53話「かみさんよ、安らかに」

Rest in Peace, Mrs. Columbo / 1990

殴られるコロンボ警部でした

この作品は決して私の好きな「刑事コロンボ」ではありません。解決手段で、刑事コロンボシリーズ特有の「ひっかけ技」を持ち出していますが、犯人から「人でなし」と殴られる場面も登場しました。2話「死者の身代金」でも、レスリーの娘マーガレットに殴られたのですが、今回はもっとリアルでした。

賛否両論が激しく分かれる

ストーリー展開は一般的なコロンボ作品ではありません。葬式の出席者の回想シーンが繋がっていて、これまでにない独特の味を醸しています。

意外と支持される作品でもある…

一般的なコロンボ作品とは異なる…という点は、発言を撤回できないのですが、この作品がお好きだという方が割と多いのは事実です。コロンボ警部が「かみさんを愛している」風のラストシーンは、私も好きです。62話「恋に落ちたコロンボ」でも、同様の雰囲気を味わえますね。

初期作品びいきのオールドファンからの評価はなかなか得られない傾向ですが、形式に拘らない視聴者にはウケるようです。むしろ活発にご意見を頂けるようで、興味深いですね。

ラモンが作るチリは最高だった…

コロンボ警部は補佐役の刑事と一緒に入った「行き着けのレストラン」でチリを注文しますが、いつものシェフ「ラモン」がメキシコに帰ってしまったため味が変わってしまい、店にクレームをつけています。果たして、ラモンは「ティモシー・ケリー」なのでしょうか?

ロザンナ・ホフマンが再登場

家を買うお客さんの役で「二枚のドガの絵」の美術学校生トレーシー・オコーナー(ロザンナ・ホフマン)が出演しているとの情報を得ました。前作より約20年後の彼女…次回この点にも注目して見たいです。

ベニー刑事

26話「自縛の紐」のトライコン工業のエレベーターの警備員を演じた「エド・マクレディ」が後半の葬儀場面で登場する刑事(車に乗ってくる)役で16年ぶりに再登場しています。

ヘレン・シェイヴァー

ビビアンを演じる女優ヘレン・シェイヴァーは、本作の5年前に「ビビアンの旅立ち」という映画に主演しています。何かの縁を感じますね。

監督:ヴィンセント・マケヴィティ
脚本:ピーター・S・フィッシャー

ビビアン・ドミートリー:ヘレン・シェイヴァー
ベニー刑事:エド・マクレディ

加筆:2020年8月1日

“53話「かみさんよ、安らかに」” への39件の返信

  1. 犯人ヴィヴィアンに共感する部分が無かったです。夫を愛するあまりとは言え、コロンボに対する恨みは逆恨みとしか言い様がありません。話の展開にも無理があるし(コロンボとの再会はうまく出来過ぎ)、ラストの平手打ちは後味悪かったです。

    しかし、第6話「二枚のドガの絵」の美術学生を演じたロザンナ・ホフマンを拝見出来たのが嬉しかったです。小さな役だったので、見逃しそうになりました。20年の歳月を経て、あのマッシュルームカットの可憐な女性から、落ち着いた美しい中年女性になっていましたね。
    彼女について、ちょっと調べてみました。

    生年月日: 1938年8月12日
    生まれ: アメリカ合衆国 ペンシルベニア州
    死亡: 2016年5月20日, アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンタモニカ
    配偶者: リチャード・レヴィンソン (1969年 – 1987年)

    夫のリチャード・レヴィンソンは、ウィリアム・リンクと共に刑事コロンボを生み出した名脚本家。
    Blu-rayに付属していた解説によると、今回脚本を手掛けたピーター・S・フィッシャーが故レヴィンソン夫人である彼女をゲストに招いたそうです。

    ピーター・S・フィッシャーと言えば、第25話「権力の墓穴」はじめ、数々の名作の脚本を担当した方ですね。ラストのコロンボの自宅かと思わせて犯人をハメる手法は、「権力の墓穴」のアパートの一室の有名なラストシーンを彷彿とさせました。

  2. みなさん、深いコメント!ありがとうございます。「かみさんよ、安らかに」もう一回見たくなりました、今後研究を深め加筆します!

  3.  BS-TBSの放送はまた「殺人処方箋」から、週末飛び飛びに再開するようです。
     この回が引っ掛かっている方は是非、NHK-BSプレミアム土曜午後放送の『名探偵ポワロ・杉の柩(ひつぎ)』をご覧下さい。犯人逮捕の様子、犯人の吹替が酷似しています。
     10月15日土曜16時00分からです!未見の意欲的なファンにはネタバレになっちゃったかなー。

  4. 初めまして
    最近、コンプリートBOXを買って鑑賞していまして。
    そこのレストランで出て来た「ガーニ」って何だろうって事が
    どーも頭に引っかかってしまいましてね。
    まあただの付け合わせの事だったんですが。
    調べているうちにたまたまこのブログを見付けてコメントなんかを読ませて頂きました。
    コロンボ愛に溢れたとても良いブログですね!
    それで、そのレストランでの会話
    そのお話の女性は、あなたが本で読まれた実例は、本当に復讐を行ったのなら、
    その責任は被害者本人にあったことを本人に伝えたはずですよ。
    そうしなければ満足感は無いでしょう。お分かりですか?
    の部分なんですが、勘違いされる方も多いかもと思いまして。
    ここで言う被害者とはチャーリー・チェンバース
    ヴィヴィアンが犯人なら、チャーリーに
    「夫はお前のせい死んだ。お前が悪いのだ」と夫の復讐である事を伝えたはず
    と言っているのです。
    それは転じて、復讐の対象であるコロンボを殺す時
    自分が復讐の為にチャーリーを殺した。
    奥さんはあんたを苦しめる為に殺した。
    そしてあんたも復讐の為に殺すのだ。
    と告白するはずだと忠告しているのです。
    これは冒頭のヴィヴィアンのモノローグのセリフ
    「何故こうなったか分からないでしょう?いずれ私からよく説明してあげる。
     でもその時はあんたには何も出来ないの」
    に繋がっているわけです。
    その言葉の意味を理解したのでコロンボは
    「はい。はい先生。よく分かりました。完璧に!」
    と言ったわけです。
    ヴィヴィアンを騙して自白させようと決意した瞬間です。
    そして精神科医は、成功を祈ってグラスを上げるのです。
    今回の犯人は、不正と殺人を犯して捕まった夫が刑期中に心臓発作で死んだ事を
    不正を告発したチャーリーと捕まえたコロンボのせいにするという身勝手な人物。
    自分の復讐が思った通りにいかなくなった時、
    罵りながら暴力を振るうのも当然の行動の様に思います。
    とても素晴らしい脚本だと思いました。

  5. 否定的なご批判も多いこの作品ですが、個人的には嫌いじゃありません(^^)。
    ぼろんこさんが冒頭でご紹介されているように、この作品は一般的なコロンボ作品のように殺人から解決まで、時系列的には描かれておらず、ラストシーンに近い葬式のシーンと参列者の回想シーンのエピソードを繋げています。
    こういう編集の妙を見せてくれる作品は、コロンボでは珍しく、近年の海外ドラマではよく見られる手法です。
    ただ、コロンボ作品ならではの「ワザ」を見せてくれるなら、各回想シーンで1つか2つの疑問点を残して置いて、それを最後の謎解きシーンで一気に解決してくれるような、「ネタ」を仕込んで置いても良かったような気がします。
    例えば一見、本編とは無縁のようなコロンボの小用があって、カミさんへ連絡を取ろうとするが、それが様々な事情で繋がらない。話が進むにつれて、ひょっとしてカミさんに何かあったのでは?・・・と、思わせておいてラストシーンの電話で事件と共に解決・・・・とか。
    ちなみに作品タイトルと葬式のシーンでカミさんの「死」を連想させますが、風邪で寝込んでいた事情からすれば、「Rest in Peace」は「安らかに」ではなく、「(静かに)おやすみ」的な意味合いが強く、見事引っ掛けられましたね。

  6. 俺は全編通じてコロンボシリーズの好きでなかった部分は「かみさん」の話がしつこいところでした。
    初期は、容疑者をイラつかせたり油断させるための手段に過ぎませんでしたが、後になるほど(おそらく「歌声の消えた海」あたりから露骨になってきた)愛妻家コロンボ、は最大のチャームポイントとして強調されるようになり、犯人とともに辟易しながらかみさんエピソードを聞き流していたものです。
    その後さらにその傾向は誇張され続け、ついにスピンオフ「ミセスコロンボ」が、そして本編でもかみさんを中心にしたこんなエピソードが作られてしまった。
    部下の新顔ブレイディ刑事のキャラもよかったし、精神科医とのエスカルゴをめぐるやりとりもよかった。ハインリッヒなんて男が作るチリなんか食えるか、と文句言うシーンも笑った。全体にコロンボかとげとげしい印象だったけど、めまぐるしいコロンボの捜査シーンはなかなか面白かっただけに、偽の葬儀シーンとか毒盛られる演技とか、かみさん関連のところだけざっくり削ってちゃんと作ってほしかった、と言う印象です。

  7.  新刑事コロンボ、「かみさんよ、安らかに」には、毀誉褒貶があるようですね。でも私は大変感慨深く鑑賞しました。特に、女性がその心の内に潜ませる「闇の部分」を見事に描いた点は、高く評価できると思います。 私は、能が好きでよく能楽堂へ出かけるのですが、この「かみさんよ、安らかに」を見て、能の「鉄輪」(かなわ)を思い出しました。この能は、「若い女に夫を取られ嫉妬に狂い、二人を呪い殺そうと貴船神社へ丑の刻参りに出かけた妻が、陰陽師である安倍晴明にその企みを阻止される」という話です。
     どちらの作品も、「愛する人を失った悲しみを、暴力や呪いで復讐しようとする女性が主人公ですが、その望みは結局は叶えられません。そしてその悲しみが、何とも言えない「後味の悪さ」を残します。(そのことがお気に召さない方も多いのでしょう。)
     しかし「それもいつわざる人間の姿なのだ」と思うと、納得できます。
     能「鉄輪」で感じた「人間の心の闇の深さ」を、新刑事コロンボ「かみさんよ、安らかに」で図らずも実感した次第です。

  8. 昨日、あまりにもはっきり批判的に書いてしまい
    新・刑事コロンボがお好きな方もいらっしゃるのに、申し訳ございませんでした!
    私は、ここまで世界観が変わってしまったシリーズを受け入れることができなかった・・・
    じゃ、黙ってろ!ですよね?
    好きだった作品だけに目をむけることにしますね、反省~

  9. 新・刑事コロンボと旧作のコロンボ
    とのあまりの作品の違いに悲しく唖然とするしかないのですが、しかし10年たっても20年たってもガマンできませーん。
    品のある、知的な作品の雰囲気は極端になくなって
    下品な薄っぺらいただのミステリードラマになってしまいました・・・
    もし、旧作のコロンボが存在していなくて
    新・刑事コロンボのみのシリーズであったとしたら
    ここまで世界中で愛されることはなかったでしょうね。
    間違いなく!
    ポアロの映像は、そのテイストは変えずに最後まで完結していました。
    A・クリスティの作品のみを映像化しましたからね。
    それは一番大きかったとは思うのですが、
    映像スタッフはドンドン変わっていったはずです。
    しかし映像は守られていました。
    新・コロンボの作品全体に流れている、アメリカンな低俗な品の無さは、意識的にあえてやったのでしょうが
    その意図するところがどうしてもわからないのです。
    ピーターフォークが金髪女好きで、アクション好きで、
    その趣味をわがままに作品に押し付けたのでしょうか?
    回りはそれをストップすることもできなかったのでしょうか?
    う~ん、わからない・・・
    フィッシャーのような、素晴らしい脚本家はいくら探しても他に見つからなかったのでしょうか?
    世界中に才能ある作家はたくさんいるはずです。
    すみません!まだまだ沢山文句が一杯あります!
    品の無い俳優、音楽、セット、日本の声優も好きではなかったです。
    少しでも作品を安っぽい感じになるようスタッフ皆で
    がんばってるようにさえ見えました。
    そして、なんとかピーターフォークの刑事コロンボを
    終わらせよう!もう金が無いのだから!
    と、思えてならないのです。
    は~12月30日の師走に長々と申し訳ないです!
    どうしても文句を書きたかったです、お許しください。

  10. コロンボと精神科医との会話が、一つの見せ場です。
    精神科医は、医師の倫理によって、ビビアンのことを名指しで説明をする
    ことができない。よって、コロンボは遠まわしに訊くしかない。
    コロンボは、その状況を考慮して、準備怠りなかった。
    精神異常とか病的行動とかの本を借りて読んでいたのだ。さすがだ。
    コロンボ:それに実例がありましてね。
     ある女性が、夫の死はある人物の行動によるものと感じた。
     しかし、彼女の復讐の執念は、その当の人物には向けられなくなって、
     その妻に向けられた。
     これは、滅多にないことなんでしょうか?。
    精神科医:そんなことはありませんよ。
     極端なケースでは、そういう思い込みはよくあります。
     あなたは私の夫を奪った、だから妻を奪ってやる。
    コロンボ:その実例ではですねえ、その結果、逃げおおせる見込みなんて
     全くなかったんですねえ。
    精神科医:逃げるつもりはなかったハズです。それどころか、
    恐らくその男の責任であると気付かせる行動に出たでしょう。
    コロンボ:それで終身刑を受けることになってもですか?。
    精神科医:それは問題ではなかったでしょう。
    精神科医:そのお話の女性は・あなたが本で読まれた実例は、本当に復讐を
     行ったのなら、その責任は被害者本人にあったことを本人に伝えたハズ
     ですよ。そうしなければ満足感は無いでしょう。お分かりですか。
    ここで文脈上の矛盾がある。
    ここでの被害者とはある人物の妻だ。妻に伝えても仕方ない。
    被害者本人ではなくて、当の人物へ伝えなくては無意味だろう。
    まあ、夫も被害者と言えますが、より大きな被害者とは妻の方です。
    ビビアンは、別にコロンボを殺す気など全くなかった。
    それよりもコロンボを生かして、自分と同じ苦しみを与えたかっただろう。
    だが危険を冒しても、いつかはコロンボの責任であることを伝えない訳には
    いかない。
    ビビアンにとっては、コロンボがマーマレードを食すなどは想定外だった。
    しかし、夫ピートの逮捕と死とは、コロンボの責任であったことを
    コロンボにも思い知らせてやらなければならない。
    それを伝えるのは、どの時点を想定していたか?。それは葬儀直後ではない。
    その後の成り行きを見て、遠まわしに伝えるつもりだっただろう。
    その構想が、一瞬に潰えてしまった。激怒するのも無理はない。
    コロンボとは、本当に”ひとでなし”だな。

  11. この作品への反響の多さには驚きます。2票追加します。未だ多くのコメントにお答えできませんが、お時間を頂き改めてお返事いたします。

  12. 渋い魅力のリーランド・セントジョン役のイアン・マクシェーンにふれてませんねぇ~。
    コロンボは車も魅力で今回は、赤いSLでした。

  13. こんにちわ
    アンティークの椅子に座る場面があったように思いますが、死者のメッセージの時と違ってしっかりした椅子だったようですね。

ヨタンボ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.