39話「黄金のバックル」

Old Fashioned Murder
1976[第6シーズン 39話]

美術館の館長ルース・リットンが、大切にしている美術館の売却を企む理事(弟)のエドワード・リットンを、警備員ミルトン・シェイファーとの同時発射の相撃ちに見せかけて殺害します。

ジョイス・ヴァン・パタンが可愛い

女系ファミリーを楽しく描いた作品です。女性らしさを捨てた犯人ルース・リットン[ジョイス・ヴァン・パタン]が、かえって美しく感じられる作品でした。ジョイス・ヴァン・パタンは27話「逆転の構図」にもシスター役として出演しています。

ブログ訪問者さんからの情報

37話「さらば提督」で、シオドア・アルビンスキー刑事を演じた「デニス・デューガン」は、(1973年 – 1987年の間)「ジョイス・ヴァン・パタン」の夫だったそうです。彼は63話「4時02分の銃声」で監督をつとめています!

悲しい物語に、滑稽なキャラクター

逆に姉のフィリス(セレステ・ホルム)は自分を「美しい」と讃えますが、画面には美しさよりむしろ「滑稽さ(気絶・裾踏まれ)」が漂っています。この「裾踏まれ」のギャグは33話「ハッサン・サラーの反逆」でも炸裂しています。

トリックには疑問が続出

犯行の仕掛けとしては、疑問点が多く残ります。男性二人、弟エドワード(ティム・オコナー) vs 警備員シェイファーで、ほぼ同時に拳銃を発射して相撃ちとなり両者が死にました。シェイファーはその時、兄に電話していて留守電には銃撃音が一発録音されています。現場の電話は、シェイファーが撃たれたので受話器がぶら下がったまま。どう考えても不自然。コンマ数秒発射がずれれば、どちらか生き残るはずだし、2丁の拳銃の音が1音に聴こえるはずがない。

誰が灯を消したんでしょう?

そこを大目に見たとして、「二人が同時に死んだ後、誰が灯を消したんでしょう?」という、コロンボ警部の大疑問は、他の作品と比較しても「かなり明瞭ですっきりした着眼点」です!これは、エドワードの書斎で、誤って灯を消してしまうルースの「倹約癖」のシーンとも連動しています。犯行現場で電話のトリックを忘れずに実行した後に、これで完璧…とばかりに灯を消してしまうのです。

邦題は「黄金のバックル」

ややもすると、全体のストーリーとはあまり深く関係しない証拠品にスポットが当たった邦題。「黄金のバックル」は後半で殺人容疑がかかる姪のジェニー(ジェーニー・バーリン)が、このお宝を「灰皿」として扱ったことから容疑が晴れること。そしてこの証拠品は、自分を最も愛してくれたはずの叔母ルースが「自分に罪を着せる」ための小道具であった…というかなり悲しい事実が背景にあり、まぁ納得できる邦題とも思えました。
原題の「Old Fashioned Murder」は「古風な殺人」とでも直訳できそうです。ルースは今回の二重殺人のずっと以前にもう一人殺していたようにほのめかされますが、もしそれが明るみになれば、家族を守ってきた気丈な叔母さまから「父親殺し」へと転落してしまう…。その駆け引きがラストシーンの数分間にありました。

ジェニーは誰が産んだ子であったか…

壁にかかった絵を見て、ルースが「姉にピーターブラント夫人の座を奪われた」と過去を振り返るシーン。姪のジェニーについて…「私が産んだかもしれない娘です」「そう、それで我が子ののように可愛いのでしょう」と語っています。

この「そう」という言い方で、私はジェニーがルースの子ではない…と想像しています。その他には決定的なシーンがありませんので、見る人の想像にお任せします…ということで良いのかな(笑)

過去を暴いて、犯人を落とす作戦

それにしてもコロンボ警部の凄さはこのように「今担当している事件の解決」はもちろん、犯人の過去の秘密をも暴いてしまうことです。そして犯人にほのめかし、犯行を自供させる。これは多くの作品で見られますね。14話「偶像のレクイエム」は過去の秘密そのものがテーマになった作品です。

ティム・オコナー

被害者の一人エドワード・リットンの俳優はティム・オコナーで、17話「二つの顔」では弁護士マイケル・ハザウェイを演じていました。どちらも、なかなか印象に残る演技でした。

ただしルースとの会話「ヴィクトル・ユーゴー」「オスカー・ワイルド」のくだりは、劇文学に精通していないと笑えないかも。ちなみに、オスカー・ワイルドは「幸福な王子」、ヴィクトル・ユーゴーは「レ・ミゼラブル」などの著者。
 

リットン博物館

リットン博物館はL.A.市内のマウントセントメアリーズ大学のドヘニーキャンパスです。ネットで写真検索すると、タイトルバックに使われた外観写真を見ることができます。→ リットン博物館(コロンボマップ)

 
監督:ロバート・ダグラス
脚本:ピーター・S・フェイブルマン
ルース・リットン:ジョイス・ヴァン・パタン
エドワード・リットン:ティム・オコナー
フィリス・ブランド:セレステ・ホルム
ジェニー・ブランド:ジェーニー・バーリン
etc.
加筆:2015年11月30日
 

“39話「黄金のバックル」” への27件の返信

  1. コロンボさんがドラマの中で髪を切っていましたね❔❗️花粉症だったとは・・・・・・・・・・美容院の名前が知りたいわ🎵教えて!щ(゜▽゜щ)フィリスさんのひょうきんさに笑ってしまう♥️あっぱれ☺️

  2. 子供の頃に再放送されていた刑事コロンボを父親が録画してくれていて何度も観ていました。
    黄金のバックルは私の中ではあまり思い出にありません。
    観た回数もそんなに多くないと記憶しています。
    節約の癖で明かりを消してしまったけれど、彼女は姪に死体を発見させています。
    姪は何故発見する前に明かりをつけなかったのでしょう?
    そこが引っかかってモヤモヤしてしまっていました。
    姪は、死体を発見させた上に罪をなすりつけようとした叔母を何故最後まで庇うのでしょう
    なんだか物哀しいストーリーでした。

    それでも「刑事コロンボ」は大好きな作品なので今でも何度も観ています。

  3. この作品は決して評価は高くありませんが、ルースとコロンボが二人きりのシーンでルースが「この事件には共犯者がいますね・・・」と語りだし、コロンボが「そうです!!私も真相はそれに近いんだと思います」のシーンが、私は45作品の中で一番好きで何回も観ています。闘牛士の栄光の「何となく動機が分かったような気がするんだが・・・誰も信じてくれそうにないんだ・・・」歌声の消えた海の「そっ、そいつが犯人。でも喋っちゃダメだよ」などもそうですが、コロンボの頭の中の事件の因果関係やどんな風に可能性を考えているのかを結び付ける構想の一瞬を垣間見る事ができるのがとても嬉しいんです。そしてこの鋭さとのんびりしたアンバランスさに観ていてとても癒されます。自分が刑事なら会って2分で犯人だと確信した相手にしかも自分を毒殺しようとしたのに「オヤジはただ炒め焼きって言ってましたけどね」なんて言いながら毒入りワインそこらに置いて一緒に料理を作り、味はどうですか?なんて聞けませんからね(笑)(美食の報酬より)

  4. ひびきさん、素敵なメッセージをお寄せくださり、ありがとうございます。この作品は独特の雰囲気がありまして、わたしも大好きなのです。何度見てもあきませんね。他の方の感想も参照して、2票加えておきますね。

  5. この作品の、美術館という世界観が好きです。
    湿っぽくて薄暗く日のあたらない部屋で、冷え冷えとした温度感。
    過去を存分に吸い込める空間だからこそ、彼女は愛したのでしょう。
    彼女に、輝く未来は描けなかった。
    過去の亡霊とともに暮らす日々だった。
    自己の居場所は「ここだけ。」と譲れなかった。
    苦しみを癒した場所であり、憎しみをぶつけた、唯一の心の開放空間だった。
    親友とでも呼べる存在が、そこだったのでしょう。
    幸福の絶頂から絶望のどん底へ落とした犯人はだれ?
    本来は姉を、殺したい程憎むはずでしょうに・・・。
    心の底にしまいこみ、憎しみの矢を元婚約者に射た。
    男性的な嫉妬の表現方法ですね。
    本来、女性の嫉妬は、恋人・夫を奪った人に向くのが多いそうですが。。
    彼女はむしろ、裏切った当人を処罰したのですから。
    直截的です。
    でも、姉の悲しみは生涯続く。
    それが姪を犯人に仕立て上げた理由の一つとも思えました。
    大切な家族を一人、また一人と失う姉の苦悩を目の当たりにして、恨みを晴らす。
    一石二鳥の罰を姉に与えられるチャンス。
    二度と男なんか信じるものですか!!
    という彼女の信念の声が聞こえるようです。
    でも。
    最後にコロンボに出会えたことで、彼女の男性不信・人間不信が激減・氷解したのではないか?
    と、そんな希望を持てたラストでした。
    もしコロンボに出会えずにあの世に行っていたなら、彼女の心に一生明かりは灯らなかったと思えるのです。
    厳罰を受けるその前に、コロンボという信頼できる男性・人間に出会えた彼女の心は、明るく暖かくなっていったのではないか?
    いや、そうあってほしい!
    と願う気持ちでいっぱいです。
    過去に生きる、のではなくて。
    今を生きることの大切さを、彼女からも教えられました。

  6. コロンボは花粉症だったんですね。
    初対面の時から、コロンボの犯人センサーに合致する絵に描いたような
    殺人犯でした。語れば語るほどにね。また、通話記録が無視されました。
    フィリス姉のノー天気には、許しがたいものがあります。
    アンタのお陰で、こうなったんだろう!!。
    エドワードやシェイファーさんは、アンタが殺したようなものだ。
    それをその後も気付かされないままで過ごすなんて、ったく信じられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.