13話「ロンドンの傘」

Dagger of the Mind
1972[第2シーズン 13話]

往年の人気舞台俳優、ニックとリリアン夫妻は業界に君臨するプロデューサーのサー・ロジャーを死なせてしまう。それをロンドン視察旅行中のコロンボが解決するというお話。

意外と人気が高い作品…

海外ロケということもあり「ハメを外した」作品と言えるかも知れません。が、何度も見返すと、作品の持った心地よい雰囲気を理解できるようになります。この「ロンドンの傘」は私の個人的な評価よりもはるかに人気の高い作品で、ぼろんこ独自調査の人気ランク8位に入っています。(2015年4月現在)→人気作品ランキング

犯人の俳優夫妻

邦題の印象とは似合わず、犯人役のキャラクターは明るく描かれています。犯人の舞台俳優夫妻「ニコラス・フレイム:リチャード・ベイスハート」「リリアン・スタンホープ:オナー・ブラックマン」のコンビは、落ちぶれた俳優役ですが、息の合ったお笑いコンビのようにも見え、可愛かったです。劇中の台詞は、題材のマクベスをヒントにしたものが多く、この作品をより一層楽しいものにしています。嫁のリリアンは、有名な女優の割には「劇中の芝居がクサい」ですね、これも面白い演出です。

コロンボ警部は、証拠をねつ造!

刑事コロンボシリーズの中で、よくある解決方法で「証拠を作ってしまう」というのがあります。これは犯人自身に「証拠を作らせる」「決定的な行動を引き出す」ことが美学であると捉えますが、今回は明らかにコロンボ警部が「証拠をねつ造」しました!ダーク刑事部長の「やったな!」という印象的な台詞で幕を閉じます。この「証拠ねつ造」には賛否両論があると思います。

自白したのはニコラスではなく、リリアン。

ラストシーンでは一見、夫のニコラスが自白したと錯覚するが、実は何もしゃべってはいません。気が変になった彼を見て、妻のリリアンが「事故だった、馬鹿なことをした」と自白してしまいました。しかし…事故では済まされません、執事を殺害しています。

ウィルフリッド・ハイド=ホワイトが素敵

被害者のサー・ロジャーの執事:タナー(ウィルフリッド・ハイド=ホワイト)は素晴らしかったです。イギリス紳士とはかくあるもの…という品格。しかし従順のようで「したたか」。ハイド=ホワイトは37話「さらば提督」にも出演。

バーナード・フォックス

ロンドン警視庁(スコットランドヤード)のダーク刑事部長(バーナード・フォックス)はイギリス出身の俳優さんで、29話「歌声の消えた海」で客船のパーサー:ワトキンス役で出演しています。「ボートではなく汽船で…」が口癖の乗務員ですね。

ダーク刑事部長は51話「だまされたコロンボ」で名前だけ再登場しています。

小池朝雄さんは、もの凄く声が枯れていた。

本題には関係ないことですが、今回の小池朝雄は、すごい声でした。お風邪を召されていたのでしょうか。

ウォーカー・エドミストン

これまた、どうでも良いほど些細な場面で、サー・ロジャーの車を洗車していた「ウォーカー・エドミストン」なる俳優さんは、名作の19話「別れのワイン」で、ワインのオークションを仕切っていた人です。

岸田今日子さんが素敵。

リリアン・スタンホープの吹き替えはムーミンなどでもお馴染みの女優:岸田今日子さん。岸田さん亡き今、このロンドンの傘を見るたびに、この素晴らしい声色と台詞まわしで、彼女を感じることができます。時にはオナー・ブラックマンが岸田さんに見えてくるのです。

空港でスリと間違われる。

ロンドン空港に到着したコロンボ警部は、自分の旅行カバンを見失います。このカバンがカミさんのもので、おそらく凄い花模様で派手な紫色。その後、迎えに来てくれたロンドン警視庁のオキーフ刑事と無事出会えますが、この時の握手はまるで腕が契れんばかりの勢いで、笑えます。

劇団のミス・ダドリー

劇団のスタッフ(稽古中にメモをとる、葬儀で泣いている)の女性「ミス・ダドリー」は女優シャロン・ヨハンセンで、18話「毒のある花」のマーチソン博士の場面で登場するマッサージ師の金髪の女性「オルガ」と同一だと思われます。

人形置き場の部屋は、黒のエチュードでも登場。

ブログゲストさんの発見です。蝋人形が置いてあった部屋は「黒のエチュード」で容疑をかけられるポールが演奏するクラブと同じ場所です。階段をみたらわかります。

監督:リチャード・クワイン
脚本:ジャクソン・ギリス
ニコラス・フレイム:リチャード・ベイスハート
リリアン・スタンホープ:オナー・ブラックマン(岸田今日子)
サー・ロジャー・ハビシャム:ジョン・ウィリアムズ
執事タナー:ウィルフリッド・ハイド=ホワイト
ダーク犯罪捜査局刑事部長:バーナード・フォックス
ミス・ダドリー:シャロン・ヨハンセン
加筆:2017年12月27日

“13話「ロンドンの傘」” への48件の返信

  1. こんにちは。先日刑事コロンボの事で検索していてこちらのブログにたどり着き、1話から少しずつ拝読しています。
    たまたまCSのチャンネルでこの13話を放送しているので、初めてコメントさせていただきました。
    劇中でコロンボがダーク刑事部長とランチを取るシーンで、コロンボが店員の紳士に「こちらは女人禁制ですか?」と聞いて変な空気になるのですが、あれは何か意味があったと思われますか?
    紳士が「なぜそう思われました?」と聞きますが、コロンボの答えがないままなので、少し気になりまして…。

  2. タナーを殺しに行く時、車に自転車を積んでいくシーン。
    ここだけ 声が違い 違和感がありました。岸田今日子さんではなかった。
    もう、どれだけ観たでしょう。

    おもちゃの兵隊♬はまだ影もなかっですね。
    新シリーズになってからでしょうか。

  3. ロンドン初めてなんでしょうね、いつも曇りか雨ですが、コロンボの浮き浮きさがなんとも楽しいです。お腹空いてるのに、解剖の報告をされて、何も食べれなくなるコロンボが、殺人課の割に意外と繊細は一面でした。ぼろんこさんおっしゃるように、結末のコロンボの仕掛け(手品?)は、賛否両論でしょうが、家内は”pretty ending”でいい、との感想でした。ダーク警部がコロンボにある程度自由に捜査を許可していて、好感が持てます。コロンボのカメラのフィルムがちゃんと入っていたことを祈ります。

  4. こちらを拝見してますとへぇーとかあぁそういうことか…とか色々発見があって面白いです
    サーロジャーの傘が「レディアスターからもらったもの」だというセリフがありました。『おだまりローズ』に晩年のレディアスターが散歩の途中知り合いと立ち話をすると、あちこちに傘を置き忘れてしまうという逸話を思い出しました
    爆笑しちゃったのは和服姿(なんとも中途半端な!)の日本女性らしき蝋人形。他の作品にも日本を意識した小道具がちょいちょい出てくるので、制作やスタッフは日本ロケも頭にあったのかも、なんて想像してみたりして…
    部長にネタバレする時にコロンボが咳き込んで「どうもちょっと喉が」調子悪いと言ってたので、小池さんまさか…合わせた?
    船越さんが仰ってた通り何回みても新たな発見がありますね

  5. オサピー
    ぼろんこさんがこちらのコロンボファンが集って感想を述べあえるページを作って下さっててホント感謝してます。ありがとうございます♪( ´▽`)
    コロンボ in London! いつものカラッとした雨なんか降らないロサンゼルスの風景と違ったしコロンボ刑事もウキウキしててこちらも楽しくなる回でした。いろんな気付きは皆さんが書き込んでおられるのでもう書きませんが、車のゴージャスさ(ルパン3世が乗ってそうなやつや全て車が必要以上に長〜い)、葉巻、コロンボの自由気ままな海外視察‥‥今なら燃費や性能ばかり重要視される車、公共の場は禁煙、公務員が目的があるようでないような海外視察したら雑誌にスッパ抜かれたら免職も免れない、と思いました。
    なんでもかんでも効率化、コンプライアンス?ガバナンス?にがんじがらめの今とは大違い。。。なんだかうらめしい気持ちになりました。

  6. BSスペシャル投票第7位。ロンドン観光編。これはもしかしたら批評的に言うところのメタ構造ドラマ(ナイナイ笑)。シェイクスピアという大仰な舞台の裏で繰り広げられる殺人というドロドロした悲劇、というにはあまりに人間くさく、いつもの「コロンボ」の知的な完全犯罪ドラマとは一風異なる犯人の愚行が積み重なる人間喜劇というところか。夫婦役の呼吸がぴたりと合い過ぎる程なのに、愚行=喜劇的展開をしているようにしか見えない、殺人劇と呼ぶには悲愴感のない楽しい作品です。しかし、人混みや綺麗な絨毯の上をコロンボが葉巻でスパスパとやってるのに皆平然、というところ隔世の感は変わらず。

  7. 子供の頃にテレビで見た記憶があり、その時は水野張郎が
    「このラストは、もしかしたら無罪になるかもしれませんね」的なことを言っていて覚えています。
    久しぶりに見たら、なんだか犯人夫婦が仲良くていいなあなんて思っちゃいました。
    ここのカキコを見て、最後のシーンを見ていたらやっぱり岸田今日子さんの台詞を
    一部別のかたがされていましたね
    何か放送禁止用語だったのかな・・・
    にしてもサー・ロジャー、簡単に死にすぎですよ

    1. 岸田今日子さんの台詞は、最初にNHKで放送された時、時間の関係でカットされ、その後足された際に、別の声優さんが声をあてたのだと思います。

  8. 歌声の消えた海、闘牛士の栄光よりかなり前に制作されたコロンボ最初の旅先活躍編。
    全体にロンドンの雰囲気が好きな作品ですが、ラストでコロンボが市内の公園らしき施設の階段を登っていくシーンとその時の音楽が何故か子供の時からずっと頭に残っています。
    この音楽、大人になって見直してみると、結構全編で使用されてたのですが、何となくロンドンのどんより感や伝統を表現していてこの作品の格を一段上げている気がします。
    スコットランドヤードのダーク警部。後に同じくコロンボ旅先編の歌声の消えた海で、船員役で再登場したのが嬉しかった記憶がありますが、ラストシーンのセリフ「やったな〜」も忘れられません。
    推理ファンや正義感の強い?方達からは賛否両論ありますが、エンターテイメントとして最高の終わり方と言うのが個人的意見です。

    1. そうですね、ほんと。良い雰囲気の作品です。私は「執事:タナー」のセリフや所作も上品で好きだし、その逆…ちょっと下品な楽屋番のおじさんも楽しい。

  9. この作品は何度見ても楽しさを感じます。特に面白いのは、犯人の俳優夫妻の演技が「臭い」ということです(笑)その演技の「臭さ」が怪しまれる原因にもなっていますね(笑)

  10. 連続投稿失礼します
    あと空港で 鞄がなくなったと 花柄の鞄を手当たり次第に他人の女性(花柄なので女性物なので当然なのですが)のものを なかを覗いている姿が滑稽ですが コロンボらしくて楽しいです
    でも あんなに派手な似た花柄の鞄 何個も都合よくあるものかな(笑)
    あと他の方も 述べられてましたが リリアンの葬儀の時のオーバー過ぎる嘆きっぷり は可笑しいですね
    カーテン越しにコロンボの方を覗いてる姿とか 色々と散りばめられてるので そういう場面も見てて楽しいです
    色々書いてしまいました
    ありがとうございました

  11. 犯人を逮捕するのに コロンボが傘に仕組んだのが合法か否か なんてことはどうでも良いのです(笑)
    私にとっては 他のコロンボ作品でない時にお見かけした印象的で好きな俳優さんが出てる 
    そんな些細なことで好きな作品になったりしてます
    そういう意味ではオナ―・ブラックマンさんがボンドガールでゴールドフィンガーに出てたあの女性だとは全く気が付かず でもコメントされてる方がいて そういわれてみると面影があるので また益々好きになりました

  12. お初です
    このような場所を作ってくださってありがとうございます
    この作品は グレース・ケリー主演のダイヤルM にハバード警部役で出ていたジョンウィリアムズさんがサーロジャー役で出ているのでそれだけで好きな作品です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.