13話「ロンドンの傘」

Dagger of the Mind / 1972

往年の人気舞台俳優、ニックとリリアン夫妻は業界に君臨するプロデューサーのサー・ロジャーを死なせてしまう。それをロンドン視察旅行中のコロンボが解決するというお話。

意外と人気が高い作品…

海外ロケということもあり「ハメを外した」作品と言えるかも知れません。が、何度も見返すと、作品の持った心地よい雰囲気を理解できるようになります。この「ロンドンの傘」は私の個人的な評価よりもはるかに人気の高い作品で、ぼろんこ独自調査の人気ランク8位に入っています。(2015年4月現在)→人気作品ランキング

犯人の俳優夫妻

邦題の印象とは似合わず、犯人役のキャラクターは明るく描かれています。犯人の舞台俳優夫妻「ニコラス・フレイム:リチャード・ベイスハート」「リリアン・スタンホープ:オナー・ブラックマン」のコンビは、落ちぶれた俳優役ですが、息の合ったお笑いコンビのようにも見え、可愛かったです。劇中の台詞は、題材のマクベスをヒントにしたものが多く、この作品をより一層楽しいものにしています。嫁のリリアンは、有名な女優の割には「劇中の芝居がクサい」ですね、これも面白い演出です。

コロンボ警部は、証拠をねつ造!

刑事コロンボシリーズの中で、よくある解決方法で「証拠を作ってしまう」というのがあります。これは犯人自身に「証拠を作らせる」「決定的な行動を引き出す」ことが美学であると捉えますが、今回は明らかにコロンボ警部が「証拠をねつ造」しました!ダーク刑事部長の「やったな!」という印象的な台詞で幕を閉じます。この「証拠ねつ造」には賛否両論があると思います。

自白したのはニコラスではなく、リリアン。

ラストシーンでは一見、夫のニコラスが自白したと錯覚するが、実は何もしゃべってはいません。気が変になった彼を見て、妻のリリアンが「事故だった、馬鹿なことをした」と自白してしまいました。しかし…事故では済まされません、執事を殺害しています。

ウィルフリッド・ハイド=ホワイトが素敵

被害者のサー・ロジャーの執事:タナー(ウィルフリッド・ハイド=ホワイト)は素晴らしかったです。イギリス紳士とはかくあるもの…という品格。しかし従順のようで「したたか」。ハイド=ホワイトは37話「さらば提督」にも出演。

バーナード・フォックス

ロンドン警視庁(スコットランドヤード)のダーク刑事部長(バーナード・フォックス)はイギリス出身の俳優さんで、29話「歌声の消えた海」で客船のパーサー:ワトキンス役で出演しています。「ボートではなく汽船で…」が口癖の乗務員ですね。

ダーク刑事部長は51話「だまされたコロンボ」で名前だけ再登場しています。

小池朝雄さんは、もの凄く声が枯れていた。

本題には関係ないことですが、今回の小池朝雄は、すごい声でした。お風邪を召されていたのでしょうか。

ウォーカー・エドミストン

これまた、どうでも良いほど些細な場面で、サー・ロジャーの車を洗車していた「ウォーカー・エドミストン」なる俳優さんは、名作の19話「別れのワイン」で、ワインのオークションを仕切っていた人です。

岸田今日子さんが素敵。

リリアン・スタンホープの吹き替えはムーミンなどでもお馴染みの女優:岸田今日子さん。岸田さん亡き今、このロンドンの傘を見るたびに、この素晴らしい声色と台詞まわしで、彼女を感じることができます。時にはオナー・ブラックマンが岸田さんに見えてくるのです。

空港でスリと間違われる。

ロンドン空港に到着したコロンボ警部は、自分の旅行カバンを見失います。このカバンがカミさんのもので、おそらく凄い花模様で派手な紫色。その後、迎えに来てくれたロンドン警視庁のオキーフ刑事と無事出会えますが、この時の握手はまるで腕が契れんばかりの勢いで、笑えます。

劇団のミス・ダドリー

劇団のスタッフ(稽古中にメモをとる、葬儀で泣いている)の女性「ミス・ダドリー」は女優シャロン・ヨハンセンで、18話「毒のある花」のマーチソン博士の場面で登場するマッサージ師の金髪の女性「オルガ」と同一だと思われます。

人形置き場の部屋は、黒のエチュードでも登場。

ブログゲストさんの発見です。蝋人形が置いてあった部屋は「黒のエチュード」で容疑をかけられるポールが演奏するクラブと同じ場所です。階段をみたらわかります。

監督:リチャード・クワイン
脚本:ジャクソン・ギリス
ニコラス・フレイム:リチャード・ベイスハート
リリアン・スタンホープ:オナー・ブラックマン(岸田今日子)
サー・ロジャー・ハビシャム:ジョン・ウィリアムズ
執事タナー:ウィルフリッド・ハイド=ホワイト
ダーク犯罪捜査局刑事部長:バーナード・フォックス
ミス・ダドリー:シャロン・ヨハンセン
加筆:2017年12月27日

“13話「ロンドンの傘」” への86件の返信

  1. 【原題解釈】
    Dagger of the Mind
    直訳すると、「空想の(想像上の)短剣」。
    マクベスに「A Dagger of the Mind」というマクベス自身の台詞として出てきます。
    不勉強な私は「殺意」と解釈しました。
    それにしても、Dagger of the Mindはスタートレックのエピソードのタイトルにまでなっていますので、欧米人にとってシェイクスピアは、台詞を覚えておくくらいの基本中の基本とも言える教養なのかもしれません。畏るべし。

  2. ・小池朝雄が声を枯らしている(風邪?)んだから、銀河万丈も真似しないといけない。
    ・蝋人形館の蝋人形、何回見ても似てない。関根勤なら「似てねえ~」って言いそう。
    ・旅番組っぽい。世界の田舎者と言われる、(主な視聴者である)アメリカ人もイギリス旅行気分で楽しかったのではないか。
    ・コロンボが読んでいる新聞の見出し「The Butler Did It」は決まり文句。人が死んでいるというのに、さすがはsense of humourの国であります。
    ・このオナーブラックマンの声に岸田今日子は合っているが、「007ゴールドフィンガー」なら合わなさそう。

  3. 最後のシーンで、待たせてあった車(勝手に待っていたタクシー?)に乗らず、ロイヤルアルバートホールに向かって階段を駆け上がるコロンボ。蝋人形館は、Royal College of Musicという建物だったようです。

  4. NHK-BSで初の鑑賞です。
    名優揃いの印象ですが、吹き替えも良かったですね~。
    モーガンの立て付けの悪そうなドアはご愛嬌。
    オナー・ブラックマンさんの可愛らしい姿はゴールドフィンガーのクール&ビューティーな印象とは真反対で新鮮な発見でした。
    ロレックスは腕に付けていなかったようでしたが。
    名古屋の「ひつまぶし」じゃありませんが1回目は吹替で、2回目は原語+字幕、3回目はぼろんこ様のブログを参考にして重要なシーンを繰り返し再生。
    いつもこんな感じで楽しんでおりますが、好きなエピソードが一つ増えました。

  5. コロンボ、イギリスに参上!
    好きな作品のひとつです。
    コロンボが話を聞くために、雨が降る中を歩いているシーンがありましたが、そういえば、雨が降っているシーン自体、珍しいように思いましたが?

  6. 犯人夫婦が捜査をかく乱するために「“サー”ヘンリー・アーヴィングのマクベスの本」をロジャーに貸していたと言っていますが、
    ヘンリー・アーヴィング(1838~1905)は実在のイギリスの俳優です。
    1895年にはナイト(“サー”)の称号を授けられていますが、俳優としては初だったそうです。

  7. おじゃまします。
    ボクはこの「ロンドンの傘」は好きなエピソードなので何回か観ていますが、今回ふと思ったことがありました。
    ダークさんとコロンボ警部が「女人禁制」(!?)のクラブで鑑識医と会話するシーンは、ボクにはわりあい重大なシーンと思ったのですが、吹替えが小池朝雄さんでない。ということは、このシーンは当初カットされていたと考えられますが、なんでこの場面をカットしちゃったのでしょう??
    「カットされたロンドンの傘」を観たくなりました〜

    1. このシーン、絶対にあった方がよいと思います。だって、これでダークさんはコロンボの主張する他殺説に傾くわけだから。

  8. 英国らしい音楽にのせて、ロンドンの町並み、衛兵交代、テムズ川、タワーブリッジ、マダムタッソー等、ロンドンの観光名所満載の映像の中にコロンボがいるという違和感(笑)それだけで楽しめます。

    リリアンを演じたオナー・ブラックマン、どこかで見たことが…マクロン仏大統領のブリジット夫人に似てませんか?
    スタイル抜群で表情が豊か、特に目を大きく見開いた時が迫力満点でした!

    1. 目を大きく見開いた時というのは、ベッドで新聞の劇評を読み上げるシーンですね。たしかに印象的でした。

      1. 印象的というより、子供心に怖かったです(笑)
        それと、ムーミンの声の人なの!って、二重にビックリした記憶があります。

  9. ミスタービーンでも見ていたロンドンの風景よりも更に古い時代のロンドンの、しかも味のあるフィルム撮影の映像が印象に残りました。

    コテコテの観光客みたいにはしゃぐコロンボ刑事のシーンがコミカルで楽しい回でした。

  10. オープンカーのリヤの荷台にトランクを括りつける。
    英国ぽくってカッコイイ!
    タナーさんの慇懃無礼で皮肉の効いた執事っぷりもいかにも英国的。最高!
    タナーさんのお家も良いなあ。
    あんなところに住みたいです。

  11. 前に見たときから違和感がありました。
    スコットランドヤードでダーク刑事部長と
    出逢って、ダーク刑事部長の車に乗って
    サーロジャー宅へ向かうシーンです。
    スコットランドヤードからのジャガーの
    タイヤはホイール周りがクリーム色ぽっかったですが、
    サーロジャー宅に入って来たジャガーのタイヤは真っ黒でした。
    ラストの蝋人形館の前に停まっていた
    ジャガーのタイヤのホイールはまた
    クリーム色っぽかったです。
    ロケ地によって車を替えていたのでしょうかね?

    1. おじゃまします。
      確かにタイヤとホイールカバーが違うように見えますね。
      ナンバープレートや屋根のアンテナは同じなのに、、、
      思わぬしくじりだったのかもしれませんね。

      1. ナンバープレートまで確認しておりませんでした。
        録画せずに見ていたので、そこまで確認しませんでした。
        たんていさん、流石です。

        1. コロンボに登場する車に関しては、Googleで「配役される車 車の博物誌」と検索すると最初に見つかるM-BASEという山田耕二さんの記事が参考になるかと思います。もちろん、今回のジャガーの件も書かれていて、しかもなかなかマニアックな視点なので面白いと思います。車好きの方はぜひ。

  12. この作品が初めて放送された頃は家庭用ビデオデッキの黎明期で、もちろんわが家にそんなものはなくカセットテープに録音して何度も聴いていました。今でも何本か残っていますが、当時の吹替え陣の力量で脳内再生していた映像の方が記憶に残っています。
    コロンボがロンドン市内を歩き回るシーンでは、手持ち撮影風に動きを追うドキュメンタリーのような手法が使われていますね。他の作品ではあまり例がなく、海外に行っていることを強調するためでしょうか。
    懐かしのパンアメリカン航空も涙モノですが、天下のヒースロー空港の手荷物受取場があんな会議室みたいな狭スペースなのは?ですね(笑)。

    1. <カセットテープに録音して何度も聴いていました

      私もやってました!
      しかもテレビの横にラジカセ置いてそのまんま撮り(笑)

      <今でも何本か残っています
      それは貴重!

      <当時の吹替え陣の力量で脳内再生していた映像の方が記憶に残っています
      御意!!!

  13. 去年の投票スペシャルで観たばかりですが、今回改めて気づいたのはさすがロンドンロケスペシャル?長尺だったんですね。クラブでの食事シーンで、先ず昔の(ホームズの時代?)のジェントルメンズ・クラブ(でいいのかな?)のステロタイプなイメージをコロンボに言わせて、ダーク刑事をムッとさせ(※でもまだ、あるみたい?)、次のダーク刑事とコロンボと検視医のブラックユーモアなやり取りが楽しい。コロンボが一生懸命、検視写真を、視線を逸らしたまま(笑)ダーク刑事と検視医の間を回す、それでも食欲無くしてチーズ一つ口に入れない(笑)。声優ですが、岸田今日子さんは無論ですが、ニコラス役の故・高橋昌也さんも生前、味のある役者さんでした。そこで思い出したのですが私、新劇のことは素人ですが、小池朝雄さんが亡くなられた時、どなたかが「『コロンボ』よりもシェークスピア俳優として」これからもっと活躍できる人だったと早逝を惜しむ記事がありました。

  14. オナー・ブラックマンが亡くなりました。007の「ゴールドフィンガー」でも知られた女優さんですが。ご冥福をお祈りします。

  15. ぼろんこ様
    なんとまあ読み応えのある楽しいブログをありがとうございます!
    現在外出制限令の出ている欧州の小国から、毎日日本の92歳になる母とフェイスタイムをしているのですが、今日コロンボの話題が出て「奥様は魔女」のドクターボンベイがコロンボに出ていたことがある、と言うので検索したところ、こちらのブログにたどり着きました。ああ、「ロンドンの傘」だったんですね。彼がイギリスの俳優だとは知りませんでした。ちなみに、彼の上に写真のあるウィルフレッド ハイド ホワイトは、1964年のオードリーヘップバーン主演のミュージカル「マイフェアレディ」のピカリング大佐でしたね。私もほとんどの作品をNHKの初回放送で見ているファンです。これからもちょくちょくよらせていただきます。

    1. マイ・フェア・レディ 1964年版のオードリー・ヘップバーンに求愛する若者の役者さんが 後にシャーロックホームズを長く演じたジェレミーブレッドさんと思います。コロンボとははずれますが。

  16. こんにちは。先日刑事コロンボの事で検索していてこちらのブログにたどり着き、1話から少しずつ拝読しています。
    たまたまCSのチャンネルでこの13話を放送しているので、初めてコメントさせていただきました。
    劇中でコロンボがダーク刑事部長とランチを取るシーンで、コロンボが店員の紳士に「こちらは女人禁制ですか?」と聞いて変な空気になるのですが、あれは何か意味があったと思われますか?
    紳士が「なぜそう思われました?」と聞きますが、コロンボの答えがないままなので、少し気になりまして…。

    1. クラブでの「女人禁制なんですか?」というやり取りをめぐりコロンボとダーク刑事部長と給仕の間に流れる不思議な空気。
      今まで流して見ていたのですが、ポッキーさんのコメントを読んで興味が湧き、昨日少し調べてみました。と言ってもWikipedia頼みです(笑)

      まずクラブの意味を知る必要があります。

      Wikipediaによりますと
      《イギリスにおけるクラブについて》
      イギリスでは16世紀の「フライデー通り」が最初の近代的クラブとされているが、クラブという組織形態が普及したのは17世紀後半になってからである。当時、喫茶店と社交場の機能を兼ね持つコーヒー・ハウスがロンドンを中心に増加していたが、コーヒー・ハウスで交流していた客のうち、共通の趣味・話題を持つ者同士でコーヒー・ハウスの一室を借りて定期的に集会を開く人々が現れた。これがクラブの起こりである。コーヒー・ハウスがそうであったように、クラブもまた、上流・中産階級の男性を会員とし、女性会員は認めていなかった。

      とあります。

      そしてコロンボは「クラブって言うからスポーツクラブか何かだと思いましたよ。」と言っているところから、彼は全くイギリスのクラブの意味を理解していないと分かります。
      それに対してダーク刑事部長は
      「古風な店でしょ。父の時代から変わっていない。」
      それに対してコロンボはこう質問します。
      「するとやっぱり女人禁制ですか?」
      このセリフ。英語字幕だと下記の通り全然違うことを言っています。

      My father was an Elk once, till my mather stopped him.
      「私の父親はエルクだったんですよ、私の母が辞めろというまで」

      そこでエルクとはどのような団体のことなのかというと、

      「アメリカの友愛秘密結社のひとつ。”赤鹿”の意味。正称はエルク慈善援助結社。1868年に劇団の俳優がニューヨーク市で創設。女人禁制であった。」
      秘密結社というとフリーメイソンが有名ですがウィキペディアのフリーメイソンの中にもこのような記述があります。

      フリーメイソン関連の作品
      『刑事コロンボ』
      1973年/シーズン 2 エピソード 5(14話)「偶像のレクイエム(Requiem for a Falling Star)」にシュラインのリングが登場。

      (13話「Dagger of the Mind」ではコロンボが「私の父親はエルクだったんですよ、私の母が辞めろというまで」と言う。エルクはフリーメイソンとは別の友愛団体Benevolent and Protective Order of Elksのメンバー。)

      このロンドンのクラブは上流階級の人々を相手にする極めて敷居の高いクラブであると見られます。
      一方、何も知らないコロンボがアメリカの全く違う性質の団体のことを引き合いに出したので、刑事部長は当惑して返す言葉を失ってしまう。

      そして、さらに給仕がコロンボに質問します。「どうして女人禁制だとお思いに?」
      この給仕はエルクが女人禁制ということを知っていたと思われます。

      しかしコロンボにしてみると、自分は女人禁制なんて一言も言って無いのに(英語版では)どうしてそんな質問されるのか分からないため、言葉に詰まってしまいます。

      コロンボのクラブに対する理解不足により、全くちぐはぐなやり取りになってしまった、ということなのかなと個人的には理解しました。

      その国の文化を知っていないと理解出来ない表現があるという例ですね。そのまま訳したのではおおかたの日本人には理解されないし、別の表現に置き換えると全く違う意味になってしまう。映像翻訳の限界かもしれません。

      1. すみません、ちょっと補足です。
        給仕が「どうして女人禁制だとお思いに?」のシーン
        この質問、日本語の字幕を見ると、
        「女人禁制ですから。」
        となってました。
        これだけの贅沢なご馳走があるから女性には内緒なんですよ、男性だけのお楽しみということを言いたかったのかもしれません。

      2. あの気まずい雰囲気の訳がわかりました。コロンボの台詞が聞き取れず、いや聞き取れたとしても「エルク」でつまっていたと思います。ありがとうございます。個人的には背景音楽も素晴らしく、この回は気に入っております。

        1. “エルク”はBlu-rayの英語字幕が無いと分かりませんでした。聞き取りは難しいです。

          そのあとの検死医の話を聞きながらの食事シーンですが、もしかしたらヒッチコック監督に対するオマージュかなぁと思いました。彼はイギリス人で、グロテスクな食事シーンを扱った映画(フレンジー)がありましたから。

          とにかくイギリス文化を楽しく紹介しているのがいいですね。
          私もこのエピソードがとても好きになりました。

  17. タナーを殺しに行く時、車に自転車を積んでいくシーン。
    ここだけ 声が違い 違和感がありました。岸田今日子さんではなかった。
    もう、どれだけ観たでしょう。

    おもちゃの兵隊♬はまだ影もなかっですね。
    新シリーズになってからでしょうか。

  18. ロンドン初めてなんでしょうね、いつも曇りか雨ですが、コロンボの浮き浮きさがなんとも楽しいです。お腹空いてるのに、解剖の報告をされて、何も食べれなくなるコロンボが、殺人課の割に意外と繊細は一面でした。ぼろんこさんおっしゃるように、結末のコロンボの仕掛け(手品?)は、賛否両論でしょうが、家内は”pretty ending”でいい、との感想でした。ダーク警部がコロンボにある程度自由に捜査を許可していて、好感が持てます。コロンボのカメラのフィルムがちゃんと入っていたことを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.