34話「仮面の男」

Identity Crisis
1975[第5シーズン 34話]

28話「祝砲の挽歌」に続き、パトリック・マッグーハンが犯人:ネルソン・ブレナー役で再登場しました。この後の新シリーズでも登場しますが、この作品「仮面の男」での顔が最もマッグーハンらしいかもしれません。

壮大なスケールの作品が続く

壮大なスケールで描かれた二作品、33話「ハッサン・サラーの反逆」と35話「闘牛士の栄光」に挟まれたこのお話も、犯人がCIAの情報部員であるという意味で、凄く大げさな背景でした。

登場人物は豪華

「もう一つの鍵」のレスリー・ニールセン

まず、殺されるジェロニモ(A.J.ヘンダーソン)は、7話「もう一つの鍵」で、ベス・チャドウィック(スーザン・クラーク)の婚約者ピーター・ハミルトンを演じたレスリー・ニールセンです。

→ジェロニモのホテル(脚本中:ビルトモアホテル)

ヴァル・アヴェリー

海岸のバー「シンドバッド」のオーナーは、12話「アリバイのダイヤル」25話「権力の墓穴」などに出演している、ピーター・フォークの「盟友」で「名優」の「ヴァル・アヴェリー」

ヴィトー・スコッティ

演説している男性:サルヴァトーレ・デフォンテは、19話「別れのワイン」20話「野望の果て」など、たびたび刑事コロンボシリーズに出演している名脇役の「ヴィトー・スコッティ」

クレーマー刑事

補佐役の刑事は、コロンボシリーズ中で最もなじみ深いクレーマー刑事「ブルース・カービー」。今回も可愛い演技を見せてくれました。

アンダーソン検死官

追いはぎ天国で、初動捜査にあたる検死官の一人:アンダーソンは、バーク刑事Bの「ジェローム・グアルディノ」と良く似ていますが、おしらく別人で「カーメン・アルジェンツィアノ」という俳優さんです。

部長は「奥様は魔女」のラリー

CIAのコリガン部長役は、奥様は魔女のダーリンが勤める広告代理店の社長「ラリー」でお馴染みのデヴィット・ホワイト。今回はシリアスな役でしたが「奥様は魔女」のコミカルなラリー の印象が強く、見ていて笑ってしまいました。。

バーバラ・ローデス

遊園地の女性カメラマン:ジョイス役のバーバラ・ローデスは、7話「もう一つの鍵」にも出演しています。(加筆2010年7月27日)調べてみました。また、この遊園地のロケ先はロサンゼルス動物園ではないかと思われます。

→バーバラ・ローデス

シンドバッドはどこにあるか?

海岸のバー「シンドバッド」は撮影データでは、街の中心部より南の「ロングビーチ」がロケ現場だと言うことです。しかし台詞では「サンタモニカ埠頭」のシンドバッドという設定。さらに、「二人はロングビーチの遊園地(南方面)」で会ったことになっていますが、撮影現場は「ロサンゼルス動物園(北方面)」らしいです。

クリフ・カーネル

写真屋のオヤジ:ドン役の「クリフ・カーネル」は、9話「パイルD-3の壁」でウイルソン巡査、12話「アリバイのダイヤル」でクレメンス刑事役で出演しています。

遊園地での二人の行動は不可解

コロンボ警部の捜査上で大きな手がかりとなる遊園地での写真。犯人のブレナーと被害者のジェロニモが再会し、秘密の打ち合わせをする場所が遊園地なのですが、ここでのブレナーの行動が大疑問。射的ではしゃいで店主に印象づけたり、ジョイスに記念写真を撮られたり、少女にぬいぐるみをプレゼントしたり、やりたい放題でしたね。

広告会社の人の証言で身元がバレる

コロンボ警部とクレーマー刑事は、ヘンダーソンの成りすましを暴き、パイクのロングビーチ遊園地を手がかりに、写真に写っているサングラスの男を見つけた。そこからブレナーの身元がなぜ分かったか?
遊園地から広告会社にとんぼ返りし、社員に写真を見せたのでしょう。コロンボは「広告会社の人が、サングラスの男はブレナーだと教えてくれた」と説明しています。ブレナーは広告会社と面識があったのです。(加筆:2013年1月16日)

CIAの情報部員が超大金持ち

戦歴も誉れ高く、経営コンサルタントとしても有名。それにしても、半端でなく家が豪華!もの凄いプールで十人近いゲストが泳いでいるし。こりゃ、悪いことして蓄財してますって、自分で言っているようなもので、「二重スパイで荒稼ぎ」って、CIAは見抜けなかったんでしょうかね?
→交通遊園地の所在地(動物園)

変装した老人の顔がエリック・プリンスに似てるか?

メルビルを事故に遭わせる「スタインメッツ」はブレナーが変装したものですが、その顔が後にマクグーハンが演じる67話「復讐を抱いて眠れ」のエリック・プリンスに雰囲気が凄く似ています。これは実際に、マクグーハンが老けたということもあるのでしょうが、比較してみると面白いです。

 

ブレナー邸で人生を語る二人。

後半のシーンで、ブレナーはコロンボを自宅に誘います。署に戻る必要があると一旦は断わりますが、日を改めて邸に出向くことになります。ここでブレナーはお酒を振る舞いますが「百薬の長としては、何が望みか?」とコロンボに尋ねます。シンドバッドのオーナーが「毒は何にします?」と言い回したのと対照的で面白いです。
中国の麻雀セットを見せてもらったコロンボから「ギャンブルがお好きなんですね?」と尋ねられ「それ以外、何がある?」と答えるブレナー。コロンボ作品の中には、ギャンブル好きの登場人物が多く出てきます。
ブレナーは数々の成功を収め名誉も富も手に入れたのに、退屈な人生だと評しシラけた口調です。コロンボ警部がブレナーの部屋で珍しいものを見てハシャイでいるので、何とも不思議な会話になっています。

ネルソン・ブレナー邸はウォード・ファウラー邸

ネルソン・ブレナー邸と38話「ルーサン警部の犯罪」のウォード・ファウラー邸は同一です。人の背丈ほどもありそうな大きな暖炉が目印です。→ネルソン・ブレナー邸の場所

監督:パトリック・マクグーハン
脚本:ウィリアム・ドリスキル
出演:ネルソン・ブレナー:パトリック・マクグーハン
ジェロニモ:レスリー・ニールセン
クレーマー刑事:ブルース・カーヴィー
コリガン部長:デヴィット・ホワイト
サルヴァトーレ・デフォンテ:ヴィトー・スコッティ
ジョイス:バーバラ・ローデス
  
加筆:2015年11月30日

“34話「仮面の男」” への39件の返信

  1. 二度目のコメント失礼します。
    大倉崇裕さんのお気に入りと以前書きましたが、僕個人としては本作はまあまあクラスの出来だと認識していました。特に、最初観た時は淡々とした演出のクライマックスが物足りなく感じていたのです。しかし、今日もう一度観てみたら不思議な味のある快作と考えを改めました。
    とにかくコロンボvsCIAオペレーターという題材が他にはない輝きを放っています。まず遊園地で撮られた写真から被害者とのつながりを突き止める、という異質な展開がいいですし、射撃ゲームでパーフェクトや、女の子にパンダをプレゼントなどユニークな場面が溢れており、時々見返したくなるような作品です。
    犯人がコロンボに葉巻をすすめて語り合うくだりは『祝砲の挽歌』の再来のようであり、ブレナーがどこか自分とは相容れないはずのコロンボにシンパシーを感じているようなところも似ているように思います。アリバイトリック自体は大したことありませんが、国際ニュースを決め手に使うのはこの作品にこれ以上なくマッチしたものとも言え、いくつもの点で一回目よりずっと面白く観られました。何度かの鑑賞に堪えうるあたり、さすが旧刑事コロンボと実感しました。

  2. 失礼、勘違いでした。
    旧ソ連のアフガン侵攻も1978年で、中国がオリンピックをボイコットしたのは台湾参加が理由でした。

  3. これ、1975年の作品ですよ。「オリンピック」とは、モントリオール大会のことだ。

  4. ちなみに上記の「アフガン侵攻」とは、旧ソ連によるものです。
    この作品は、当時の冷戦構造や中国との当時の経済関係~中国はオリンピックから手を離せても、我々の大豆からは手を離せないでしょう、という演説~を想起させる場面を、非常に自然にストーリーに入れ込んでいること、
    またそれが、話の筋にうまく絡んでいる…、そこが魅力的なんですね。ブレナーが朝鮮戦争の英雄であることも、アメリカの過去の栄光、今はなき栄光を象徴しており、核戦争一歩手前という国家の存亡がかかったキューバ危機では、「副産物」~葉巻に象徴される不正な蓄財~を行い(葉巻をコロンボに自慢気に差し出す場面で見るものに不正蓄財を悟らせる演出の妙!)、そして冷戦構造が固定化しアメリカの栄光も地に落ちた今(作品当時)は、不正蓄財した金でパーティとギャンブルに明け暮れる~ギャンブル以外人生に何がある、とうそぶくブレナー。
    地方警察の一警部によって犯罪を暴かれ逮捕されることをブレナーがすんなり受け入れたのは、コロンボがブレナーの「生き方」を理解し一部ながら共感さえしたからだと、私は理解しています。
    有名な推理作家がこの作品の奥深さを感じ評価されている、と幾つか前の書込みで紹介されていましたが、私流の解釈なので間違っているかもしれませんが、犯罪の動機をそういった社会的背景と犯人の生き様にうまくリンクさせたこと、そしてコロンボが事件を解決していくキーにしていったところに、この作品の奥深さがあるのだと思います。
    私はコロンボファンが皆そんな感じでこの作品を見ているものだと勝手に思っていましたが、「面白さがわからない」という意見に接して、改めてなぜ私が面白い、傑作だと感じるのか、考えるよい機会をいただきました。
    ありがとうございます。

  5. ぼろんこ様、投票ありがとうございます。
    この作品は、西側諸国がモスクワ五輪をボイコットした後、次のロス五輪を東側諸国がボイコット表明した頃の作品なんですね。確か、モスクワボイコットの理由はアフガン侵攻だったかと…。
    犯人のブレナーが活躍した朝鮮戦争の頃がアメリカの絶頂期で、その後のキューバ危機あたりでは、CIAとして、時には二重スパイとして暗躍したのでしょう。
    その後70年代に入るとベトナム戦争の泥沼化と敗戦によるアメリカの権威失墜、それとともにCIAのあり方も問われ始めた頃でしょう。
    そんな時に地方警察の一警部に殺人と二重スパイを暴かれるとは!
    何ともはやです。私には、一見さえない感じのコロンボが天下のCIAを出し抜くのは、もの凄く爽快ですが…。

  6. >ところで声優が(コロンボとブレナー)が3回ほど入れ替わっていたようですが、後年編集し直しでもやった影響でしょうか?
    当初のNHKのテレビ版では、ところどころシーンがカットされていて、のちにCSで完全版が放映されるにあたり、カットされた欠落箇所の吹き替えをしたのですが、小池朝雄氏などすでにお亡くなりになっている方もいて、別の声優が声をあてています。

  7. この頃BSで見た後、このブログを見るのが日課になっています。
    今回のエピソードは、やや複雑なので一度見たのでは理解できなかったので録画で改めて見ました。
    このエピソードも傑作の部類に入ると思います。
    ブレナーはコロンボに捜査から手を引かせようと圧力をかけたり攪乱しようとするが、次第に人間コロンボに惹きつけられて、敬意を表するように見えました。
    容疑を以外とあっさりと認め、小話を興じる姿は凶悪犯とは言え清々しく感じられました。
    ところで声優が(コロンボとブレナー)が3回ほど入れ替わっていたようですが、後年編集し直しでもやった影響でしょうか?

  8. 初投稿です。いつも楽しく読んでます。この作品のポイントは、コロンボが当初から被害者が銃を携帯する特殊な職業だと見抜き、犯人と動機の当りをつけた上でいつもの心理戦で追詰め、スタインメッツに化けさせて正体を暴いたところ。初見は中学生でよく分らなかったけど、40年ぶりに見て改めて傑作だと思います。

  9. 講演の原稿書いてて「中国がオリンピックに参加しない」ということを事前に知っていて、
    それでアリバイ崩れるということですが、
    ブレナーが「私は中国が参加しないと確信して
    その原稿を書いた。」と強弁できる気もしますが。

  10. 犯行を認めた経緯が意味不明で、全然おもしろくない。
    朝早出して録音をした事実が、なせ直接的に前日犯行の証拠になるのか
    全然分からない。全くつながらない2つの事実でしかない。
    なぜウソをついたか?。そんなもの、どうとでも言い逃れできる。
    朝鮮戦争で勇名を馳せ、CIAにおいては二重スパイという危険を冒して
    大金を得、それを隠すためにジェロニモ殺害まで犯したのに、
    なぜ、あっさりと犯行を認めるのか??。
    まったく理解できません。
    全体通して緊張感が全くない。
    ほんとうに面白くないし、あり得ないストーリーだ。

  11. トレモニさん>名わき役=ヴィトー・スコッティですね(笑)
     
    テッドさん>小話の直訳!ありがとうございます。興味深いので、後日本文に加筆させてください。
     
    すぴっつさん>おぉベストだと!‥敬意を表し1票加えます。

  12. コロンボファンで有名な福家警部補シリーズの作者、大倉崇裕さんが「仮面の男」をベストとして挙げていました。正直ミステリー的に優秀な作品ではないが、独特な演出、吹き替えの妙などで人を中毒にさせる、恐るべき魔力を秘めた作品、とのことでした。この大倉さんのコメントを読んで、刑事コロンボはミステリー云々ではなくてひとつのドラマとして楽しむべきなのだとわかりました。

  13. 最後の小話の件ですがあるサイトに載っていたスクリプトを読みました。
    直訳するとこんな感じです。
    コロンボ:面白い話しましょうか?
    ブレナー:是非
    コロンボ:今日中国は気を変えましたよ
    ブレナー:またかい?
    コロンボ:ゲームに戻るそうです(オリンピックの事をオリンピックゲームズと言うので)
    ブレナー:ゲームにね ああ麻雀(というゲーム)にね
    コロンボ:そう麻雀に
    コロンボがオチを先に言われてしまったところが面白いのではないかと思えるのですが、 もしかしたら違う解釈なのかもしれません。訳しにくいので日本語台本は創作されたんですね。訳した方の苦労がしのばれます。

  14. ずいぶん、平然と淡々と無表情で罪を認めたもんだよね。
    コレって、往生際が良すぎないだろうか??。そこに違和感があります。
    人生の成功者が一瞬に奈落の底へ落とされるんですよ。
    精神的にも強そうな犯人なので、もう少し抵抗を示しても良いのでは?。
    中国のオリンピック不参加の一点で、状況が一転してしうのもへん。
    多少の間違いやウソなら、日常あり得ますね。
    名わき役の演技は、相変わらず笑えますね。

  15. レスリー・ニールセンは、コメディ俳優の印象が強いらしいようですね。
     
    デヴィッド・ホワイトの吹き替え「早野寿朗」さんについては、今回のBS-TBSの放送で確認します。

  16. CIA部長役のデヴィッド・ホワイトは映画「アパートの鍵貸します」を観てるときに「あっ!」っていう感じで気がつきました。
    NHK版の吹き替えは、「奥様は魔女」のラリーと同じ、早野寿朗さんだったと記憶しております。

  17. 「アリバイのダイヤル」同様、アリバイを崩しただけで終わりというのは納得しがたい。
    ただし、スパイ(彼ら曰くオペレーター)という要素をバリバリに使ったユニークなシナリオは良かったです。
    パトリック・マクグーハンが何か不気味でありながらカッコイイ。
    あとレスリー・ニールセンもカッコよかった。
    家弓家正さんのシッブい吹き替えも相まってクールでした。
    ニールセンが志村けんとコントで共演していた動画を見たんですが、全然イメージが違う。
    ニールセンの代表作「裸の銃を持つ男」シリーズも見てみたいです。

  18. なかさんコメントありがとうございます。よく考えると…あまり意味の分からない小話かも知れません。(笑)
    ポーカー(ブレナー=ポーカーフェイス?)とマージャン(中国)が賭けをして、はじめはポーカーが優勢、ところが後半…逆転。
    ブレナーの完全犯罪は、中国によって阻まれた…というかんじでしょうか。

  19. ぼろんこ様はじめまして
    まずぼろんこで調べてからコロンボを見ています。
    質問ですが、最後の小話の意味がわかりません。どうかよろしくお願いします。 なか

  20. 名前なんて符牒です さん、プリズナーずきさん
    コメントありがとうございます。、
    確かに…プリズナーNo.6繋がりですね!私は見ておりませんが「一部に熱狂的なファンをもちカルト的な人気を保っている」そうですね!

  21. 哀愁のヒアル論さん、コメントありがとうございます。「首をすくめるような(デ・ニーロみたいな?)演技」ですか!鋭いご指摘です。私は気づきませんでした~次回見る時に注目します。

  22. フライデーさん、古畑作品もお好きなのですね!『バカボンの
    パパのお面』は見たことがある(気がします)。もう一回見たいな~。

  23. CIAの話と有って、なにか話が重々しく
    見ていて少し肩のこる(笑)エピソードですね。
    この回のアリバイ崩しは『朝に流れた中国
    オリンピック不参加のラジオニュース』でしたが、
    これは古畑任三郎では、桃井かおりの『バカボンの
    パパのお面』の元ネタでしょうねぇ

  24. BSでの再放送を見ていました。
    昔見ていた頃には見えていなかった(自分に関心がなかったために目に入らなかった)ものがいっぱい見えて面白いですね。
    さて、コロンボがブレナーの若きころの写真を彼の部屋で見るシーン、航空機の前での写真を見つけるところで、細かい台詞は忘れましたが、「スポーツカーにも乗ってらっしゃって」あたりで、画面の右上に飾ってある写真は
    「スーパー7」です。
    プリズナーへのオマージュかと思われます。
    プリズナーの放映自画像かどうかまではわかりませんが、車は
    スーパー7シリーズ2、No6の自宅らしき建物の前で撮影されています。

  25. ぼろんこ様、はじめまして。
    AXNミステリーでの「刑事コロンボ」放送を見てこちらにたどり着きました
    「プリズナーNo.6」であれほど「番号なんかで呼ぶな!」と言っていた男に「名前なんて只の符牒です」なんて言わせるなんて監督、やるなぁと思っていたらまさかのご本人とは(笑)

  26. はじめまして。
    図書館でVHS(吹き替え)借りて観ました。
    ぼろんこさんの解説、なるほどと思いました。
    ワインや高級葉巻の件、CIAとの遣り取りなど、冗長な部分が多かったかなと思いました。
    あんなに金持ちなんだから、もっと嫌味なキャラにすれば良かったと思うんですが割といい人(?)で感情移入が出来ませんでした(この犯人役の方、C・イーストウッドの『アルカトラズからの脱出』の刑務所長役は素晴らしかったんですが)。
    コロンボが犯人の家を去るとき、首をすくめるような(デ・ニーロみたいな?)演技をしてましたがP・フォークは他の作品でもこういう仕種はしていましたかね?

  27. すじこさま、コメントを頂きありがとうございます。
    「ブレナーに会いに行く場面」の怪ですね~。
    コロンボ警部とクレーマー刑事は、ヘンダーソンの成りすましを暴き、パイクのロングビーチ遊園地を手がかりに、写真に写っているサングラスの男を見つけた。そこからブレナーの身元がなぜ分かったか?
    遊園地から広告会社にとんぼ返りし、社員に写真を見せたのでしょう。コロンボは「広告会社の人が、サングラスの男はブレナーだと教えてくれた」と説明しています。ブレナーは広告会社と面識があったのです。
    次に録音の時間が違っていた件です。
    コロンボは最後の切り札として「中国のオリンピックボイコットのニュース」を持ち出しました。ここで注目したいのが「でっかいウソをついてますね!」と、ブレナーに迫ったことです。なぜウソをついたのか?これをCIAに追求されれば、不利な状況証拠が次々に露呈するでしょう。一番ヤバいことが「スタインメッツ(仮面の男)」のでっち上げです。
    ということで、ブレナーは観念したものと思われます。
    私も小学生から見ています。刑事コロンボというドラマは、トリックの無矛盾性(整合性)よりも、むしろ「人物描写やセリフ、話の運びを楽しむ」というご意見にも、同感ですね~。

  28.  ぼろんこさま、初めまして。
     小学生の頃にワクワクしながらコロンボの放送を見ていた世代の者です。年末年始に撮りだめしたものを少しづつ見ておりまして、気付いたことをネットで調べていたのですが、同じヵ所を指摘する人が見当たりませんでしたので、突然ですみませんがこちらに書かせていただきます。
     遊園地で写真を見つけるくだりまではよいのですが、そこからいきなりコロンボがネルソン・ブレナーに会いに行く場面につながります。そこに無理があると感じました。写真があったとしても、それですぐその人の氏名や会社の所在地がわかるというのは飛躍のし過ぎだと思います。まずその写真に写った人物の身元を探す手順になるはずです。その説明が見当たりませんでした。謎です。
     もう一つ。最後のコロンボの謎解きも、ただ録音の時間が違っていたことがはっきりしたというだけであり、殺人に関与していたことは何も証明していません。会社で仕事はしていなかったもしれないけど、家で音楽を聴いていたのかもしれません。あれで観念する人はいるかなぁと思いました。
     でも昔の記憶のせいか、気に入っている場面がたくさんあり不思議です。コロンボの面白さは論理的な推理を楽しんでいるようで、人物描写やセリフ、話の運びを楽しんでる部分が相当大きいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.