29話「歌声の消えた海」

Troubled Waters / 1975

お馴染みの俳優、ロバート・ヴォーンが登場。

中古車販売会社社長ヘイドン・ダンジガー(ロバート・ヴォーン)が登場。この俳優ロバート・ヴォーンは、0011ナポレオン・ソロというテレビ番組をよく見ていたので、最初にこの作品を見た当時(おそらく私は小学生)は、最も好きな作品のひとつでした。

人の弱みに付け込むことは「命取り」

動機は自分の浮気相手から脅迫されたというもの。今回の犯人ダンジガー氏は、コロンボシリーズの犯人の中でも抜群の「セレブ度」ではない感じ。苦労して中古車販売会社を育ててきた印象です。だから、それを失うことをとても恐れたし、脅迫には屈しないという感情も出たのでしょう。人の弱みに付け込むことは「命取り」に なりかねませんね。18話「毒のある花」21話「意識の下の映像」でも、犯人を脅迫した人が、返り討ちにあってますね。

今回のテーマが「船旅での殺人事件」ということで、まぁ壮大なスケールの中で娯楽性もたっぷりの推理モノテレビ番組~みたいになりがちですが、そんなことそっちのけで「最高傑作クラス」の充実感がありました。コロンボ夫人はアカプルコまでの客船内で一度も登場しません。しかもコロンボ警部はいつも通りのレインコート姿。この設定は疑問を持たずに受け入れるべし…ですね。

濡れ衣工作はほとんどの場合、命取りになっちゃう

29作品目ということで、コロンボ警部の貫禄具合もちょうど良い感じです。医務室で「鳥のはね」を発見したことが、ダンジガーを容疑者として絞ることの決定的な理由ですが、その他にも犯人を被害者のバンドのメンバーロイドに見せかけたい「工作」が、すべてコロンボの「引っかかり」の対象になってしまうという皮肉。
コロンボ作品で犯人が「被害者の自殺にみせかける」「第三者に濡れ衣を着せる」という行動を起こすと、ほとんど「命取り」になります。この作品では顕著ですね。

どんどん手袋が減っちゃいますよね(笑)

事件解決の道筋は大疑問。ダンジガーはコロンボ警部から「犯人は医務室から使い捨てのゴム手袋を拝借して犯行に使った。それは数を数えたから確かだ。」と、説明されているのに、同じ場所から「決め手の証拠を作るための手袋」を、もう一回拝借して濡れ衣工作をした。

ダンジガー役の声優さん

ヘイドン・ダンジガーの声を演じたのは「西沢利明」さんで、刑事物や時代劇で活躍された俳優さんです。今回は少し声が「裏返りそう」になる場面があり、それも私は好きです。(笑)

ダンジガー夫人は手袋を忘れた…

ダンジガーのゴルフ用の手袋を妻のシルビアが忘れたのが、そもそもの原因。「アカプルコで買えばすむことよ」に「船中での殺人に使うつもりだったんだ」と言い返せるわけもなかったですね。

鼻歌で犯人を追いつめる珍しいシーン。

ラストシーンでは、コロンボ警部の得意技「犯人の行動から『自分が犯人でございます』と本人に言わせる」という、最もスカっとする手法が見られます。しかも、警部は鼻歌で例の「THIS OLD MAN」を歌いながら、犯人ダンジガーを追いつめます。この時の表情が最高ですね。実際のピーターフォークの鼻歌では「ダンジガーさ~ん♪」は、確認できませんでした。

スーザン・ダマンテ

脇役ですが、看護婦メリッサ役の女優は「スーザン・ダマンテ」で、アドベンチャーファミリーにも出演。さりげない優しさが演技に出ていました。死体の検査をする場面では少し緊張した表情でしたね。とても人気が高いキャラクターです。(2020年、スーザン・ダマンテ・ショウより一般的だと思われる、スーザン・ダマンテの表記に直しました。)

ロイド・ハリントンはエリック・ワグナー(笑)

濡れ衣を着せられるバンドのピアノマン「ロイド・ハリントン」役はディーン・ストックウェルで、12話の「アリバイのダイヤル」で殺害される御曹司エリック・ワグナーと同一人物です。素敵な俳優さんでした。

ロザンナ・ウエルズ

殺害される歌手のロザンナ・ウエルズは女優プーピー・ボッカーで、日本語吹き替えの中村晃子さんは、60年代後半〜70年代に活躍した歌手・女優さんです。加筆:2020年10月

ダンジガーの非常階段のテーマ

YouTube「ダンジガーの非常階段のテーマ」をパソコン演奏で再現しています。ヘイトン・ダンジガーがロザンナ殺害後に非常階段で医務室に戻る際のBGMです。緊迫感が伝わってくる素敵な音楽です。刑事コロンボはこのような音楽に関しても、素晴らしいですね。(*ご注意:YouTubeへのリンクは音が出ます!)

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ウィリアム・ドリスキル
ヘイドン・ダンジガー:ロバート・ヴォーン
ロイド・ハリントン:ディーン・ストックウェル
客船のパーサー:バーナード・フォックス
看護婦メリッサ:スーザン・ダマンテ
ロザンナ・ウエルズ:プーピー・ボッカー
シルビア・ダンジガー:ジェーン・グリア
ギボン船長:パトリック・マクニー

加筆:2020年10月24日

“29話「歌声の消えた海」” への102件の返信

  1. いつダンジガーが怪しいと目をつけたのか?
    これがさっぱりわからないまま話が進んで行きましたが、
    そこもしっかり最後には判明してスッキリし、
    さすがはコロンボ!と感嘆したものです。
    ラストの指紋採取シーン、コロンボの「ダンジガーさ~ん」と言うアレ。
    多分台本には書かれていない、小池さんのアドリブだったんじゃないかと個人的には思っています。

  2. いつも楽しく読ませて頂いています!
    この回の、
    パーサーさん?のトップの方でしょうか、
    船長さんと共に警部と部屋の捜索をされている方、ですが・・・
    コロンボ警部がロンドンへ視察に行った時にロンドンを案内してくださっていたお偉いさんでは!???
    (最後に、「やったな!?」と言う方!)
    それが気になりつつ、の視聴でしたw

  3. Youtubeで水野晴郎さんが解説する金曜ロードショー「刑事コロンボ・歌声の消えた海」を見ることができました。テラオさんマリオさんありがとうございました。

  4. テラオさん>コロンボはダンジガーさんを崖っぷちまで追い込み、彼の潔さで負けを認めさせているのですね。

  5. テラオさんの意見に同意です。
    実際日本テレビの「金曜ロードショー」で本作が放映された際に、エンディングで水野晴郎さんが、
    「実際にはゴム手袋を外す際に指紋が擦れたり、
    拳銃を打つような緊張する作業をすると汗をかくため指紋が残るのは難しいらしいです。
    これもコロンボお得意のトリックを仕掛けたのかもしれませんね~」って言ってましたw

  6. 重箱の隅をつつくようですが、現実的には、薄いゴム手袋をはめた手の指紋を採取するのは不可能ですね。手袋を外す際に転写された指紋が必ず乱れます。
    そのため、最後の方のコロンボはゆっくりとした進行で相手を追い詰めて自白を導いてるような気がします。
    コロンボ本人も「指紋がくっきりと残ってる」旨のことは、ハッタリだと認識してるのでしょう。結局犯人の指紋との照合をしてないのもそのためだと思います。

  7. 本編とは脱線してしまいますが、皆様はコロンボの脇汗に気付かれましたでしょうか?
    船内のカフェラウンジでダンジガーとマスターキーとカーティスクリッパーの検討の際、両脇目一杯の脇汗(笑)演出なんですかね?
    一度気付くと、どうしもうもなく気になります。

  8. とっしーーさん、コメントありがとうございます。いつも楽しく拝読しております。良い意味で異色の作品ですよね~。コロンボの知恵が炸裂しています。1票追加してまますね~。

  9. Gesundheitさん、お返事が書けておりませんでした。たいへん失礼しました。監督は「ベン・ギャザラ」が正解でした!本文を修正しました、ご指摘ありがとうございました~。

  10. 豪華客船での事件、いやー面白かったです!
    鑑識も消炎反応も、自分1人でやらなくてはならない状況では、コロンボの「地力力」が試されますね!(^^)!
    手袋・・確かにどんどん無くなってきます(笑)
    一番最初の手がかりである羽から、ダンジガーを犯人に絞りますが、普通であれば怨恨の線とか
    動機がある人を真っ先に調べる警察に対し、
    コロンボの本質力は、アッパレの一言です♪♪
    僕もどちらかと言えば、コロンボ視点ではありますが、最後までダンジガーから狙いを外さない辺りが、名警部の片鱗を見せていますね (´∀`)
    さて、最後の証拠をうやむやにしようとした証拠が、返って命取りになる点、ミイラ取りがミイラになる的な表現で、良いでしょうか(笑)
    あのまま、ダンジガーが何もしなければ、ロイドが犯人にされたのでしょうかね??
    いやいや、コロンボが黙ってないと思いますが、
    メキシコの管轄外だし・・
    それにしても、鉛筆の芯を削って指紋採取する方法は、とても興味があります(笑)
    やり方ですが、芯の粉を証拠のブツにつけ、それを紙につける感じでしょうか?
    (ロイドの指紋採取のやり方)
    こういう名探偵物、刑事物を見ると影響されてしまいます・・ァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、
    余談ですが、看護婦さんお綺麗な方でしたね!!
    よくダンジガーが色目を使わなかったなーと
    感心してしまう程、お綺麗でした(ノ∀`*)
    良く見てみると、指輪をはめていたので、人妻でしたが・・泣
    冒頭からコロンボが間違っていた、汽船とボートのくだり、ラストのシーンは面白いです^^

  11. ササキさん、書き込みありがとうございます。デッキでの夫人との会話ですね~。この部分は吹き替えが替わっていまして、カット部分だったようです。殺害動機に関わる重要なシーンなのにね~。

  12. これは文句なく楽しめる。犯人がコロンボの罠に嵌って御用というパターンはほかにもあったなあ。犯人と妻との夫婦仲の描写が巧み。くどくど説明しなくとも「女として扱われるのはいいことよ。その点夫には満足だわ。でも裏切ったら・・お払い箱よ。」このセリフで際どい夫婦仲と殺人の動機までも描出している。心憎いまでだ。こういう気の利いた描写はコロンボドラマの魅力の一つでもある。

  13. marrさん、ぼろんこです。ダンジガー夫人との会話。すでにダンジガーをホシだと睨んでいるコロンボが、殺人の動機をしぼるための聞き取りですね。コロンボは動機の有る無しを重要視しますね。

  14. デッキでダンジガー夫人とコロンボが話すシーンが印象的です。
    コロンボはダンジガーの事を浮気好きで、夫人はおとなしくそれを我慢していると思い込んでいるのか、「よくご主人の遊びを許してますね」などと話しかけます。ところが夫を支配し、独占欲が強く、自分を裏切ったら「お払い箱よ」と存外、夫人は激しい気性なのが分かり、コロンボはたじたじと後ずさりします。「お話しできてよかったです」。
    DVDではコロンボの声が替わっていましたのでTV放映ではカットされていたようですが、ちょっとしたつなぎの場面のようですが、登場人物を掘り下げる、味わい深いシーンとなりました。

  15. 監督はフォークの盟友ベン・ギャザラではなかったでしょうか?ギャザラの犯人役も是非見てみたかった。。。
    そういえばコロンボにはカサベテスファミリーの役者さんたちがちょいちょい出てますね(逆に「グロリア(1980)」とかカサベテス物にコロンボの常連役者さんがでてて)。
    私はクレジットされていない端役の人たちについつい目が行ってしまいます。これも楽しみの一つです。このページColum Boroncoさんでもそういう人にスポットがあたっていて嬉しくなりました。

  16. らいだーさん、コメントを頂きありがとうございました。
    誰に読んで頂きたいわけでもなく、好き勝手にコロンボ論を書き綴っておりまして、コメントを頂いたのは始めてです。ありがたいことだと思っております~。
    メリッサは、とても優しい看護婦に描かれていました。煙草を吸うという「イメージと合致しない」仕草は、時代性を反映しているものなのでしょうね~。
    「美食の報酬」の秘書のイヴ役のシーラ・ダニーズは「若い!」の印象でした。日本語版の吹き替えの声も、若い女性風でしたね。刑事コロンボシリーズ、新・刑事コロンボシリーズを通じで、最も多く作品に出ているのが彼女ではないでしょうか。

  17. 「歌声の消えた海」の看護婦メリッサ役はスーザン・ショウという女優さんだったんですね。きれいな人だなーと気になっていました。判ってすっきりしました。
    「美食の報酬」の秘書のイヴ役のシーラ・ダニーズがとてもきれいだと思ってこちらも気になっていた(笑)のですが彼女はピーターの奥さんになったらしいですね。
    楽しいお話しありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.