25話「権力の墓穴」

A Friend in Deed / 1973

ギャンブル好きが命取り…ロス警察ハルプリン次長

財産目当てに妻を殺害するロス警察の上司マーク・ハルプリン次長。キャラクターは素晴らしいけど、殺人動機が弱い。隣の2軒で連続殺人が起きれば、相当厳しく捜査されるのが予想される中で、よく犯行に及んだと感心します。しかも、自分の現在の地位・名誉を全て失うだけの価値がある殺人なのか?警察の上層部がギャンブルに溺れることも大問題。

本物のワルの匂いが…

隣人のコールドウェルが奥さんを死なせてしまったことが、事の発端になりますが、それを知った直後に、自分の妻もついでに殺して、二人の共犯で罪を闇に葬る計画をした…というのがね~あくどいです。

見どころが満載の作品

捜査の過程で、自分に都合の良いようにコロンボに指示を出すハルプリン次長の傲慢さに、いかにも官僚的な体質が見えます。また、巧みとは言い難いですが「妻が犯人を見てしまったかもしれない」ように仕立てるのもポイント。

邦題は「けんりょくのぼけつ」?

読みの問題。「はかあな」ではなく「ぼけつ」が正解だと思われます。NHKのアナウンサーが番組紹介でそのように読んでいました。

シロとクロを嗅ぎ分ける嗅覚

他の作品でも感じますが、コロンボ警部の嗅覚は凄いです。このお話の場合、まず疑うべきは夫のコールドウェル。次に連続窃盗犯も有力に思えます。しかし、コールドウェルは証言の些細な部分からシロと判定。連続窃盗犯も「窃盗」の容疑者を狭めつつ、殺人ではシロと判定し、本題の事件解決の協力者へと導きます。このような鋭い嗅覚が身に付けば、我々の仕事にも役立つと思うのですが…。

「チャンスを得た」は、大きな勘違い

ハルプリン次長が署内でコロンボから前科者のリストを見せてもらうシーン。思いがけず決定的に有利な情報を得て、濡れ衣工作を思いつくのですが、それもコロンボ警部の仕組んだ罠だという展開は素晴らしいですね。あくまでも次長の命令に従っているだけの行動に見せています。まかれた餌にまんまと食いつかせたわけです。

シリーズ中、最も爽快なラストシーンの一つ

前科者アーティに殺人の罪をなすりつけ、その仕上げ工作の最中に自分が真犯人だということを「自らの行動で証明」してしまう場面。罪を被せられそうになるアーティの自宅(実はコロンボの部屋)で、「あなたが奥さんを殺したんです」とコロンボ警部に告げられるまで、一所懸命に証拠品を探しているハルプリン次長の必死の形相は傑作です。警察権力に対して、一石を投じたと言わんばかりの爽快なラストシーンでした。

リチャード・カイリーのハルプリン次長

リチャード・カイリー(リチャード・キーリー)はハルプリン次長役を名演したと思います。コロンボの「突っ込み」に、たじたじの様子が可愛く描かれています。

おそらくキャリア・エリートの設定で、現場バリバリのコロンボ警部の評判を良く知らなかったのでしょう。経験不足から、指紋の指摘に始まる失言を連発し、墓穴を掘ってしまいます。報告書を提出しろ!と、何度も催促するのも役人根性の表れで、笑えました。

日本語版は北村和夫さん

北村さんは俳優としてのお仕事がメインで、吹き替えは多くないようです。その中でも刑事コロンボではこの「権力の墓穴:リチャード・カイリー:ハルプリン次長」と「迷子の兵隊:ステファン・エリオット:パジェット将軍」を担当されました。

ヴァル・アヴェリー

前科者アーティ・ジェサップ(アーチー)役の俳優「ヴァル・アヴェリー」は12話「アリバイのダイヤル」で盗聴器をしかけた探偵:ダブス役として出演しています。目立たない役では5話「ホリスター将軍のコレクション」の貸しヨット屋でも出演。

高級住宅地「ベル・エア」地区

ハルプリン次長と友人ヒュー・コールドウェルらの家がある地区。「二枚のドガの絵」デイル・キングストンもご近所さんではないかと思われます(笑)
→刑事コロンボマップ:ベル・エア地区

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ピーター・S・フィッシャー
マーク・ハルプリン:リチャード・カイリー
アーティ・ジェサップ:ヴァル・アヴェリー
コードウェル:マイケル・マクガイア
ハルプリン夫人:ローズマリー・マーフィー
ダフィ警部ジョン・フィネガン
加筆:2017年12月26日

“25話「権力の墓穴」” への57件の返信

  1. コロンボは、どの時点から次長を疑い始めただろうか?。
    それは、次長夫人が殺された翌日のコロンボと次長との会話からだろう。
    その会話のはじめは、コロンボは部下が上司へ対する報告モードだった。
    つまり自分の考えていることを全てさらけ出して、理解を得ようとする。
    しかし、理を尽くしても、この次長は全否定したのだ。
    そういう空気になった瞬間、コロンボの目が細く斜めになった。
    殺人講義においてコロンボは、
     何かをした場合など、黙っている方がよろしい!。
     すーぐ、ベラベラ喋っちまわないで、待つんです。待って展開を見る。
     大事なのは、タイミングです。それからツキ。ツキが必要ですね。
    と言っている。
    つまり、報告モードから展開待機モードへと切り替わった瞬間だった。
    このスイッチが入ってしまうと、もう手がつけられない。
    表は気の良さそうな善人に見えて、実は、そんじょそこらにいるような
    ものとは数段レベルの違うスーパー詐欺師に変貌してしまう。

  2. アーティと奥さんとの関係は、どうなっているのだろう?。
    派手な口喧嘩をしているように見えても、心の中は逆かも分からない。
    アーティはムショ暮らしが長いし繰り返されるが、その間も奥さんは
    別れなかった。
    前科は山ほどあるし、付き合っている相手もロクなもんじゃない。
    それらを引き算しても余りある魅力があったのだろう。
    アーティは泥棒の倫理をわきまえている。その倫理から外れる行為は、
    絶対に犯さない。また、頼まれればイヤとは言えない義理がたい男だ。
    社会の矛盾が許せないなど、感受性も人一倍強い。
    奥さんは、そういうアーティに惹かれたのだろう。
    一方アーティから奥さんを見れば、留守の家を守ってくれている。
    ムショへの差し入れも小まめだ。そういう献身があるからこそ、
    口うるささも許せるし、お互い何でも言い合えるだろう。
    ローラーゲームが好きなら、日米対抗ローラーゲームも観たのかな?。

  3. 「野望の果て」と同じで、犯人としては全く追い込まれてもいません。
    アーティが犯行3つを警察へ自供することで、なぜコールドウェル犯行を
    警察が思うというのか?。世間的に見てもムショ常連のアーティより、
    社会的地位のあるコールドウェルの方が信用されます。
    それまでにも、コロンボは様々な矛盾点を次長へ説明していた。
    またアーティには動かせないアリバイがあったのも、同僚警部から次長へ
    報告されていたハズ。それらを度外視して、あまつさえ追加工作でアーティ
    へ罪を着せようなどは、無理にもほどがある。
    最後の落とし穴の切れ味がおもしろ過ぎて見落としてしまうが、その切れ味
    を出すため、そこへ持っていくための途中経過にはかなり無理がある。

  4. 交換殺人ならぬ互助殺人というあまり見慣れない複雑な犯罪。その真相に緻密な推理で少しずつ迫るコロンボ警部の捜査が見応え満点な傑作。
    クライマックスの逆トリックも爽快です。ただし、ぼくは本作と同じパターンという「殺人講義」のほうを先に観てしまったので驚きは半減でした。それでも「権力の墓穴」のほうが犯人の存在感が強く、それに加え前科者の協力による逮捕というサプライズもあり上手な使い方だと思います。

  5. いきなり死体で出演というのもかわいそうだね。
    せめて殺される演技でもしたかったでしょう。
    この回は、分かり易くて好きです。
    アーティの巻き舌江戸っ子弁がおもしろいです。
    アーティが警察へ届けたとしても、次長の権力で握りつぶせば良さそうなもの。
    コールドウェルには表面上完璧なアリバイがあるので、出来るはずです。
    そもそも、アーティはコールドウェルが犯人だなんて知っている訳がない。
    そんな話に乗るなんて軽率すぎる。
    話に乗ることで、アーティの犯行として押し付け一件落着を狙いましたね。

  6. タップおばさん>お褒めの言葉ありがとうございます(笑)1票追加します!
     
    トレモニさん>辛口のトレモニさんにしては…絶賛?でしょうか。1票追加しちゃいます。
     
    ヤマンボさん>そうなんです。コロンボってユーモアがたっぷりです。自分が仕掛けた罠にハマる次長に対し「家宅捜査、されないほうが…」とぶつぶつ言いながら着いてゆく姿が可愛いですよね。
     

  7. このサイトを結構前から読ませて頂いているものです。
    最近、BSで平日毎日やっているので録画しても見るのが追いつかず。(週一回にしてほしい)
    このサイトの評判を読んで、溜まった録画を見るか見ないで消すか判断しようかとしたけど…
    コメントを読むとその内容を確認したくなり全て観てしまう。困ったものだ。
    最後に「家宅捜査、されないほうが…」とコロンボが言ったとき、なんかスカッとしました。だけどなんでコロンボはあんなこと言ったのだろうか?
    どうせあの部屋へ行くのにね。
    アーティーには更正して奥さんらしき人とうまくやってほしいですね。

  8. いやはや、スカっとする終わり方だね。
    相手を追い込んだ挙句、相手の強みを弱みに変えて、
    すっ転ばせるというコロンボ一流の手法だった。
    反省のない犯人には同情もないという点から、
    刑事コロンボとしては傑作ではない。

  9. 直属の上司を犯人にしたことは相当なリスクがありますね。
    にも関わらず、上質なシナリオと出演役者の名演がマッチした良作です。
    北村和夫さんの吹き替えも好きです。
    何というか吹き替え名職人独特の軽妙さがいいですね。
    エンディングも秀逸です。

  10. poipopさん>コロンボって、いわゆるミステリーとは違うテイストですものね。私も「ポワロ」は、時々見ておりましたよ。

  11. ベースのテラちゃん>コメントありがとうございます。自分が仕掛けた罠にかっかっている人に向かって、「やめたほうが良いですよ!」ですって、これが面白い。
     
    「アルバート・ポップウェル」も、覚えておきます。

  12. こんにちわ。素晴らしいサイトですね。
    ミステリーはそれほど見ないのですが、コロンボは大好きです。やはり、インテリアやアンティーク、高級スーツとかに魅力を感じます。
    「コナンドイルの事件簿」や「ポワロ」のドラマなんかもお気に入りです。(名前もpoirotポワロをもじったものです)
    方向性は違いますが、同じような理由で源氏物語や紅楼夢も好きです。

  13. いや~、面白かった!でも、冒頭からの件はちょっとマンネリ気味で普通の殺人事件の様にも思えてしまいました。
    しかし、ハルプリン次長が自分の奥様を殺害してからは「えっ、次どうするの、どうするの?」とのめり込みました。検視官からの連絡で、浴槽での溺死を確証してからはコロンボのお得意技が冴えてきましたね!犯人と睨んだ次長に直接、犯行を捜査段階で明かして揺さぶりをかけて行く様はやっぱり「次、どうするの、どうするの?」って思っちゃいますよ!
    最後に次長が前科者アーティ・ジェサップの自宅だと思って警官数人とコロンボを引き連れて犯人宅へ行く際に「次長、やめたほうが良いですよ!」とコロンボが言う辺りはワクワクしちゃいますね!
    余談ですが、次長の奥様が最後の公演に行くはずだった会場関係者が次長宅へ来ましたが、その時の俳優さんはダーティーハリーシリーズの出演回数が多い”アルバート・ポップウェル”ですね!同じ刑事物に出演されている所が中々おつですね!

  14. とっしーーさん、面白かったでしょ~この作品。ラストの「これだけです」は流石ですね!ここが凄いです。
    本来は「次長と警部」が仲間なのですが、今回はその腐った権力に「警部と前科者」が協力してやっつけたというのも、面白い着眼点です。

  15. 補足
    59分のコロンボの次長を犯人だと、決めつけている表情、そしてラストの「これだけです」と言った後のアーティンと仲本工事似の刑事さんの
    ニヤリとした表情が、たまらなく好きです(笑)

  16. いや~~面白かった(笑)
    実に爽快なラストシーン!!
    相棒の様な現代的ラストでしたが、それをコロンボが演じるのは、昔と今の対比が素晴らしいと感じました♪^^
    嗅覚も凄いですよね!!
    シロとクロを一発で見分ける・・長年の刑事の勘、もしくは直観みたいなものでしょうか?
    コロンボの作品は、決定的な証拠が無く、立件するには一見難しそうに見えるのですが、それが作品を見ていくにつれ、逆に凄いというか・・
    状況証拠から、矛盾・おかしな点を見つけ、犯人を巧みに誘導する・・
    しかも今回は、ぼろんこさんの言われる通り
    刑事の上役である次長の命令を、素直に聞きながらってのがポイントですよね!!
    それが、さらに凄さを倍増させている気がします♪♪
    しかし、アーティン(笑)
    母ちゃんとのやり取りも好きでしたが、面白いキャラで愛着持てますな~~(´ー`*)
    バーの薄暗い雰囲気も、いかにもアメリカって感じで好きです!
    最後に次長が、アーティンの部屋だと思い忍び込み、証拠を隠ぺいさせるシーンですが
    確かにあの住所を知っているのは、「コロンボと次長」しかいないですよね(驚)
    華麗かつ爽快感溢れるこのシーン、脱帽です!!
    あと思ったのは、刑事と黒人さんのやり取り、
    黒人さん「証人はいっぱいいるとも!」
    警官「そうだとも!」
    知っているなら、聞くなよっとツッコミ入れたいですが、そういう意味でもなさそうな(笑)
    本訳の英語バージョンもいつか見たいと思いますが、この日本語訳のやり取り・掛け合いは
    今の日本には無いので、とても新鮮です(´ー`*)

    1. 字幕によると
      警察 You can prove it right?
      黒人 Prove it? Yeah, I can prove it.
      警察 I’ll bet you can.
      私なりに訳しますと、
      警察 証明できんのか?
      黒人 証明? ああ、できるとも。
      警察 できるだろうな。
      黒人の方は犯行時刻に式典のセッティングをしてたので、警察もあっさり認めたのではないでしょうか。

      今回は最後まで楽しめました。
      コロンボは上司の見解になびかず、自分の推理を信じて、最終的には身内の上司を追い詰めてしまう。本当のプロフェッショナルですね。
      エリート上司を部下が理詰めでギャフンと言わせるのが、サラリーマンの願望を叶えて、つい爽快感を感じてしまうのかもしれません。

      場末のバーでコールドウェルが完璧に浮いていたのに、コロンボは馴染み過ぎて、警察バッジ出すまで警察と思われなかったところが笑えました。そんなコロンボだからアーティも協力したのでしようね。

    2. アーティの嫁が「ローラーゲーム、見に行くんだから!」と云ってるはずですが、ローラーゲーム、今一つ二流のプロスポーツ、貧乏人の娯楽という偏見で消えていったスポーツだったかと。

  17. marrさん、コメントありがとうございます。場面を思い出せるような素晴らしい文章で、感激しています!この頃のコロンボ作品は好きなのが特に多いです。この作品に1票追加しておきます。

  18. こんにちは。
    アーティのいる、薄暗いバーでの描写が素晴らしいです。
    カウンター前に座るのは、まるで死を待つだけのような「土くれ」の男たち。一様におし黙って物憂げにグラスの液体を流し込んでいる。しかもグラスを置くとき音がほとんどしない。
    ビリヤードのかわいた玉音が時おりひびき、換気扇が外からの光をゆっくりとかき回す。
    そんな墓場のようなバーに、サングラスに高級スーツを身に着け、女房殺しという活力あふれる?殺人犯が店内に入って来る。バーに溶け込んでいるような老人たちとの対比で、まるで場違いのコールドウェルという人物像が見事に浮き出ている。私の好きなシーンです。

  19. 海松さま、コメントありがとうございます。コールドウェルは「コードウェル」と表記されているケースも多いようです。ヒュー・コードウェル「Hugh Caldwell」ですね。職業は、現在捜査中です。

  20. 「刑事コロンボ」への愛情に脱帽です。
    次長の友人、コールドウェルの職業を教えていただけますか。(インテリアがすばらしい。)
    次長の家はスペイン風でしたが、リチャード・カイリーの代表作「ラマンチャの男」と関係あるのでしょうか。
    子供の頃にはわからなかった本物のアンティークが使われていて、興味深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.