17話「二つの顔」

Double Shock / 1973

まさに二つの顔!

原題「Double Shock」に対し邦題「二つの顔」の示す通り、双子の兄弟デクスター・パリス(料理研究家)と兄ノーマン・パリス(銀行員)ともに「マーティン・ランドー」が、莫大な財産を持つおじクリフォード(ポールス・チュアート)を殺害します。

マーティン・ランドーと二つの大作戦

マーティン・ランドーはテレビアクションドラマ「スパイ大作戦」でローラン・ハンド役で有名な俳優さんです。同時期に「宇宙大作戦」のミスター・スポック役のオファーも来ていて、それを断わってスパイ大作戦を請けたそうです。ひとつ間違っていたら、レナード・ニモイと役者人生が入れ替わったか?と思うと面白いですね。

コロンボ的倒叙作品ではない

犯人が双子という設定を用いたお話で、殺害シーンを見せているにも関わらず、純粋な倒叙作品には仕上がっていません。見る側は「あらかじめ犯人を知っている」はずなのですが、二人が同じ顔なので真犯人が「弟デクスター」であるか「兄ノーマン」であるか、断定できないのです。

婚約者のリサの不可解?

殺されたおじクリフォード(ポール・スチュワート)のお相手リサ(ジュリー・ニューマー)は、結婚を金銭目的ではないと断言しています。本当にクリフォードおじさんに惚れていたのでしょうね。愛のカタチも様々です。でも結果的には、この婚約が殺人事件の引金となりました、悲しいことです。リサは予め財産相続を放棄しておくべきでした。

双子犯人の不可解?

仲の悪い兄弟が手を結んで殺害を計画します。が、コロンボ警部の登場後、お互いに相棒が真犯人であるように見せかけることから「共犯」の疑いを持たれるリスクも増大しました。最終的に婚約者のリサが死亡しないと遺産が手に入らない状況になったことも致命的でした。ちょっと計画が甘かったかな~。

ペックさんが大暴れ

クリフォード家のお手伝いさん「ペック夫人」は奇麗好きで、だらしないコロンボ警部と真っ向勝負。犯人から嫌われることには慣れている(それが手法の一部)警部ですが、お手伝いさんから嫌われることには抵抗があったらしく、不本意さを露にしている演出が面白いです。このペック夫人(ジャネット・ノーラン)は、45話「策謀の結末」にも「オコンネル財閥の女王役」で出演しています。

ティム・オコナー

第二殺人の現場に居合わせる弁護士マイケル・ハザウェイは、後の作品である39話「黄金のバックル」で殺害されたエドワード・リットンと同一人物。「うさん臭い」キャラクターが似合います。動きがサンダーバードの「操り人形」的で、ぼろんこが大好きな俳優さんの一人。

これは知っておきたい!

この豪邸での現場検証のシーンで仕切るマレー刑事のこのお顔をよ〜く見てください。この俳優さん「ダブニー・コールマン」は、58話「影なき殺人者」の犯人「ヒュー・クライトン」の若い頃(18年前)なのです!

超重要な豪邸なのです!

17話「二つの顔」のクリフォード・パリス邸、34話「仮面の男」のネルソン・ブレナー邸、38話「ルーサン警部の犯罪」のウォード・ファウラー邸は同じ家です。車の入り口〜ロータリー型の車寄せ、アーチ型の白い装飾の門扉、大きな暖炉が特徴です。

監督:ロバート・バトラー
脚本:スティーブン・ボチコ、ピーター・アラン・フィールズ
デクスター・パリス、ノーマン・パリス:マーティン・ランドー
ペック夫人:ジャネット・ノーラン
マイケル・ハザウェイ:ティム・オコナー
リサ・チェンバース:ジュリー・ニューマー
クリフォード・パリス:ポール・スチュワート

加筆:2020年8月1日

“17話「二つの顔」” への71件の返信

  1. 中学生の時家に遊びに来ていた祖父が夜これを見ていて「これ面白いんじゃぞ」と私に教えてくれたのを今でも覚えています。この時はじめてコロンボを知りました。私にとって祖父の記憶と合わさり思い出深い作品です。

  2. この作品も再放送が少ないです。すでに投稿がありましたが、料理番組のシーンは本当に楽しい。しかしかなり手抜きですよね。まず卵の数、最初4個入れて、と言われていたのに数えたらなんと8個入れちゃってました。2人分?レモン汁の量も途中から異様に増えているし、誰かも指摘されていたコロンボの袖口めくり。それからエプロンがコロンボは最初前で結ぼうとしていたのに、最後はデクスターに後ろでほどかれてました。再放送が少ないけれど、結末も皆さん指摘されているように甘いけれど結構楽しい作品でした。特にペックさんが主役でしたね。

  3. ◆何と言っても、詰めが甘くてコロンボらしくない。あのふたりでなければできなかった犯行であるとは証明できていません。不仲の兄弟の通話回数が急増しただけではね。兄弟で協力して徹底的に抗えばよかったのに。仲が悪いから無理か。
    ◆劇中劇のテレビドラマがしょぼすぎる。二人の登場人物の顔しか映らないドラマ。手を抜き過ぎ。

      1. 「警部マクロード」か「署長マクミラン」でも流用してたら良くなりましたかね?
        そういうことすると、放映時間から犯行時刻が年月日まで完全に特定できちゃいますが、そういうのを嫌ったのかな?

  4. ベック夫人役のジャネット・ノーランは映画「サイコ」で主人公「ノーマン」の
    母親(声のみ)を演じているんですね。知らなかった。
    「ノーマン」繋がりが有るのかな?

    1. ジャネット・リーが執筆した「サイコ・シャワー」によると、ノーマンの母親の声は、性格女優ヴァージニア・グレッグとアンソニー・パーキンスの友人のポール・ジャスミン、そしてジャネット・ノーラン3人の声の合成からなるものだったそうです。アンソニー・パーキンスの声色を変えるより、むしろ全く別人にやらせた方が効果的という、ヒッチコック監督の判断でした。

      ジャネット・ノーランは「サイコ」で保安官を演じたジョン・マッキンタイアの妻だったので、急きょ動員された形だったそうです。

      この本を読んだ時は、まさか「二つの顔」のペック夫人と結びつきませんでした。ありがとうございます。

  5. 見所はマーティン・ランドー(と滝田裕介)の双子の演じ分けですね。
    デクスターがノーマンの声色を演じる場面もあったり。
    もちろん服装でどちらかすぐ判るような演出なのですが、切り替えが早い場面で
    どっちだったっけと思って巻き戻すことも有りました。
    それとペック夫人のキャラが最高ですね!コロンボとのやり取りに何度も苦笑しました。

  6. スパイ大作戦のマーティン・ランドーですね!こういった旬の俳優や一昔前の名優を出演されるのが嬉しいです。
    ペック役の女優さんはパリス家に愛情を持っていて、とても感じが良いですね。コロンボ警部が脇役にたじたじで、観ていて楽しかった。
    解決までデクスターが犯人だと思ってましたが、こういったスタイルも驚かせてもらい面白かったです。
    指紋などの決定的な証拠も出てこなかったんですが、理詰で追いつめてノーマンが白旗上げましたね。
    最後はペックさんが可哀想でした。
    関係者が皆んな亡くなったり、捕まったりしたので、彼女は何処へ行くんでしょうか?

  7. 昨夜録画してあったのを今見ました。私にとっては初見のものでしたが、個人的には人物描写が良かったです。
    料理番組のシーン、本来なら、NGとなるべきカットありましたね。
    コロンボが卵を割る直前、シャツの袖をまくりますが、次のカットでは左腕の袖がまくられてなくて、再度、ボタン外してからまくり上げてます。
    演技のNGというよりは、編集のNGですね。

    1. 料理番組のシーン、他の方も書かれていますが『グラハム・カーの世界の料理ショー』を思い出しました(古い番組だけど)。ご指摘のように、あのシーンは色々と編集ミスをしていたり、撮り直していたりしてるようです。袖の点もそうですが、最初、卵は4つと言っているのに、それ以上割って入れているし。まあこれはコロンボのミスとして許せますが、問題は”レモンジュース”でしょうね。カップに入っている量を注意深くチェックすると、最初の量は少なめでオランダソースのレシピ通りっぽいけど、いざコロンボがミキサーに入れるシーンになって、いきなり増えています。あれでは酸っぱすぎますよ(笑)

  8. ジュリー・ニューマーのアイメイクとキャットウーマンばりの肢体。
    それにしても似合いのカップルの無さっぷりは、殺人処方箋のジーン・バリーとニナ・フォック以上だ。
    今回が孫娘で第1目のが母と息子に見えたもん。

      1. 忘れられたスター ですね!

        ラスト 敢えての身代わりに警察に捕まるシーンのあの人がよかったですね って単純な感想でスミマセン。

  9. これも再放映機会が少なくて割を食ってるエピソードだと思います。さてマーチン・ランドーは、この後、彼の代表作となる名作SFドラマ「スペース1999」の主役、ムーンベースアルファのコーニッグ司令官を演じてSFドラマ史上に名を刻むのです。(←ってお前が偉そうにいう事じゃねえってか?)。振り返ってみると「コロンボ」を軸にしてレナード・ニモイと対照というよりまるで入れ違いのようなキャリアなんですよね。
    あの料理ショーのシーン、あらためて今観ても面白いなあ、ピーターフォークのあざやかな手付きと笑いをさそう軽妙なやりとり。思い出すなあ「グラハム・カーの世界の料理ショー」。
    今観るとペック夫人のコロンボのスパスパwに対する態度は神経質じゃなくて、まともに見えます。いつも感想で書くように私も常々そう思ってますから(笑)。

    1. 「グラハム・カーの世界の料理ショー」!ありがとうございます!
       母と、「この場面はアレ、あの番組だよね、お父さんが好きだった。なんていうんだったかな」とモヤモヤしていました。お陰でスッキリ!
       グラハムさんは最後の試食で客席から引っ張ってくるんですよね。美味しそうでいつも羨ましかった。

      1. あーそうですね!
        デクスターの料理番組のシーンはグラハム・カーを思い出します!全体的に彼のあのスタイルを再現した感じでしょうか。
        この時のコロンボはいつも以上にノリが良い感じで、楽しんで演じているのが判ります。

        1. 子どもの頃、東京12チャンネルの「世界の料理ショー」を家族で見ていました。日曜日の午後だった記憶があります。軽妙洒脱なトークが楽しかったですね。吹き替えが絶妙でした。

  10. ペックさん激怒
    これはコロンボが悪い。
    「だらしない」とかの問題じゃない。
    この時のコロンボ大嫌い。
    まあでも最後はね…よかったです。

  11. 本日かなり久しぶりにBlueRayで観ました。 繰り返し何度も観てる「二枚のドガの絵」、「構想の死角」、「指輪の爪痕」、「別れのワイン」、「野望の果て」、「黒のエチュード」 、「逆転の構図」 等々の傑作とは違い、あまり繰り返し観たいと思う気になれず(その理由を忘れて)結構久しぶりに観ました。今回改めて観て ”そんなに繰り返し観たいと思わなかった理由” が分かりました。

    凶器も発見されず、「停電からの復旧までの時間が短い」ということも「不仲な兄弟の最近の通話履歴が多い」も、どれもただの状況証拠で、シリーズ他の屈強な犯人なら 「そんなのただの状況証拠じゃないか」 で論破されるような… コロンボのいつもの爽快な終わりかたとはほど遠い内容の結末でした。裁判で有能な弁護士が付いたら無罪になるでしょうね。。。 あまり繰り返し観たいと思わなかった原因が改めて納得できました。しょぱなの扁平足の足跡もなんか手がかりにしては極めて中途半端なものだし全般的にランクは大分下の方の作品だと(言い過ぎかも知れませんがあくまでも個人の感想)感じます。でも。。。まぁ数年経つとまた忘れて観てみようかなと思うのかもしれませんが(笑)

      1. 同じくリアルタイム組です。マーティンさんの顔を見た途端に「この人の顔見た事ある!」と記憶が叫んでいるので他の回でも犯人役になった俳優かと思い、このサイトで確認している次第です。
        (このところ本当にお世話になっております)

        では続き観ます〜

            1. ぼろんこ様ご視聴中失礼します。
              それをおっしゃるならリサが叶姉妹のどちらかに見えてしまいました…さあ続きを。

  12. マーティン・ランドーが双子の性格の違いをうまく演じ分けていたと思いました。ひねった倒叙法、結局視聴者にも犯人がはっきりしない、は斬新で、面白い趣向と思います。ただ、結末はまさか!とは思いませんでした。ペック婦人の強キャラは濃厚で、本作では主役級の印象深さを生み出していました。今後コロンボは吸い殻が落ちないように、気をつけるようになるでしょうか?おそらくアドリブが使われたと思われる、コロンボがデクスターの料理番組に飛び入り出演する長いシーンですが、コロンボ/ピーターのお茶目な素が出ていて、楽しい演出でした。あと、全然関係ないですが、ペック婦人がTVのリモコンを使っていて、あの時代にリモコンあったかなとびっくりしました。

  13. 人気投票では、上位にあまり出てこないようですが、私はトリッキーで楽しいエピソードだと思います。

    いつもの倒叙法を一捻りして、最後まで見ないと結末が分からない部分を残していますね。すっかり騙されてしまいました。

    あと、コロンボはどんな高級住宅の中でも葉巻の吸い殻を落としながらふかして、それでまかり通っていましたが、とうとうペック夫人のお叱りを受けることに(笑)一生懸命謝っているコロンボ、可愛かったです。

    料理番組のシーンも笑えますね。解説によると、ほぼアドリブで撮られたそうですが、ピーターフォーク氏の演技がほんとに自然体で、いつの間にか自分も料理番組の一視聴者になったような気分にさせてくれました。

  14. 映像作品ならではの展開で、初見の時、不思議な気持ちで見たのを覚えています。

    Colombo警部が番組内で作って(手伝って)いた料理を早速に主人に作った思い出(笑)もある作品です。
    「(テレビが)また紫…!」のセリフに、何かユーモアを感じました(笑)

  15. たしかに傑作というほどではなかったですが、個人的にはわりとよかったです。
    犯人の苦悩や人生の哀歓は描かれていませんが、最後のペック夫人の困惑や哀しみを想うと、コロンボ作品で初めて思わず泣きそうになってしまいました。ただ中年の口うるさいおばさんに見えても、長年仕えてきた使用人として、また母親代わりとしての人生の中で、いろいろな感情の機微があったんだなぁと思いました。もう立派な、人から見れば全然可愛げのない双子を、「母親」として信じていた気持ちや、長年仕えてきた屋敷の関係者がパタパタと消え、一人取り残された気持ち、そんなことが起こるとも思わず、昼ドラを楽しみに生きていた退屈に見えて平穏な生活を思うとかなり切なく、また当惑と悲しみに暮れる彼女の手を気遣うように取ろうとするコロンボがすごくカッコよく見えました。
    クリフォードのキャラもよく、作品が断然おもしろくなったと思います。リサが死ぬのは予想外でした。
    双子のやり口に関しては、ダイタクという双子漫才コンビのネタでたまたま耳にした、マレーシアのラジ兄弟という一卵性双生児の事件を思い出しました。笑
    確実にどちらかが犯人なのですが、どちらの犯行も完全には立証できず、どちらも無罪になったというものです。
    今回、誰にも見られていないですが、二人とも疑われることは想定内でしょう。しかし、どちらが犯人かという誤った推理を誘発させる筋書きだったので、ラジ兄弟の事件を思い出したのだと思います。

  16. >あじさん
     コロンボはリサに対し「入籍前だからあなたに相続権はなく、動機がない」といったわけですが、リサはすでに自分が相続権を持っていることを知っているわけです。
     事故ではなく、殺人、しかも遺産を目的としたものであろうと聞かされたからこそあのような態度となったのだと思います

  17. リサはコロンボの尋問中、急に機嫌を損ねてコロンボを部屋から追い出します。
    この時点ではリサも共犯、もしくは犯人に上手いこと言い含められているのでは、と思わせてくれて、より謎が深まり楽しいのですが、最後まで見終えてから思い出してみると、全く意味不明なシーンでした。
    何か説明ってありましたっけ?
    それは置いておいて、料理番組にコロンボがアシスタントとして引っ張り上げられたシーンは本当に楽しかった。
    あれ少しアドリブもあるのかしら、二人とも素でゲラゲラ笑っているみたいでとても楽しかった。

    1. 大体、リサがマンションから落下して死亡したのちに現場にコロンボはきたのでしょうか。弁護士に対するコロンボの事情聴取などあったのでしょうか。そもそもリサはころされたのでしょうか? 他殺、事故、自殺。他殺の場合の犯人は?

  18. 冒頭からペック婦人に嫌われてるコロンボ警部
    事件を解決することで汚名返上
    素晴らしいカタルシスですね

  19. このエピソードはトリックは面白いもののストーリーに魅力が乏しいという意見が多いようです。でもぼくはなかなか魅力的なエピソードと考えています。とにかくデクスターとノーマンのふたりを見事に演じ分けているランドー氏の演技がすばらしいです。他の多くのエピソードと同様に、吹き替えの滝田氏の声の演技も振るっていました。他にも料理番組や、ペック夫人とのやりとりなど愉快なシーンが目白押しです。まあ、コロンボに熱中し出した時期に初めて観たという思い出も手伝って評価が上がっている所もあるかもしれませんが。

  20. スカっとしない終わり方で、こんな証拠で殺害まで認める必要もないよ。
    ・2人いないと殺害できない
    ・電話記録で、デクスターとノーマンは頻繁に電話していた
    ・車で去った時、手を振った
    なぜこれが、直接的にデクスターとノーマンの犯行にひも付くのか?。
    コロンボが主張する犯行経緯は行間を埋める連想にしかならない。
    認めたら負けだが、認めなかったらペック夫人の応援もあって
    裁判では勝てる。

  21. タップおばさん>日本語吹き替えの声が、ちょっと暗めなのも魅力を倍増させています。
     
    小笠原さん>「スパイ大作戦」のこと、ブログ本編にも加筆させて頂きます。
    この作品に2票追加します。

  22. これも、ある意味「溶ける糸」がかの「宇宙大作戦」スポックのニモイであること同様、「スパイ大作戦」のランド―であることを前提とする作品でしょう。彼の出世作はハッキリ言って「そう上手くいくかしら?」とツッコミたくなる詐術ゲーム。その中でランド―は毎回あの濃い顔(笑)で様々なキャラクターになりすましシレーっと敵を欺いていました(笑)。本作は、それを逆手にとって一人二役をランド―にいけしゃあしゃあと(笑)演じさせ、ランド―もそれに応えて(笑)面の皮の厚い(笑)双子役を演じたのがポイントですね(笑)。

  23. 脚本が何か好みじゃなかった。
    決め手も何となく腑に落ちない。
    ただ、マーティン・ランドーの演技は良かった。
    双子というキーワードを最大限に使えなかったのがもったいない。

  24. パンナコタさん、コメントありがとうございます。「マーティンランドー=モト冬樹」は傑作ですね!「料理教室」はフォークの演技がピカイチです。人なつっこさが出ています。「リサの死」は同感です。他にもこのような展開はありますね、構想の死角、二枚のドガの絵などなど、第二殺人が起こります。話の展開上で必要なものが多いですけど。

  25. ボロンコさん、いつも楽しくサイトを拝見させて頂いております。
    話とは全然関係ないのですが、マーティンランドーさんの顔がモト冬樹さんにそっくりだなー。
    と思いながら毎回見返してしまいます。口周りが特に。
    弟の料理教室の場面のコロンボが素敵すぎます。
    あの堂々とした佇まいと緊張で、『あー』しか話せないのがたまらないです。
    リサの死は、要らなかったような、、、。コロンボが関わってから人が亡くなるのは後味悪いですT_T。
    ついつい周りにコロンボファンがおらず、話を共有したくコメントを残したくなり長々と失礼しました^ ^

  26. テラオさんコメントありがとうございます。「クリフォードが放棄させなかったのでは」ですね!確かにそうかもしれません。でも二人とも…殺されてしまうとは…思ってなかったでしょうね。(悲)

  27. takeさん、コメントありがとうございます。僕の「笑えるシーン」は、30話「ビデオテープの証言」での画廊の場面。換気口をアート作品と勘違いするコロンボ警部です!

  28. ぼろんこさん、面白く拝見させて頂いてます。
    正月休みを利用してまとめてDVDで12話まとめて観ようとしています。
    リサが財産放棄すれば良かったとの意見をお持ちのようですが、そうすれば双子の兄弟に財産が渡るので、それを良しと考えなかっただろうクリフォードが放棄させなかったのでは、と私は考えます。

  29. おひさしぶりです!
    クスクス笑えるコロンボ好きのtakeです!
    今回は、2つの顔を観てメールします!
    コロンボ警部が料理番組に飛び入り出演するシーン、
    恥ずかしいやら、誇らしいやらニコニコしながら料理するコロンボ警部が、あまりにチャーミングで可笑しかったです!
    ぼろんこさんの、コロンボシリーズで笑えたシーンは何の回での、どんなシーンでしょうか?

  30. ペウゲオットさん、コメントありがとうございます。いずれにしても、資産家との「歳の差婚」は誤解を生みやすいですね。入籍不要だったのかな(笑)

  31. リサさんは相続放棄する前に死んでいるので、相続放棄した場合の話は無理筋でした。一旦リサさんが相続した財産を、リサさんの相続人がまた相続することになりますね。
    失礼しました。

  32. 録りだめている分を暇なときに見ています。
    私は、コロンボのドラマは好きですが、コロンボという汚い風体でどこでもタバコを吸う無神経なキャラクターが嫌いなので、ペックさんの方に肩入れしてしまいました。その点、古畑はスタイリッシュで好きです。
    日本の民法では相続開始前に相続放棄することはできなかったと思いますが、アメリカでは違うのかな?
    また、弁護士がズルをしようとしましたが、遺言自体は有効なので、当然リサさんが相続するか、相続放棄した場合ほかに相続人がいなければ国庫に入るのでは? これも日本法の話ですが…
    もうすぐ別れのワインが放送されるので楽しみです。ネタバレはご勘弁。

  33. エースさん、コメントありがとうございます。ペックさんは連続テレビドラマを楽しみにしているのが、可愛いですね。

  34. コロンボシリーズとしての出来は決して傑作ではないですが、この話をペックさん目線で見ると哀愁のある良作ではないかとも思えます
    敬愛する旦那様に死なれ、殺した犯人は大好きなパリス兄弟
    デクスターとノーマンが連行され、コロンボに支えられながら退場していくペックさんを見ると“屋敷に残されるのはこの人独りか”と思い切なくなるのです

  35. とっしーーさん、コメントありがとうございます。ペック夫人…怖かったですね(笑)使用人と呼ぶのでしょうか?他にも、忘れられたスターのレイモンドも素敵なキャラでしたね!
    「リサ」はお金目当てでないなら…「財産相続を放棄」など、宣言しておいたほうが安全でした。

  36. 通りすがりさん、お返事がたいへん遅くなりまして、すみません~。「スパイ大作戦」は有名なテレビドラマですね!でもあまり見ていなくて、そのエピソードには気づきませんでした。
    それにしても、コロンボにはその時代のヒーローやヒロインが、続々と登場しますね!素敵です。

  37. 斬新なラストでしたね~僕には弟だけが犯人かと思ってたんですが、確かに浴槽の件も、ヒューズの件も不思議な点がありますね^^;
    綺麗好きのオバサン、僕は苦手ですなぁ~~笑
    悪いのはコロンボですけど、確かに目の敵にしてますよね(汗笑)
    僕もどっちかと言うと、コロンボタイプなんで
    潔癖症な感じはイヤだなあ~~ Y(>_<、)Y リサみたいなタイプの女性は、どの時代にも少数派でいそうな気が・・ 体力ありそうなオジイチャンでしたけど・・

  38. 時々拝見しています。きちんと整理されていて敬服します。
    今回気が付いたことがあります。マーティン・ランドーはスパイ大作戦でローラン・ハンドで有名ですが、彼の後任がアメージング・パリスことレナード・ニモイ。今回のパリスと共通しています。偶然でしょうが、ちょっと気になりました。

  39. ササキさん書き込みありがとうございます。「犯人の苦悩とか人生の哀歓とか、コロンボドラマに必須の要素」…確かにそうですね~。容疑者が二人いるということもあり、時間が足りなくなってます(笑)

  40. 犯人は二人
    謎解きのトリックとしてはおもしろいです。でもただそれだけ。犯人の苦悩とか人生の哀歓とか、コロンボドラマに必須の要素が今回は希薄。まあ仕方ないですかね・・。そうそう傑作ばかりもつくれないでしょうから。
    相続権のある二人の殺人ということになれば莫大な財産はだれのところに行くのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.