30話「ビデオテープの証言」

Playback / 1975

ある意味、すごい豪邸

電子工業の社長ハロルド・ヴァンウィックが義母を殺害。手を叩いたら「ドアが開く家」なども含め、数十年前に見た当時を懐かしく思い出しました。今であれば簡単なことかもしれませんが、当時の個人宅でビデオ監視システムを使って家を警備しているなど、恐ろしいほど生活経費をかけていたものです。

オスカー・ウェルナー

まずは何と言っても犯人役のハロルド(オスカー・ウェルナー)はGOODです。新しモノ好きで、子供のような性格に描かれています。それでいて、少し女好きでもありますね。私だけが感じるのかも知れませんが、顔がちょっとロック歌手のロッド・スチュアートとダブりました。

今回の再放送で彼の顔を見たとたん、「そうそう、この人、この顔!」って感じで、大はしゃぎしました。それくらい深いインパクトを与える俳優さんだと思います。

ジーナ・ローランズ

犯人の妻エリザベス役ジーナ・ローランズも流石の存在感で、とても美しく見えました。哀愁の漂う素敵な奥様を演じていたと思います。彼女は10話「黒のエチュード」で犯人の指揮者アレックス・ベネディクトを演じた大物「ジョン・カサヴェテス」の奥様。

凄い解決編、本当に文字まで読めるの?

解決編で、ビデオの映像を拡大して、そこに画廊の招待状が映っていた。というのは、どうも…。当時の解像度でそこまで読み取れますかね?オープンリールのようなかなり大きな記録メディアなので、そうなのかもしれませんが…ちょっと疑問です。(これについては後日、業界の方から「識別可能だ」とのご指摘を頂きました)

開けゴマ?

それに対し、銃声でドアが開いてしまったことを発見する着眼点は素晴らしかったですね。実際にピストルを発射して実験していますが、よく考えたら家中のドアが全部開くはずで、もっと大げさな状況になっていたのでは?とも…。ドアごとに感知のON/OFFをしていたのでしょうか? いずれにせよ、これらは足の不自由な奥様への愛情の証として考えられた装置であると思われます。

画廊の美人受付嬢に興味

ハロルドは知り合いの画廊に採用された新人受付嬢「マーシー」に興味を抱いていました(笑)この女優さんはトリシャ・ノーブル(Trisha Noble)さんです。

はじめっから、顔が笑ってます

計算された「笑えるシーン」もありました。それは画廊の場面。換気口をアート作品と勘違いするコロンボ警部の表情は「思わずにんやり」してますよね。自分でも、ちょっと笑っちゃっているでしょう、きっと。帰り際に照れながら「誰にも言わないでくれ」と、受付嬢マーシーに自分から失敗談を語ってしまうのも、コロンボ警部の人柄を上手に表現しています。

ラストは少し残念…

母親殺害の犯人が実の夫だったとわかり、妻のエリザベスが泣き叫ぶシーンでエンディングを迎えますが…少し残念。美しいコロンボ作品を好む私としては、声は不要だった…です。

ブロンソン巡査への疑惑

これもどうでも良い話なのですが、解決編で登場するブロンソン巡査。誰かに似ているな~と思ったら、気になってしまって。6話「もう一つの鍵」で新社長に就任したベス・チャドウィックが「自分の方針に逆らうなら再就職を考えなさい」と脅される役員の俳優さんと似ています。

この俳優さんは38話「ルーサン警部の犯罪」でウォードのギャラをさらに上げることに反対するテレビ局の役員でも出演しています。
これがもし同一人物だとすると…「フランク・エメット・バクスター」という俳優です。2011年の12月に名前が判明いたしました。

監督:バーナード・L・コワルスキー
脚本:デビッド・P・ルイス、ブッカー・T・ブラッドショー
ハロルド・バン・ウィック:オスカー・ウェルナー
妻エリザベス:ジーナ・ローランズ
マーガレット夫人:マーサ・スコット

加筆:2014年2月28日

“30話「ビデオテープの証言」” への74件の返信

  1. 大昔の放映権時に見損ねていた回を漸く見ることができました。
    ただ、ビデオ映像の差異が決め手になることが容易に予想できたので、やや意外性がなく残念だったかな。
    個人的には、配役を見てへぇーって思いました。犯人役のオスカー・ウェルナーはトリフォー監督の映画で拝見していたので、フランス語しか話せない俳優さんだと思ってました。また、奥さん役のジーナ・ローランズも「グロリア」の女傑ぶりとは打って変わった美しさで意外でしたね。

  2. 久々に観て、決定的なツッコミ所があると気付きました。
    もし、義母が撃たれる直前にハロルドの名を叫んでいたら、ビデオに証拠が残ったのではないでしょうか?
    音声がわからなくても、あれだけアップで画像解析できるのなら、読唇術でも解読できるはずです。
    これまでに観た幾多の刑事ドラマだと、犯人が顔見知りという同様の状況なら、被害者はほぼ100%名前を叫んでいたように思いますが、このお話ではそれだと都合が悪いので、わざと義母に叫ばせなかったのかなと感じました。

    1. 「ルーサン警部の犯罪」では覆面をしていたから、被害者は犯人と知り合いでしたが気付きませんでした。最終的には気付きましたがそれは会話をしたから。
      このエピソードでも覆面をするべきだったのでしょう。
      完全犯罪指南ではありませんが。

  3. ハロルドが画廊に行く直前に妻と電話で話している場面と、画面が切り替わって電話を置く場面とで、机の上の物の配置が若干変わっていましたね。

  4. 初めてコメントします。
    美術館の換気口のくだりは、秀逸でしたねー。何度見ても笑ってしまう。
    あと、エリザベスの寝室で実験するときの演出が好きですね。
    真っ暗ななか、コロンボの声だけが聞こえてくるシーン。
    明かりをつけて、手を叩いてピエロが照らされるまでの流れ。
    なにか、舞台を観に行っているような気分になりました。

  5. ジーナ・ローランズのキャスティングは「黒のエチュード」との類似点の多さから確信犯的。
    第4シーズンは知能犯との対決路線重視への回帰なので、その点においては盛り上がる一方、
    救いある余韻が残った「黒のエチュード」に比べて後味は悪い…。

    弟アーサーがモジャモジャ頭で吹き替えが佐々木功なのでチラ見でマイケル・ナイトに
    見えます(笑。佐々木氏はジャック・キャシディ吹き替えの田口計同様に「コロンボ」が
    アメリカで制作され始めた頃の特撮ドラマ「怪奇大作戦」で犯人役を務めました。
    金の無心にきた双子の弟を誤って殺してしまい、催眠装置を使って恋人に罪を
    なすりつけようとする若い科学者役。

  6. ラストシーンですが原語版では奥様の泣き叫ぶ声はないようです。吹き替え版だけの演出でしょうか。
    コロンボを見てアメリカと日本は違うなと思うシーンがよくあります。コロンボが奥様の寝室でドアが開く実験をする場面でベッドの上に靴を履いたまま寝転がりましたが、日本人の感覚では他人のベッドに寝るのも失礼ですが、まして靴履いたままとは。このように文化の違いを感じるのもコロンボ鑑賞の楽しみです。

  7. 「妻である君がぼくの上で会長をやって、うまくいくと思うかい?」
    当時はある程度の常識で、今では非常識な考え方。何もわかっていない者が自分より上にいてもらっては困る、という意味もあるんでしょうが。
    「道楽と言うが、わたしは妻を愛している。電気製品メーカーとして試用している意味もある。こんなこともわからないのか。
    業績が落ちたと言うが、アーサーも認めているように不景気が主な原因じゃないか。
    それなのに社長を辞めろと言う。
    もう我慢できない」
    こんなところが動機なんですかね。

    1. 被害者からしてみると、犯人の妻すなわち自分の娘は犯人にいいように丸め込まれている、と感じていたのでしょうか。その証拠が犯人の複数の浮気。
      夫婦は性的には愛し合えない状態だったので仕方なかったのか、やはり許しがたいことなのか。妻の母が言うことではないことなのか。
      しかし被害者は、会長の権限を利用してまで犯人を罰しようとします。
      ここは被害者にはあまり理がないように思えます。だから殺していい、とは絶対ならないですが。
      犯人は会議の場でアーサーと組むなどして、社長の座から追われないよう立ち回るべきでした。浮気の証拠等、弱味もあり、会長の主張が通りそうな気配は濃厚ではありますが。

  8. ミダス電子工業のミダス=触れたもの全てを金に変える王の寓話でしたでしょうか。この巣ごもり生活の中でそう考えるとなかなか寓意性のある、いやいっそ全編が大人の童話に映るような。電動装置の数々に飾られたあの屋敷はハロルドとエリザベスという王様と王妃様のお城。でも本当はハロルドがエリザベスという子鳥を自分だけの為に可愛がり閉じ込める為の籠だった。
    ハロルドが見せびらかす「カッコいい」腕時計でしたが「腕」に限らず私がガキの頃はこれからは全ての時計はデジタル表記になるんではないかと思う程大流行になった頃がありました。
    相棒の(笑)ドッグも同行。いつもの葉巻だけでなく風邪ひいたコロンボのくしゃみ、今ならまさに迷惑千万(笑)。

  9. 僕が高校時代土曜日の夜!刑事コロンぼを視るのが楽しみでした! それから何回も何回も再放送されても飽きたら無い❗素晴らしい刑事番組です!毎週水曜日夜が来るのが楽しみで、なりません❗

    1. ほんと同感です。こうした再放送によってますますコロンボファンが増えているのだと思います!嬉しいです。

  10. コロンボ作品は、犯人はじめセレブ(お金持ち)が登場するためさまざまな当時の「最新機器」が出てきますね。
    個人的な話で恐縮ですが、現在「電動車いす」を使用して生活している小生には、こちらの作品に登場する車椅子は、再見の折、驚くほど感動しました。(操作盤から椅子の形状など、現代の物と変わらない!)コロンボ作品の先見の明?には脱帽です。
    あの階段昇降機にしても涙もの(笑)です。もちろん、アメリカの住宅事情(あの豪邸ですもの;笑)もあるでしょうが、自分で昇降操作できるのはさすがですね。こういう発見があるのも、コロンボ作品の楽しみです。

    1. あの階段、日本じゃあり得ないほど幅がゆったりとしてますよね。
      うちの階段は、あの3分の1にも満たないです(笑)。
      エレベーター付きの戸建ては日本でも見られるようになりましたが、あのヴァンウィック邸はどうだったのかしら?なんて想像したりします。

      1. ありがとうございます。ほんとうに幅広ですよね。あの時代、流石に戸建てのエレベーターは現実的ではなかった?のでしょうか。あの平米ですから、昇降機で充分なのかもしれません(笑)

        1. 私も子供の頃に見た時、この家のハイテク構造に「アメリカってすごいや!」っていう感動を覚えたものです。もうコロンボを見るのが楽しみで仕方なかったのです。

  11. ハロルドが発明した様々なシステム。
    セキュリティ、介護、と現代では必要不可欠な機能。しかもAIも入ってる。先見の明がありましたね。
    それを義母さんは「道楽」と片付けてしまって....
    なんとも、ハロルドがいたたまれません

    *死の方程式のロジャー君のスプレーも、パーティグッズとして大売れしたと思います(笑)

    1. あの監視カメラの映像を静止画で拡大しても、あんなに鮮明ではないとは思うのですが、それも楽しめるポイントです。

  12. 招待状が決め手とは、予想できませんでした。コロンボの風邪が何かきっかけになると踏んでいましたが、見事に裏切られました。 ハロルド、確かにロッドスチュアートに似ています。いつも、見終わってこのブログを拝見するので、私が観てる間は、れいわ新撰組の山本太郎代表に見えて仕方がありませんでした。

        1. 私はウッカリ濱田岳に見えちゃいました(爆)「華氏451」や「突然炎のごとく」の名優なのにすっかり忘れて岳ちゃんの吹き替えで聴きたいとか思ってしまいました。

  13. 最近コロンボファンになり動画を探しています。
    とにかくゲスト出演の俳優が豪華ですね!
    オスカー ヴェルナーはウィーンが誇る名優ですね。トリュフォー監督作品の常連俳優で大好きです。彼の話すフランス語も好きですが、オーディオブックのゲーテの作品のドイツ語が素晴らしいです。
    まさかコロンボに出ていたとは、と思いましたが最新で最後のテレビドラマだそうです。
    ジーナ ローランズも最高です。

    1. 「ウィーンが誇る名優」そうなんですね。
      オスカー・ウェルナー情報、楽しく拝読いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.