやな女と思われても仕方ありません。しかし、これも犯人像の新たなヴァリエーションと考えればそんなに悪くないとぼくは思います。
    それに途中まではコロンボの芝生や新聞、電球の推理もありしっかりツボを押さえています。あの腰砕けな解決がもう少しましならもっと評価も上がったのではないでしょうか。

  12. 初めて、このサイトを拝見しました。
    興味深く読ませて頂いております。
    時に
    一度裁判が終わっている事件を、別の罪状で逮捕起訴出来るものなのでしょうか…?
    故殺でも謀殺でもなく、事故死として裁判は結審してしまえば、同じ事件について裁くことは出来ないと思うのです。

  13. 裁判では勝てるのかな?。銃声とベルの順番だなんて。
    最後、銃で狙ったのは良くなかった。
    それが無かったら、裁判は微妙になった可能性もあるのでは?。
    残念ですね。

  14. タップおばさん>人気が低い作品ですね。でも見どころも多いです、もう一回見たいなと思います。

  15. 人間ドラマという印象が強く、ミステリー感が薄い。
    そこがどうにも好きになれない。
    ピーターの証言を証拠にするのも決定的なものではないですし

  16. HMMさん、コメントありがとうございます。深ーい読みですね!
     
    ピーターの性格はさておき、兄ブライスも母親も、ベスを愚かな娘だと決めてかかっていますね。彼女はそれを一発逆転すべく、大勝負に出たんだと思います。
     

  17. はじめまして。
    ピーターが正直者、という人物造形は大事なところでしたね。
    ベスは確かに殺人という間違いをしたけれども、
    ベスが(財産目当ての)おかしな男ばかり選ぶ、
    というのはあくまで兄と母の意見だということでしょうか。
    仮にピーターが伝聞通りの悪い男だったのを想像するとわかりますが、
    ベスは人を見る目がなく、人も殺してしまう、
    間違いばかりの人物になってしまうけれど、
    実際にはそうではないことで、
    うすっぺらくない人間関係が見えるようになっていますね。
    ただ、実は兄と母のいうとおりピーターはおそろしい野心家なのでは、
    と仮定して読み解くと別の面が見えてきます。
    最終的にピーターはベスにより副社長に格上げされて、
    しかも社長の席は空席になるわけですから……。
    ベスの裁判までは、ベスの恋人という立場を利用するため、
    ベスに不利な証言を隠していたけれど、
    自分の役職はすでに得られ、
    またベスが経験不足で無軌道な経営を始めたことから、
    ベスを有罪にする証言を提出することにしたのでは。
    つまり、正確な記憶力を持つ人が、
    銃声とベルのなる順序と、ベスの証言の矛盾に気づいていなかったのか?
    と考えると……?
    劇中には描かれていないことでただの想像なのですが、
    こういう形で想像をかきたてる作りになっているところが、
    このドラマの良質さの証明かもしれません。

  18. ぽこさん、コメントありがとうございます。鋭い洞察力…、楽しく拝読いたしました。兄:ブライスの言動は、確かに…普通じゃない気もします。私もそのように感じていました。
    「新車注文のタイミング」についても、見事なご意見です!もっと計画性を感じる脚本にする必要があったかも…ですね。

  19. はじめまして。少し前に、この作品を見ました。
    計画通りにいかなかったのに、いきなり発砲する犯人に吹き出しました。
    殺害されたお兄さんは、いい歳して結婚もせずに妹と二人暮らしということで、
    実は妹に歪な愛情(支配欲?)があったのかなぁと思っています。
    母親が妹には男を見る目が無いとナジっていましたが、
    実はそんな事なく、兄が片っ端から言い寄る男に難癖を付けてただけではないかと。
    今回の婚約者は、自社の優秀なナイスガイなのに、
    妹に向かって彼は野心家だと言ったり、果ては解雇まで仄めかす暴走ぶり。
    俺の妹でなければ選ばれてないとか酷い事を言うのは、
    妹に自分の所にしか居場所が無いと思わせるためかもしれません。
    そういう兄(と兄を信頼する母親)の元で抑圧されて育ってきたので、
    犯行後に枷が外れて変貌したのも無理もないのかも。
    犯行時間に婚約者が乗り込んでくるご都合主義も不満だし、
    謎解きも、それを覆す証拠も弱いのですが、
    ベスの過去の境遇を想像するのが割りと楽しい作品でした。
    ただ、納車に時間のかかる派手な新車はどのタイミングで買ったのかが
    ちょっとわかりませんね。
    お兄さんが死ぬことが随分前からわかっていたのでしょと
    コロンボは言わんばかりでした。
    でも、犯行日は、兄が婚約者への最後通牒したと妹に告げた日だと思うので、
    時間をかけて計画的に練られたものでは無いはずなのですが。

  20. とっしーーさん、いつも楽しいコメントありがとうございます。レスリー・ニールセンのもう一作の方は「仮面の男」ですね。
    確かに…今回の「もう一つの鍵」では、ベスとピーターの恋愛関係が…どうもしっくりきませんよね~(笑)

  21. ご無沙汰しています、ごぶサタデーなんちゃって!笑
    今、1話からの動画を見つけたので見ているのですが、う~ん面白い!(´ー`*)
    今回の7話では、レスリーニールセンの二枚目ぶりが目立っていたと思いました^^
    確かこの後の作品でも、レスリーは殺し屋で出ていたと思いますが、背がシュッとしてて顔だちも綺麗、そしてファッションセンスもさすがです♪
    今回の紳士っぽい役柄は、まさに鬼に金棒じゃないかと^^
    冒頭のベスのぼやけたシーンは、一瞬回想なのかなと思ったら未来イメージ(予定)だったのですね!ちょっとコンガラがりましたが(笑)
    僕には兄がそこまで高圧的には見えず、お母さんも言ってましたが、会社想いのシッカリさんなイメージでした~レスリーがベスの何目当てで
    近づいたかは不明ですが、彼の発言から見て、正直な恋愛をしている様な感じがしました^^
    終わり方ですが、本当にベスの家の周囲には警官がいたんでしょうか?
    色々と謎&コロンボの人を見極める能力が突出していた作品なのかな、と思いました♪

  22. トリンボさん、コメントありがとうございます。意識の下の映像で、アイスティの注ぎ方!今度、そこ見てみます(爆笑)

  23. ぼろんこさんの鋭い視点からの考察と細かい説明は本当に大変参考になります。
    今まで、それこそ30年以上も同じ作品を見続けていて、気づかなかったことがたくさんあり、あらためて、新鮮な発見に感動しています。同じ俳優がちがったキャラを演じているだけでこうも違うのかとも知りました。「二つの顔」で登場するペック夫人が「策謀の結末」で登場する財閥の女王様とは!! 
    また、私もこうした不自然なやり取りはなぜか記憶に残っています。例えばですが・・・
    「意識の下の映像」で映写技師とコロンボとの会話のシーン。「ああ、のど渇いた」「そうだ、アイスティありますよ」「ああ、うまい、もう一杯」そして、コロンボがお代わりを注いでもらってアイスティを飲むシーンがありますが、一回目も二回目も、映写技師ほとんどポットからアイスティ入れていない。ちよろちょろという感じ。あの辺、もう少しリアルにすればよかったななんて思っています。

  24. 森山薫子さんメッセージありがとうございます。「クッキー」の件は面白い発見ですね!こういうことを研究しておられるコロンボファンもいらっしゃるようですよ。
    その他にも「別れのワインで、コロンボが挙げた腕が、瞬時に逆になっている」とか「溶ける糸で、飲んだ水の量が元に戻っている」など。
    私は「同じ俳優さんが、何度も出ている」ことを発見し嬉しくて、細かいことを検証し始めました。とても楽しいです(笑)

  25. 何度見直してもわからない箇所があります。ベスの自宅に聞き取りに行ったコロンボは、彼女から茶色いクッキーをもらいます(33分28秒のあたり)。ところがそのクッキーは左手に見え隠れしているのですが、食べる形跡がありません。ずっとしゃべっているので食べる時間はないはず。でもいつの間にか手から消えたり現れたりするのです。そしてポケットに入れた様子もありません。結局コロンボはこのクッキーをどこに消したのでしょうか。サンティーニさんと知り合う前なので「消す技」は使えないはずです。
    こんな細かいことを検証して時間をつかっている私はバカでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.