29話「歌声の消えた海」

Troubled Waters / 1975

お馴染みの俳優、ロバート・ヴォーンが登場。

中古車販売会社社長ヘイドン・ダンジガー(ロバート・ヴォーン)が登場。この俳優ロバート・ヴォーンは、0011ナポレオン・ソロというテレビ番組をよく見ていたので、最初にこの作品を見た当時(おそらく私は小学生)は、最も好きな作品のひとつでした。

人の弱みに付け込むことは「命取り」

動機は自分の浮気相手から脅迫されたというもの。今回の犯人ダンジガー氏は、コロンボシリーズの犯人の中でも抜群の「セレブ度」ではない感じ。苦労して中古車販売会社を育ててきた印象です。だから、それを失うことをとても恐れたし、脅迫には屈しないという感情も出たのでしょう。人の弱みに付け込むことは「命取り」に なりかねませんね。18話「毒のある花」21話「意識の下の映像」でも、犯人を脅迫した人が、返り討ちにあってますね。

今回のテーマが「船旅での殺人事件」ということで、まぁ壮大なスケールの中で娯楽性もたっぷりの推理モノテレビ番組~みたいになりがちですが、そんなことそっちのけで「最高傑作クラス」の充実感がありました。コロンボ夫人はアカプルコまでの客船内で一度も登場しません。しかもコロンボ警部はいつも通りのレインコート姿。この設定は疑問を持たずに受け入れるべし…ですね。

濡れ衣工作はほとんどの場合、命取りになっちゃう

29作品目ということで、コロンボ警部の貫禄具合もちょうど良い感じです。医務室で「鳥のはね」を発見したことが、ダンジガーを容疑者として絞ることの決定的な理由ですが、その他にも犯人を被害者のバンドのメンバーロイドに見せかけたい「工作」が、すべてコロンボの「引っかかり」の対象になってしまうという皮肉。
コロンボ作品で犯人が「被害者の自殺にみせかける」「第三者に濡れ衣を着せる」という行動を起こすと、ほとんど「命取り」になります。この作品では顕著ですね。

どんどん手袋が減っちゃいますよね(笑)

事件解決の道筋は大疑問。ダンジガーはコロンボ警部から「犯人は医務室から使い捨てのゴム手袋を拝借して犯行に使った。それは数を数えたから確かだ。」と、説明されているのに、同じ場所から「決め手の証拠を作るための手袋」を、もう一回拝借して濡れ衣工作をした。

ダンジガー役の声優さん

ヘイドン・ダンジガーの声を演じたのは「西沢利明」さんで、刑事物や時代劇で活躍された俳優さんです。今回は少し声が「裏返りそう」になる場面があり、それも私は好きです。(笑)

ダンジガー夫人は手袋を忘れた…

ダンジガーのゴルフ用の手袋を妻のシルビアが忘れたのが、そもそもの原因。「アカプルコで買えばすむことよ」に「船中での殺人に使うつもりだったんだ」と言い返せるわけもなかったですね。

鼻歌で犯人を追いつめる珍しいシーン。

ラストシーンでは、コロンボ警部の得意技「犯人の行動から『自分が犯人でございます』と本人に言わせる」という、最もスカっとする手法が見られます。しかも、警部は鼻歌で例の「THIS OLD MAN」を歌いながら、犯人ダンジガーを追いつめます。この時の表情が最高ですね。実際のピーターフォークの鼻歌では「ダンジガーさ~ん♪」は、確認できませんでした。

スーザン・ダマンテ

脇役ですが、看護婦メリッサ役の女優は「スーザン・ダマンテ」で、アドベンチャーファミリーにも出演。さりげない優しさが演技に出ていました。死体の検査をする場面では少し緊張した表情でしたね。とても人気が高いキャラクターです。(2020年、スーザン・ダマンテ・ショウより一般的だと思われる、スーザン・ダマンテの表記に直しました。)

ロイド・ハリントンはエリック・ワグナー(笑)

濡れ衣を着せられるバンドのピアノマン「ロイド・ハリントン」役はディーン・ストックウェルで、12話の「アリバイのダイヤル」で殺害される御曹司エリック・ワグナーと同一人物です。素敵な俳優さんでした。

ロザンナ・ウエルズ

殺害される歌手のロザンナ・ウエルズは女優プーピー・ボッカーで、日本語吹き替えの中村晃子さんは、60年代後半〜70年代に活躍した歌手・女優さんです。加筆:2020年10月

ダンジガーの非常階段のテーマ

YouTube「ダンジガーの非常階段のテーマ」をパソコン演奏で再現しています。ヘイトン・ダンジガーがロザンナ殺害後に非常階段で医務室に戻る際のBGMです。緊迫感が伝わってくる素敵な音楽です。刑事コロンボはこのような音楽に関しても、素晴らしいですね。(*ご注意:YouTubeへのリンクは音が出ます!)

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ウィリアム・ドリスキル
ヘイドン・ダンジガー:ロバート・ヴォーン
ロイド・ハリントン:ディーン・ストックウェル
客船のパーサー:バーナード・フォックス
看護婦メリッサ:スーザン・ダマンテ
ロザンナ・ウエルズ:プーピー・ボッカー
シルビア・ダンジガー:ジェーン・グリア
ギボン船長:パトリック・マクニー

加筆:2020年10月24日

“29話「歌声の消えた海」” への102件の返信

  1. 楽しく鑑賞いたしました。
    憧れの船旅ですが、うちのカミさんが酔いやすい体質なので実現は難しいのが残念。
    劇中のVolareとかイパネマの娘等々、誰でも知ってるような選曲が設定にピッタリだったし、新しいお友達がすぐに沢山出来ることでしょう。
    でも、食べて飲んで、プールでシェイプアップして、また食べて飲んで、合間にバカラかスロットやって、そんな生活してみたい。
    ところで刑事コロンボは時々、妙にマニアックなところがあって不思議に思うことがあります。
    今回、犯行に使用された凶器の弾丸が.38口径らしいということでしたが、発見された拳銃はクラシックなウェブリー・リボルバーです。
    そこで、あれれ?ウェブリーの口径は.455の特殊なモノだったのでは?と思って調べてみると、.38口径のモデルも存在しておりました。
    ※ドラマではウェザビーと言ってますが、何か差しさわりでもあるのでしょうかね?
    ロバート・ボーンの吹き替えが矢島さんだったらなお良かったけど、西沢さんの声も素敵です。コロンボ氏が孤軍奮闘の本作、人気ランキングが上位なのに納得しました(^^)
    ところでついでにもう一つだけ、
    エンディングで、も一回、アホの坂田を流すってのはダメかしら?

    1. えっ???アホの坂田を流す?すみません・・・
      意味がわからない

      『ルート66』『サンセット77』
      懐かしい~

      1. 刑事コロンボは一杯やりながら鑑賞することが多いのですが、当方の書き込みを不快に思われた方にはお詫びいたします。
        ラテン音楽で”Jarabe Tapatio”というものがありまして、これに着想を得て作られたのが、坂田さんの行進曲だと言われております。
        以後、注意いたします。

  2. 富山敬さんが声をあててた、チョイ役のマジシャンってウィリアム・カットですかね?なんか、似てるような気がしたんですが

  3. いつもと違う舞台設定で、コロンボの孤軍奮闘ぶり(犯人捜しで頼ってきたはずの船長も非協力的)も含めて楽しめました。

    ・余計な偽装、強引な持論・推理展開(犯行について振られても知らぬ存ぜぬで黙っていればいいものを…)はコロンボの疑惑を強める。

    ・濡れ衣を着せられたロイドの手提げ金庫に入っていた保険証書、会社名はRoyd’sでロイドの綴りはLloyd、実在の有名な保険会社はLloyd’s。もじった?

    ・他の方も書いていますが、看護婦メリッサのスーザンさんがとっても綺麗ですね。煙草を吸っているのがもったいない。同じ看護婦で「溶ける糸」のアンフランシスさんも素敵だったが、同じぐらい素敵な方。

    ・犯行現場で気分が悪くなったコロンボ、医務室へ行ってさあ回復できるかと思った矢先、仏さんが追っかけてくる格好になり、コロンボの顔がまた曇る(笑)。

    ・他の回でも思うのですが、犯行現場から外に出た瞬間とか、気を付けているとはいえ、たまたま通りがかった人に見つかったらどうするんだ、といつもハラハラしますが、そうはならないお約束なのでしょうね。

    ・コロンボとダンジガーが輪投げする場面、途中で吹き替えが銀河万丈さんに変わりますが、その間カットされていたとすると、コロンボが「チャンピオン間違いなしかな」と言ったところからすぐ、コロンボとダンジガーが二人きりで話す場面になりますね。少しつながりが不自然な気もします。

    ・終盤、メキシコの曲が流れる場面(コロンボが焦げ茶のアロハで登場)は、「アホの坂田」の出だしを思い浮かべてしまう。メキシコの民謡を引用しているそうなので当然といえば当然ですが。

    ・アレルギーの人もいるから病室では羽根枕を使わないという説明だったが、それなら看護婦の喫煙もやめさせた方がいいのでは(笑)

    1. メリッサさん、確かに「いかにもハリウッドな」美女。
      ですが、ヤニ臭い手で血圧計られたり、お薬飲まされたら、患者はたまったもんじゃないっスね(笑)

    2. 輪投げの場面と言えば、コロンボが海に輪投げを落として困っていたら、ダンジガーがまだ沢山あるからというようなことを言っていたのは、例のゴム手袋を彷彿とさせ、「犯人間違いなしかな」に置き換えられるような気がしました。
      それにしてもダンジガーは、常連とはいえ、客船の構造から備蓄のストックまでよくご存知で(笑)

  4. 医務室で羽根を見つけた時も、そうでしたが
    ダンジガー夫人への聞き込みで「裏切ったらお払い箱よ」の証言を
    得た時も表情が変わりましたよね。
    コロンボは動機重視ですからね。

  5. 今回の舞台は洋上、豪華客船の中、開放感があっていいですねえ。
    で、殺人事件発生。

    気になるのは
    非番で乗船してるコロンボさん、捜査していいの?
    船長も捜査を依頼していいの?
    船内に捜査する乗務員いないの?
    依頼した割には捜査に非協力的な船長、
    「これは殺人事件なんですよ」とはコロンボさん強く言えないの?
    今だったら所轄の捜査官がヘリで飛んでくるんでしょうか?
    何せ50年前の時代背景ですから、ぴんと来ない部分はありますが、
    中古自動車屋さんは自由にカギを作れるとか、
    病院では羽毛の枕は使わないとか
    ボート、シップ、フェリーの違い?
    いろんなことがわかって、お得な作品でもありました。

    奥さーん、出て来てよ!

    1. 貴方は何歳のお方でしょうかね?(笑)
      いや、年齢とか関係無しにテレビや映画ってものに突っ込みを入れるとは野暮なお人ですね。
      そういうことを言い出したら、そもそも殺人犯罪の殆どはこのドラマのような富裕層と思われる人間ではなく普通の庶民が圧倒的に多いのですよ。
      それこそ私も野暮ったい事を言いましたね。

  6. ああ、良かった。今回は過去に見た記憶が一番薄い作品でしたので楽しめました。いつもコロンボが眠そうに鑑識に指図しているだけなのが今回は鉛筆の芯を削ったり写真の手配をしたり全部自分でやるところがカッコ良かったです。
    ラストが「あなた完璧でしたね。アタシがこの船に乗っていたこと以外は。何しろウチのカミさんがクジを当てちまったもんで…」とでもなるのかと勝手に想像していたら違い、出てこないカミさんを探しに行きましたね。
    ところで先週は特に小池さんの声が笑うセールスマン調になって気になりましたが皆さんはいかがでしたでしょう。

  7. ヒゲダンスの志村けん似のロイドさん。
    ロザンナさんに振られて「もしお前が海に落ちたら、浮き輪じゃなく錨⚓を投げてやる!」
    なんともプロレス文学的な、捨てゼリフ。
    もしかして、翻訳者は額田さんでも、戸田奈津子さんでもなく、梶原一騎だったのかも(笑)

    1. 再見でしたが、今回一番驚いたのは、ロイドさんと「アリバイのダイヤル」の被害者の役者さんが同じ、というところでした。
      日本語タイトルは原題よりいいな。

  8. ダンジガー夫人のシルビアさん。
    旦那が心臓発作で倒れたというのに、お見舞いにも来ないなんて。
    もし「あたしが付きっ切りで看病しますわ」と切り出したら、殺人計画もオジャンになったのに。
    ダンジガーさん、そこまで夫婦仲が冷え切ってる、と見切っての犯行だったのでしょうか?

    1. そこまでは、劇中では描かれていなかったですね!
      もしシルビアさんが付き添いを申し出たとしても、ダンジガーさんがあの眼力で「大丈夫だよ、看護婦さん(メリッサさん)がいるしね。」と追い返したに違いありません(笑)

    2. シルビアさんは、ジェーン・グリアでしたね。
      ジェーン・グリアといえばファムファタールです!相変わらずの美しさ。
      アイダ・ルピノもファムファタールだったのにすごい変わり様に驚いた!ふふふ。

      1. ジェーン・グリアさん、アイダ・ルピノさん、ググってお若い頃の画像を見てビックリ。特に「死の方程式」「白鳥の歌」のアイダ・ルピノさんの変貌ぶりは衝撃でした(笑)知らなかったです~
        コロンボって、戦前戦後に活躍していた女優さんが脇役でひょっこり出ていることがあるので、こういった嬉しい発見がありますね。

  9. 羽から犯人を推測したのは見事ですが法廷では証拠として採用されないですよね、これ。
    羽の出自なんて証明出来る訳ないですし、実際事件とは無関係かも知れませんし。
    その後薬の包装を発見したり脈拍や血圧のデータを掴んだりするのは地道ながら流石です。
    そして最後の手袋ですが、罠に嵌めたという点では大成功なのですが、殺人のトリックがネタバレしたとか犯人しか知らない筈のことが露見した訳ではないんですよね。
    コロンボ自身分かっていた様に本番の殺人とは無関係な手袋ですから、ダンジガー氏が「濡れ衣を着せようとしてやったって?違う違う!あんた(コロンボ)があんまり手袋に拘っていたからからかってやったんだよ。悪かったな、あっはっは」と釈明すれば譴責ものではありますが言い逃れ出来ちゃいそうな気がします。

  10. ボロンコさんへ
    ブログ楽しく拝読させていただいています。コロンボ作品に奥行きと深みが増し、大変感謝致しております。

  11. 以前、某発泡酒が発売された時、TVCM曲で「ヴォラーレ」を聞いた私は真っ先にこの「歌声の消えた海」を思い出しました。

    今回の犯人、中古車販売店の経営者という設定ですが、例え高級車の専門ディーラーだとしても他の犯人と比べ、ややハイソ度が落ちるのが気になります。合鍵作製機を使い慣れているという設定だからでしょうか? 因みに犯人のハイソ度が落ちる場合、奥様が資産家なのは、、「権力の墓穴」(あちらは犯人が公務員)も同様でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.