62話「恋に落ちたコロンボ」

It’s All In The Game / 1993

大金持ちの美女ローレン・ステイトン(フェイ・ダナウェイ)が婚約者ニックを殺害。かなり異色の作品ですが、あまり深く考えずに楽しもうと思えば美しい作品です。

やはりフェイ・ダナウェイは魅力的

犯人役のフェイ・ダナウェイは、素晴らしいですね~。美しいです。美女という観点ではなくとも、魅力に満ちあふれています。自分がコロンボになったつもりで彼女に惚れてしまえば、二倍楽しめるでしょう。

通常のコロンボ作風ではない

刑事コロンボは毎回ゲストスターが犯人役なのですが、これほどの大スターは居なかったと思います。しかしこの回の主題がコロンボのほろ苦い恋物語であるため、本来のコロンボ作品のような楽しみ方は困難。ブロンディな母と、黒髪でラテン系な娘という似ても似つかない母娘関係も楽しんで見て欲しいです。

見たいようで見たくない、人間コロンボの内面

普通であればコロンボ警部がいつ主人公を犯人だと感づいたかが大きな興味の一つですが、このように心の内を話して歩かれると、今までの作品はいったい何だったんだ?と、悲しくなりますけど。

バーニーの店

バーニーの店のオーナー「ジョン・フィネガン」が登場。かつてダフィー警部としてロス警察で活躍していただけあって、推理もピカイチ(笑)
→バーニーの店「BARNEY’S BEANERY」

恋に落ちた二人の…実年齢。

フェイ・ダナウェイは1941年生まれのハリウッド女優。本作品新・刑事コロンボ「恋に落ちたコロンボ」が1993年の制作ですので、撮影当時で52歳だったと思われます。一方のピーター・フォークは1927年生まれで、66歳。

ニックはゲス野郎か?

ニックの口から出る歯が浮きそうな褒め言葉は、とても本心だとは思えません。その反面独裁者のような威圧感も持っている。時には病的に描かれることもあります。このような男を好きになってしまい…裏切られ殺してしまう。とても愚かなことだと感じます。

コロンボが人間観察される

その愚かさに気づかされ傷つく母娘。そして犯罪捜査に訪れたコロンボ警部に出会います。今回は女性の目線で警部を人間観察するような面白い展開になっています。コロンボの誠実さに触れるローレンは「ニックよりもコロンボを好きになればよかった。」なんて表情に見える時もあります。

想像力を膨らましてみる

ローレン・ステイトンがなぜ大金持ちなのかの背景が描かれていませんが、何となく…彼女自身が築いた富だとは思えません。資産家と結婚したというより、むしろ代々の金持ちだと思われる。目鼻立ちが似ていないから娘のリタはきっと父親(マーチン氏)似なのだろう。ローレンとマーチン氏は随分前に何らかの理由で離婚して(死別ではない)ローレンは現在独身。マーチン氏はイタリアに住んでいるのかも。その関係でリタもイタリア在住。(加筆:2017年12月23日すべて想像です)

ちょいと、雑談。

冒頭のシーンでは噴水が逆流しています。またトイレで口紅を拭う場面で「ピーターフォークも歳をとったな~」って感じたんですけど、良く見ると鏡の上の方が曇っていて、それがより一層彼を「しらが頭」に見せているだけでした。

どうでもよいシーンですが、犯行現場で掃除婦と「ON・OFF」ごっこをする場面は楽しい。お馴染みのバーニーのお店で犯人と食事をする場面も。
原題の「It’s All In The Game」は「それはすべて遊びの中で」とでも訳すのでしょうか。同名の楽曲が存在します。「恋に落ちたコロンボ」と名付けてしまうよりは良かった気がしますが…。いずれにしても、コロンボ風の題名ではないですよね。

エド・マクレディ

26話「自縛の紐」のトライコン工業のエレベーターの警備員を演じた「エド・マクレディ」が刑事役で再登場しています。初期捜査の際に「近くの住人が銃声を聞いた」と伝える刑事です。

監督:ヴィンセント・マケヴィティ
脚本:ピーター・フォーク
ローレン・ステイトン:フェイ・ダナウェイ
リサ・マーチン:クラウディア・クリスチャン
ニック・フランコ:マーマンド・プッチ
バーニー:ジョン・フィネガン
刑事:エド・マクレディ

加筆:2017年12月23日
 

“62話「恋に落ちたコロンボ」” への25件の返信

  1. お初です。
    コロナの影響で 普段は観ない吹き替えですが敢えて 拝見しました。
    以前 フェイさんはCMで来日された時に ホテルオークラのエレベーターですれ違い 思わず「 フェイだ! 」(⇦ ぉぃ )と言ってしまったところ 呼びつけてしまったのに嫌な顔もされず 振り向いて「 はぁ〜い 」とニッコリして戴きました。昔からファンだったので信じられないくらいの幸運でした。

    この外出もままならない時に 嬉しいハプニングを思い出し 何度目かの再放映に出会い書かせて戴きたくなりました。

    ローレンとコロンボは 犯人と警察という逆の立場にありながら お互いに 気の合う相手として惹かれあったと思います。だからこそローレンはニックとの不名誉なことを コロンボに踏み込んで欲しくなかった。 でも娘の為にはすべてをコロンボを打ち明ける道を選ばざるを得なかった。二人の女性への思いやりに満ちた優しさはとても好ましく思います。
    手錠は仕方なかったでしょうね。温情をかけてしまったことを他の警察官に悟られたくなかったでしょうし ローレンもわかっていたと思います。
    ローレンの仕事の件ですが 薔薇の花束を貰って嬉しそうなローレンの開いていた大人の女子会の風情から 裕福な働かなくてもよい女性たちだと思います。
    欧米には働く必要のない人たちが多くドラマに登場しますから。
    証拠となった黒い年代物の椅子に跨ったポーズはジェーンフォンダもそうでしたが 育ちの良い甘やかされたまま大人になった女性らしい感じに思われました。

  2. フェイ・ダナウェイをゲストスターに迎え、ピーター・フォーク自ら脚本を書いたというだけで、彼のこのエピソードに対する並々ならぬ意欲が感じられます。
    コロンボ史上初?のコロンボのキスシーンなど、ちょっと目を疑う場面も多々ありました。憧れの大女優との共演を心底楽しんでいる感じですね。
    フェイ・ダナウェイはゴージャスという言葉がぴったりの女性。
    そういえばピーター・フォークの奥様シェラ・デニスもどこかフェイ・ダナウェイに似ているようにも思えます。

    娘のリサを見逃すシーンで「忘れられたスター」のラストを思い出しました。しかしこの時は犯人が亡くなるまでの期間限定での見逃しでした。それに比べて今回は?酌量の余地のある犯人に対してでもプロ意識を持って逮捕してきたコロンボの信条とは相容れないのでは?とちょっとモヤモヤが残りました。

    ジョン・フィネガン演じるお店のオーナーにコロンボがローレンのことを相談するシーン、いいですね。旧知の仲の2人のやり取りを見てると和まされます。

  3. みなさん、コメントありがとうございます。よござんすかさん「ニックは本当に悪いヤツ」ですねー確かに。

よござんすか にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.