9話「パイルD-3の壁」

Blueprint for Murder / 1972
私は小学生の頃に初めて刑事コロンボシリーズを見て、それ以来のコロンボファンなのだが、第1シーズンの中で最も記憶に残っていたのがこのパイルD-3の壁。建築家のエリオット・マーカム(パトリック・オニール)が出資者のウィリアムソン氏を殺害し、しかも「死んだように見せない」要するに「生存しているが行方不明」に見せるというお話。
→エリオット・マーカムの事務所

大胆な死体遺棄計画

原題の「Blueprint for Murder」にはパイルという単語が入っておらず、ぼろんこ風に訳すと「殺人の青写真」といった感じ。邦題「パイルD-3の壁」は一見、殺害のトリックを題名にしてしまっている気がするが、むしろそれよりも最後にコロンボ警部が語った「一度捜査された場所に、遺体を隠そうとした」という、犯人エリオット・マーカムの「恐るべき大胆な死体遺棄計画」が見どころだったのでしょう。

緊張感の漂う掘り起こしシーン

工事現場でパイルを掘り起こすシーンでコロンボ警部が缶コーヒーのようなものを飲み干す場面には、リアルさを感じます。しかし、マーカムの言動から死体遺棄計画を察知したコロンボ警部は、その作戦に乗じた形で一度パイルを掘り起こし、まんまと罠にかかった「演技をしていた」というのです。それを承知でもう一度見てみると面白いです。
→工事現場だと思われる場所

わかりやすい手掛かりが…

今回は、割と分かりやすい「容疑者特定」のヒントもあります。ウィリアムソンシティの一件で、建築家マーカムと出資者ウィリアムソンの仲が抜き差しならぬ状況だった証人が複数存在します。カーラジオの不思議を発見したことは、コロンボ警部ならではの観察眼ですが、殺人(死体遺棄)行為の最中、被害者の車のカーラジオを自分の好きな音楽にチューニングし直すことは不自然で、視聴者にわかりやすくストーリー展開させるために必要だったと想像できます。

無駄だとは思わせないシーン

また、遺体移送中の車が高速道路でパンクし、白バイ警官にトランクを開けられそうになり困る場面は、ラストの解決シーンに向かう中では無意味にも感じますが、犯人の「あとは遺体を捜査後のパイルに埋め直せばすべて終わる…」という、最後の大仕事を前にした心情を描いているのでしょう。

犯人を捕獲するエンディングは見事

ラストシーンは圧巻です。「指輪の爪あと」「白鳥の歌」でも同じ手法です。暗い中で犯人が決定的な行動を起こす最中に、スポットライト(車のヘッドライト)などが突然照射され、獲物を捕らえるというもの。この効果は絶大で、度肝を抜かれた犯人は、潔く観念します。(指輪の爪あとのブリマーは、それでも抵抗しようと試みましたが…)

建築局では待たされたあげく…

建築局で待たされるシーンはとてもユニーク。技術課ではさらに長い行列ができていて。その果てに担当者(ロバート・ギボンズ)お昼休み。少ない台詞で淡々と描かれますが、楽しいです。

ジャニス・ペイジ

被害者ウィリアムソン氏(フォレスト・タッカー)の前妻ゴールディ役のジャニス・ペイジはとても印象に残りました。犯人エリオット・マーカム役のパトリック・オニールは、43作「秒読みの殺人」にもフラナガン役で出演しています。

パメラ・オースティン

若い奥様役はパメラ・オースティン(当時31才)で、ジャニス・ペイジ(当時50才)と比べると確かに若い。それでもペイジは50才にしては若く見えますね。

ジョン・フィネガン

現場監督のカール(赤いヘルメット)はジョン・フィネガンで、ダフィー警部や新シリーズの「バーニーの店」オーナーなども演じる名脇役です。

エリオット・マーカムが聴いていたクラシック音楽

マーカムの事務所で血染めの帽子について思案する場面では、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を聴いていました。特に第2楽章が印象的。その他、モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番-第1楽章、ベートーベンの弦楽四重奏曲第1番-第1楽章も使用されているらしいです。これらは今後確認します。

監督:ピーター・フォーク
脚本:スティーブン・ボチコ
エリオット・マーカム:パトリック・オニール
ウィリアムソン:フォレスト・タッカー
前妻ゴールディ:ジャニス・ペイジ
妻ジェニファー:パメラ・オースティン
カール:ジョン・フィネガン
 
加筆:2015年3月9日 

“9話「パイルD-3の壁」” への62件の返信

  1. 車をパンクさせたマーカムが白バイ警官から求められて見せた免許証と車検証(?)。免許証に貼ってあった写真はマーカムではなく何と(コロンボの警察バッジに貼ってあるのと同じ)コロンボです。小道具係が間違えたんでしょうね。

  2. 「ウィリアムソン・シティ」のネーミングって、おべっか使い過ぎ!て感じがします。
    理想の街の提案なのに、個人名付けるって。
    普通なら「フューチャー・シティ」とか「スマート・シティ」とか。
    (我ながらセンス無し)
    「コイツの名前付けときゃ、この田舎者は喜んで金出すだろ」って魂胆ですかね?

    1. 設計士のエリオットはウィリアムソン氏を完全に見下している感じがします。
      もう少し丁寧に理想の街の説明すればよかったのにとも思います、残念。

      今回、殺害の動機は充分なものがある感じで、設計士に少し同情したくなりました。
      しかし、コロンボ氏の方が完全に一枚上手でしたね。

      ウェスタン好き親爺の改造キャデラックも再放送で細かい部分まで確認できましたが、いかにもありそうな感じで笑っちゃいました。

  3. >建築局で待たされるシーンはとてもユニーク。技術課ではさらに長い行列がでいていて。

    ここ誤植があります。
    長い行列がで【い】ていて【。】
    ではなく、
    長い行列がで【き】ていて【、】
    だと思われます。
    修正したら、この書き込みは消してください。

  4. 建設局を訪れると、部屋の外まで行列が・・・。
    コロンボ、いったん部屋の中に行列の長さを確認しに行って、戻ってきて
    しぶしぶ(?)最後列に並ぶ。
    その後、列が進んで部屋の出入り口付近までコロンボが進んでいますが、
    そのシーンでコロンボの次に並んでいる人にご注目。そして、画面を巻き戻してください。
    その人、コロンボが部屋から出てきた際、コロンボの後を追うように部屋から出てきています。
    服装と顔が同じなので同一人物で間違いありません。
    なぜまた並んだのでしょうか?
    なぜ一度目で用事をすべて終えなかったのでしょうか?
    ひょっとして、コロンボと同じで、列の長さを確認しに行って出てきて並んだだけなのでしょうか?
    エキストラなので、特に深い意味はなく、無名役者の単なる使いまわしでしょうかね?

  5. 第一シーズンは試行錯誤のエピソード群が並んでいますがその掉尾を飾る意欲作ですね。ウィリアムソンが死んだと分からない=行方不明にしなければならない、という困難な動機と設定に挑む犯人とコロンボ、おまけに早くもピーター・フォーク自身に監督をさせた試み。この時からピーター・フォークは、コロンボがどこで犯人の目星をつけるか、の演出を視聴者に分かりやすく伝えることを意識しているように思えます。
    そうそうゴールディのマッサージ嬢は原語で「ドウゾヨロシクコロンボサン・・・」日本人の設定でしたねえ。
    犯人が思いがけず関係者の愚行に揺さぶられる展開も悪くない(先例が「死者の身代金」にありますが)。それにもましてコロンボに誘導されるんじゃなくてコロンボを当初の計画通りに誘導しようとする犯人の知的心理戦の応酬は見応えがあります。
    コメディとしてはモス博士とコロンボのコントも楽しいですが、やはりハイライト(笑)は「お役所仕事」具体的なことやリアリティは分かりませんが何となく通じる、このストレスは洋の東西を問わないようですね。今でも笑える。そう、「コロンボ」で色あせないのはコメディシーンです、と断言します。

    1. ほんとですね!
      元夫人のマッサージ嬢、映像でもお辞儀をしていたので、そうなのかな?とぼんやりと人物設定を想像していましたが、なるほど原語で聴くと彼女の全セリフが日本語なんですね。しかもネイティブじゃない日本語。アメリカ人の考える日本人のイメージなんでしょうか。まあ、ポジティブに表現されているので良しとしましょうか。
      で、その女性への返事でコロンボがお辞儀しながら「さよなら、シー」って言っています。最後の”シー”はスペイン語でしょうか。ご存じの方にご教示いただきたいのですが。

      1. マッサージ嬢Mikoのことをコロンボは吹き替えでは礼儀正しいとか一緒にいたら肩が凝るかもしれないとか評していますが、原語では「(英語じゃないから)なんと言ったかわからない」だけですね。

  6. コロンボDVD鑑賞2周目に入りましたが、すごい。これがナンバーワン候補の一つとなりました。コロンボの悩む姿も見れましたし、証拠隠滅をよく考えたなぁ、ずるがしこい!負けそうでしたが、コロンボがbriliantと言いつつも目がおどけた感じでなく据わっていたのは、絶対許せんからな、というコロンボの気持ちが伝わってきましたね。最後、容疑者が「建築家と殺人もな」と言ってましたが英語字幕を見ると単に「they」とだけなっているので、「その通り、ウエスタンとクラッシクは混ざらいね」という意味が原意味なのかと思いましたが、日本語訳の方がかっこいいですね。最後の終わり方も、間一髪で何とか獲物をしとめたのでいっぷっく、という所、やっぱり健康のため吸わなかった終わり方も気持ちよく、いい気分で鑑賞できました。

  7. 21世紀目線だと、ギザ地区の三大ピラミッドは奴隷労働じゃなく、ある種の公共事業、失業対策事業の一環で建設された、と思ってしまいます。二日酔いを理由とした欠勤届や、食事の配給伝票が発掘されたり、1970年代当時のイメージは引っ繰り返っているようですね。
    それから、登場するアメ車のでかいこと、サスペンションのふわふわなこと、それも時代ですね。

  8. クラシックについての言及が多く、カントリーミュージックについての指摘がなかったためコメントさせていただきます。

    クラシックとカントリーの対比が、本作でコロンボ警部がウィリアムソン失踪を断定するに至る最初のキーポイントとなるわけですが、ウィリアムソンのカントリー好きを強調するために、小道具にもしっかりとこだわっている点には驚きました。例えば、空港の駐車場にてコロンボがウィリアムソンの車の運転席で、カントリーのカセットとクラシックの有線を聴き比べるシーンでは、Buffalo Springfield やCrosby, Stills, Nash & Young の中心メンバーであるStephen Stills が1970年にリリースしたソロデビューアルバムや、西海岸カントリーシーンの第一人者、Buck Owens のカセットジャケットが確認できます。また、ウィリアムソン宅で夫人と前妻のゴールディがウィリアムソンのゆくえについて話し合うシーンでは、コロンボが彼の所有物であるたくさんのカントリーのレコードに着目しますが、その中にはBilly Grammer, Jimmy C. Newman, Bill Anderson など、カントリーミュージックの聖地、グランド・オール・オプリの往年のスターたちのレコードが確認できます。

    また、他の投稿者さんのコメントで「ウィリアムソンのウエスタンハットとスーツを合わせる服装はアメリカでは普通なのか。」という趣旨の質問がありましたが、60年代~70年代のカリフォルニアでは普通のことだったんじゃないかな、と思います。60年代にはカントリーミュージックの主流はアメリカ南東部のテネシー州ナッシュヴィルから、前述のBuck Owens らの活躍によって、徐々にアメリカ西海岸へと移っていきます。彼らの活動拠点であったカリフォルニア州ベイカーズフィールドに由来して、新しいカントリーミュージックは”ベイカーズフィールド・サウンド”と呼ばれるようになり、後に60年代後半から70年代にかけて、ロックと融合してカントリーロックとしてロサンゼルスで主流の音楽となるのですが、その過程でヌーディー・スーツというカントリーミュージックにおけるファッションスタイルを確立します。それまでの西部劇やカウボーイのイメージに代表されるようなマスキュリンなイメージから脱却して、カラフルなセットアップに派手な刺繍を施し、煌びやかなショーマンのイメージを全面的に押し出したヌーディー・スーツは、「白鳥の歌」で犯人役を演じたJohnny Cash やElvis Presley らの着用によって、カントリーやロックにおける一つのステレオタイプとなりました。

    つまり「パイルD-3の壁」が撮影された1972年はカントリーロックの最盛期であったこと、ロサンゼルスとベイカーズフィールドは地理的にも近い場所に位置していること、そしてウィリアムソンには熱狂的なカントリーミュージックファンというバックボーンがあるという点から考えると、彼のファッションは必然的なチョイスであると思います。ちなみに、冒頭ウィリアムソンがマーカムのオフィスに向かうシーンのカットにて、ウエスタンブーツの着用が確認できます。恐らく、ウエスタンブーツを履いているということは、トラウザーもレギュラーカットではなくてブーツカットに仕立てているのでしょう。ネクタイの代わりにスカーフやループタイを付けるというのも、このようなファッションの特徴です。そういったところからも、ウィリアムソンが単なる金持ちの見栄としてスーツ姿にウエスタンハットという出で立ちをしているわけではない、ということがわかります。余談ですが、ヌーディー・スーツの立役者であるヌーディー・コーンのブティックは、ロサンゼルスのノース・ハリウッド地区にあったようです。

    1. ながしさん>1度目の投稿(長い文章)を掲載いたしました。外国人からのいたずら投稿へのフィルターに引っかかってしまったようです。申し訳ありませんでした。

  9. 本当、刑事コロンボ以上の作品はもう世に出ないでしょう。
    月日が経つほどその良さ、深さがわかる映画です。

  10. 原題「Blueprint for marder」の直訳は、建築家が考えた殺人のプランという内容から、「殺人の設計図」が適訳かと思います。建築の世界ではCADが普及する前は、トレース紙に書いた図面を感光紙と重ねて出力する青焼き図面というものがあり、それがブループリントの意味することかと思います。
    日本語のDVDを英字幕で観ておりますが、たまに英語では話していないような台詞があります。第5話のエンディングでコロンボが言った「嘘を扱うのが刑事の仕事」のくだりは英字幕にはありませんし、今回の「建築家と殺人も水と油」もしかりです。しかしながら、日本語訳の方が味があったりするので脚本家様々です。ちなみに今回の話でクラシック音楽とカントリーミュージックの表現は、英字幕ではカーネギーホールとナッシュビルという表現で面白かったです。  

    1. なるほど、面白いコメントをありがとうございます。「カーネギーホールとナッシュビル」は、良いですね〜。

    2. 【原題解釈】
      Blueprint for Murder
      直訳すると、「殺人計画」。
      よれよれコート様のお書きになっている通りで、犯人が建築家なので「設計図」と引っ掛けてるのだと思います。

  11. 本筋からは外れるかもしれませんが、被害者のかかりつけ医がコロンボにペースメーカーのことを説明するシーンがいいですね。
    当時最先端の医療であったろうペースメーカーを取り入れる脚本も素敵ですが、「手術はむづかしいか?」と聞かれた医者が「いや、外科手術の中では簡単なほうだ」と言ってしまうところなどは、結構しっかり調査して書かれてるなあ、と思います。
    ちなみにぼくは循環器内科医でペースメーカー植込み手術を結構していますが、そんな「外科手術としては簡単」な手術、未だに結構緊張してしまいます・・・・

    1. 従姉妹がかなり前ですが、神奈川県警の事務員として本部長事務室に勤務していましたが、どんな言い訳を押し通したのか、危ない刑事シリーズのヴィデオが揃っていたそうです。
      で、本職というか現職共が、あれはねーよなー、と云いつつ鑑賞会をしていたとか。
      本職が見ると、殆どのドラマは、予算と視聴率とスポンサー様を考えると、あれが限界だな、らしいですが。

  12. はじめまして。楽しく拝見させていただいております。
    些細な事ではあるのですが、
    30話「ビデオテープの証言」

    ジーナ・ローランズ
    の項目にある10話「黒のエチュード」のリンク先がこちらになっております。
    御報告までに。

  13. 土曜日2019/3/2/Satの放送を見ました。
    私の記憶では、死体を運んでいる時に、
    カントリーが車内で流れているのを、
    わざわざクラシックに変えている、というシーンが
    あったように思うのですが、
    土曜日の放送ではなかったです。
    私の記憶違いかしら?

    おしまい

  14. こちら、お久しぶりです。

    このエピソードで終盤、パンクのシーンの意味は犯人視点だと重要。
    『殺人処方箋』でコロンボが「頭のいい犯罪者でも殺しは素人」と言っていて
    マーカムも「建築家と殺人も(水と油)だ」と語る。
    素人が人を殺したら内心、ビビらずにはおれず平静を保とうと必死。
    パイルに死体を運び完全犯罪を成立させようとするシーンでも
    マーカムは車内でクラシックを流し、それでも運転をドジる訳です。

    もっとも後にはシリーズには「アンタ、殺しのプロか?」とツッコミたくなる犯人も
    出てくる訳で…。特に来週放映で登場するDr.スポック(笑。

  15. 2018年10月に放映した『相棒17』第2話で、物語の核心部分がコロンボのこの回と同一でした。相棒を見たあとだったおかげで、結末が途中わかってしまって残念。それにしても、オリジナルであるコロンボの素晴らしさを再確認しました。

  16. 今日、NHK BSで見ました。見た感想を語れるこちらのブログをぼろんこさん作ってくださっててありがとうございます。
    パイルD3って何のことかわからなかったんですがまさかの建築基礎部分のコンクリート躯体だったんですね。
    コロンボがD3を掘り返した時に死体が出てこなかったし、ハッキリとした殺しのシーンもなかったから事件解決どうなる事やら心配していましたが、最後はバッチリ、スポットライトを背に登場&事件をまとめてくれて安心しました。
    役所でコロンボが待たされるカットやD3掘り起こす労働のカットのような誰も喋らないシーンが長く使われていて、いつもとなんか違うなぁと思ってみてましたら、演出にピーターフォークとクレジットされてました!
    ピーターフォークさんはコロンボを演じるだけではなく総合的に作品を作り出していたのですね。
    被害者の服装ですが、テンガロンハット?カーボーイハット?と背広を合わせる着こなしはアメリカでは普通にお目にかかれる服装なのでしょうか???ネクタイ的なものもスカーフだったし。
    この手のハットを被っている社長って事業失敗する説があるとネットで見たことがあります‥‥ここでは殺されてしまいましたが‥‥

  17. 前作、前々作のちょっと幼稚なところのある大人げない犯人から、洗練、落ち着いた、社会的成功者に犯人が戻りました。ピーターフォーク監督作品、暑そうな工事現場で掘り返し作業を何気なく不安げに見守る場面が、印象的です。コロンボの一世一代の博打が成功したというわけでしょうか。TomokoさんがおっしゃってたMikoさんの日本語はほんとぎこちなくて、全然日本人ではありませんので、これは??でした。プロットとして腑に落ちないのは、なぜウィリアムソン氏の牧場の倉庫に何日も死体が置かれてたのか?牧場関係者が見つけそうなもので安全じゃないし、そもそも氏が生前自分の馬の調子を見に来て調教師と話ししているのは調べれば分かるので、警察がその周辺を徹底調査しそうなものです。

  18. 自分勝手な4段階評価では、この話はA.B.C.D のうちCかDくらいなんだけど、犯人の事務所の秘書(べティ.アッカーマン)と工事現場のガードマン(名前知らない)を演じた二人が、あの懐かしの「ベン.ケーシー」で、麻酔医のグレアム先生と介護人のニックを演じていた俳優というのが話の筋以上に楽しめました。「ケーシー」といえば、32話「忘れられたスター」での殺され役のサム.ジャッフェ(前述のべティ.アッカーマンの旦那)も、ゾーバ先生役で毎回お馴染みの顔。声は名脇役宮口精二でした。ケーシー先生の声は滝田裕介。17話の「二つの顔」の犯人の声を勤めた舞台人。昭和30年代の吹替え(声優なんていいません)は、今考えると夢のような豪華陣でしたね。おっと、だんだんコロンボからそれてきたのは「パイルD3の壁」があんまり面白くないからか…..。

  19. 個人的には、マーカムのキャラクターもいいと思いますし、ゴールディのキャラ、コロンボとの相性がとても好きです。
    役所で待たされるシーンは、背景で流されている雑音によって、長くぼんやりした時間が上手く表現されていると思いました。
    マーカムが白バイに冷やりとする場面も、筋としては無くていいはずなのに、何故かあったほうがいいように思え、不思議でした。
    コロンボが干しぶどうをつまんでいるのもおもしろかったです。
    ただ、個人的には犯人逮捕後、コロンボが問わず語りをしすぎるのが嫌でした。これは確か「愛情の計算」でも同じでした。
    なぜ工事現場に現れるとわかったか、なぜわざわざパイルを掘り返したかという点は説明しなければならないのでわかりますが、遺体をどこに隠していたか聞いたり(実際問題として考えれば理解できますが…)、音楽の話をぶり返したり、マーカムが車に乗ってからも不必要にガッついて喋っており、カッコよさが半減している気が…。
    「指輪の爪あと」で少年時代のイタズラの話をし、排気口にジャガイモをつめて車を修理に出させるように仕向けたことを「暗に示す」演出のほうが個人的には好きでした。

  20. カーステは牧場から空港に車を走らせている時、その後の計画を色々集中して考える為、ついついクラシックチャンネルに合わせてしまったと私は考察しました。(長い間練った殺人計画では無いので)
    ところで、ゴールディがマッサージの後ガウンに着替えるシーンで、ガウンの帯結びのNGあるの知ってますか?この手の推理ドラマってNGなんて許され無いように思いますが、案外チェック甘いんですねぇ。

    1. 見ました!
      ゴールディが一生懸命背中に紐を回して結んだのに、次のカットでは背中に回ってませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.