29話「歌声の消えた海」

Troubled Waters / 1975

お馴染みの俳優、ロバート・ヴォーンが登場。

中古車販売会社社長ヘイドン・ダンジガー(ロバート・ヴォーン)が登場。この俳優ロバート・ヴォーンは、0011ナポレオン・ソロというテレビ番組をよく見ていたので、最初にこの作品を見た当時(おそらく私は小学生)は、最も好きな作品のひとつでした。

人の弱みに付け込むことは「命取り」

動機は自分の浮気相手から脅迫されたというもの。今回の犯人ダンジガー氏は、コロンボシリーズの犯人の中でも抜群の「セレブ度」ではない感じ。苦労して中古車販売会社を育ててきた印象です。だから、それを失うことをとても恐れたし、脅迫には屈しないという感情も出たのでしょう。人の弱みに付け込むことは「命取り」に なりかねませんね。18話「毒のある花」21話「意識の下の映像」でも、犯人を脅迫した人が、返り討ちにあってますね。

今回のテーマが「船旅での殺人事件」ということで、まぁ壮大なスケールの中で娯楽性もたっぷりの推理モノテレビ番組~みたいになりがちですが、そんなことそっちのけで「最高傑作クラス」の充実感がありました。コロンボ夫人はアカプルコまでの客船内で一度も登場しません。しかもコロンボ警部はいつも通りのレインコート姿。この設定は疑問を持たずに受け入れるべし…ですね。

濡れ衣工作はほとんどの場合、命取りになっちゃう

29作品目ということで、コロンボ警部の貫禄具合もちょうど良い感じです。医務室で「鳥のはね」を発見したことが、ダンジガーを容疑者として絞ることの決定的な理由ですが、その他にも犯人を被害者のバンドのメンバーロイドに見せかけたい「工作」が、すべてコロンボの「引っかかり」の対象になってしまうという皮肉。
コロンボ作品で犯人が「被害者の自殺にみせかける」「第三者に濡れ衣を着せる」という行動を起こすと、ほとんど「命取り」になります。この作品では顕著ですね。

どんどん手袋が減っちゃいますよね(笑)

事件解決の道筋は大疑問。ダンジガーはコロンボ警部から「犯人は医務室から使い捨てのゴム手袋を拝借して犯行に使った。それは数を数えたから確かだ。」と、説明されているのに、同じ場所から「決め手の証拠を作るための手袋」を、もう一回拝借して濡れ衣工作をした。

ダンジガー役の声優さん

ダンジガーのの声を演じたのは「西沢利明」さんで、刑事物や時代劇で活躍された俳優さんです。今回は少し声が「裏返りそう」になる場面があり、それも私は好きです。(笑)

ダンジガー夫人は手袋を忘れた…

ダンジガーのゴルフ用の手袋を妻ジュリアが忘れたのが、そもそもの原因。「アカプルコで買えばすむことよ」に「船中での殺人に使うつもりだったんだ」と言い返せるわけもなかったですね。

鼻歌で犯人を追いつめる珍しいシーン。

ラストシーンでは、コロンボ警部の得意技「犯人の行動から『自分が犯人でございます』と本人に言わせる」という、最もスカっとする手法が見られます。しかも、警部は鼻歌で例の「THIS OLD MAN」を歌いながら、犯人ダンジガーを追いつめます。この時の表情が最高ですね。実際のピーターフォークの鼻歌では「ダンジガーさ~ん♪」は、確認できませんでした。

スーザン・ダマンテ・ショウ

脇役ですが、看護婦メリッサ役の女優はスーザン・ダマンテ・ショウで、アドベンチャーファミリーにも出演。さりげない優しさが演技に出ていました。死体の検査をする場面では少し緊張した表情でしたね。とても人気が高いキャラクターです。

ロイド・ハリントンはエリック・ワグナー(笑)

濡れ衣を着せられるバンドのピアノマン「ロイド・ハリントン」役はディーン・ストックウェルで、12話の「アリバイのダイヤル」で殺害される御曹司エリック・ワグナーと同一人物です。素敵な俳優さんでした。

ダンジガーの非常階段のテーマ

YouTube「ダンジガーの非常階段のテーマ」をパソコン演奏で再現しています。ヘイトン・ダンジガーがロザンナ・ウエルズ(プーピー・ボッカー)殺害後に非常階段で医務室に戻る際のBGMです。緊迫感が伝わってくる素敵な音楽です。刑事コロンボはこのような音楽に関しても、素晴らしいですね。(*ご注意:YouTubeへのリンクは音が出ます!)

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ウィリアム・ドリスキル
ヘイドン・ダンジガー:ロバート・ヴォーン
ロイド・ハリントン:ディーン・ストックウェル
客船のパーサー:バーナード・フォックス
看護婦メリッサ:スーザン・ショウ
ロザンナ・ウエルズ:プーピー・ボッカー
ギボン船長:パトリック・マクニー

加筆:2020年5月7日

“29話「歌声の消えた海」” への68件の返信

  1. BSスペシャル投票第9位。ロザンナの唄やマジックショー、後半にはメキシコを意識した仮想行列、全編実際に洋上を航行する豪華客船ロケの贅沢感。やがて日本にも経済的繁栄を謳歌する時代がきて、こういうのを観光番組(笑)で私も観ることになる(苦笑)。近年では横浜大桟橋で実物を外から見ました(庶民はこんなもん)。意外とミステリープロットやコロンボの見つけたあざやかなワンポイントよりもこういう時代風俗を楽しむ番外編だったのかもしれない。
    「血圧は、ゆっくり走ると下がるが、スピードがアップするにつれて上昇していく」のだそうです。

  2. 場所柄、落ちているはずがない羽毛が落ちていて、医務室には医者と看護婦の他に緊急の入院患者が1人。いち早くその入院患者に目をつけて事件を推理する展開には、いつものようなわざとらしさや無理もあまり感じられません。
    さらに、脈拍と血圧の急激な変動や職業柄、合鍵作りはお手ののであること、心臓発作を起こす薬品のカプセルの発見等、犯人を示す証拠が続々。でもそれらはあくまで状況証拠で、起訴するに足る決定的証拠ではありません。
    しかも犯人は、他に犯人をでっち上げるという作戦が半ば成功しかかっていたのですから、1〜2日の間、コロンボの追及作戦にだんまりを決め込むか適当にあしらっておけば船がメキシコについて万事めでたしとなったのにね。
    しかしそうなっては話が終わらないし、また犯人でっち上げにだめ押しをしようと小細工を重ねて、ついにはコロンボの術策にはまってあえなく御用というお約束のパターンですが、いつものようなイヤミ感やわざとらしさがさほどないように思います。自分勝手な4段階評価では、当然Aにランクされます。ロバート.ボーン、中学の頃「ナポレオン.ソロ」って興味なかったけど、顔と名前は知ってます。船長さん役、「世にも不思議な物語」の「タイタニックの巻」に旦那役で出てますね。前にも書いたけど看護婦さん役、素敵ですね。この優の殺され役のほうが良かったんじゃないですかね。あんな狐みたいな女のどこが良くてバンドマンが惚れるのかわかりません。

    1. 被害者のロザンナ・ウエルズさんも、お客さまをひきつけるようなような歌手で、魅力的な人だと思いますよ。

  3. 看護婦さんが素敵ですね。今回、最初の方でバンドの連中とおしゃべりしてるシーンに気が付きました。何回も観てるのに今ごろ気が付つくとはね。わりとさばけた看護婦さんだったんですね。コロンボ作品の中では一番素敵な女性ですね。

  4. 刑事コロンボ歌声の消えた海プーピーボッカーは他に出ている作品は?今はなにをしているのかな。役名歌手 ロザンナウエルズ

  5. コロンボ研究本によると、コロンボは手術用の手袋を拝借していたはずです。恐らくラストに使われたのは、その手袋でしょう。コロンボは予め手袋をひっくり返して、自分の指紋を付けたのです。つまり、本当はやってはいけない証拠の捏造です。^_^
    そうと気付かないダンジガーさん~♪はあっさり自白してしまった訳です。当然裁判だときつくなりますが、鉛筆の粉で指紋を取ると、「大事な証拠が台無しになる」ので、捏造も判定出来なくなるのではないかと。

    1. コロンボシリーズのほとんどは、チートで容疑者を追い詰めるシーンがおおいです。野暮な言い方だと、デュープロセス違反で証拠却下されて公判維持できない捜査手法ばかりです。しかしそれも裁判前の捜査時点で、一流セレブ(ただし法律は素人)相手に自分から自白させる醍醐味があるでしょう。
      惜しむらくは、ピーターフォーク生前中に法律専門家の弁護士が犯人の回を作ってほしかったです。(でも、これだと刑事モノでなく法廷モノになってしまうかな?)

      「歌声の消えた海」ではメキシカンハットダンスの陽気なシーンが、事件のドロドロさと対照的で好きでした。

  6. こんばんは、はじめまして。関西在住の青二才yamato(24歳)ともうします。
    刑事コロンボも0011・ナポレオンソロも親父から教えてもらいました。どちらも60年代から始まった海外ドラマの代表格です。小池朝雄さん(コロンボ警部)、野沢那智さん(イリヤ・クリヤキン)も実に素晴らしいキャスティングでした。ロバート・ヴォーン氏も大好きで「荒野の七人」も「スーパーマン3・電子の要塞」も何度も観てます。ちなみに僕は彼と同じ誕生日です。
    ところでコロンボ警部ではありませんが一つ気になることがありました。それは本編のキャスティングに船長役のパトリック・マクニー氏の名前が無かったことです。パトリック・マクニー氏と言えばドラマ「おしゃれマル秘探偵」や「007・美しき獲物たち」などが有名ですがことにロバート・ヴォーン氏とはテレビ映画「0011・ナポレオンソロ2」で共演されていることからも加筆すべきなのではと…しかし僕のような若輩者がしゃしゃり出てきてのぶしつけなコメントにお気を悪くされたらすいません。暑い時期ですので熱中症などにはお気をつけて下さいませ。どうも失礼いたしました。

  7. 二度目のコメント、失礼します。
    実は恥ずかしながら一番最初に観たときは手袋をめぐる流れに少し頭が混乱してしまいました。ここでぼくなりに整理してみます。
    はじめ、ダンジガーは革手袋で犯行を行う計画だったが、妻が荷造りし忘れてしまった。
    →仕方なく、医務室から拝借したゴム手袋で代用。犯行後、ゴム手袋がずっと手許にあってはまずいのであまり深く考えず海に捨てる。拳銃はロイドを陥れるためにわざと残す。
    →船員でもバンドのメンバーでもない自分は疑われるはずはない、と考えていたが、落ちていた羽毛をきっかけにコロンボに目を付けられる。
    →さらに、拳銃は見つかったのに手袋がないという致命的な矛盾を突かれる。
    →じわじわと証拠を集めたコロンボはダンジガーに、管理されていたゴム手袋がひとつ足りないことを伝え、「ロイドが犯人ならば彼が盗んだはずだ」と吹き込む。
    →ダンジガーはその罠に飛びつき、再度手袋を盗んで証拠を捏造する。
    →そして、手袋に付いた指紋が決定的証拠となり逮捕。
    こんなところでしょうか。どこか間違えていたら、教えていただけると幸いです。
    もうひとつ。rayさんのコメントから興味をもってもう一度鑑賞してみると、その緊密さを再確認できました。クライマックス、ダンジガーが船の避難訓練ですぐ見つかるように手袋をホースの間に隠しておくくだりもそうですが、硝煙反応をでっちあげるために船内のマジック・ショーで使われた銃を利用する点など、本当に無駄のない造りです。

  8. はじめまして。
    丁度昨日BSで再放送していましたが、最後のかかっていたメキシコの曲のタイトルがわかる方いらっしゃいますか?
    最後のクレジットの時もかかっているのですが、トランペットが旋律の速い曲です。
    ネットで調べても出てこないし、どなたかおわかりになりましたらご教授お願いします。
    今、仕事で丁度この曲と向き合っているので、原曲が知りたくて。

  9. 流星さん、ありがとうございました!すっきりしました。
    コロンボの奥さんは一体何をしたんでしょうね(笑)

  10. 久しぶりにこのサイトに来ます。
    ドロンコさん、初めまして,ご質問の件ですが、
    字幕では「カミさんが何か、時々ハメを外すことがあるから」となってます。吹き替えは「あれ遊び好きでねぇ時々調子に乗り過ぎるんですよ」ですね。 この作品は指紋のトリックに重点を置いてますね。犯人が犯行のあと病室に戻る時に階段で乗務員とすれ違うのですが顔を隠す為に何か飲み物や軽食の乗った盆を上に持って行くが手袋はしていない、あの盆の裏には指紋がベッタリ!
    何故客の指紋がここに・・?あのお盆が何故?上の階に??、ここは描いてないが誰も気づかなかったでしょうね、それから血圧と脈拍の変化の
    着眼点は面白いが、運動の後は脈拍は上がるが血圧は逆に下がるのですけど、

  11. はじめまして。
    子供の頃好きだった刑事コロンボを、最近cs放送で見直しだしました。このサイトのおかげでより楽しめています。
    ひとつ教えていただきたいことがあります。船長がコロンボの部屋に捜査を頼みに行った時のコロンボの返事が面白かった記憶があるのですが、具体的なセリフが思い出せません。
    確か、船長が奥さんにクレームを言いに来たと勘違いして、「かみさんはしゃいじゃうタチでね~」みたいな内容だったと思います。
    いきなりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  12. 精密に練られたハズの犯行の手口と、犯行後の工作なのに、すべてウラ目ウラ目
    に出続けるという、犯人にとっては、とても可哀そうなストーリーになった。
    医療用の手袋一組無かった件。
    なぜコロンボは、医療用の手袋を注目したのかが、最初分からなかった。
    よく考えると、ダンジガーは、水着で担ぎ込まれたので、手袋を持っている
    ことが出来なかったためだ。尤も、手袋にこだわる必要などないという途中の
    会話もあった。そういうイレギュラーな筋書きよりも「犯行は手袋着用で!」
    という常識的な行動を犯人の心理として起こすものだということを、コロンボ
    は熟知していた。もう一歩踏み込むと、拳銃は事前に部屋に隠しておいたの
    だから、同時点で手袋も隠しておくべきだった。ゴルフ用じゃなくてもね。
    間の抜けた犯人だったな。
    ダンジガー夫人への質問などカットされている。吹き替えの違いで分かる。
    これには、夫婦関係など重要な内容も含まれている。
    もし、刑事コロンボというドラマが、単なるミステリードラマであれば、
    事件解決に直接結びつかないシーンなどは、カットされても良いだろう。
    わたしは、単なるミステリードラマだとは思ってない。
    だから、トリックが巧妙だとか、コロンボの事件解決への捜査がユニーク
    などといったミステリー性の内容だけでは評価してはならない。
    あくまで動機を主軸とした人間ドラマであるべきだ。
    注視されている医療用手袋なのに、一組ならず二組まで盗み取るとは、
    見た目に似合わず、間の抜けた犯人だな。
    最後、鼻歌を歌いながら発見された手袋を確認するコロンボのウキウキ感は、
    よく分かりますよ。自分が仕組んだワナが、ずばり的中したのだから。
    でも、なんだかなあ~、そんな感じでいられると、安物のミステリーに
    成り下がった感じ・・・メッチャ幻滅する。

  13. みなさんコメントありがとうございます。私もこの作品は大好き中の、大好きです。この作品に2票追加します。

  14. コロンボがカミさんとのクルーズ旅行中に殺人事件に遭遇するという設定が遊び心満点で、かつその華やかな舞台を100パーセント活かしきったシナリオが見事です。
    まず医務室の床に落ちていた羽毛からダンジガーに目を付け、偽の心臓発作を起こしたこと、アリバイが成立しないこと、マスターキーが入手できたこと、といった事実をつなげて疑いを濃くしていく過程がしっかり描かれています。
    ぼくは最初観たときは、ダンジガーのキャラクターが弱いと思っていましたが、繰り返してみるうちに気にならなくなりました。庶民階級から努力で身を立てた苦労人で、やたらエリート風を吹かせたりはしないという点がシリーズでは珍しいだけだと思います。ロバート・ヴォーン氏も恰好いいですしね。
    ラストも、コロンボのしつこさに耐えかねて自ら墓穴を掘ってしまうというこのシリーズらしい秀逸なものです。硝煙反応でなく指紋を証拠にする、というのが盲点を突いていて面白いです。

  15. 大好きな回です。内容は勿論ですが、小池朝雄さんの名吹き替えが冴え渡る回でもあります。
    『カミさんが当てたんですよ。缶詰買ってメキシコ行こうってやつで・・・。』
    実際は
    “My wife won this trip.It was a raffle for the Holy Name Society.”
    これは吹きましたwww
    相手のロバート・ヴォーンの冴えない表情もおかしいです。こういうのがあってこそのコロンボですよね。やっぱ日本人は吹き替えで(小池さん以外考えられない)観たいですね^^

    1. the Holy Name Societyなんて直訳しても日本人にはわかりませんよね。「偶像のレクイエム」に出てきた「シュライン(シュライナー)」とかもそうですね。

      1. the Holy Name Society、ネットでちょっと見たら、カトリック教徒の慈善団体といった感じですかね。
        そこの活動のくじ引きで、かみさんが旅行を当てたということですね。

        「缶詰め買ってメキシコ行こう」という邦訳、今更ながら感心してしまいます。「くじが当たったから」よりインパクトありますし、ロバート・ボーンの冷たい反応も生きてきます。コロンボの庶民性を、日本人にも分かりやすく表してますね。

  16. 周囲がザワついているから、全体的に緊張感の薄い感じがします。
    最後も、単純に指紋が証拠でした。
    わたし的には、
    ・静かで背景のきれいなの中での神経戦と意表を突くどんでん返し
    ・コロンボと犯人とが互いを好きになる人情絡み
    こういうストーリーが好きです。

  17. こちらにもコメントありがとうございます。1票追加しました。こちらも放送を見てから詳しくお返事しますね。

  18. 今回、二回にわたって見返したけど、これは大傑作ですね。小学生のころに見た中でももっとも鮮明に覚えていた作品です。
     印象に残ったのは船内という特殊環境や、ひとり鑑識やコロンボの珍しいアロハ姿や、ついにお目見えするかと思わせて結局出てこないカミさんなんかのためですが、やっぱり作品自体の質の高さが大きかったようです。
     とにかく無駄がない。あらゆるエピソードがストーリーの上で二重の意味を持っているという感じです。医務室ではロザンナの歌がかすかに聞こえる設定とか。羽を見つけて病室の男がもっとも怪しいとにらんでからは、ドアを間違えたふりしてダンディガーと面識を作ったり、退院のときにそれを詫びて今後の協力を依頼するとか。試射の役を譲ったのは銃嫌いを視聴者にアピールするほかに、ダンディガーがどのくらい銃を扱い慣れているかを見たいという意図が読み取れます。
     心理戦のシーンが乏しいように思ってたけれどよく見るとそんなことはありませんでした。犯人が途中からコロンボを疎ましく思うシーンがなかったというだけですね。コロンボが相手を油断させるために、ぎりぎりの段階までロイドの線を追っていると思わせたためでした。
     手袋の中の指紋の件は、上で鋭い指摘があってその通りだと思います。しかし、実はあの手袋には外側にはっきりとダンディガーの指紋が残っているのです。手袋をホースの間に押し込んで隠すときに、なんと彼はそれをベタッと素手で行っています。ほかの点ではすべて慎重な人なのにねえ。コロンボは手袋の内側には触りまくってるけど外側は端っこしか触ってないので、正式な鑑定ではダンディガーの指紋はバッチリ検出されるでしょうね。クライマックスのシーンをぶち壊しにするような話なので、これは撮影現場での単純ミスだろうと思いますが(笑)。 
     もうひとつだけ細かい指摘ですが、ダンディガーの身柄だけ地元警察に送ってコロンボが気軽に下船してしまってよいものなのか疑問です。いったい誰が、警察に対して事情を説明するのか。船長がやるんでしょうか。
     この作品には、歌手が歌う曲が二曲登場します。ひとつは殺されたロザンナが歌っていたヴォラーレ。有名な曲ですね。意味がわらかない人でもイタリア語のまま歌うととても楽しい曲です。こんなところにもコロンボシリーズのイタリア志向があらわれていますね。ただしロザンナは終わりの方だけ英語で歌っていますが。
     もうひとつは、コロンボとダンディガーが他人に聞かれない場所で話をしたときに誰かが歌っていた「パリの騎士」です。1951年にフランスの偉大な歌姫であるエディット・ピアフが歌った曲ですが、すぐに英語版も含めてさまざまな人にカバーされました。ドラマ中の歌も英語詩です。シャンソンのファンとしては、程よくマニアックな選曲が嬉しいところです。
     ドラマ中の設定としては、殺されたロザンナの穴を埋めなきゃならなくなった歌手が、急遽レパートリーの中から引っ張り出して真昼間に練習しているというところでしょうか。伴奏のピアノを弾いてる人も、拘束中のロイドの穴埋めでやはりリハーサルが必要だったろうなと考えると、何だか面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.