21話「意識の下の映像」

Double Exposure
1973[第3シーズン 21話]

意識研究所所長で心理学者のケプル博士が、クライアントであるノリス氏を殺害。この作品「サブリミナル効果」を扱った殺人事件として、当時は名称は知らなかったがかなり感動した記憶があります。

大胆な殺害計画

30年前、最初にこの作品を見た当時は主演がロバート・カルプということも知らず、ただただ殺人のトリックに関心したものでした。特に印象的なのは、喉が渇いて廊下に出て来たノリス氏をビデオモニターで確認したケプルが「よし、しめた!」とドアを開けて、「おいノリス」ズドン!と撃つシーン。
でも深く考えてみますと「殺害現場」に第三者が現れる危険性も高く、かなりリスクのある計画でした。もちろん「塩気たっぷりのキャビア」が効いたのでしょうが、他の人も食べるかもしれないし。

本当は、電気スタンドを覗けば見つかってた…

また決定的な結末「サブリミナル効果を使って犯人を捕獲」したことは、この作品の最大の見せ場ですが、拳銃がたくさん展示してある彼の部屋を初動捜査でしっかり調べていれば、証拠の口径変換機が見つかったかも…。しかも、サブリミナル用の写真を撮影しているのですが「この1枚が効いた」という「コロンボ警部が電気スタンドを見ている写真」…。そのまま、電気スタンドを覗けば見つかったのにね。
▲2017年12月加筆 口径変換機の隠し場所をケプル自身の行動で見つけさせることに大きな意味があるのだと再認識。

サブリミナル効果がテーマということで…

証拠の在処を知っていて、犯人ケプルを決定づける行動として、ラストを扱ったらもう少し納得できたかも。小学生(あるいは中学?)当時に見た時は、全然疑問に感じませんでした。今回の再放送を初めて見た人でも、ラストシーンでサブリミナル効果を逆手に取ることが想像できちゃう点も27話「逆転の構図」と比べて、少し見劣りがしました。

正直者を見分ける能力

「呼び出されマグノリアの角に居た。一人だったのでアリバイはない…」というノリス夫人の証言を信じるコロンボ警部。その理由は「犯人ならばもうちょっとマシなアリバイを考える」という。一方では、ノリス氏の浮気話をほのめかすケプル。こっちの方が怪しい…と睨んでいるわけです。

ちょっと間抜けなロバート・カルプ

ロバート・カルプの演技は4話「指輪の爪あと」よりは「憎たらしさ」が抑え気味で、間抜けにも感じました。ただ、どの出演作品よりも「計画性に富んだ殺人」で、その準備段階から緊張感が伝わってくる展開でした。

チャック・マッキャンはグッドな味

この「意識の下の映像」の中で、ぼろんこが最も注目した俳優さんは映写技師のロジャー・ホワイト役:チャック・マッキャン。ケプルの犯行だと気付いたホワイト氏は、ケプルを脅迫し逆に「最も良い解決方法」として殺害されます。

これまで真面目に働いて来たと思われるエンジニアが、金づるに目がくらみ命を落とすことになります。銃で撃たれる直前のホワイトの「怯(おび)え」の演技は、リアリティあふれるものでした。このチャック・マッキャンは、テレビドラマシリーズ:大草原の小さな家の「ジョーンズおじさんの鐘」という作品で、ジョーンズ役で登場しています。

脚線美

本筋ではありませんが、ケプルが制作した企業アピールのフィルムで、演壇を離れる直前のシーン「脚線美」を表現した写真には大笑いでした。

意識の下の映像

監督:リチャード・クワイン
脚本:ステファン・J・キャメル
バート・ケプル:ロバート・カルプ
ロジャー・ホワイト:チャック・マッキャン
ビック・ノリス:ロバート・ミドルトン
加筆:2019年8月24日

“21話「意識の下の映像」” への38件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.